課題

主体的・協働的な学び(アクティブ・ラーニング)を実現する上で、ICT の活用は効果的であると言われているが、授業で利用する情報端末の維持管理のために教員に大きな負担がかかるのでは日常的に利用することが出来ない。また、児童が情報端末をうっかり落とし破損させてしまう事故が日常的に起こりうる。教育を円滑に行うため、セキュリティ面での安全性や、稼働の安定性、そして堅牢性に優れた情報端末が必要とされた。 

ソリューション

  • Dell Chromebook
  • G Suite for Education (Google)
  • 無線 LAN (NTT 西日本)
  • ICT 支援員(NTT 西日本)

導入効果

  • Chromebook の採用によって、情報端末の安定稼働やセキュリティを維持するためのコストを劇的に低減。
  • 堅牢性・信頼性に優れたDell Chromebook により、運用中の情報端末に発生する故障や破損の発生率を大幅に低減。
  • ICT支援員(NTT 西日本)による授業サポートで、ノウハウの蓄積と、それに基づく教育モデルの確立・共有が効率化。
  • 教員にかかる情報端末の維持管理負担を一掃し、教育そのものに専念できる環境を実現。
  • Google の「G Suite for Education」の採用で、広く社会で通用するICT リテラシーの向上を実現。