選択ガイド: クライアント・アクセス・ライセンス(CAL)

 
クライアント・アクセス・ライセンスの要件

Windows Server® 2016およびWindows Server® 2012(DatacenterおよびStandard)でファイルストレージや印刷などのサービスを使用するには、サーバにアクセスするデバイスやユーザーごとにクライアント・アクセス・ライセンス(CAL)が必要です。Windows Server® 2016以降、両バージョンのオペレーティングシステムで、ユーザー、デバイス、およびリモート・デスクトップ・サービスのWindows Server® 2016クライアント・アクセス・ライセンスが利用できます。

Windows Server®オペレーティングシステムを購入すると、ユーザーには、1台のコンピュータ上にオペレーティングシステムをインストールできるサーバライセンスが付与されます。サーバライセンス自体は、他に対してそのコンピュータへの接続を許可する権限を提供しません。Windows Server®ソフトウェアにアクセスする、またはWindows Server®ソフトウェアを使用するすべてのユーザーやデバイスには、適切なWindows Server®クライアント・アクセス・ライセンス(Windows Server® CAL)が必要です。

デバイスベース/ユーザーベースのWindowsクライアント・アクセス・ライセンス

Windows Server®クライアント・アクセス・ライセンスにはデバイスベースとユーザーベースの2種類があり、それぞれWindowsデバイスCALおよびWindowsユーザーCALと呼ばれます。つまり、サーバにアクセスするすべてのデバイス(任意のユーザーが使用)についてWindows CALを取得するか、サーバに(任意のデバイスから)アクセスするすべての指定ユーザーについてWindowsユーザーCALを取得するかを選択できます。2種類のWindows CALから選択できるため、お客様は組織のニーズに合わせて最適なライセンスを柔軟に使い分けることができ、最大限の価値を得ることができます。以降にCALについての考慮事項を示します。

  • WindowsユーザーCAL。「bring-your-own-device」(私的デバイスの業務活用、BYOD)の普及により、従業員あたりのデバイス(スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなど)の台数は増加する傾向にあり、追加コストなしでデバイスを追加できるユーザーをより簡単に追跡できます。このシナリオでは、ユーザーCALを選択すると、より有益でコスト効率が高くなる可能性があります。
  • 従業員が交代で勤務しているなど、複数のユーザーが1台のデバイスを使用している組織では、経済的にも管理の面から見ても、WindowsデバイスCALが最適となる場合があります。


リモート・デスクトップ・サービス(RDS)Windows Server®クライアント・アクセス・ライセンス

プログラムやフルデスクトップにリモートアクセスする必要があるユーザーには、Windows Server® RDSクライアント・アクセス・ライセンスが必要です。リモート・デスクトップ・アクセスを行うには、Windows Server® CAL(ユーザーまたはデバイス)とRDS CALの両方が必要です。RDS CALには、ライセンス認証用のプロダクトキーが含まれています。