カート

小計:
JPN
JPN

    インテル® Core™ プロセッサー

    比較する

    選択ガイド:グラフィックス カード

    ノートパソコンとデスクトップ コンピューターには、内蔵と専用の2種類のグラフィックス カード オプションが用意されています。グラフィックス カードはビデオ カードとして表示される場合があります。

    内蔵グラフィックス カード
    インテルの内蔵グラフィックス カードは消費電力が少ないため、専用グラフィックス カードよりもノイズが少なくなります。ただし、内蔵カードはそれほど優れた動的な視覚体験を提供できません。内蔵カードは、ノートパソコン、2-in-1、比較的軽いワークロード向けに設計されたデスクトップによく使われていますが、それは専用カードよりも省電力性に優れている(ただし処理能力は低い)という理由からです。

    最適な対象ユーザー:さまざまなタスクとワークロードに対してパフォーマンスと効率のバランスが良いため、一般的なオフィス生産性アプリケーションを使用し、たまに動画のストリーミングを利用しているほとんどの人にとって理想的です。

    専用グラフィックス カード
    NVIDIAとAMDの専用グラフィックス カードは、ビデオやデジタル コンテンツの作成やゲームの処理において、内蔵カードよりも強力です。これらのアプリケーションは、リアルタイムでビジュアル体験をレンダリングします(ただビデオを再生したり録画されたビデオをストリーミングするだけではありません)。専用カードは、内蔵カードよりも多くの電力を使用するため、ノートパソコンのバッテリー持続時間が制限される可能性があります。また、発熱量が増えるため、ファンなどの冷却装置が起動してノイズが発生する場合があります。

    最適な対象ユーザー:ビジュアル コンテンツ制作者や、ビジュアル処理に関するコンピューティング ワークロードが高いユーザーにとって、優れたパフォーマンスを発揮します。

    目的 デルのお勧め
    内蔵グラフィックス OutlookやPowerPointなどのオフィス生産性向上アプリケーションを定期的に使用する場合など、さまざまなタスクやワークロードにおいてパフォーマンスと効率性をバランス良く提供。TV番組のストリーミング、ソリティアやMinecraftなどのゲームのプレイ、ノートパソコンのバッテリーの駆動時間を最大にまで引き延ばす必要がある場合。
    2GBまたは4GBの専用グラフィックス カード 多数のグラフや画像を使用してプレゼンテーションを頻繁に作成する場合、プレゼンテーションにアニメーション効果を使用する場合、ビデオ ゲームのファンの場合。
    6GBまたは8GBの専用グラフィックス カード PCを使用してハイエンド コンテンツを編集または作成する場合、またはビジュアル効果が高いゲームをプレイする場合。
    
    製品を比較 (0)
    非表示

    比較したい製品を追加して、ニーズに最適な製品を見つけましょう。

    比較
    0
    新規のお客様限定・特別クーポンはオンラインチャットまで
    ご購入相談やお見積りのお問合せは、デル テクノロジーズ アドバイザーが承ります。
    お電話 0120-912-038