ソーシャル・メディア・ポリシー

デルでは、チームメンバー各人が、会社を代表するという自覚を持つように奨励しています。オンラインでつながる世界が広がりつつあるなかで、デルのチームメンバーにとって社員同士や世界とコミュニケーションを持つ機会はますます増えています。ソーシャルメディアは個人を表現する場所として新しいチャンスを作り出しますが、同時に、新しい責任も発生します。

デルのチームメンバーである皆さんは、お客様、パートナー様、その他の社外のパーティから、デルを代表する人物であると見なされています。仕事について特別に話題にすることがなくとも、ソーシャル・メディア・プラットフォームに参加することは、ある意味でデルの姿を伝えることにもなります。

ここに掲げるポリシーは、自信を持ってソーシャルメディアを適切に使用するために順守する必要のあるポリシーの最初の1つに過ぎないことに注意してください。ソーシャルメディアに興味がある場合は、個人的または業務上であるかに関係なく、デルのSocial Media and Communities University(SMaC U)のクラスを受講する必要があります。

ソーシャルメディアという用語はさまざまな意味で使用されているため、デルで使用される「ソーシャルメディア」の意味を、皆さんは理解する必要があります。ソーシャルメディアとは、インターネットを介して会話を促進するあらゆるツールまたはサービスのことです。ソーシャルメディアという用語は、Facebook、Twitter、WeChatなど広範に普及しているものに限らず、皆さんがソーシャルメディアとしては見なしていない可能性がある、インターネット上で会話に使用するその他のプラットフォームにも適用されます。YouTube、Flickr、ブログ、Wikiなどのプラットフォームも、ソーシャルメディアに分類されます。

お断りしておきますが、このポリシーはわかりやすく会話調で記述されていますが、順守する必要のあるポリシーであることに違いはありません。ソーシャルメディアに参加する際に以下に記述されている原則に従わない場合、勤務国の法に従い、免職などの重大な結果となる可能性があることに注意してください。そのようなことにならないように、このポリシーを熟読して確実に理解してください。

デルには、ソーシャルメディアに関して5つの原則があります。オンライン上でのあらゆる会話がデルに影響を及ぼす可能性があるため、参加する前にこれらを理解しておく必要があります。これらの原則は、SMaC UのSocial Media Principles(ソーシャルメディア原則)コースでも説明されます。これらの原則、このポリシー、またはソーシャルメディア全般について不明な点がある場合は、Social@dell.comまでお問い合わせください。

「良い人」であること、楽しむこと、つながること

ソーシャルメディアは会話でつながりを構築する場所です。それは、デルのためであっても、自身のためであっても同じです。ソーシャルメディアで構築されるつながりは、信念を押し付けるのではなく、会話を楽しむことを心がけると、大きな財産となります。デルは常に率先して、テクノロジーを使用してお客様との直接的なつながりを構築しています。ソーシャルメディアによってデルのブランドは良くも悪くもなる可能性があるため、適切な方法で使用する必要があります。

情報を保護すること

ソーシャルメディアは情報の共有とつながりの構築を促進するものです。ソーシャルメディアでは当然、関係を構築しようとするわけですが、皆さんはデルと関係しており、公開してはならないデルの機密情報にアクセスできることを忘れないでください。デルの機密情報、お客様個人を特定できるあらゆる情報を共有してはいけません。皆さんは毎年、プライバシーと個人情報を保護するためのコースを受講しています。同じことがソーシャルメディアにも適用されます。ソーシャル・メディア・プラットフォームに誤って投稿された機密情報を完全に消し去ることはほとんど不可能です。

身分をごまかさずに明らかにすること

ソーシャルメディアでデルについて会話する際には、デルに勤務していることを明らかにします。皆さんの友達は皆さんがデルに勤務していることを知っていても、友達の友達や同僚はそのことを知らないことがあり、誤って誤解を招かないようにする必要があります。身分を明らかにする最も簡単な方法は、デルやデルでの勤務について会話する際に、ハッシュタグとして#Iwork4Dellを使用します。

法と行動規範に従うこと

ソーシャルメディアを使用すると、信じられないぐらい素早くコミュニケーションでき、メッセージは瞬く間に拡散します。このため、いったん共有したメッセージの誤りを訂正することはほとんどできません。ベストプラクティスとして、共有する前にすべての内容を二重にチェックします。この際に、内容が正確であることだけでなく、デルの全体的なソーシャルメディア戦略、行動規範、地域の法および使用しているプラットフォームに基づいて内容に適用されるあらゆる制限に適合していることを確認する必要があります。地域限定の法律としては、例えば米国での広告に関するFTCのEndorsement Guidelines(推奨表現のガイドライン))があり、プラットフォームに関しては、共有場所として使用しているサイトのサービス規約などがあります。デルの価値の核心の1つに、「誠実さを伴い勝利する」があります。これは、ソーシャルメディアにも同様に適用されます。デルのチームメンバーは、行動規範に記述されている高い倫理基準を持って行動し、デルのチームメンバーとして行動するその他のあらゆる場面と同じように、ソーシャルメディアに対応する必要があります。

責任を持つこと

ソーシャルメディアで会話に参加する際には、適切な方法で行っていることを確認します。会話の主題について権限を持っていない場合は、自身で答える代わりに専門家に問い合わせます。デルの正式な回答を提供する立場にない場合は、デルになりかわって会話してはいけません。会話の相手には、それがデルの正式な回答でないことを理解してもらいます。デルに関して起きてはならない情報共有をソーシャル・メディア・プラットフォームで発見した場合は、ただちに、Social Business(ソーシャルビジネス)チーム(リンク: //inside.dell.com/community/active/emc_marketing/global_digital_marketing/social_media_at_dell)、マネージャ、Ethics and Compliance(倫理とコンプライアンス)、または他の適切なコンタクト先に報告してください。常に留意する必要があることとして、ソーシャルメディアにいったん投稿された情報は、ユーザーのプライバシー設定に関わらず、瞬く間に拡散することが挙げられます。このため、コンテンツを投稿する際には、上司の受信トレイ、同僚のTwitterフィード、または主要なニュースメディアのトップページに現れても問題ないものであることを確認します。投稿するコンテンツには、法的問題に発展する情報、他の企業が所有する知的財産、中傷的な表現が含まれていないことを確認します。オンラインで投稿されたあらゆるコンテンツは元の投稿者までさかのぼって追跡できるため、投稿する前に適切であることを確認する必要があります。皆さんが投稿したコンテンツは、後で削除しても、他の人によって共有されたりアーカイブされたりすることがあります。皆さんが自身の履歴に、自身のみに関するコンテンツについて記述したとしても、オンライン上の誰かが皆さんの行動に不満を訴え、しかもデルの社員であると投稿する可能性があります。

ソーシャル・メディア・アカウントのオーナーシップ

このセクションでは、ソーシャルメディアの原則自体ではなく、このポリシーに付随する重要な事項について説明します。デルでの業務の一環として、デル用に作成されたアカウントでソーシャルメディアの活動に参加する場合、そのアカウントはデルの所有物であると見なされることがあります。そのアカウントがデルの所有物である場合、そのアカウントを退職後にも使用できるようにすることは禁止されています。つまり、パスワードまたはアカウント名の変更、紛らわしい名前のアカウントの作成、そのアカウントを通して取得したコンタクト先やつながりの所有権の主張を行うことは禁止されています。この規則は、業務時にアクセスする個人アカウントには適用されませんが、デルを示唆するすべてのアカウントに適用されます。操作するアカウントについて不明な点がある場合は、Enablement and Governance(イネーブルメントと統治)チーム(リンク: //inside.dell.com/docs/DOC-39873)に連絡して、アカウントについて説明を受けてください。

ソーシャルメディアについてのグローバルポリシーの発行日: 2017年6月1日