選択ガイド: RAID

 
RAID(Redundant Array of Independent Disks)は、2台以上のディスクを使用して冗長化することにより、パフォーマンスの向上とデータ保護の強化を図るストレージテクノロジーです。一部のデル製システムでは、数種類のRAID構成をご利用いただけます。お求めのデル製PCは、RAID 0、RAID 1、またはRAID 5に構成することができます。

各RAID構成の特長は次のとおりです。
  • パフォーマンス — RAID 0: 「ストライピング」とも呼ばれ、RAIDアレイ内のすべてのディスクにデータを分散して書き込むことで、パフォーマンスを向上させます。アクセス可能な容量は、アレイ内のすべてのディスク容量の合計と同じです。ただし、RAID 0構成では、1台のディスクが故障すると、すべてのディスク上のデータが失われます。

  • 保護 — RAID 1: 「ミラーリング」とも呼ばれ、別々の2つのドライブに同じデータを書き込みます。この構成はバックアップ向けのソリューションで、 片方のドライブに障害が発生してもデータが失われることはありません。アクセス可能な容量は、容量が少ないほうのドライブの容量と同じになります。

  • パフォーマンスと保護 — RAID 5: 「パリティ付きストライピング」とも呼ばれ、3台のドライブにデータを次々と分散させて書き込むという意味ではRAID 0と同じです。その一方で、パリティデータもアレイ内に分散して書き込み、データの冗長化を図ります。アレイ内で1つのドライブに障害が発生した場合も、データは安全に保護されます。ドライブの交換後も、データロスを発生させずにRAIDアレイを再構築できます。アクセス可能な容量は、合計容量からドライブ1つ分の容量を引いたものと同じになります。

  • パフォーマンスと保護を強化 – RAID 10: 「複数のミラーセットをまとめてストライピング」する、つまりRAID 1とRAID 0を組み合わせたものです。この構成では、4台のドライブが必要となり、複数のドライブに障害が発生した場合でも、ミラーセットのすべてのドライブが破損しない限り、アレイ内のデータを保護することができます。RAID 10によって、フォールトトレランスが実現し、また複雑化させずにパフォーマンスを向上させることができます。