• お客様の事例

    福岡市教育委員会

    • 約12万台のChromebook™を導入。1人1台の端末環境を実現しオンライン授業への対応も迅速化

      文部科学省が推進する、児童・生徒向けに1人1台の端末と高速大容量の通信ネットワークを整備するGIGAスクール構想を受けて、福岡市立小中学校の児童・生徒全員にデル・テクノロジーズのChromebook 3100 2-in-1を導入。休校時のオンライン授業や、児童・生徒一人ひとりの習熟度に合わせた教育を実現するAIドリルをはじめ、教育へのICT活用の取り組みを加速させている。

    • 課題

      福岡市教育委員会ではICT教育の重要性を感じながらも、福岡市立の小中学校では子どもたちが使える端末の数は限定的であり、児童・生徒一人あたりの端末保有率の低さが課題であった。そうした状況を背景に、教職員用のノートPC、校内の無線LAN環境の整備などを進めると同時に、GIGAスクール構想の機運も相まって児童・生徒用のPC環境の強化を目指した。

    • 導入効果

      • 高い堅牢性を持つ端末のため、小中学生が安心して端末を持ち帰ることができるPC環境を実現
      • 新型コロナウイルスによる急な学級閉鎖時でもオンライン授業の対応もスムーズに実施
      • クラウドでの解説動画視聴やAIドリルなど、子どもたちの興味を高める「福岡スタイル」の授業の取り組みも加速
      • Google Classroomをはじめ、子どもたちの意見や回答を収集・共有しやすくできるGoogleの各種アプリの活用で自発的な学びを推進
      •  

        「12万台を超える大規模な導入を進めるためには、デル・テクノロジーズの協力は欠かせませんでした。端末の納品だけではなく、ネットワーク関連の相談や端末の環境設定など、想定以上のサポートに感謝しています。GIGAスクール構想を実現していくためには、親身になって動いてくださるパートナーと組むことが何より重要だと思います」

        福岡市教育委員会
        指導部 教育ICT推進課長
        永田朗氏

      • 福岡市教育委員会
        指導部 教育ICT推進課長
        永田朗氏

      • 福岡市教育委員会
        指導部 教育ICT推進課 環境整備係長
        西門明博氏

    • 全国の政令指定都市の中でも、児童・生徒一人あたりの端末保有率が低いことに課題を感じていた福岡市教育委員会。2019年度からは日常的に教室でICTを用いた授業を実現する環境構築の取り組みを加速させている。文部科学省が推進する、児童・生徒1人1台の端末と高速大容量の通信ネットワークを整備するGIGAスクール構想を背景に、福岡市立小中学校の児童・生徒全員に「Chromebook 3100 2-in-1」を導入した。

      PC以外にも、福岡市の学校間にて共同で使えるようにクラウドで共有された授業解説動画やAIドリルの活用など、普段の授業でのICT活用を高度化するとともに、新型コロナウイルスによる一斉休校など有事の際には、自宅からオンライン授業を受けられる環境を整えている。

    • 児童・生徒が使える端末数の少なさがICT教育を進める障壁に

      めざす子ども像(教育の目標)として『やさしさとたくましさをもちともに学び未来を創り出す子ども』を掲げる福岡市教育委員会。福岡市では、小学校1年生から中学校3年生までの9年間を見通した小中連携教育を推進していることが特徴だ。福岡の子どもたちに大切にしてほしいこととして「福岡スタンダード」を提示し、生活習慣の柱「あいさつ・掃除」、学びの柱「自学・とも学」、未来への柱「チャレンジ・立志」といった3つの柱を教育の軸としている。

      「福岡市では、教育ICTに20年ほど前から取り組んできましたが、文部科学省が行っている児童・生徒一人あたりの端末台数調査では、非常に数値が低い状況が続いていました。政令指令都市だけでなく、市町村を含めた全自治体の中でも下位に位置するほどICT環境の整備が遅れていることは大きな課題の1つでした」そう振り返るのは、福岡市教育委員会 指導部 教育ICT推進課 環境整備係長の西門明博氏だ。例えば福岡市立の小学校では、これまで児童が使える端末は各学校のパソコン教室にある20台ほどだったという。

      2019年度からそうした課題を解決し、日常的に教室でICTを用いた授業をできるように本格的なICT環境の整備に着手。普通教室に常設のプロジェクターや教員用の端末を配備するとともに、校内の無線LAN環境の整備を行っていった。全校を対象に教育ICT環境の整備を進める中、文部科学省から「児童・生徒向けの1人1台の端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、多様な子どもたちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化された創造性を育む教育を全国の学校現場で持続的に実現させる」ことを目的にしたGIGAスクール構想が打ち出された。

      「福岡市立の小中学校において、無線LANによる高速大容量の通信ネットワークを整備していたところ、国からの補助を受けて児童・生徒用の端末を配備できるGIGAスクール構想がスタートしたことは、非常に良いタイミングでした」と西門氏は話す。

    • 約12万台のChromebookを福岡市立の全小中学校へ導入

      こうして福岡市では、GIGAスクール構想の動きに合わせて2020年に市立小中学校に通うすべての児童・生徒に対して1人1台のPC環境を導入した。このとき整備された端末がDell Chromebook 3100 2-in-1だ。12万1,780台という日本国内でも数少ない大規模導入となる中で、不安もあったと西門氏は話す。

      「GIGAスクール構想を受けて、1年間という短期間での整備であったため、納品自体が間に合うのか、ネットワークを含めてきちんと動くのかなど、導入担当としては気が休まらない日々ではありました」(西門氏)

      このような試みに対して、デル・テクノロジーズ担当者のサポートがあったからこそスケジュール通りに導入し、運用できていると福岡市教育委員会の指導部 教育ICT推進課長の永田朗氏は強調する。

      「デル・テクノロジーズの担当者さんが中心となって、多くの関係する企業の皆様との定期的なミーティングの開催やChromebookの環境設定、ネットワークの相談など、想定以上のサポートをいただけたことには非常に感謝しています」(永田氏)

    • オンライン授業を手軽にできる安心感を醸成

      • 永田氏は、「各学校が努力し、教育委員会が努力し、パートナーであるデル・テクノロジーズの担当者さんをはじめGoogleさんなどに協力していただけたことが、GIGAスクール構想の成功させるカギになった」と振り返る。また、福岡市ではDell Chromebook 3100 2-in-1の導入に際して、各学校の校長、教頭、ICT担当の教員に対して入念なICT研修を実施したことがスムーズな導入・運用につながっている。

    • 「福岡市立の小中学校で8000人以上いる教職員全員に対して直接研修を行うことは難しいので、各校の代表者を対象にしたICT研修を行いました。“GIGAスクール構想でどういったことができるようになるのか”、“Chromebookとは何か”という説明は何度も行いました。そうしたレベルからのスタートでしたが、“Gmail™やGoogle Chrome™は使っている”という先生方も多く、想定よりもスムーズに進めることができました」(西門氏)

      ログインなどの基本的な操作を覚えた後、福岡市教育委員会が真っ先に推奨したのは、教員と児童・生徒間のコミュニケーションをサポートするアプリケーションであるGoogle Classroomの活用だ。オンラインで資料の配布や課題の設定を簡単にすることができ、アプリを介して子どもたちが提出した課題などに教師が採点・コメントすることができる。教師と生徒1対1のやりとりだけでなく、クラス全体での情報共有も可能であり、授業に欠かせないアプリと言える。

      「コロナ禍のいま、まず我々がやらなければならないと考えたのが、オンライン授業への対応でした。その点で、Google Classroomを用意しておけばGoogle Meet™でのWeb会議の設定も会議への参加も同ツール上から簡単にできるので、スピーディにオンライン授業を開催できます。Googleアカウントにログインしていれば、新たにログインしなくてもクリック操作ですぐにオンライン授業に参加できる点も分かりやすいと好評です」(永田氏)

      そうした導入に先駆けた研修の成果もあり、各小中学校へのDell Chromebook 3100 2-in-1配備後は、大きな問題もなくICTを活用した教育が進められている。

    • 1人1台端末環境が個別学習と共同学習の双方にメリット

      福岡市立の小中学校ではDell Chromebook 3100 2-in-1を活用しながら、前述のGoogle ClassroomやGoogle Meetはもちろん、さまざまなGoogleのアプリを授業に取り入れている。Web上の共同編集機能などを用いてコミュニケーションを容易に行うことができるアプリによって教育の可能性を格段に広げられるのはChromebookならではの強みだろう。特に共同学習の観点から大きな効果をもたらしている。

      「例えばグループで調べ物学習をする際にもGoogleスライド™にてプレゼンを作成し、それぞれが追記し合ったりコメントを書き込んだりできるので便利です。Googleフォーム™などでアンケートも簡単に取れるので、例えば道徳であれば教員が授業前後で子どもたちの意見や考えがどのように変化したのかを調べることも簡単に行えるようになります」(永田氏)

      またこれらに加えて、福岡市独自の学習の仕組みを組み合わせて教育に取り組んでいる。その例が、解説動画やAIドリルなどを用いた「福岡スタイル」という授業スタイルだ。AIドリルとは、児童・生徒一人ひとりの習熟度に合わせて問題内容を自動的に提示して学習できるドリルであり、正にGIGAスクール構想の1人1台端末環境と相性の良い方式といえる。

      「福岡市では、5教科を中心とした1000本を超えるオリジナルの授業解説動画を教育専用クラウドで共有し、各校の教員が自由に使えるようにしています。算数を例にあげますと、まず授業の導入として方程式の解き方など単元ごと5~10分の動画を流し、子どもたちの興味関心を高めた後、授業の中盤では共同学習により理解を促します。そして最後にAIドリルによる授業の振り返りをするという方式を取り入れています」(西門氏)

      なお小中学校へのPC導入に際して、子どもたちが使うことができる機能に制限をかけるケースもあるが、福岡市では“必要不可欠な制限はする一方、なるべく無駄な制限はしない”という方針で環境設定を行ったことも、教育ICTの効果的な活用につながっている。

      「“制限されているから授業ができない”と先生に言われないように、環境設定には検討を重ねました。予算をかけて導入するからには、子どもたちにChromebookを使いこなしてほしいというのが導入担当者全員に共通する想いでした。もちろん悪質なサイトなどから子どもたちを守るために、必要最低限の制限は行っています」(永田氏)

      •  

        「1人1台の端末環境の整備のほかに解説動画やAIドリルの活用をはじめ、日常的な授業におけるICTの活用は飛躍的に進んでいます。また、児童・生徒が自宅へ端末を持ち帰って学習をする習慣をつくることで、自然災害やパンデミックといった有事の際にも、オンライン授業を受けられる環境を整備することができました」

        福岡市教育委員会
        指導部 教育ICT推進課 環境整備係長
        西門明博氏

    • タブレットとしても使える2-in-1ならではの活用も

      福岡市立の小中学校で導入されたDell Chromebook 3100 2-in-1は、ノートPCとしての利用に加えて、折りたたむことでタブレット端末として使えることが特徴だ。MIL-STD規格を超える堅牢性と防水設計により、万が一の時にも安心できる端末といえる。

      「理科の授業では、実験データをGoogleスプレッドシート™に入力することで簡単にグラフ化し、友達の実験結果と比較して意見を述べ合うといった活用もしています。タブレット端末としても使える2-in-1の形態だからこそ、場所を選ばずに使える点は利便性が高いと思います」(永田氏)

      国語などの授業では、子どもたちが入力した回答を共有できる電子ホワイトボードGoogle Jamboard™を活用し、大画面で共有しながら意見を出し合うことで学びを深めている。そうした授業を行えるのも、画面に直接ペン入力ができる2-in-1の形態ならではの利用法だろう。

      「5教科だけでなく、体育や部活動などでもDell Chromebook 3100 2-in-1は役立っています。例えば水泳の授業であればどう泳いでいるか、バレーボールであればどういうフォームになっているのかなど、自分自身では分かりづらいものもカメラで録画してPCで確認することで自分を俯瞰して確認することができます。高い堅牢性があるので、子どもたちも安心して使えています」(永田氏)

    • 自然災害、パンデミックなどの際も子どもたちの学びを止めない教育ICT環境を

      福岡市立の小中学校では新型コロナウイルスによる学級閉鎖等を見据え、すべての学校で児童・生徒が自宅へDell Chromebook 3100 2-in-1を持ち帰り、一斉にオンライン授業を行う土曜授業を2020年度の段階で複数回実施するなど有事に備えてオンライン授業を行える態勢を整えている。なお簡易にアンケートを作成できるGoogleフォームを利用して、各家庭の健康観察を迅速に行えたことも、Dell Chromebook 3100 2-in-1導入による副次的な効果だという。

      • 「現在発生している新型コロナウイルス感染による学級閉鎖の際でも、児童・生徒1人1台のDell Chromebook 3100 2-in-1が非常に活躍しています。また、自然災害やパンデミックなど有事の際だけでなく、長期入院している子どもたちや不登校の子どもたちが授業をオンラインで受けられる仕組みづくりも同時に進めています」(西門氏)

        常時・非常時を問わず、端末の持ち帰りによるオンライン学習を行う場合、各家庭にネットワーク環境があることは前提条件となる。その課題に対して永田氏は次のように今後の展望を語る。

        「児童・生徒全員が自宅でもICTを用いた学習に取り組めるよう、各家庭にネットワーク環境の整備をお願いしながら、Wi-Fiルーターの貸出なども行っていきます。今後も引き続き、緊急時だけでなく日常的にDell Chromebook 3100 2-in-1を持ち帰って使い、誰でもいつでも等しく教育が受けられる環境を整えていきたいと考えています」

      • Chromebook、Gmail、Google Chrome、Google Meet、Googleフォーム、Googleスライド、Googleスプレッドシート、Google JamboardはGoogle LLCの商標です。

    詳細情報 表示範囲の縮小
    • お客様名 : 福岡市教育委員会
      業種 : 学校
      場所 : 日本/福岡