選択ガイド: ハードドライブ

 
従来のハードディスクドライブ(HDD)には、ヘッド、プラッタ、モータに非常に精密な技術が使用されています。これらのハードドライブには可動部品が含まれています。ハードドライブのスピードはrpmで決まり、rpmの数値が大きいほど、ハードドライブのパフォーマンスが高くなります。

また、従来のハードドライブは衝撃と振動の影響を大きく受けます。そのため、ぶつけたり落としたりした場合、ハードドライブに障害や損傷が生じることがよくあります。ハードドライブには、もう1つのタイプとしてソリッド・ステート・ドライブ(SSD)があります。SSDには可動部品がないため、損傷や障害の恐れが少なく、データプロテクションの点では安心できます。モバイルユーザーにとって、SSDには次のような大きなメリットがあります。

  • パフォーマンスの向上: ブート時間の短縮、アプリケーション起動の高速化、文書アクセスの高速化
  • 耐久性: 万が一落としても重要ファイルを保護
  • 長いバッテリ持続時間: SSDによる電力消費は少ないため、より長時間バッテリが持続
  • 標準のハードドライブより静音
  • 標準的なハードドライブより軽量で熱の発生が少ない

SATA
(Serial Advanced Technology Attachment)は、1本のケーブルでデバイス間をポイントツーポイント接続するシリアルリンクです。SATA接続の利点は、ハード・ドライブ・ストレージ用のSSDに高速で接続でき、起動ドライブを基本操作用に保持できることです。

mSATA(Mini-SATA)は、ストレージ容量を損なうことなく、より小型のフォームファクタでSSDを提供できる最新技術です。これにより、ノートパソコンの構造をよりコンパクトでスリムなものにできます。一部のシステムでは、mSATA SSDをプライマリ・ハード・ドライブとして使用します。その他のシステム(一部のXPSおよびInspiron R Special Editionノートパソコンなど)でも、従来のハードドライブと組み合わせる形で、mSATA SSDをオプションとして使用できる予定です。これらのシステムではmSATA SSDをキャッシュとして使用するため、システム上ではmSATAとHDDが一続きのドライブとして「表示」されます。mSATA SSDとHDDを使用しているシステムでは、SSDの高速なパフォーマンスとHDDの大容量という両方のメリットを活用できます。mSATA SSDをオプションで使用するシステムでも、通常はインテル®のラピッド・スタート・テクノロジーとスマート・レスポンス・テクノロジーの両方がサポートされます。

インテルのラピッド・スタート・テクノロジーとスマート・レスポンス・テクノロジーは、システムの応答性を向上させる働きをします。通常、これらのテクノロジーは、デルのUltrabooks™およびノートパソコンにおいてmSATA SSDとHDDを最適な形で使用できるよう事前に設定され、使用可能な状態になっています。インテルのラピッド・スタート・テクノロジーとスマート・レスポンス・テクノロジーを活用することで、システムの復帰時間が短縮され、頻繁に使用されるアプリケーションに素早くアクセスできるようになります。インテル・スマート・レスポンス・テクノロジーは、ファイル、データ、およびアプリケーションの使用状況を動的に監視し、頻繁に使用されるコンテンツをmSATA SSDの特別な領域に保管して、高速なアクセスを可能にします。使用頻度の高いファイルに対しては、SSDレベルの読み取り/書き込みが可能になります。その一方、アクセス頻度の低いコンテンツについては、容量の大きい従来のHDDにソートして保管されるため、全体的なストレージコストを抑えることができます。ラピッドスタートは、Windows®の休止状態と同様の省電力機能を提供しますが、復帰時間は休止状態よりも短くなります。一部のシステムでは、ラピッド・スタート・テクノロジーをスマート・レスポンス・テクノロジーと組み合わせることで、未使用時の電力消費を抑えつつ、システムのパフォーマンスを全体的に向上させることが可能になります。

キャッシングは、特定のデータを必要なときに高速で再呼び出しできるように保存しておくシステム機能です。CPUやWebブラウザが、ファイルやWebサイトなど特定のデータにアクセスしようとすると、キャッシュクライアントがまずキャッシュをチェックします。要求されたデータがキャッシュに含まれている場合、クライアントはキャッシュからデータを取得します(キャッシュヒットと呼ばれます)。キャッシュから取得できる要求の数が多いほど、必要なデータにより素早くアクセスできます。キャッシュにはデータが徐々に蓄積されていくため、システム全体のパフォーマンスを管理するためにキャッシュを定期的にクリアすることをお勧めします。

新しいデルのノートパソコン用のストレージを選択する際には、いくつかの点に留意してください。

  • 今日、来週、あるいは数年先に必要となるものを考える。
  • 将来保存するデータやメディアについて考慮する。
  • コンテンツは継続して増加する。新しいテクノロジーには、より多くのストレージ容量が必要になる。
最適なテクノロジーは? 5,400 rpmハードディスクドライブ(HDD)  7,200 rpmハードディスクドライブ(HDD)ソリッド・ステート・ドライブ(一部のシステムでのみ利用可能) mSATA SSD + 従来のHDD 
パフォーマンス 基準  ややパフォーマンスに優れる標準的なハードドライブよりも高速かつ静音であり、耐久性にも優れる  復帰時間の短縮、アプリケーションのロード時間の短縮
処理能力320 GB、500 GB、750 GB、1 TB、2 TB(デュアルHDD)  320 GB、500 GB、750 GB128 GB、256 GB、512 GB  32 GB、128 GB
耐久性   標準 標準  高い耐衝撃性標準 

お客様が構成されるシステムによっては、ここに掲載されているオプションに対応しない場合もありますのでご注意ください。

ご希望の機能最適な製品
財務モデリング、グラフィックデザイン、ビデオ編集など、極めて高い処理能力が要求されるアプリケーションにも対応できる容量1 TB* 7,200 rpmハードドライブ
写真、音楽、ビデオなど、高い処理能力が要求されるアプリケーションやサイズの大きいファイルの処理にも対応できるストレージとパフォーマンス500 GB*または750 GB* 7,200 rpmハードドライブ
一般的なビジネスアプリケーションやファイルに対応できるストレージ250 GB* 7,200 rpmハードドライブ
温度、高度、振動、湿気などのさまざまな影響を受けるモバイル性の高いノートパソコンでのデータの暗号化および保管128*~512 GB*のソリッド・ステート・ドライブ
ハードウェアまたはソフトウェアの障害からのデータ保護Dell DataSafeストレージオプション(250 GB*~1.5 TB*


起動ディスク(下)/テクノロジー(右) スマートコネクト ラピッドスタート スマートレスポンス 
 HDDのみ 未対応 未対応 未対応
 HDD + SSD 未対応 対応 未対応
 HDD + mSATA未対応 対応  未対応
 SSDのみ 対応  対応 未対応(注: スマートレスポンスを使用しなくてもSSDの高いパフォーマンスが得られます) 
 mSATAのみ 対応対応 未対応(注: スマートレスポンスを使用しなくてもSSDの高いパフォーマンスが得られます) 
ハイブリッドドライブ  未対応 未対応 未対応(注: ハイブリッドドライブのパフォーマンスはスマートレスポンスと同等です)