|

インフラストラクチャー製品に関する契約条件

製品スケジュール

インフラストラクチャ製品に関する条件


本スケジュールでは、インフラストラクチャ製品に特定して適用される条件を記載します。

1.            定義

1.1         「インフラストラクチャ製品」とは、データストレージおよび統合機能データ管理製品、ならびにそれらに関連する本ソフトウェアで構成される機器をいい、PowerMAX/VMAX、Unity、SC、Vblock、VxBlock、VxRack、およびVxRAIL製品、ならびに独立ソフトウェア(バックアップおよびリカバリーソフトウェア等)を含みますが、これらに限定されません。

1.2         「機器」とは、サプライヤーがお客様に提供する、サプライヤーのブランドが付されたハードウェアをいい、本スケジュールにおいては、インフラストラクチャ製品をいいます。

1.3         「本ソフトウェア」とは、サプライヤーが該当するライセンス契約にもとづきお客様にライセンスする、サプライヤーのブランドが付された、一般に利用可能なアプリケーション、マイクロコード、ファームウェア、およびオペレーティングシステムソフトウェアをいいます。

1.4         「独立ソフトウェア」とは、サプライヤーのブランドが付された、機器以外のハードウェアで動作する、サプライヤーのソフトウェアをいいます。

1.5         「ソフトウェアリリース」とは、本ソフトウェアまたは独立ソフトウェアの最初の引渡しの後、一般に利用可能となった本ソフトウェアまたは独立ソフトウェアのバージョンをいいますが、新規のソフトウェアは除きます。

1.6         「設置場所」とは、サプライヤーの見積書、またはサプライヤーが作成するその他の文書で、機器の導入、使用、またはその両方の拠点として特定された、出荷先の住所またはその他の場所を意味します。

1.7         「関連資料」とは、その時点で最新の、かつ一般に利用可能な、本製品に関するサプライヤーのユーザーマニュアルおよびオンラインヘルプをいいます。

1.8         「製品案内」とは、サプライヤーの見積書の時点でEMCのウェブサイト(現在はhttps://www.dellemc.com/ja-jp/customer-services/product-warranty-and-service-descriptions.htm )に掲載されている、機器、本ソフトウェア、独立ソフトウェア、および本サービスに関する情報をいいます。SCシリーズ製品に関する該当の情報を見つけるには、www.Dell.com/servicecontracts/globalに掲載されている該当のサービス概要を参照してください。製品案内は、インフラストラクチャ製品に固有の使用権および制限、測定単位(該当する場合)、保証期間、保証のアップグレード、およびサポートサービス条件についてお客様にお伝えするものです。サプライヤーの見積書の日付において有効な製品案内は、本書において参照することにより、インフラストラクチャ製品に適用され、当該見積書および関連するお客様の購入オーダーに取り込まれたものとみなされます。要請があり次第、サプライヤーは、該当する製品案内の写しを提供するか、関連するサプライヤーの見積書に添付します。

1.9          「サポートサービス」とは、本スケジュールで使用されインフラストラクチャ製品に適用された場合、https://www.dellemc.com/content/dam/digitalassets/active/ja/unauth/manual-warranty-informations/h4276-emc-prod-warranty-maint-table.pdfに掲載されている表で特定されたサービスをいいます。SCシリーズ製品のサポートサービスは、www.Dell.com/servicecontracts/global に掲載されています。 インフラストラクチャ製品のうち、「コンバージドインフラストラクチャ製品」のサポート サービスはhttp://www.dellemc.com/en-us/converged-infrastructure/support/support-service-descriptions.htmに記載しています。

1.10         「本サービス」とは、以下を総称したものをいいます。(a)「サポートサービス」および (b) サポートサービス以外の、コンサルティング、設置、導入、またはその他のサービス(「プロフェッショナルサービス」といいます)であって、該当するサービススケジュールに記載されたもの。


2           独立ソフトウェアのライセンス

2.1        包括的なライセンス付与  お客様が本スケジュールの条件を遵守することを条件として、サプライヤーは、お客様に対して、ライセンス期間中、お客様の社内業務遂行を目的として独立ソフトウェアおよび関連資料を使用するための、非独占かつ譲渡不可(以下の第3A条(本ソフトウェアの移動)に記載する場合を除きます)のライセンスをお客様に付与します。本スケジュール、または該当するサプライヤーの見積書もしくは請求書が異なる内容を示す場合を除き、独立ソフトウェアのライセンスは、オブジェクトコードによる使用のみを対象とし、引渡し時に始まり無期限に継続します。独立ソフトウェアの使用においては、その時点で適用されるサプライヤーの登録手続きをお客様が完了し、ライセンスキーの入力が必要となる場合があります。ソフトウェアリリースは、独立ソフトウェアに適用されるライセンス条件に従います。明示的に付与されていない権利については、サプライヤーがそのすべてを留保します。

2.2         複製の許諾  お客様は、ライセンスされたコピー数をインストールし実行するために必要な場合は指定ソフトウェア及び関連資料を複製することができます。ただし、当該目的以外ではアーカイブのみ行うことができます。

2.3         ライセンスの制限  お客様は、サプライヤーがあらかじめ書面で同意している場合を除き、以下のいずれの行為もしてはならず、いかなる第三者にもこれらを許可してはなりません。(a)アプリケーション サービス プロバイダー、サービス ビューロー、または同様の形態で独立ソフトウェアを使用すること。(b)お客様自身、またはお客様が外部に委託して行った、独立ソフトウェアのベンチマークテストまたは競合分析の結果を第三者に開示すること。(c)本スケジュールに従って独立ソフトウェアを使用するお客様の従業員または請負業者以外の者に、独立ソフトウェアを提供すること。(d)独立ソフトウェアまたは関連資料を関係会社または第三者に譲渡またはサブライセンスすること。(e)本スケジュールおよびサービススケジュール、ならびにサプライヤーの見積書または請求書に明記されている条項および制約事項に反して独立ソフトウェアを使用すること。(f)強制法規上で認められる範囲を超えて、独立ソフトウェアを改変、翻案、拡張し、もしくは独立ソフトウェアから派生品を作成し、またはリバースアセンブル、逆アセンブル、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、もしくはその他の方法で独立ソフトウェアからソースコードを抽出しようとすること。(g)独立ソフトウェアの複製物上に表示され、またはその中にある著作権またはその他の所有権表示を削除すること。(h)独立ソフトウェアの技術的使用制限に違反し、またはこれを回避すること。(i)独立ソフトウェアを使用して競合製品を作成すること。(j)独立ソフトウェアへのインターネットの「リンク」、または独立ソフトウェアの「フレーム」または「ミラー」を作成すること。

2.4          記録および監査  独立ソフトウェアのライセンス期間中、およびその期間満了または終了後2年間、お客様は、本スケジュールの規定遵守を示すのに十分な、独立ソフトウェアの使用に関する正確な記録を保管するものとします。この期間中、サプライヤーまたはその監査人は、お客様に対し、本スケジュールを遵守してお客様が独立ソフトウェアを使用している旨を書面で証明すること、および本スケジュール遵守を確認する目的でお客様による独立ソフトウェアの使用を監査することの両方またはどちらかを要求することができるものとします。サプライヤーは、合理的な通知を行い、お客様の通常の営業時間内に監査を実施することができます。ただし、サプライヤーは、監査の実施時にはお客様の事業活動を不当に妨害しないものとします。サプライヤーは、12か月の間に1回を上限として監査を実施できるものとます。お客様は監査に合理的に協力し、お客様が本スケジュールを遵守するために必要な追加のライセンスを迅速に取得しなければなりません。なお、当該追加ライセンスの取得により、サプライヤーの他の権利は損なわれないものとします。監査の結果、お客様が、監査対象の期間について独立ソフトウェアの使用料を5%以上過少に支払っていた、または独立ソフトウェアの実質的に正確な使用記録を維持していないことが判明した場合、お客様は、サプライヤーに対し、合理的な監査費用すべてを速やかに支払うものとします。

2.5          ライセンスの解除  お客様が独立ソフトウェアの使用に適用される条件に違反し、サプライヤーの書面による違反通知の受領後30日以内に是正しない場合、サプライヤーは、ライセンスを解除できるものとします。お客様は、ライセンスが解除された独立ソフトウェアのすべての使用を中止し、これを返却するか破棄を申告しなければなりません。

2.6          ライセンスモデル  サプライヤーは、独立ソフトウェアに関連するソフトウェアライセンスモデルの取引条件および制限のみに従って独立ソフトウェアをライセンスするものであり、当該モデルは、製品案内、サプライヤーの見積書、またはその両方に記載されています。例えば、(a)ライセンスユニット数単位での使用、(b)機器、CPU、ネットワークその他のハードウェア環境上での使用、またはそれらに関連する使用、または(c)指定されるストレージ容量における使用など、独立ソフトウェアの使用方法が指定される場合があります。

3           インフラストラクチャ製品に関する追加規定

3.1          本ソフトウェアの移動  お客様が対象となるサポートサービス料金の支払いを遅延なく行っている場合において、技術的に互換性があり、かつライセンス条件によって禁止されていない範囲に限り、お客様は、以下の各号の遵守を条件として、本ソフトウェアまたは独立ソフトウェアが当初動作していたハードウェアまたはネットワーク環境での本ソフトウェアまたは独立ソフトウェアのすべての使用を中止し、お客様が所有または管理している別のハードウェアまたはネットワーク環境で、当該本ソフトウェアまたは独立ソフトウェアの使用を始めることができます。(a)当該移動について、サプライヤーに事前の書面通知を行うこと。(b)サプライヤーが当該移動について、該当する移転手数料、アップグレード手数料、またはその両方を請求する場合、これらを支払うこと。

3.2          機器の交換  インフラストラクチャ製品から交換されたすべての機器(または機器の一部)は、対応する交換品をお客様が受領した時点でサプライヤーの所有物となります。お客様は、サプライヤーの要請があり次第、交換された機器(または機器の一部)を速やかに返却するものとします。サプライヤーが要請を受領してから15日以内に、交換された機器または交換された部品をお客様が返品しなかった場合、お客様は、返品しなかった機器または部品について、その時点でのサプライヤーのスペアパーツ標準価格を支払うものとします。

3.3           設置  お客様は、以下の各号を保証するものとします。(a)設置場所が、インフラストラクチャ製品の仕様(電力および冷却に関する機器の仕様を含みますが、これらに限定されません)を満たしていること。(b)運送人への引渡し地点と設置場所の最終設置位置との間であって、お客様の拠点にあたる箇所を機器が移動する際、その移動面が装置の重量仕様を満たしていること。(c)設置場所における対応窓口の連絡情報をサプライヤーに提供すること。

4           保証

4.1          機器およびソフトウェアメディアの保証  サプライヤーは、① サプライヤーから購入し、通常の利用方法で運用され、推奨される標準メンテナンスが行われている場合に機器及び当該機器にインストールされたアップグレードについて、製品案内(または、SCシリーズ製品については、サプライヤーの見積書)に記載される品質保証期間において、材質及び作業上の重大な欠陥が存在しないこと、及び機器又は物理メディアのために提供される関連資料と実質上同等の性能を発揮することを保証し、又、② ソフトウェアまたは独立ソフトウェアの物理メディアについても同様に保証します。製品案内又はサプライヤーの見積書に別途記載がある場合を除き、機器を関連資料に記述のとおりに動作させるために必要なマイクロコード、ファームウェア又はオペレーティングシステムソフトウェアの保証範囲は、当該機器に適用される保証範囲と同等以上であるものとします。製品案内にて指定されている限りにおいて、また見積書にて別途記載がある場合を除き、製品案内に記載されているサポートオプションの形式によるサポートサービスは、機器の保証期間中においては、無償で含まれます。場合によっては、機器の品質保証内におけるサポートオプションのアップグレードは、個別購入により利用可能とする場合もありますが、ただしこれはサプライヤーが状況により任意に定めます。

A.機器の保証期間  サプライヤーの見積書で別途記載がある場合を除き、機器の保証期間は製品案内にて記載されるとおりとします。機器の保証は、引渡しの時点で開始となります。機器のアップグレードは、アップグレードの納入時からアップグレードがインストールされる機器の品質保証期間の終期まで、当該アップグレードがインストールされる装置と同様に保証されます。

B.ソフトウェアメディアの保証期間  本ソフトウェアおよび独立ソフトウェアの物理メディアの保証は90日間とし、引渡し時点に始まります。

C.機器およびソフトウェアメディアに対する保証の救済  該当する保証期間内にお客様が保証の請求をサプライヤーに通知した場合、サプライヤーは、自己の選択により、上記保証規定の違反の是正または瑕疵ある機器を新しい部品もしくは再生部品(この判断はサプライヤーの裁量とします)または該当のソフトウェアもしくは独立ソフトウェアのメディアと交換します。サプライヤーが合理的な期間内に、瑕疵ある機器またはメディアを修補および交換できない場合、お客様は瑕疵ある機器またはメディアをサプライヤーに返却し、これと引き換えに、サプライヤーは、当該機器またはメディアの対価としてお客様が支払った金額から5年間を減価償却期間とする定額法で計算された累積減価償却額を差し引いた残額をお客様に返還する措置を講ずるものとします。お客様は、該当の欠陥のある機器またはメディア(またはそれらの一部)をサプライヤーに返却しなければならないものとします。返却された物品はサプライヤーの所有物となります。お客様が代替品を受け取ったものの欠陥のある部品等をサプライヤーに返却しなかった場合、お客様は、代替品の対価としてサプライヤーのその時点で最新のスペアパーツ価格を支払うものとします。該当する保証期間の満了後、サプライヤーは、機器およびメディアの欠陥に対するこの保証条件に基づく責任を負わないものとします。本条は、第4.1条およびその各号に記載する、機器、ならびに本ソフトウェアおよび独立ソフトウェアのメディアの保証に基づくサプライヤーのすべての責任およびお客様の唯一の救済を述べるものです。

4.2          独立ソフトウェアの保証、期間、および救済  サプライヤーは、独立ソフトウェアが、その引渡し後90日間(「独立ソフトウェアの保証期間」といいます)、該当する関連資料と実質的に合致することを保証します。この限定的保証は譲渡不可とします。お客様は、この保証を受けるために、独立ソフトウェアの保証期間中において、不具合をサプライヤーに報告するものとします。お客様からの不具合の通知をもって、サプライヤーは、自らの費用負担にて、当該独立ソフトウェアの交換、または再現可能な不具合の修正を行うものとします。サプライヤーが、不具合の修正または独立ソフトウェアの交換ができないと判断した場合、サプライヤーは、お客様が当該独立ソフトウェアの対価として支払った金額を返金し、当該独立ソフトウェアに関するお客様のライセンスは終了します。本条は、独立ソフトウェアの保証に基づくサプライヤーのすべての責任およびお客様の唯一の救済を述べるものです。

A.独立ソフトウェアの保証に対する除外事項  以下のいずれかに起因する問題については、独立ソフトウェアの保証は適用されません。(a)お客様または第三者による事故または過失。(b)独立ソフトウェアと共に使用される第三者の物品もしくはサービス、またはサプライヤーの管理が及ばないその他の原因。(c)サプライヤーの指示または該当する文書に従わないインストール、操作、または使用。(d)独立ソフトウェアの設計上想定されていない環境、方法、または目的での使用。(e)サプライヤーまたはその認定担当者以外の者による改変、変更、または修理。サプライヤーは、ライセンスされた用途を超えてインストールまたは使用された本ソフトウェア、サプライヤーの同意なしにお客様が設置場所から移動した機器(該当する場合)、または最初に付いていた識別マークが改ざんまたは削除された場合、一切の義務を負わないものとします。

B.独立ソフトウェアの保証に関する免責事項  本条、ならびに製品スケジュールおよびサービススケジュールに定める保証を除き、サプライヤーおよび関係会社、ならびにそれらのプロバイダーは、適用となる法令が認める範囲において、(a)その他の明示的な保証を一切行わず、(b)商品性、特定目的への適合性、権原、および非侵害の保証を含む、すべての黙示保証を否認し、(c)制定法、法の作用、取引もしくは履行の過程、または商慣習によって生じるいかなる保証も否認します。

4.3          機器の保証に対する除外事項  機器の保証は、(a)お客様または第三者による事故または過失、(b)機器と共に使用される第三者の製品もしくはサービス、またはサプライヤーの管理が及ばないその他の原因、(c)サプライヤーの指示または該当する関連資料に従わない導入、操作、または使用、(d)機器の設計上想定されていない環境、方法、または目的での使用、(e)サプライヤーまたはその認定担当者以外の者による改変、改造、または修補、(f)通常の損耗に起因する事由のいずれかに起因する問題については、適用されません。また、サプライヤーは、(1)ライセンスされた用途を超えてインストールまたは使用された本ソフトウェア、(2)サプライヤーの同意なしにお客様が導入拠点から移動した機器(該当する場合)、(3)引渡し時に付されていた識別マーク等が改ざんまたは削除された本製品、(4)代金の支払いがなされていない本ソフトウェア、のいずれについても何ら義務を負いません。本製品および本サービスには、その構成部品の一部に不具合が生じても正常に処理が続行できるような機能は備わっておらず、本製品の不具合または本サービスの不履行によって死亡、人身傷害、または物損に直接つながる可能性があるような、安全装置を必要とする危険な環境での使用(これらを総称して「ハイリスクアクティビティ」といいます)に耐える設計ではなく、かかる環境での使用を想定していません。サプライヤーは、ハイリスクアクティビティへの適合性に関する明示的および黙示的保証を明確に否認します。

4.4          機器の保証に対する否認  本スケジュールに定める保証を除き、サプライヤーおよび関係会社、ならびにそれらのプロバイダーは、適用される法律が許可する最大限度まで、(a)その他の明示的な保証を一切行わず、(b)商品性、特定目的への適合性、権原、および非侵害の保証を含む、すべての黙示保証を否認し、(c)制定法、法の作用、取引もしくは履行の過程、または商慣習によって生じるいかなる保証も否認します。

5           インフラストラクチャ製品の評価、レンタル、および貸与取引

5.1          一般規定  お客様がインフラストラクチャ製品の評価、レンタル、または貸与を目的としたサプライヤーとの特定の契約を締結していない限り(当該契約がある場合はそれに従います)、本第5条が適用されます。本第5条は、(a)「評価用製品」(ライセンスまたは購入に関する最終決定を行う前に、お客様がインフラストラクチャ製品を評価することを目的として、特定の期間において、サプライヤーが無償でお客様に直接提供するインフラストラクチャ製品を意味します)、(b)「貸与用製品」(特定の期間において、サプライヤーが無償でお客様に直接提供するインフラストラクチャ製品を意味します)、および(c)「レンタル用製品」(特定の期間において、当該期間を対象とする特定の料金にて、サプライヤーがお客様に直接提供するインフラストラクチャ製品を意味します)に適用されます。

5.2          条件  インフラストラクチャ製品、使用期間、設置場所、および取引に固有なその他の条件は、お客様とサプライヤーの間で別途締結する評価、貸与、およびレンタルに関する契約に記載されます。

5.3          使用権  お客様は、評価用製品および貸与用製品を無償で使用できます。お客様は、本番環境ではなく、インフラストラクチャ製品を評価する目的でのみ評価用製品を使用できるものとします。お客様は、合意された毎月のレンタル料金を対価として、お客様の合法的な社内業務目的のためにレンタル用製品を使用することができます。評価用製品、貸与用製品、およびレンタル用製品は、「現状有姿」で提供され、いかなる保証も伴いません。お客様がお客様のデータを評価、貸与、またはレンタル用製品の中に保存した場合、お客様はそのデータをバックアップする責任を負います。

5.4          所有権  サプライヤーは、評価用製品、貸与用製品、およびレンタル用製品の所有権を留保します。「クリックして同意する」または「シュリンク ラップ」ライセンスにおいて異なる条件がある場合でも、本ソフトウェアおよび独立ソフトウェアを使用するすべてのライセンスは、評価期間、貸与期間、またはレンタル期間の終了時に失効します。

5.5          危険負担  評価用製品、貸与用製品、およびレンタル用製品の紛失または毀損に関する危険負担は、引渡しの時点でお客様に移転し、これらの製品がサプライヤーの指定する返却場所に到着するまでお客様に帰属するものとします。お客様は、自らのデータに対して単独で責任を負い、データの喪失に関するすべての危険を負担するものとします。お客様はまた、自らの費用で、お客様の既存のインフラストラクチャ製品に格納されたデータ記憶装置の取り外し、ならびに評価用製品、貸与用製品、およびレンタル用製品に保存されているデータの消去についても責任を負うものとします。お客様は、損失の危険を自ら負担する期間において、評価用製品、貸与用製品、およびレンタル用製品に対し、合理的な保険を付保するものとします。

5.6          返却  お客様は、合意された期間の満了時、およびサプライヤーの自己都合による終了通知から30日以内のうちいずれか先に到来する時点までに、評価用製品、貸与用製品、およびレンタル用製品を速やかに返却するものとします。評価用、貸与用、またはレンタル用製品をお客様が期限内に返却しない場合、サプライヤーは、当該製品の購入価格を自動的にお客様に請求します。お客様が評価用製品、貸与用製品、およびレンタル用製品をサプライヤーに返却する前に、お客様は、これらのインフラストラクチャ製品に入れた自社のデータを完全に消去するものとします。お客様は、評価期間の満了前、いつでも評価用製品を購入できます。

5.7          除外事項  SC ブランドのストレージ製品には、本第5条の条件は適用されません。SC ブランドのストレージ製品の評価については、サプライヤーの該当する営業担当者にお問い合わせください。