選択ガイド: グラフィックスカード

•グラフィックスカードは、ワークステーションにおける画像および画像生成に関連するデータの処理に特化された内蔵ハードウェアです。
•グラフィックスカードは、プロセッサに続いてモバイルワークステーションのパフォーマンスに最も大きな影響を与えるハードウェアコンポーネントと言えるでしょう。
グラフィックスカードは、ワークステーションのグラフィックスレンダリングの補助に特化されたハードウェアです。グラフィックスカードは、プロセッサに続いてモバイルワークステーションのパフォーマンスに最も大きな影響を与えるハードウェアコンポーネントと言えるでしょう。

一般的なビジネス用途のノートパソコンと異なり、Dell Precision™モバイルワークステーションには、プロフェッショナル向け3D Open GL®およびDirectX®グラフィックスをサポートする専用グラフィックスカードが標準で搭載されています。また、最先端のワークステーションクラスのアプリケーションで要求されるグラフィックスの最小要件を満たし、それを上回る要件にも対応しています。

このワークステーションで実行するアプリケーションに必要なグラフィックスカードの最小要件、および推奨要件を事前にご確認ください。
お客様が構成されるシステムによっては、ここに掲載されているオプションに対応しない場合もありますのでご注意ください。

ワークステーションの用途主な利用目的推奨されるカード
 AMDNVIDIA®
エンジニアリングメカニカルCAD(MCAD)W5130MM2000M 
コンピュータ支援エンジニアリング/数値流体力学(CFD)W7170MM4000M
 電子設計オートメーション(EDA)W5170MM1000M
建築、エンジニアリングおよび設計(AEC)W5170MM2000M
メカニカルCAM(MCAM)W5170MM2000M
メディアおよびエンターテインメント2Dおよび3Dのキャラクター作成、アニメーション、レンダリングW7170MM3000M
ゲーム開発W7170MM3000M
映画やビデオの編集、マルチメディアDVDおよびBlu-rayのオーサリングW5170MM2000M
ブロードキャストおよびポストプロダクションW7170MM3000M
画像編集およびプリプレス作業(ページデザイン)W5170MM1000M
専門的なオーディオ制作W5130MM1000M
調査および科学地球科学(石油の探鉱および管理)W7170MM5000M
地理情報システムW7170MM2000M
医用画像および解析W7170MM4000M
視覚シミュレーションW7170MM5000M
テストW5170MM1000M
経済学モデリングおよび財務モデリング財務モデリング/派生証券の価格付け(SciFinance – SciComp)W7170MM5000M
トレーディングステーションW7170MM3000M
ソフトウェア開発インテル® Parallel StudioまたはインテルコンパイラW5130MM1000M
Eclipse(Java)(Linux)W5130M

M1000M

Precision 7510および7710のグラフィックモード

システムBIOSのデフォルト設定は、「Enable Switchable Graphics(切り替え可能なグラフィックスを有効にする)」です。
  • 切り替え可能なグラフィックスを有効にすると、Precisionシステムは、ワークロードに基づいてインテルのCPU内蔵グラフィックスと専用のFireProまたはQuadro GPUを使用することで、バッテリ持続時間を最大化しながら最高のパフォーマンスを提供します。
–AMD Endoro™搭載のFireProドライバ、またはNvidia® Optimus™搭載のQuadroドライバが、アクティブなアプリケーションに基づいてGPUのパフォーマンスを管理します。
  • Precisionワークステーションでは、システムBIOSで切り替え可能なグラフィックスを有効または無効に設定できます。
-システムBIOSで、「Enable Switchable Graphics(切り替え可能なグラフィックスを有効にする)」をオンまたはオフにします。

無効になっているときは、FireProまたはQuadro GPUがビデオポートを駆動します。AC電源の使用時や、常に最大のグラフィックスパフォーマンスを確保するときに便利です。

AMD Eyefinityテクノロジー
AMD 
もっと見る。行動しよう。
AMD Eyefinityテクノロジーは、1枚のグラフィックスカードで合計5台までのディスプレイ表示を可能にします。複数の高解像度モニタを使用して視野を広げることにより、これまで以上に詳細な表示が可能になるため、ワークフローの生産性を向上させることができます。マルチタスク処理をより効率的に管理でき、より多くのデータ、アプリケーション、および画像を同時に表示することができます。

3台以上のディスプレイを接続するためには、使用するモニタで使用可能な接続オプションによって追加のアダプタやドングルが必要になる場合があります。

接続要件:

  • 最大2台のレガシーモニタ(VGA、DVI、またはHDMI)を同時に使用可能。ただし、各モニタは直接または「パッシブ」DisplayPort™アダプタ/ドングルを介して接続する必要があります。「パッシブ」アダプタ/ドングルでは、3台以上のレガシーモニタはサポートしません。
  • 3台以上のモニタをサポートするには、「アクティブ」DisplayPort™アダプタ/ドングル(または、直接DisplayPort™接続が可能なモニタ)が必要です。
  • AMD Eyefinityテクノロジーにより、承認済み「アクティブ」アダプタには一般的な接続制限はありません。詳細については、以下のAMD Eyefinity サイトを参照してください。 http://support.amd.com/us/eyefinity/Pages/eyefinity-dongles.aspx(英語)

    Dell Dockの特長

    Dell Dockの特長Dell Dockの特長


    Dell Dockの表示概要

    • Dell Dockは、ThunderboltおよびDisplayPortの代替モードがあるシステムでサポートされます。

    USB Type-C経由のDisplayPort アイコンはシステム(非TBT)でサポートされるDisplayPort代替モードを示します。 
    USB Type-C経由のThunderbolt アイコンはシステムでサポートされるThunderboltを示します。

    1~3個のディスプレイポートがサポートされます。
    パッシブまたはユニバーサルの2種類のケーブルを使用することがあります。
        パッシブケーブルは、FHD、WUXGAでのデュアルディスプレイ、またはSXGAでの3台のディス プレイに対応できます。
        ユニバーサルケーブルは、WQXGAでのデュアルディスプレイ、またはFHD、WUXGAでの3台のディス プレイに対応できます。

    Dell Thunderbolt Dockの特長


    Dell Thunderbolt Dockの特長Dell Thunderbolt Dockの特長

    Dell Thunderbolt Dockの表示概要

    Dell Thunderbolt Dockは、Thunderbolt Type-Cを搭載するシステムによって画面のフル解像度でサポートされます。Type-C経由のDisplayPortを搭載するシステムでは、より低い解像度がサポートされます。

    • Dell Dockは、ThunderboltおよびDisplayPortの代替モードがあるシステムでサポートされます。
    USB Type-C経由のThunderbolt  アイコンはシステムでサポートされるThunderboltを示します。
    USB Type-C経由のDisplayPort  アイコンはシステム(非TBT)でサポートされるDisplayPort代替モードを示します。

    1~4個のディスプレイポートがサポートされます。
    デュアル4Kディスプレイ(60 Hz)は、ユニバーサルケーブルまたはThunderboltケーブルでサポートされます。

    3510のモニタのサポート – ドック未使用時およびDell Dock使用時

    ドック未使用時 ドック使用時(Simple E-Port) ドック使用時(E-Port Plus)Dell Dock Dell Thunderbolt Dock 
    最大ディスプレイ数 = 3  最大ディスプレイ数 = 3最大ディスプレイ数 = 3最大ディスプレイ数 = 3最大ディスプレイ数 = 3
    2台の外付モニタ + LCDシステムおよびドッキングポートから3個:システムおよびドッキングポートから3個:システムおよびドッキングポートから3個:システムおよびドッキングポートから3個:
    • LCD(HD/FHD)•DP•1つ目のDPまたは1つ目のDVI•VGA•DP
    •VGA 1,920 x 1,200 •DVI•2つ目のDPまたは2つ目のDVI•mDP(最大 3,840 x 2,160、30 Hz時)•HDMI 3,840 x 2,160、30 Hz時
    •HDMI 1,920 x 1,080•VGA•VGA•HDMI 1.4(最大 3,840 x 2,160、30 Hz時)•mDP
    ----•VGA
    ---•Type-C

    5510のモニタのサポート – ドック未使用時およびDell Dock使用時

    ドック未使用時 ドック使用時(Simple E-Port)ドック使用時(E-Port Plus) Dell Dock Dell Thunderbolt Dock
    最大ディスプレイ数 = 3 サポートなしサポートなし最大ディスプレイ数 = 3 最大ディスプレイ数 = 3
    2台の外付モニタ + LCD --システムおよびドッキングポートから3個:システムおよびドッキングポートから3個:
    LCD(HD/FHD) --•VGA(常に駆動)•DP
    mDP --•mDP(最大 3,840 x 2,160、30 Hz時)•HDMI 3,840 x 2,160、30 Hz時
    HDMI 1.4(最大 3,840 x 2,160、30 Hz時) --•HDMI 1.4(最大 3,840 x 2,160、30 Hz時)•mDP
    Type-C ---•VGA
    ----•Type-C

    7510および7710のモニタのサポート – ドック未使用時およびDell Dock使用時

    切り替え可能なグラフィックス有効

    ドック未使用時ドック使用時(Simple E-Port)ドック使用時(E-Port Plus)Dell Dock Dell Thunderbolt Dock
    最大ディスプレイ数 = 3 最大ディスプレイ数 = 6 最大ディスプレイ数 = 6最大ディスプレイ数 = 3最大ディスプレイ数 = 3
    2台の外付モニタ + LCD システムから3個、ドッキングポートから3個: システムから3個、ドッキングポートから3個:システムおよびドッキングポートから3個:システムおよびドッキングポートから3個:
    •LCD(FHD/UltraHD)•DP•1つ目のDPまたは1つ目のDVI•VGA(常に駆動)•DP
    •mDP(最大 3,840 x 2,160、60 Hz時)•DVI•2つ目のDPまたは2つ目のDVI•mDP•ドックHDMI 3,840 x 2,160、30 Hz時
    •HDMI 1.4(最大 3,840 x 2,160、30 Hz時) •VGA•VGA•HDMI 1.4(最大 3,840 x 2,160、30 Hz時)•mDP
    •Type-C(最大 3,840 x 2,160、60 Hz時)--•VGA
    メモ: HDMIおよびType-Cが有効なとき、mDPは無効になります。 ---•Type-C

    7510および7710のモニタのサポート – ドック未使用時およびDell Dock使用時

    切り替え可能なグラフィックス無効

    ドック未使用時 ドック使用時(Simple E-Port) ドック使用時(E-Port Plus) Dell Dock Dell Thunderbolt Dock
    最大ディスプレイ数 = 3 最大ディスプレイ数 = 6 最大ディスプレイ数 = 6 最大ディスプレイ数 = 6(AMD)/4(Nvidia)最大ディスプレイ数 = 6(AMD)/4(Nvidia)
    2台の外付モニタ + LCD システムおよびドッキングポートから6個: システムおよびドッキングポートから3個: システムおよびドッキングポートから6または4個: システムおよびドッキングポートから6または4個:
    •LCD(FHD/UltraHD)•DP •LCD(FHD/UltraHD)•VGA(常に駆動) •DPおよびmDP
    •mDP(最大 3,840 x 2,160、60 Hz時)•DVI •Type-C•mDP •HDMI 1.4
    •HDMI 1.4(最大 3,840 x 2,160、30 Hz時)•VGA•HDMI 1.4またはmDP •HDMI 1.4(最大 3,840 x 2,160、30 Hz時) •VGA(常に駆動)
    •Type-C(最大 3,840 x 2,160、60 Hz時) -有効になっているEドッキングポートから3個 •Type-C
    メモ: HDMIおよびType-Cが有効なとき、mDPは無効になります。  - •1つ目のDPまたは1つ目のDVI-
    - - •2つ目のDPまたは2つ目のDVI --
    - - •Dock_VGA --

    特に記載のない限り、ビデオポートの最大解像度:

    VGA(最大 1,920 x 1,200、60 Hz時)
    DVI(最大1,920 x 1,200、60 Hz時)
    DP(最大 3,840 x 2,160、60 Hz時)
    mDP(最大 3,840 x 2,160、60 Hz時)
    HDMI 1.4(最大 3,840 x 2,160、60 Hz時)
    ユニバーサルケーブルでサポートされる60 Hz
    Type-C(最大 3,840 x 2,160、60 Hz時)
  • NVIDIA Quadro M5000M NVIDIA Quadro KM4000M NVIDIA Quadro M3000M AMD FirePro W7170M AMD FirePro W5170M NVIDIA Quadro M2000MNVIDIA Quadro M1000M AMD FirePro W5130M
    モデル別の仕様7710 77107710 7710 7710
    7510
    7510 7510
    5510
    3510
    DirectX®12121212121212 12
    OpenGL 4.5 4.54.54.44.44.54.54.4
    OpenCL ---1.21.2--1.2
    グラフィックスメモリ*8 GB GDDR5(専用) 4 GB GDDR5(専用)4 GB GDDR5(専用)4 GB GDDR5(専用)2 GB GDDR5(専用)4 GB GDDR5(専用)2 GB GDDR5(専用)2 GB GDDR5(専用)
    メモリインターフェイス幅256ビット 256ビット256ビット256ビット128ビット128ビット128ビット128ビット
    メモリ帯域幅 160 Gbps 160 Gbps160 Gbps160 Gbps64 Gbps80 Gbps72 GBps64 Gbps
    Quadro演算
    コア数/FirePro
    ストリームプロセッサー
    1536コア1280コア1024コア32個のコンピューティングユニット、2048個のシェーダ、8個のレンダリングバッファ10個のコンピューティングユニット、640個のシェーダ、4個のレンダリングバッファ640コア512コア8個のコンピューティングユニット、512個のシェーダ、4個のレンダリングバッファ
    ディスプレイサポート VGA、HDMI、ディスプレイポート VGA、HDMI、ディスプレイポートVGA、HDMI、ディスプレイポートVGA、HDMI、ディスプレイポートVGA、HDMI、ディスプレイポートVGA、HDMI、ディスプレイポートVGA、HDMI、ディスプレイポートVGA、HDMI、ディスプレイポート
    オプションのE-port経由のDVI オプションのE-port経由のDVIオプションのE-port経由のDVIオプションのE-port経由のDVIオプションのE-port経由のDVIオプションのE-port経由のDVIオプションのE-port経由のDVIオプションのE-port経由のDVI
    VGA最大解像度1,920 x 1,2001,920 x 1,2001,920 x 1,2002048 x 15361,920 x 1,2001,920 x 1,2001,920 x 1,2001,920 x 1,200
    32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー
    ディスプレイポートの最大解像度 3,840 x 2,160 3,840 x 2,1603,840 x 2,1603,840 x 2,1603,840 x 2,1603,840 x 2,1603,840 x 2,1602560 x 1600
    32ビットカラー 32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー
    DVIの最大解像度(オプションのドックが必要1,920 x 1,2001920 x 12001920 x 12001920 x 12001920 x 12001920 x 12001920 x 12001920 x 1200
    32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー32ビットカラー
    SPEC ViewPerf 12コンポジット46 42354013.5221513
    処理能力(指定どおり)3.2 TF 2.6 TF1.9 TF3.0 TF1.18 TF1.5 TF1.1 TF95 TF