|

社員の声 | Mary Cay

Mary Cayを紹介しますいつからEMCで働いていますか? EMCでどのような職務に就いていましたか?

私は2010年8月にEMCに入社し、まずカスタマサービスに配属され、Global Field Services、Service Account Management、Escalation Managementの担当になりました。1年ほど前から上席副社長として、グローバルのカスタマ・サービス・チームを担当しています。

EMCの企業文化から、どのような刺激を受けましたか。

前の勤め先で転職を考えていた頃、「Customer First」の文化がある会社で働きたいと思っていました。カスタマサービスという部門は、まさにお客様に寄り添う仕事です。どの部署や社員も、お客様のためになるよう最善を尽くしています。私のチームには、お客様との関係を何年もかけて築き上げたメンバーもいれば、初めてお客様と接するメンバーもいますが、みな情熱を持って献身的なサポートを提供しています。

あなたはEMCの従業員プログラムのメンバーですか?そこでどのような役割を果たし、どのようなメリットを得ましたか?

さまざまな地域を訪れ、地元のWomen’s Leadership Forumや、DERG(Disability Employee Resource Group)との交流をいつも楽しんでいます。いずれのグループも共通の目標に向けて協力して取り組んでおり、私は感銘を受けました。こうしたことに影響を受けて、私たちのアフィニティグループに活かせるアイデアや動機を得ることができました。

将来のデルに、何を期待しますか?

テクノロジー業界では、ここ数年の間に大型の企業合併や買収が行われ、影響を受けた人も数多くいます。合併する理由が曖昧だと、合併が失敗に終わることもあります。本来の主旨から逸れることなく、好機をとらえることができれば、デルは大きな発展を成し遂げ、業界の羨望の的になるに違いないと、私は考えています。私は負けず嫌いの性格ですから、もちろん成功を収めたいと思っています。お客様のビジネスを成長させるために革新的で優れたテクノロジーを採用し、お客様の機会を拡大することが、成功へとつながるはずです。また、スキルを磨いて意欲を高める機会が社員に与えられれば、さらに成功へと近づけるでしょう。

当社で働くために知っておくべきことは何ですか?

速いペースに慣れることです。そうすれば、精力的な活動ができるでしょう。ペースの速さに戸惑うこともあるとは思いますが、変化の速い環境に身を置けば、学ぶことも多く、より成長できるのです。また、よく働き、よく遊ぶという企業文化を育むための努力も常に行っています。

お客様の成長と繁栄を支援する上で、あなたはどのような役割を果たしましたか?

カスタマ・サービス・チームのメンバーはみな、真剣かつ親身な態度でお客様に接しています。お客様を成功に導くためには、データと環境の健全性を保ち、可用性を高め、最適なパフォーマンスを実現することが重要です。お客様の環境で円滑な運用が行えるよう、私たちは積極的に取り組み、何らかの不具合が生じた場合は、お客様、サービス担当者、エンジニアリング部門が一丸となって、状況の回復に向けて努力するのです。また、私たちは信頼されるアドバイザーという立場から、お客様のデータセンターを変革し、進化させるためのテクノロジーについて、現状や将来を踏まえて助言します。

当社の職場の長所は何だと思いますか?

私たちのリーダーシップは一貫しています。リーダーは常に正しいことを行い、適切な意思決定をするという信頼感があります。社員には、学習と成長の機会が与えられています。私たちが重視しているのは、社員です。社員こそが、私たちの行動を価値あるものにしているのです。新しいリーダーには、時間をかけてその価値を認識し、評価してもらい、楽しんで仕事をしてほしいと思っています。

ご自分の経験を5つの単語で表現してください。

刺激、誇り、活力、挑戦、心地よい疲れ。

仕事の検索Search jobs at Dell

Explore our locations worldwide

世界各地のデル拠点世界各地のデル拠点

関連ビデオ

  • 削除 CareersOurPeople_Leonor.jpg
    Our People | Leonor
    2:4
    削除 careers-ourpeople-vanice.jpg
    Our People | Vanice
    2:10