選択ガイド: インテル®プロセッサー

• プロセッサーは、コンピュータのバックグラウンドで重要な情報や命令を処理しているエンジンです。

• システムがプログラムを実行したり、ページを読み込んだり、ファイルをダウンロードしたりするときの処理速度は、プロセッサーの性能にある程度依存します。プロセッサーのパフォーマンスは、プロセッサーの帯域幅、クロックスピード、およびコア数によって決まります。

• 同じタイプのプロセッサー内で比較した場合、通常はコア数が多いと処理速度は向上します、例えば、Core™ i7はi3よりも高速に処理できます。また、世代が新しくなればなるほど、パフォーマンスも向上します。例えば、第7世代は以前の世代よりも高性能で、バッテリ持続時間も優れており、より多くの機能を利用できます。
インテルCore - プロセッサーのコア数が増えるほど、マルチタスク処理能力と速度が向上し、高度なメディア機能を利用できるようになります。

インテル® Core™ i7
インテル® Core™ i7 
インテル® Core™ i7プロセッサー
  • インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0を搭載 スムーズなストリーミングとHD画質のエンターテインメントを優れた臨場感で実現
  • 4Kフルスクリーンによる360度の映像体験
  • Thunderbolt™ 3による高速のデータ転送
インテル® Core™ i5
インテル® Core™ i5
 インテル® Core™ i5プロセッサー
  • インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
  • 優れたバッテリ持続時間と高速充電
  • 4Kフルスクリーンによる360度の映像体験
  • 高速起動
インテル® Core™ i3
インテル® Core™ i3
インテル® Core™ i3プロセッサー
  • 優れたバッテリ持続時間とスムーズなストリーミング
  • HD画質のエンターテインメント - 4Kフルスクリーンによる360度の映像体験
  • 強力なパフォーマンスとシームレスなコンピューティングを自宅や外出先で実現
  • 優れた映像処理、臨場感あふれるエンターテインメント、円滑なマルチタスク
インテルPentium®デュアル・コア・プロセッサーインテルPentium®デュアル・コア・プロセッサー
  • マルチタスク処理や日常的なコンピューティングに最適なデュアル・コア・プロセッサー
インテルCeleron® MプロセッサーインテルCeleron® Mプロセッサー
  • ビジネスやプライベートで利用できる基本的な生産性向上アプリケーションに適した、低価格のオプション

インテルプロセッサーの世代 - 通常、新しい世代がリリースされると、それに合わせてパフォーマンスも向上します。ほんの数年前に購入したコンピュータであっても、最新のものに比べると機能面では大きく劣ることが多いのです。

第7世代インテル® Core™プロセッサー。
よりビジネスに直結した生産性や創造性を発揮でき、
これまでにない大画面でのエンターテインメントもお楽しみいただけます。 
  • Ultra-HDのコンテンツ
  • 360度の映像体験
  • 仮想現実(VR)
  • 優れた性能とバッテリ持続時間
 
第6世代インテル® Core™プロセッサー。
ハイパフォーマンス。
  • 高速起動
  • タッチ操作、音声認識、顔認識による自然な操作
  • 優れた応答性により、さまざまなアプリやWebサイトを瞬時に切り替え可能
第5世代インテル®プロセッサー。
優れたパフォーマンスと強力な機能。
  • スムーズでシームレスなビデオチャットが可能
  • 優れたバッテリ持続時間により、外出先でも生産性を維持できます。Intel Inside®だからこその性能です
  • PC上で、複数のアプリケーションの同時実行、高品位(HD)動画のダウンロードと編集、メディアの変換、およびビデオゲームなどを行いたい場合は、インテル®Core™ i5またはi7プロセッサーを選択してください。4K Ultra HD再生を実現したい場合は、第6世代のインテル®Core™プロセッサーを選択します。
  • コストを抑えつつ、写真、映画、メディアを表示したり、ワープロ、Eメール、Web閲覧などの日常的なタスクを実行したりするなら、インテルCore i3プロセッサーが最適です。

メモ: 「オンボードGPU」のないプロセッサーの場合、HDMIおよびDPポート経由のディスプレイ出力はできません。モニタのビデオケーブルを専用グラフィックスカードに接続する必要があります。

 3620タワー型 3420タワー型 オンボードGPU(内蔵グラフィックス対応) 
インテル® Xeonクアッド・コア・プロセッサー
インテル® Xeon E3-1240 v5
3.50 GHz、8 M、80 W、HT、ターボ・ブースト・テクノロジー、VT-x、VT-d、TXT、vPro™ 
 はい はい なし
インテル® Xeon E3-1270 v5
3.60 GHz、8 M、80 W、HT、ターボ・ブースト・テクノロジー、VT-x、VT-d、TXT、vPro™ 
 はい はいなし 
インテル® Xeon E3-1220 v5
3.00 GHz、8 M、80 W、ターボ・ブースト・テクノロジー、VT-x、VT-d、TXT、vPro™ 
はい はい なし 
インテル® Xeon E3-1225 v5
3.30 GHz、8 M、80 W、ターボ・ブースト・テクノロジー、VT-x、VT-d、TXT、vPro™ 
はい はい インテルHD P530グラフィックス 
インテル® Xeon E3-1245 v5
3.50 GHz、8 M、80 W、HT、ターボ・ブースト・テクノロジー、VT-x、VT-d、TXT、vPro™ 
はい はい インテルHD P530グラフィックス 
インテル®Coreクアッド・コア・プロセッサー
インテル® Core i7-6700
3.40 GHz、8 M、65 W、HT、ターボ・ブースト・テクノロジー、VT-x、VT-d、TXT、vPro™ 
はい  はいインテルHD 530グラフィックス 
インテル® Core i5-6600
3.30 GHz、6 M、65 W、ターボ・ブースト・テクノロジー、VT-x、VT-d、TXT、vPro™ 
はい はい インテルHD 530グラフィックス 
インテル® Core i5-6500
3.20 GHz、6 M、65 W、ターボ・ブースト・テクノロジー、VT-x、VT-d、TXT、vPro™ 
はい  はいインテルHD 530グラフィックス 
 インテル® Coreデュアル・コア・プロセッサー
 インテル® Core i3-6100
3.70 GHz、3 M、65 W、HT、VT-x、VT-d
 はい はいインテルHD 530グラフィックス 
プロセッサーは、クロックスピードとコア数の両方に応じて、さまざまなモデルに分かれています。選べるオプションが多いため、どのモデルを選んだらよいか(コア数とクロックスピードのどちらを重視するか)判断に迷うことがあるかもしれません。
デルでは、ワークステーションの主な用途に基づいた選択を推奨しています。マルチスレッド処理を多く行うアプリケーションを主に実行する場合は、クロックスピードよりもコア数を重視して選択することをお勧めします。
一方、シングルスレッド処理を行うアプリケーションを主に実行する場合は、コア数よりもクロックスピードに優れたプロセッサーを選択することをお勧めします。
ワークロードに基づいてプロセッサーを選択することで、お客様固有のワークロードに最適なパフォーマンスを得ることができます。

次の表は、Dell Precision™ 7910タワー型、7810タワー型、5810タワー型、および7910ラック型で利用可能なプロセッサーシリーズの一覧です。

プロセッサー  Xeon® E5-2600 v4シリーズXeon® E5-2600 v3シリーズ Xeon® E5-1600 v3シリーズ
説明 コア数が多く、メモリ速度が最大2,400 MT/秒のDDR4でより帯域幅の高いメモリは、分析、レンダリング、コンピューティングなどで使用されるマルチスレッドアプリケーションに最適です。
 
コア数が多く、2ソケットに対応したプロセッサー。分析、レンダリング、コンピューティングなどで使用されるマルチスレッドアプリケーションに最適。 高周波数の1ソケットプロセッサー。CAD、CAM、およびDCCの各分野におけるシングルスレッドアプリケーションに最適。
コア数 最大22** 最大18**最大8
ハイパースレッディング はい** はい はい
ターボ はい はい はい*
キャッシュ 最大55 MB 最大45 MB 最大20 MB
電源 最大160 W 最大160 W 最大140 W
ECCのサポート はい はい はい
サポートされるプラットフォーム 5810タワー型、7810タワー型、7910タワー型、7910ラック型 7810タワー型、7910タワー型、7910ラック型 5810タワー型

*一部のプロセッサーでのみ使用可能
**一部のプラットフォームでのみ使用可能