メイン コンテンツに進む

Dell EMC SCv3000シリーズのストレージアレイ

お電話でお問合せください お電話でお問合せください

デル史上最も低価格なハイブリッドアレイ

SCシリーズ自動階層化機能とエンタープライズ クラスのストレージ機能への新しいエントリーポイント

データのモビリティと移行

レプリケーション
他のSCシリーズ アレイとの間でのレプリケーションi
FCまたはiSCSI経由の同期/非同期
ボリューム単位のQoS帯域幅の優先順位付け
ターゲット/ソースの関係は1対多または多対1
ソース ボリュームとターゲット ボリュームに対するすべてのSCデータ サービスをサポート
オンデマンドでレプリケーションのタイプとトポロジを変更
PSシリーズ/EqualLogicアレイでのクロスプラットフォーム レプリケーションのサポート(双方向)

ボリューム モビリティ
Live Migrate(ベース製品に搭載)により、ホストに透過的な方法で、アレイ間のデータ移動が可能(フェデレーションのセクションも参照)

フェデレーション化されたマルチアレイ システム
Live Migrate(ベース製品に搭載)により、ホストに透過的な方法で、アレイ間のボリューム移動が可能
移行時のスナップショットの維持/保持

シン インポート
PSシリーズ(EqualLogic)アレイからの省スペースのスムーズなデータ移行

シン クローン
データの重複がないクローンのスタンドアロン ボリューム
クローンは独自のスナップショットとレプリケーションを維持
VDI、テスト/開発、共通データの別個のインスタンスを必要とするその他のアプリケーションに最適
データベースのコピーの重複除外よりも効率的

データ最適化

自動階層化方式
リアルタイムのデータ使用に基づくポリシーベースの移行、カスタマイズ可能な512 KB~4 MBのページサイズ。

自動階層化構造
最大で計3個のプライマリ(メディアベース)階層、最大2個のSSD階層(Write-Intensive SSDおよびRead-Intensive SSD)

階層化のカスタマイズ
ユーザー定義のプロファイル、任意の階層に対してボリュームを「固定する」オプション

RAIDサポート
RAID 0、1、5、6、RAID 10、RAID 10 DM(デュアルミラー): 1つのアレイ上で任意のRAIDレベルの組み合わせが可能

RAID階層化
同じ階層における複数のRAIDレベルの自動プロビジョニングと動的な再ストライプ: RAIDグループを事前に割り当てる必要なし

シンプロビジョニング
デフォルトではすべてのボリュームに対してアクティブ、全機能にわたりフルパフォーマンスで稼働

シンスナップショット
記録の変更のみ、スナップショットは低コストストレージに自動的に移行

インテリジェントな圧縮
ボリュームごとに選択可能なオプション
SSD、HDD、または両方(ハイブリッド構成)に適用されます。

HDDの最適化
FastTrackが頻繁にアクセスされるデータを外部トラックに移動させることで、応答時間を短縮

動作環境条件

動作時温度: 10~35 °C(50~95 °F)
非動作時温度: -40~65 °C(-40~149 °F)
動作時湿度(結露しないこと): 10~80 %、最高露点29 °C(84.2 °F)
非動作時湿度(結露しないこと): 5~95 %、最高露点33 °C(91 °F)
インレットタイプ: NEMA 5-15/CS22.2、n°42

拡張性

サポート対象の拡張エンクロージャ
テスト
SCv300: 12 x 3.5”ドライブベイ(12 Gb SAS)
SCv320: 24 x 2.5”ドライブベイ(12 Gb SAS)
SCv360: 60 x 3.5”ドライブベイ(12 Gb SAS)i

最大ドライブ数
アレイあたり222(内蔵と外付拡張)、フェデレーテッドシステムではそれ以上i

最大物理容量
アレイあたり1 PBi(SSDまたはHDD)、フェデレーテッドシステムではそれ以上

最大物理容量(NAS)
アレイあたり1 PBi(FS8600 NASアプライアンスが必要)
1つの名前空間に4 PB(FS8600および複数のアレイが必要)
20 PBとグローバルな名前空間(FS8600および複数のアレイが必要)
NX3000シリーズWindows NASアプライアンスにも対応

ストレージメディア
SASドライブおよびニアラインSASドライブ: 同じシステムでさまざまなドライブのタイプ、転送レート、回転速度の組み合わせが可能。
SSD: Write-IntensiveおよびRead-Intensiveのドライブ
HDD: 15,000、10,000、7,200 RPM

機能

アレイ構成
All-Flashアレイ、ハイブリッドアレイ、またはHDDアレイ

ストレージフォーマット
同じプールからのブロック(SAN)および/またはファイル(NAS)i

最大SANホスト数: 250
最大イニシエーターポート数: 500
最大LUNサイズ: 500 TB
最大LUN数: 1,000
最大スナップショット数: 4,096
最大IOPS: 665,000i 
最大IOPS(レイテンシ1 ms未満): 540,000i 
最大IOPS(80 %読み取り、20 %書き込み): 231,000i 
最大スループット(読み取り): 19,000 MB/秒i 
最大スループット(書き込み): 9,500 MB/秒i

管理

管理インターフェイス
ブラウザーベース(HTML 5):
Unisphere for SC(エレメント マネージャー)
Unisphere Central(複数アレイ管理)
CloudIQ(クラウドベースの解析とモニタリング)

クライアント アプリケーション
Dell Storage Manager(複数アレイ、複数サイト、クロスプラットフォームの管理)

フェデレーション
統合的に管理される大規模なマルチアレイ システムの構築(内蔵されたLive Migrate機能によるアレイ間でのワークロードのシームレスな移行に対応)。アレイの各容量とパフォーマンスを組み合わせて、中断することなく効率的にアレイを追加。Volume Advisorがフェデレーション アレイをモニタリングし、最適なデータ配置とロード バランシングを提案。ボリュームの移動によるスナップショットやレプリケーションのデータ保護への影響なし。i

スクリプトのサポート
Microsoft PowerShell API
REST API

ホストOSのサポート
Microsoft® Windows Server®、Novell® NetWare、SLES、VMware®、Citrix® XenServer®、RedHat®

サードパーティ アプリケーションの統合
VMware、Oracle、Microsoft、IBM、OpenStack™、Symantec™、Commvault®、Veeam®、Docker™(詳細についてはSCシリーズの管理のスペック シートを参照) 

PSシリーズ アレイとの共存
双方向のレプリケーション
単一インターフェイスでの日常管理
シン インポート:PSシリーズ アレイからの省スペースのスムーズなデータ移行

認定
VMware vSphere Metro Storage Cluster、VMware SRM、Veritas Storage Foundations Suite。その他の認定と詳細については、Dell Storageサポート マトリックスを参照

レポート作成/警告
SupportAssist(コール ホーム)、リモート診断とパフォーマンス モニタリング、自動警告、レポートと通知、部門別チャージバック

ファームウェアのアップデート
オンライン、無停止。iファームウェアを自動的にダウンロードするように設定可能。必要に応じて手動でインストールを開始するオプションを提供。

ワークロード管理
QoS、VVol

ネットワークおよび拡張I/O

フロントエンド・ネットワーク・プロトコル
FC、iSCSI、SAS(同時マルチプロトコルをサポート): FC + iSCSIまたはSAS + iSCSI

16 Gb FCポートの最大数
アレイあたり8(SFP+)

10 Gb iSCSIポートの最大数
アレイあたり16 SFP+またはBaseT

12 GB SASポートの最大数
最大8の12 Gb SASポートi

管理ポート
アレイあたり2(1 Gb BASE-T)

バックエンド拡張プロトコル
12 Gb SAS

最大バックエンド拡張ポート数
アレイあたり8
アレイあたり最大16の拡張エンクロージャ

物理

SCv3000
ラックサイズ: 3U
高さ: 13.33 cm(5.25インチ)
幅: 44.5 cm(17.52インチ)
奥行き: 78.5 cm(30.9インチ)
重量(最大構成時): 24.22 Kg(53.4ポンド)
重量(シャーシのみ): 15.15 Kg(33.4ポンド)

SCv3020
ラックサイズ: 3U
高さ: 13.33 cm(5.25インチ)
幅: 44.5 cm(17.52インチ)
奥行き: 78.5 cm(30.9インチ)
重量(最大構成時): 24.22 Kg(53.4ポンド)
重量(シャーシのみ): 15.15 Kg(33.4ポンド)

電源

電源/ワット数: 2 ホットスワップ対応電源(1,378 Wまたは1,485 Wオプション)
最大出力電力: 1,378 W電源オプション: 1,378 W。1,485 W電源オプション: 1,485 W
最大入力電力: 1,378 W電源オプション: 1,584 W。1,485 W電源オプション: 1,688 W
最大入力電流: 1,378 W電源オプション: 16 A。1,485 W電源オプション: 8.8 A
最大突入電流: 10 ms以内に55 A
公称動作入力電圧範囲: 1,378 W電源オプション: AC 100~240 V。1,485 W電源オプション: AC 200~240 V
公称入力周波数: 50/60 Hz
最大熱出力/熱放散: 1,378 Wオプション: 5,770 BTU/時。1,485 Wオプション: 5,760 BTU/時(All-in-Oneベースアプライアンス、拡張エンクロージャなし)

この価格帯で史上最高の優位性

予算が制限されているからといって、最先端のストレージテクノロジーを利用できないということにはなりません。エントリーレベルのハイブリッドソリューションに、これまでにない高度な機能を搭載した新しいSCv3000シリーズアレイ。小規模の企業でも、大規模で高価なシステム導入をしている企業と対等に競争する有効な手段となります。

SCv3000の初期コストは業界で最も低価格ですが、価格以上の機能を備えています。このアレイには多額の予算をかけずに業績を向上させられるよう設計されている機能が独自に組み合わされており、大規模システムを有する企業と対等に競争することを可能にします。
優れたハイブリッドパフォーマンス
優れたハイブリッドパフォーマンス
「0~100 %フラッシュ」アーキテクチャによって270,000を超える最大IOPS、19,000 MB/秒を超える帯域幅、およびアレイあたり1 PBの容量を実現*。負荷の高い複数のワークロードにも余裕で対応できます。
自己最適化アーキテクチャ
自己最適化アーキテクチャ
少数で低価格のドライブであっても効率的に利用することで、手を掛けずにコストを削減できます。複数階層Data Progression、RAID階層化、およびインテリジェントな圧縮により、初期コストとライフサイクルコストの両方を大幅に減らすことができます。
将来を見据えた投資
将来を見据えた投資
SCv3000には現在および将来的にお客様の環境を補完する、幅広い製品ポートフォリオが用意されているため、安心して購入いただけます。SCシリーズのフェデレーション/複製、堅牢なDell EMC製品サポート、サードパーティとの連携が可能です。
Dell EMC SCv3000シリーズのストレージアレイ

新たな特長

SCv3000では、SCv2000前世代と比較して、SCエントリーカテゴリの機能が大幅に改善されています。

  • ハードウェアプラットフォームの高速化 – IOPSを50 %向上、容量を50 %増加、帯域幅を3倍、およびスナップショットを2倍増加しました。*
  • SCOSのフル機能セット –SCv3000では、SCv2000とは異なり、コスト削減につながる豊富なSCOS 7ソフトウェア機能が有効になります。これらの機能には、Data Progression、インテリジェントな圧縮、Live Migrate、Live Volume、他のSCシリーズアレイとのフェデレーション/複製、シンクローン、エンタープライズのチャージバック, 暗号化、DCB、VVolsなどがあります。
  • Dell EMCとの統合 – 広範なVMwareのサポート、PowerPath、Data Domain、RecoverPoint、Networker、VPLEX、ViPR、および新しいCloudIQ分析。*
オンラインアプリのIOPS増加。データ・マイニング・アプリケーションの帯域幅拡大。必要なエコシステムのサポート拡大。この独自のエントリー・レベル・アレイは、あらゆる組み合わせのワークロードに対応できます。自己最適化SCOSアーキテクチャにより、非常に低い導入コストとライフサイクルコストでこれらの機能を利用できます。
Dell EMC SCv3000シリーズモデル

SCv3000シリーズモデル

ベースアレイは、2種類の3U「All-In-One」構成で利用可能です。いずれのモデルにも、6コアのIntelプロセッサー、32 GBのメモリー(コントローラーあたり16 GB)と柔軟な10 Gb iSCSI、12 Gb SAS、または16 Gb FCネットワーク接続を搭載したデュアルコントローラーが含まれます。
  • SCv3000 - 3.5”ドライブスロット x 16
  • SCv3020 - 2.5”ドライブスロット x 30
オプションの拡張エンクロージャを使用すると、最大222台のドライブ、または1 PB(アレイあたり)まで拡張できます* - フェデレーテッド・マルチアレイ・システムではさらに大規模なスケールアウトが可能です。3つの拡張エンクロージャはすべて、いずれのベースアレイでも使用できます。すべてのアレイおよび拡張エンクロージャモデルは、さまざまなSSD、15 K、10 K、およびNLSASドライブ(FIPS認定SEDを含む)をサポートします。
  • SCv300: 3.5”ドライブスロット x 12、2U
  • SCv320: 2.5”ドライブスロット x 24、2U
  • SCv360: 3.5”ドライブスロット x 60、4U*
Dell EMC Storage SCV3000オール・フラッシュ・ストレージ効率性保証

4:1オール・フラッシュ・ストレージ効率性保証

SCシリーズアレイは、あらゆる構成(オールフラッシュ、ハイブリッド、およびHDD)で高い効率を達成していますが、多くの企業は特にオール・フラッシュ・アレイを導入した場合のコストに懸念を抱いています。Dell EMCでは、オール・フラッシュ・アレイのリスクを解消するために、オールフラッシュSC構成での4:1の効率性を保証します。Dell EMCは、オール・フラッシュ・アレイについて、購入されたドライブの実質的な論理ストレージ容量が物理容量の4倍以上になることを保証しています。この条件が満たされなかった場合には、ドライブを無料で追加します*

Dell EMCは包括的なエンド・ツー・エンドのサービスを提供します

ITライフサイクルの最適化は非常に重要です。Dell EMCでは、すべてのライフサイクルフェーズにおいて、お客様の時間とリソースの節約、省力化、ITエクスペリエンスの向上に役立つエキスパートサービス*をご利用いただけます。
ProSupport Enterprise Suite

ProSupport Enterprise Suite

Dell EMCの名を世界中に知らしめているサポートの専門知識と深い洞察力を活用することで、運用に不安を感じることなく、ビジネスの変革に重点を置くことができます。特定のシステムの重要度に応じて、自動化された予測分析、サードパーティとのコラボラティブサポート、サービスアカウント管理の中から適切なサポートをお選びいただけます。
ProDeploy

ProDeploy

ProDeploy Enterprise Suiteは、導入したその日からテクノロジーを有効に活用できるようにサポートします。Dell EMCの専門スタッフが、基本的なハードウェアの取り付けから計画、設定、複雑な統合まで、導入のあらゆる側面を支援します。当社の包括的な導入サービスとプロフェッショナル認定資格は、現在のみならず将来においても、ビジネス目標の達成に役立ちます。
トレーニング

トレーニング

教育サービスでは、広範なトレーニングサービスをご利用いただけます。受講方法は、講師主導のトレーニング、自分のペースで学べるオンライントレーニング、講師主導のバーチャルトレーニングなど、さまざま方法から選択できます。包括的で柔軟なトレーニングプログラムを活用していただくことで、新しいテクノロジーを簡単に管理し、フル活用できるようになります。
コンサルティング

コンサルティング

コンサルティングサービスでは、お客様のペースと予算に合わせたIT環境の強化、最適化、変革を行うために役立つ、専門的なガイダンスを提供します。広範囲をカバーする認定コンサルタントとエンジニアが在籍しており、高度な専門知識を持つプログラム管理チームがバックアップしています。お客様が適切な方法と時期にプロジェクトを完了できるよう、お手伝いします。

製品レビュー

ドライバ、マニュアル、サポート

製品サポート

ドライバやマニュアルから、診断ツールや交換パーツまで、デルの製品サポートはあらゆる面でお客様をサポートします。

インテル® Xeon® Platinum プロセッサー

比較する

製品を比較 ()

比較したい製品を追加して、ニーズに最適な製品を見つけましょう。

比較したい製品を追加して、ニーズに最適な製品を見つけましょう。