選択ガイド: 第14世代向け組み込みシステム管理機能

 
iDRAC with Lifecycle Controller

iDRAC with Lifecycle Controllerは、すべてのDell EMC PowerEdge™サーバに組み込まれています。IT管理者がデル製サーバの導入、アップデート、監視、および管理を行う際に役立つ機能を提供します。iDRAC9 with Lifecycle Controllerを利用している場合には、OpenManage Server Administratorソフトウェアエージェントのインストールも不要です。各iDRAC9には、基本的なレベルの機能が備わっています。​ EnterpriseおよびExpressレベルのライセンス(オプション)は、より高度な機能を提供し、お客様が希望する管理機能レベルを最適に満たすことができます。さらに、Enterpriseレベルのライセンスではフラッシュ・メモリ・カード(vFlash)をオプションで利用できます。この16 GB micro-SDカードは、システムに内蔵されており、ローカル構成ストレージに使用できます。


OpenManage Essentialsによるサーバ構成管理

この機能は、ベアメタル導入の高度な自動化、迅速で一貫性のあるサーバ構成のレプリケーションを可能にします。さらに、自動メンテナンスのプロセスにより、サーバ構成で、お客様によって事前定義されたベースライン設定が順守されるようになります。OpenManage Essentials(無償ダウンロード)でSCMオプションを有効にすると、標準化されたテンプレートとプロセスを使用して、サーバの構成およびOSの導入環境を簡単かつ正確、しかも迅速にレプリケートできるため、エラーが発生する可能性を抑えてサーバの可用性を確保できます。サーバ構成は、サーバの電源を入れる前であっても、1つのプロセスとして実行できるため、運用までにかかる時間を短縮できます。注意: OM Essentials Server Configuration Managementは、iDRACのEnterpriseまたはExpressのライセンスとの併用でのみ使用できます。