Dell BIOSアップデート


Dell BIOSアップデート




BIOSの概要

BIOSとは、Basic Input/Output Systemの頭字語で、システム セットアップとも呼ばれます。BIOSは、PCのシステム ボードまたはマザーボードに搭載されている小さなメモリー チップに組み込まれているファームウェアです。PCのハードウェアとオペレーティング システムの間のインターフェイスとして機能します。BIOSには、ネットワークとハードドライブのどちらから起動するかなど、PCが基本的な手順の実行に使用する手順も収められています。

PCを最初に起動すると、BIOSはオペレーティング システムの起動に必要な基本的なハードウェアをすべてアクティブにします。これには、たとえば、次に挙げるようなハードウェア コンポーネントがあります(ただし、これらに限りません)。

  • チップセット
  • プロセッサーとキャッシュ
  • システム メモリー/RAM
  • グラフィックスおよびオーディオコントローラ
  • キーボードとマウス
  • 内蔵ドライバ
  • ネットワーク コントローラー
  • 内蔵拡張カード

デルPCでBIOSまたはシステム セットアップにアクセスするには、次の手順に従ってください。

  1. 起動時にデルのロゴ画面でF2キーを数回押します。
    または
  2. 起動時に、デルのロゴ画面でF12キーを数回押します。メニューで、[BIOS Setup(BIOSをセットアップ)]または[System Setup(システム セットアップ)]を選択します。
メモ: BIOSインターフェイスは、お使いのデルPCによって異なる場合があります。デルPCのBIOSオプションの詳細については、お使いのデルPCの『ユーザー マニュアル』または『ユーザー ガイド』を参照してください。
 
警告: BIOSインターフェイスは、PCの上級ユーザー向けに設計されています。設定項目によっては、変更するとPCが正常に起動しなくなったり、オペレーティング システムがロードできなくなったり、データの損失が発生したりする可能性があります。
 

デルPCでのBIOSのアップデート

デルでは、定期的なアップデートサイクルの一環としてBIOSをアップデートすることをお勧めしています。BIOSアップデートは、PCの最も基本的なハードウェアのプログラミングをアップデートするソフトウェア ユーティリティーです。BIOSの問題を解決したり機能を追加したりする場合に、BIOSアップデートがよく使用されます。オペレーティング システムやドライバーのリビジョン同様、BIOSアップデートには、システム ソフトウェアを最新の状態に保ち、他のシステム モジュール(ハードウェア、ファームウェア、ドライバー、ソフトウェア)との互換性を維持する強化機能や変更が含まれていたり、セキュリティのアップデートや安定性の向上が行われたりします。

自動的に行われるMicrosoft Windows、ウイルス対策、その他のソフトウェアなどのアップデートとは異なり、PCのBIOSのアップデートは手動で行う必要があります。デルでは、この作業が簡単に行うことができるように、使いやすい自己インストール型アップデート ユーティリティーを提供しています。

警告:BIOSをアップデートする場合は、データをバックアップしておいてください。BIOSのアップデート中にエラーが発生すると、データが失われる可能性があります。
 
警告: デルPCのBIOSをアップデートする場合は、外付けのHDD、プリンター、スキャナーなどの外付け周辺機器を取り外しておくことを推奨します。
 
警告: DellノートブックPCの場合は、BIOSアップデートを開始する前に、バッテリーを取り付けて、10 %以上充電しておいてください。アップデート プロセスは、ノートブックPCにAC電源を接続してから、開始することを推奨します。

ビデオ(英語のみ)- BIOSまたはシステム セットアップのアップデート方法(2:32)


よくあるお問い合わせ(FAQ)

詳細については、下のセクションをクリックして、展開してください

デルPCでBIOSまたはシステム セットアップにアクセスするには、次の手順に従ってください。

  1. 起動時にデルのロゴ画面でF2キーを数回押します。
    または
  2. 起動時に、デルのロゴ画面でF12キーを数回押します。メニューで、[BIOS Setup(BIOSをセットアップ)]または[System Setup(システム セットアップ)]を選択します。
トップに戻る

Microsoft Windowsのシステム情報でBIOSのバージョンを確認するには、次の手順に従ってください。

  1. キーボードのWindowsロゴキーとRキーを押します。
  2. [ファイル名を指定して実行]ダイアログ ボックスにmsinfo32と入力して、Enterキーを押します。
  3. [システム情報]ウィンドウで、BIOSのバージョン/日付を確認します(図1)。
Microsoft Windowsのシステム情報でのBIOSのバージョンの確認
図1: システム情報でのBIOSのバージョンの確認

 

Microsoft Windowsのコマンド プロンプトでBIOSのバージョンを確認するには、次の手順に従ってください。

  1. キーボードのWindowsロゴキーとRキーを押します。
  2. [ファイル名を指定して実行]ダイアログ ボックスにcmdと入力して、Enterキーを押します。
  3. [コマンド プロンプト]ウィンドウで、BIOSのバージョンを確認します(図2)。
Microsoft Windowsのコマンド プロンプトでのBIOSのバージョンの確認
図2: コマンド プロンプトでのBIOSのバージョンの確認

 

BIOSインターフェイスでBIOSのバージョンを確認するには、次の手順に従ってください。

  1. PCを再起動します。
  2. 起動時にデルのロゴ画面でF2キーを押します。
  3. [メイン]または[システム情報]タブで、[BIOSのバージョン]を確認します。
トップに戻る

デルPCにダウンロードするためのBIOSアップデートは、デルのドライバーおよびダウンロードページにあります。

ドライバーをダウンロードする方法の詳細については、デルのサポート技術情報の記事「デバイス ドライバーをダウンロードしてインストールする方法」を参照してください。

メモ: BIOSアップデートは、すべてのデルPCで利用できるわけではありません。デルのドライバーおよびダウンロードページで、お使いのデルPCのモデルを選択するか、サービス タグを入力してください。

トップに戻る

デルPCのBIOSを最新にしておくことは重要です。BIOSの新リリースでは、ハードウェアの互換性が向上、診断プログラムが改善、安定性やセキュリティ アップデートが強化されました。

ドライバーをダウンロードしてインストールする方法の詳細については、Dellサポート技術情報の記事「デバイス ドライバーをダウンロードしてインストールする方法」を参照してください。

警告: DellノートブックPCの場合は、BIOSアップデートを開始する前に、バッテリーを取り付けて、10 %以上充電しておいてください。アップデート プロセスは、ノートブックPCにAC電源を接続してから、開始することを推奨します。

ビデオ(英語のみ)- BIOSまたはシステム セットアップのアップデート方法(2:32)

トップに戻る

PCでオペレーティング システムを起動またはロードできず、それでもBIOSをアップデートする必要がある場合は、別のPCにBIOSファイルをダウンロードしてブータブルUSBフラッシュ ドライブに保存します。

メモ: ブータブルUSBフラッシュ ドライブを作成する方法については、デルのナレッジ ベース文書「Dell Diagnostic Deployment Package(DDDP)を利用した起動用USB作成手順」を参照してください。

USBフラッシュ ドライブを使用してBIOSアップデートをインストールするには、次の手順に従ってください。

  1. ブータブルUSBフラッシュ ドライブを作成します。
  2. BIOSアップデート ファイルをダウンロードして、USBフラッシュ ドライブに保存します。
    メモ: たとえばO9010a12.exeのように、BIOSアップデート ファイルの名前をメモしてください。
  3. デルPCの電源を切ります。
  4. USBフラッシュ ドライブを接続し、デルPCを再起動します。
  5. デルのロゴ画面でF12キーを押して、[One Time Boot Menu(ワンタイム ブート メニュー)]に入ります。
  6. 矢印キーで[USB Storage Device(USBストレージ デバイス)]を選択し、Enterキーを押します。
  7. コマンド プロンプトで、たとえばO9010a12.exeのようなBIOSファイルのフルネームを入力し、Enterキーを押します。
  8. [BIOS Update Utility(BIOSアップデート ユーティリティー]画面の指示に従って、アップデート プロセスを完了します。
警告: BIOSアップデート プロセス中にPCの電源を切らないでください。
 
警告: DellノートブックPCの場合は、BIOSアップデートを開始する前に、バッテリーを取り付けて、10 %以上充電しておいてください。アップデート プロセスは、ノートブックPCにAC電源を接続してから、開始することを推奨します。

トップに戻る

UbuntuなどのLinux環境でシステムBIOSをアップデートする方法については、デルのナレッジ ベース文書「LinuxおよびUbuntu環境でDell BIOSをアップデートする」を参照してください。

トップに戻る

BitLockerが有効になっているデルPCでBIOSをアップデートする方法については、デルのナレッジ ベース文書「BitLockerが有効なDell製システムでのBIOSのアップデート」を参照してください。

警告: BIOSをアップデートする前にBitLocker中断されていない場合、次回のシステム再起動時にBitLockerキーが認識されません。
その後、続行のためにリカバリー キーの入力を求められ、再起動のたびに要求されます。
 
警告:リカバリー キーが不明な場合、データ ロスの原因になることや、不必要なオペレーティング システムの再インストールが必要となることがあります。

トップに戻る

BIOSの破壊は、PCがPOSTを完了できない、またはオペレーティングシステムを起動できないときに、考えられる原因の1つです。BIOSリカバリー ツールは、Boot Blockテクノロジーに基づいて、破壊したBIOSを回復するために設計されたソフトウェアです。このソフトウェアの主な機能は、PCのプライマリーHDDまたは外付けUSBキーのBIOS回復ファイルを使用して、破壊されたBIOSを柔軟に回復することです。

お使いのデルのPCまたはタブレットがBIOS回復をサポートしている場合、お使いのデルのPCまたはタブレットのBIOS回復方法を使用して、破損したBIOSを回復できます。詳細については、デルのナレッジベース文書「デルのPCまたはタブレットでのBIOS回復オプション」を参照してください。

トップに戻る

BIOS(基本入出力システム)に格納されているESCD(拡張システム構成データ)と呼ばれる情報は、電源の問題、ユーザーによる不適切な設定、特定の構成におけるハードウェアの互換性の問題、またはNo POSTやNo Videoなどのさまざまな状況によって、破損することがあります。このような場合には、BIOSやCMOS(相補型MOS)を「工場出荷時のデフォルト」状態にリセットする必要が生じる場合があります。あるいは別の状況においては、NVRAM(不揮発性ランダム アクセス メモリー)のクリアが必要になる場合があります。

BIOSまたはCMOSをリセットする方法の詳細については、デルのナレッジ ベース文書「BIOSまたはCMOSのリセット/NVRAMのクリアを実施する方法」を参照してください。

警告: BIOSインターフェイスは、PCの上級ユーザー向けに設計されています。設定項目によっては、変更するとPCが正常に起動しなくなったり、オペレーティング システムがロードできなくなったり、データの損失が発生したりする可能性があります。

トップに戻る

 
保証期間外サポート  保証対象外ですか?問題ありません。ここをクリックしてサービス タグを入力し、提供されている内容を表示します。 

 

現時点では、米国およびカナダでPCをご利用のお客様のみが利用できます。サーバーとストレージには適用されません。

 



記事ID: SLN129956

最終更新日: 2020/03/25 06:45

この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
0/3000 characters
1~5個の星の数で評価してください。
1~5個の星の数で評価してください。
1~5個の星の数で評価してください。
この記事は役に立ちましたか?
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
文字入力できます。