メイン コンテンツに進む

Dell EMC SC All-Flashストレージ アレイ

お電話でお問合せください お電話でお問合せください

より優れたフラッシュ アーキテクチャー

新時代のワークロード向けのAFAとしてスマートな選択。パフォーマンスの自己最適化、フェデレーションによる拡張性と機動性、包括的なソフトウェアの機能を備えています。

データのモビリティと移行

複製
他のSCシリーズ アレイとの間での複製i
FCまたはiSCSI経由の同期/非同期
ボリューム単位の QoS 帯域幅の優先順位付け
ターゲット/ソースの関係は1対多または多対1
ソースボリュームとターゲットボリュームに対するすべてのSCデータサービスをサポート
オンデマンドでレプリケーションのタイプとトポロジを変更
PSシリーズ/EqualLogicアレイでのクロスプラットフォーム複製のサポート(双方向)

ボリュームモビリティ
Live Migrate(ベース製品に搭載)により、ホストに透過的な方法で、アレイ間のデータ移動が可能(フェデレーションのセクションも参照)

フェデレーション化されたマルチアレイシステム
Live Migrate(ベース製品に搭載)により、ホストに透過的な方法で、アレイ間のボリューム移動が可能
移行時のスナップショットの維持/保持

シンインポート
PSシリーズ(EqualLogic)アレイおよびMD3アレイからの省スペースのスムーズなデータ移行

シンクローン
データの重複がないクローンのスタンドアロンボリューム
クローンは独自のスナップショットとレプリケーションを維持
VDI、テスト/開発、共通データの別個のインスタンスを必要とするその他のアプリケーションに最適
データベースのコピーの重複除外よりも効率的

データ最適化

自動階層化方式
リアルタイムのデータ使用に基づくポリシーベースの移行、512 KB, 2MB(デフォルト),4MBのページサイズを選択可能。

自動階層化構造
最大2つのSSD階層(Write-IntensiveおよびRead-Intensive SSD)

階層化のカスタマイズ
ユーザー定義のプロファイル、任意の階層に対してボリュームを「固定する」オプション

RAIDサポート
RAID 0、1、5、6、RAID 10、RAID 10 DM(デュアルミラー): 1つのアレイ上で任意のRAIDレベルの組み合わせが可能

RAID階層化
同じ階層における複数のRAIDレベルの自動プロビジョニングと動的な再ストライプ: RAIDグループを事前に割り当てる必要なし
 
シンプロビジョニング
デフォルトではすべてのボリュームに対してアクティブ、全機能に渡りフルパフォーマンスで稼働
 
シンスナップショット
記録の変更のみ、スナップショットは低コストストレージに自動的に移行
 
インテリジェントな重複除外と圧縮
ボリュームごとに選択可能なオプション
圧縮のみのオプションも利用可能

動作環境条件

動作時温度: 10~35 °C(50~95 °F)
非動作時温度: -40~149 °F(-40~65 °C)
動作時湿度(結露しないこと): 10~80 %、最高露点29 °C(84.2 °F)
非動作時湿度(結露しないこと): 5~95 %、最高露点33 °C(91 °F)
インレットタイプ: NEMA 5-15/CS22.2、n°42

拡張性

サポート対象の拡張エンクロージャー
Dell EMC SC420F: 2.5 "ドライブ ベイ x 24、12 Gb SAS

最大ドライブ数
SC7020F: アレイあたり606ドライブ、フェデレーテッド システムではそれ以上i
SC5020F: アレイあたり222(オプションの拡張エンクロージャーを使用)、フェデレーテッド システムではそれ以上i

最大物理容量
SC7020F: アレイあたり4 PB、フェデレーテッド システムではそれ以上i
SC5020F: アレイあたり2.16 PB、フェデレーテッド システムではそれ以上i

最大物理容量(NAS)
1つの名前空間で4 PB(FS8600 NASアプライアンスが必要)
最大20 PBとグローバルな名前空間(FS8600および複数のアレイが必要)

ストレージ メディア
SSD: Write-IntensiveおよびRead-Intensiveドライブ(同一システム内に混在可能)、SED SSD

機能

アレイ構成
All-Flashアレイのみ

ストレージ フォーマット
プールからのブロック(SAN)および/またはファイル(NAS)(オプションのFS8600使用)

最大SANホスト数: 500

最大イニシエーター ポート数: 1,000

最大LUNサイズ: 500 TB

最大LUN数: 2,000

最大スナップショット数:
SC7020F: 16,384
SC5020F: 8,192

最大IOPS:i
SC7020F: 1,200,000
SC5020F: 1,025,000

最大IOPS(レイテンシー1 ms未満):i
SC7020F: 1,050,000
SC5020F: 818,000

最大IOPS:i
(80 %読み取り、20 %書き込み)
SC7020F: 346,000
SC5020F: 330,000

最大スループット(読み取り):i
SC7020F: 29,000 MB/s
SC5020F: 19,000 MB/s

最大スループット(書き込み):i
SC7020F: 14,000 MB/s
SC5020F: 9,500 MB/s

管理

管理インターフェイス
ブラウザーベース(HTML 5):
  Unisphere for SC(エレメント マネージャー)
  Unisphere Central(複数アレイ管理)
CloudIQ(クラウドベースの解析とモニタリング):
  クライアント アプリケーション:
  Dell Storage Manager(複数アレイ、複数サイト、クロスプラットフォームの管理)

フェデレーション

統合的に管理される大規模なマルチアレイ システムの構築(内蔵されたLive Migrate機能によるアレイ間でのワークロードのシームレスな移行に対応)。各アレイが類似していてもいなくても、その容量とパフォーマンスを組み合わせて、中断することなく効率的にアレイを追加。Volume Advisorがフェデレーション アレイをモニタリングし、最適なデータ配置とロード バランシングを提案。ボリュームの移動によるスナップショットやレプリケーションのデータ保護への影響なし。i

スクリプトのサポート
Microsoft PowerShell API
REST API

ホストOSのサポート
Microsoft® Windows Server®、Oracle® Solaris、HP®-UX、Oracle Linux、IBM® AIX®、Novell® NetWare、SLES、Apple、HPTru64、VMware®、Citrix® XenServer®、RedHat®

サードパーティ アプリケーションの統合
VMware、Oracle、Microsoft、IBM、OpenStack™、Symantec™、Commvault®、Veeam®、Docker™(詳細についてはSCシリーズの管理のスペック シートを参照)

PSシリーズ アレイとの共存
双方向のレプリケーション
単一インターフェイスでの日常管理
シン インポート:PSシリーズ アレイからの省スペースのスムーズなデータ移行

認定
VMware vSphere Metro Storage Cluster、VMware SRM、Veritas Storage Foundations Suite、IBM VIOS Recognized、Oracle Validated Infrastructure(OVI)。その他の認定および詳細については、Dell Storageサポート マトリックスを参照

レポート作成/警告
SupportAssist(コール ホーム)、リモート診断とパフォーマンス モニタリング、自動警告、レポートと通知、部門別チャージバック

ファームウェアのアップデート
オンライン、無停止。iファームウェアを自動的にダウンロードするように設定可能。必要に応じて手動でインストールを開始するオプションを提供。

ワークロード管理
QoS、VVol
物理
ラック サイズ:
3U
高さ:13.33 cm(5.25インチ)
幅:44.5 cm(17.52インチ)
奥行き:78.5 cm(30.9インチ)
重量(最大構成時):24.22 Kg(53.4ポンド)
重量(シャーシのみ): 15.15 Kg(33.4ポンド)

ネットワークおよび拡張I/O

フロントエンド ネットワーク プロトコル
FC、iSCSI(同時マルチプロトコルをサポート)

32 Gb FCポートの最大数
SC7020F: アレイあたり24(SFP+)
SC5020F: アレイあたり8(SFP+)

8/16 Gb FCポートの最大数
SC7020F: アレイあたり24(SFP+)
SC5020F: アレイあたり8(SFP+)

100 Gb iSCSIポートの最大数

SC7020F: アレイあたり16のQSFP28
SC5020F: アレイあたり8のQSFP28ポート

25 Gb iSCSIポートの最大数
SC7020F: アレイあたり16のSFP28
SC5020F: アレイあたり8のSFP28ポート

10 Gb iSCSIポートの最大数
SC7020F: アレイあたり32のSFP+(10 Gb)またはBaseTポート
SC5020F: アレイあたり16のSFP+(10 Gb)またはBaseTポート

管理ポート
アレイあたり2(1 Gb BASE-T)

バックエンド拡張プロトコル
12 Gb SAS

最大バックエンド拡張ポート数
SC7020: アレイあたり24
SC5020: アレイあたり8
アレイあたり最大16の拡張エンクロージャー

電源

消費電力(ワット数):
SC7020F: ホットスワップ対応1,485 W電源 x 2
SC5020F: ホットスワップ対応電源(1,378 Wまたは1,485 Wオプション) x 2

最大出力電力:
SC7020F: 1,485 W
SC5020F: 1,378 W(1,378 W供給オプション)または1,485 W(1,485 W供給オプション)

最大入力電力:
SC7020F: 1,688 W
SC5020F: 1,584 W(1,378 W供給オプション)または1,688 W(1,485 W供給オプション)

最大入力電流:
SC7020F: 8.8 A
SC5020F: 16 A(1,378 W供給オプション)または8.8 A(1,485 W供給オプション)

最大突入電流:
10 ms以内に55 A

公称入力電圧動作範囲:
SC7020F: 200~240 VAC
SC5020F: 100~240 VAC(1,378 W供給オプション)または200~240 VAC(1,485 W供給オプション)

公称入力周波数: 50/60 Hz

最大熱出力/熱放散:
SC7020F: 5,760 BTU/時
SC5020F: 5,770 BTU/時(1,378 W供給オプション)または5,760 BTU/時(1,485 W供給オプション)

より優れたフラッシュアーキテクチャ

より優れたフラッシュアーキテクチャ

ビジネスにおける困難な課題の克服にも、Dell EMCオールフラッシュストレージのパワーとスピードでお応えします。SCオールフラッシュストレージは新時代のSSDパフォーマンスはもちろん、シンプルさや柔軟性とその価値で期待に応えます。また、汎用ワークロードの統合、新しいVDIの導入、大規模なOLTPシステム、オールフラッシュ・プライベート・クラウドに対応できます。妥協したソリューションに満足する必要はもうありません。このアレイには必要なものすべてがあります。オールフラッシュの早期導入で、成果の早期達成を。
ニーズの変化に合わせて調整可能なパフォーマンス
ニーズの変化に合わせて調整可能なパフォーマンス
エンド・ツー・エンドのフラッシュは、これまで不可能と思われてきたことを実現し、生産性と成果を新しい地平へと引き上げます。アクティブ/アクティブのパフォーマンス重視設計で、スケールアップ、スケールアウト両方で高IOPSを維持し、ストレージへの投資をすべてアプリケーションの高速化に直接つなげます。
動的なインテリジェンス
動的なインテリジェンス
急激な変化や成長を前提とせず設計した特定用途向けシステムで、環境が予期せず変化した場合でも、SCオールフラッシュならワークロードに対応できます。ストレージインフラストラクチャが柔軟に対応できないということをビジネスチャンスを逃した理由にできる時代ではなくなりました。以前は不可能であったような柔軟性を利用して新しいアイデアを試したり、臨機応変に戦略シフトを行うことが可能な時代です。
効率と価値
効率と価値
インテリジェントな重複除外や圧縮などの革新的な自己最適化機能で、人手を掛けずにコスト削減が可能です。広範にシンプル化した方式(「thin method」)と直感的な管理ツールにより、リソースを最大限に活用できるようになります。また、他と区別すべき点は、高度なSCソフトウェア機能がすべてデフォルトで利用可能になることです。別途、ライセンス購入したりメンテナンスを行う必要はありません。
最大10のアレイをフェデレーションしてパフォーマンスと容量を強化

最大10のアレイをフェデレーションしてパフォーマンスと容量を強化

内蔵の「ストレージハイパーバイザ」を使用すれば、アレイ間でワークロードをシームレスに移動でき、ホストに影響を与えることなくストレージを変更できます。エンタープライズで実績のあるSCオペレーティングシステムにより、サーバ/LUNマッピングやRAIDのプロビジョニングなど、時間がかかり、エラーの発生しやすい管理タスクが自動的に管理されます。導入速度と構成の機敏性の向上が可能になり、今日の変化の激しい市場でビジネスの競争力も向上します。
容易な移行
容易な移行
フェデレーション内でのデータ移動は、高速に、しかもホストに対して透過的に行われます。ボリュームを別のアレイに移動する必要がある場合、 Live Migrateを使用すれば、数クリックするだけで完了します。しかも、移動操作全体を通して、ワークロードをオンラインのまま維持し、スナップショットと複製関係を保持できます。
ロードバランシングウィザード
ロードバランシングウィザード
付属のVolume Advisorはロードバランシングを継続的に監視します。データを最初に配置する際には最適な場所を提案し、時間経過による状況の変化に応じて、最適な移動場所を推奨します。
常時使用可能なストレージ
常時使用可能なストレージ
また、付属のLive Volumeは、想定外のアウテージや災害が発生した場合でも、ワークロードの継続実行を実現します。フェールオーバーは同期されたローカルアレイおよびリモートアレイ間で自動的に中断なく行われるため、重要なビジネス業務を保護できます。

All-Flashの導入価値のすべてがここに。

SC All-Flashは、SCシリーズ ラインナップのすべての高度な機能を標準装備。かつてない高価値で将来を見据えたSC製品になっています。これは、SC All-Flashだけの特長です。すべての機能が、アレイの全容量に対してライセンス供与されます。以下の特長があります。

  • インテリジェントな重複除外と圧縮
  • Live Migrate(フェデレーション)
  • Live Volume(自動フェールオーバー)
  • Volume Advisor
  • Data Progression
  • RAID階層化
  • Dynamic Controller
  • Dynamic Capacity
  • シン スナップショット
  • Thin Clones
  • 複製 (シングルホップ、マルチホップ、1対多)
  • Remote Instant Replay(IPネットワーク全体での同期/非同期複製)
  • SANおよびNASのサポート(オプションのFS8600スケールアウトNASアプライアンス経由で同じストレージ プールからのブロック アプリケーションおよびファイル アプリケーション)
  • マルチプロトコル ネットワーク
  • ネイティブ アプリケーション回復ツール
  • Unisphere for SC、Unisphere Central HTML Web UI
  • CloudIQによるWebベースの解析と監視
  • Dell Storage Managerクライアント アプリケーション  インターフェイス
  • 自己暗号化ドライブ(SED)サポート
  • PSシリーズ(EqualLogic™)アレイとの統合
  • チャージバック
  • マルチVLANタグ付け
  • QoS
  • VVOLサポート
  • その他…
信頼できる、エンタープライズクラスのソリューション

信頼できる、エンタープライズクラスのソリューション

オールフラッシュアレイだけでなくストレージ全体でも、ナンバーワンとしてマーケットを主導しているという事実が、それを裏付けています*。Dell EMC製品は世界中のデータセンターで非常に広く利用されていますので、そのテクノロジーとビジネス専門知識から得られるメリットは計り知れません。

  • ワールドクラスのサービスオプション – ProSupport、ProDeploy、新しいOptimizeサービスなど、汎用的な導入オプションやサポートオプションが広範に用意されています。
  • Dell EMCハードウェア/ソフトウェアサポート – SCオールフラッシュは、PowerPath、ViPR、VPLEX、RecoverPoint、Connectrix、Data Domainなど、一般的なDell EMC製品をサポートしています。
  • 幅広いサードパーティ統合 – VMware、Microsoft、Oracle、OpenStackなど。Dell EMCはお客様にとって重要なエコシステムやアプリケーションを主導している企業との緊密な関係を維持しています。
Dell EMC SCオールフラッシュ・ストレージ・アレイ

Dell EMC Future-Proof Storage Loyaltyプログラム

Dell EMCの4:1効率化の保証、3年の満足度保証、「安心」データ移行、ハードウェア投資保護、包括的なソフトウェアを利用すれば、投資をさらに高いレベルで保護できます。Future-Proof Storage Loyalty Programは、お客様のアプリケーションのライフタイム期間を通して常にSCオールフラッシュアレイの価値を保証するという、他に類を見ないものです。競合する他のプログラムとは異なり、このサービスは、追加コストなしで利用できます。製品価格やメンテナンス費用が上昇することはありません。詳細および登録については、DellEMC.com/FutureProof (英語)をご覧ください。

強力なプラットフォームオプション

2台のSCオールフラッシュアレイ・モデル・オプションと、いずれかのアレイで使用できる相互に置き換え可能な拡張エンクロージャを使用すれば、ストレージをさらに高いレベルに強化できます。
SC7020Fアレイ

SC7020Fアレイ

  • アレイあたり8コアのインテル プロセッサー x 4
  • 2.5 "ドライブ スロット x 30、3Uシャーシ
  • 606の最大拡張可能ドライブ数
  • PCIeスロット x 6(コントローラーあたり3)
  • 100/25/10 Gb iSCSIおよび/または32/16 Gb FC
  • NASサポート(オプションのFS8600使用)
  • 16,000スナップショット
  • フロントエンド帯域幅29,000 MB/秒
  • SSDフォーマットの混在をサポート
  • すべてのプレミアム ソフトウェア機能を含む
SC5020Fアレイ

SC5020Fアレイ

  • アレイあたり8コアのインテル プロセッサー x 2
  • 2.5 "ドライブ スロット x 30、3Uシャーシ
  • 222ドライブ(最大拡張時)
  • PCIeスロット x 2(コントローラーあたり1)
  • 100/25/10 Gb iSCSIおよび/または32/16 Gb FC
  • NASサポート(オプションのFS8600使用)
  • スナップショット数8,192
  • フロントエンド帯域幅19,000MB/秒
  • SSDフォーマットの混在をサポート
  • すべてのプレミアム ソフトウェア機能を含む
SC420F拡張エンクロージャ

SC420F拡張エンクロージャ

  • 2.5インチ・ドライブ・スロット x 24
  • 2Uシャーシ
  • SSDフォーマットの混在をサポート
  • 12 GB SASバックエンド
  • 中断のない拡張が可能。ワークロードはオンラインのまま

Dell EMCは包括的なエンド・ツー・エンドのサービスを提供します

ITライフサイクルの最適化は非常に重要です。Dell EMCでは、すべてのライフサイクルフェーズにおいて、お客様の時間とリソースの節約、省力化、ITエクスペリエンスの向上に役立つエキスパートサービス*をご利用いただけます。
ProSupport Enterprise Suite

ProSupport Enterprise Suite

Dell EMCの名を世界中に知らしめているサポートの専門知識と深い洞察力を活用することで、運用に不安を感じることなく、ビジネスの変革に重点を置くことができます。特定のシステムの重要度に応じて、自動化された予測分析、サードパーティとのコラボラティブサポート、サービスアカウント管理の中から適切なサポートをお選びいただけます。
ProDeploy

ProDeploy

ProDeploy Enterprise Suiteは、導入したその日からテクノロジーを有効に活用できるようにサポートします。Dell EMCの専門スタッフが、基本的なハードウェアの取り付けから計画、設定、複雑な統合まで、導入のあらゆる側面を支援します。当社の包括的な導入サービスとプロフェッショナル認定資格は、現在のみならず将来においても、ビジネス目標の達成に役立ちます。
トレーニング

トレーニング

教育サービスでは、広範なトレーニングサービスをご利用いただけます。受講方法は、講師主導のトレーニング、自分のペースで学べるオンライントレーニング、講師主導のバーチャルトレーニングなど、さまざま方法から選択できます。包括的で柔軟なトレーニングプログラムを活用していただくことで、新しいテクノロジーを簡単に管理し、フル活用できるようになります。
コンサルティング

コンサルティング

コンサルティングサービスでは、お客様のペースと予算に合わせたIT環境の強化、最適化、変革を行うために役立つ、専門的なガイダンスを提供します。広範囲をカバーする認定コンサルタントとエンジニアが在籍しており、高度な専門知識を持つプログラム管理チームがバックアップしています。お客様が適切な方法と時期にプロジェクトを完了できるよう、お手伝いします。

製品レビュー

ドライバ、マニュアル、サポート

製品サポート

ドライバやマニュアルから、診断ツールや交換パーツまで、デルの製品サポートはあらゆる面でお客様をサポートします。

インテル® Xeon® Platinum プロセッサー

比較する

製品を比較 ()

比較したい製品を追加して、ニーズに最適な製品を見つけましょう。

比較したい製品を追加して、ニーズに最適な製品を見つけましょう。