|

Dell PowerEdge サーバ管理

次世代のITインフラに求められるサーバの監視と管理とは?

ITインフラの整備は今や企業にとって必須の要件です。とりわけその中枢を担うサーバの維持管理は、サービスや業務を滞りなく提供するため、今や企業の「生命線」ともいえる業務です。
仮想化による統合をはじめとした、サーバ環境効率化の流れを受けて、サーバの監視や管理も、最小限のコンポーネントで効率的に行うことが業界のトレンドとなっています。また、昨今注目される省電力への取り組みなどから、これまでは監視対象として意識されていなかった項目も、重要視されるようになってきました。

ポイント1. シンプルな設定
デバイスドライバやファームウェア、各種ユーティリティをライザーカードに組み込むことで、初期設定で複数のメディアやツールを用意することなく、メディアレスでサーバの展開が可能となっています。

ポイント2.購入しやすいコンポーネント
組み込み型マネジメント機機能を搭載し、OS非依存型の管理機能の強化しているため、ハードウェアの設置時に迅速に管理機能を対応させることができます。

ポイント3. 卓越したリモート操作
システム稼働中の遠隔操作はもちろん、システムダウン、動作異常にともなうトラブル時にもリモートから操作・メンテナンスができる仕組みを備えています。

ポイント4.わかりやすいGUI
ブラウザからのアクセスによる直感的なGUIの高い操作性によって、各種情報の把握や一連の操作が可能です。また、LCDパネルが搭載されたハードウェアにより、状況把握の容易性が格段に向上しています。

デルのサーバ製品PowerEdgeシリーズが提供するシステム管理ソリューションDell Management Tools for PowerEdgeでは、ハードウェアレベルの制御機能と標準添付のシステム管理ソフトウェア(無償)のシームレスな連携により、サーバ群のシンプルな一元管理を実現します。

「デル ブレード製品&システム管理」ワークショップ
Dell VISなるほどセミナー
OpenManage Movies
Dell テックセンター 技術者向けコミュニティ