Ubuntu または Red Hat Enterprise Linux 7 のスリープを無効にして蓋電源設定を構成する方法

Ubuntu または Red Hat Enterprise Linux 7 のスリープを無効にして蓋電源設定を構成する方法



この記事で説明されている手順に従って、スリープを無効にするか、Ubuntu または Red Hat Enterprise Linux 7 をインストールした Dell ラップトップの蓋電源設定を行います。


Ubuntu または Red Hat Enterprise Linux 7 のスリープを無効にして、蓋電源設定を構成します。

スリープを無効にする:

メモ: この方法は、サービスの管理に使用systemdする他の Linux オペレーティングシステムでも動作する必要があります。
  1. お使いTerminalのオペレーティングシステムに応じて次の手順を実行します。
    • Ubuntu Terminal を開きます (図 1を参照)。

      ターミナルを開く
      図 1:Ubuntu Terminal用に開く

    • Ctrl + Alt + TキーボードTerminalコマンドを使用して Red Hat Enterprise 7 を開きます。
    • また、 TerminalApplicationsメニューを選択し、リストUtilitiesTerminalからを選択することによって Red Hat Enterprise 7 でを開くこともできます (図 2を参照)。

      アプリケーション/ユーティリティメニューからターミナルを開く
      図 2:メニュー TerminalからApplications/Utilities開く

    • メインApplicationsメニューから Red Hat Enterprise 7 でをTerminal開くこともできます (図 3を参照)。

      アプリケーションメニューからターミナルを開く
      図 3:メニュー TerminalからApplications開く

  2. Terminal開いた後、次のコマンドを実行します。 # systemctl mask sleep.target suspend.target hibernate.target hybrid-sleep.target

スリープを有効にする:

  1. Terminal開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。 # systemctl unmask sleep.target suspend.target hibernate.target hybrid-sleep.target

カバーの電源設定を構成します。

  1. ファイルを/etc/systemd/logind.conf開いて編集します。
  2. #HandleLidSwitch=suspendを検索します。
  3. 行の#先頭にある文字を削除します。
  4. 次のいずれかの希望する設定に行を変更します。
    • HandleLidSwitch=poweroff カバーが閉じているときにコンピュータをシャットダウンする
    • HandleLidSwitch=hibernate カバーが閉じているときにコンピュータを休止状態にする
    • HandleLidSwitch=suspend カバーが閉じているときにコンピュータをサスペンドするには
    • HandleLidSwitch=ignore 何もする必要はありません。
  5. を入力# systemctl restart systemd-logindして、ファイルを保存し、サービスを再起動して変更を適用します。







記事ID: HOW12691

最終更新日: 2020/01/30 21:53


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。