Preview Mode is on. Click here to exit and refresh page.

OpenManage Power Center

OpenManage Power Center

今すぐ始める
非表示
OpenManage Power Center

OMPC 4.0モニタリング概要画面

ITインフラストラクチャの最適化


OpenManage Power Center(OMPC)を利用することで、データセンターの稼働時間を最大限に高め、消費電力を制御できます。OMPCの機能:
  • ITインフラストラクチャのパフォーマンスを消費電力に応じて最適化する
  • サーバの電力消費、温度、および関連イベントを監視および管理する
  • 1つ以上のサーバについてチャージバックを正確に行うため、電力消費量およびCPU消費量(VMを含む)を記録する

データセンターは、昼夜を問わず最大限の電力消費量で稼働するのではなく、必要なときにエネルギーを使用する方向へと移行しています。正確な電力割り当てと電力上限を使用することで、IT管理者はパフォーマンスとSLAを維持しながら使用量を削減できます。OpenManage Power Centerでは、消費量とワークロードのニーズに基づいてサーバの電力を監視して割り当てることができ、同時に、温度条件も監視できます。OMPCは、物理サーバ上の仮想マシンを監視して、各VMが消費する電力を報告することもできます。

OMPCの電力分析および予算策定機能を使用することで、光熱費を削減し、二酸化炭素排出量を最小限に抑えることができます。また、データセンターのオペレータは光熱費や温度関連のイベントを事前に計画し、ワークロードのパフォーマンスに与える潜在的な影響を最小限に抑えることができます。

特長と利点

強力なモニタリングツールと電力制御ツールにより、データセンターのパフォーマンスを最大限に高めることができます。世界中のどこからでもレポートにアクセスし、インフラストラクチャの状態に応じて適切な対応をとることができるため、優先順位の変更や予期しないイベントにも迅速かつ効果的に対処できます。また、消費電力を厳密に監視および制御することで、コストの削減、可用性の維持、消費電力の削減を実現します。
OpenManage Power Center
OpenManage Power Center

戻る
今すぐ始める
非表示

OpenManage Power Center


OpenManage Power Center
OpenManage Power Center(OMPC)コンソールを、Dell EMC PowerEdgeサーバに組み込まれた内蔵Dell Remote Access Controller(iDRAC)のきめ細かな監視機能と緊密に統合することで、サーバの電力消費量を高度に可視化し、使用量を制御します。ポリシーベースの制御を設定してリソースの使用を最大化し、パフォーマンスニーズの減少に応じて電力をインテリジェントに抑制します。OMPCは事前に定義された電源ポリシーを使用して運用リスクを軽減し、サーバと主要ワークロードが稼働を続けられるようにします。

次のOpenManage Power Center機能を使用してデータセンターのエネルギー使用量を監視および制御します。
  • 仮想マシンを含むIT機器の電力使用量を測定する
  • 事前に定義された対応処置を使用して、電力および冷却イベントのリスクを軽減する
  • 既存のラックと電源インフラストラクチャの容量を最大限に活用する
  • ポリシーベースの制御を設定して、電気料金が変更されたり、パフォーマンスが必要になった場合に電力をインテリジェントに抑制する
ビデオ: OpenManage Power Centerプロビジョニングのデモ(01:53)(英語版)
詳細情報およびダウンロード: OpenManage Power Center