Dell Thunderbolt Dock TB16の使用方法とトラブルシューティング方法


Dell Thunderbolt Dock TB16の使用方法とトラブルシューティング方法


Dell Thunderbolt Dock TB16

クイックリンク

Dell TB16ドッキング ステーションを初めてご利用になる方へDell TB16 Dockのセットアップ、仕様、およびサービス マニュアルデルの「Drivers & Downloads(ドライバおよびダウンロード)」保証およびサポートサービスよくあるお問い合わせ(FAQ)

Dell Thunderbolt Dock TB16は、1本のThunderbolt 3(Type-C)ケーブルを使用して、すべての電子機器をお使いのノートパソコンに接続します。ノートパソコンをドッキング ステーションに接続するときに、マウス、キーボード、ステレオ スピーカー、外付ハード ドライブ、大画面ディスプレイなどのすべての周辺機器を1つずつノートパソコンに接続しなくてもアクセスできます。

 
:Dell Thunderbolt Dock TB16は、Thunderbolt 3テクノロジーのみをサポートしています。古いバージョンのThunderboltはサポートされていません。
 

仕様、セットアップ、外付モニターの接続、一般的な問題のトラブルシューティングなどについては、以下のセクションを展開して参照してください。

PC接続 Thunderbolt 3(USB Type-C)
ビデオ ポート
  • Mini DisplayPort(DP1.2)x 1
  • DisplayPort(DP1.2)x 1
  • HDMI(HDMI 1.4a)x 1
  • VGA x 1
  • Thunderbolt 3ポート(USB Type-C)x 1
オーディオ ポート
  • ヘッドセット コネクターx 1
  • マイク コネクターx 1
ネットワーク ポート
  • ギガビット イーサネット(RJ-45)x 1
USBポート
  • USB 3.0ポート(前面)x 2(1つはPowerShare用)
  • USB 3.0(背面)x 1
  • USB 2.0(背面)x 2
  • Thunderbolt 3 USB Type-C(背面)x 1
電源またはDC入力
  • 7.4 mm DC入力

Dell Thunderbolt Dock - TB16は、Thunderbolt 3 USB Type-Cポートを搭載した次のPC向けに設計されています。

 

Latitude Precisionモバイル XPSノートパソコン
Latitude 12 5290 2-in-1(TBT搭載) Precision 15 3520 XPS 13 2-in-1 7390 2-in-1
Latitude 13 5300 2-in-1(TBT搭載) Precision 15 3530 XPS 13 9300
Latitude 13 5300(TBT 3搭載) Precision 15 3540 XPS 15 7590
Latitude 14 5400(TBT 3搭載) Precision 15 3541 XPS 13 9360
Latitude 14 5401 Precision 15 5520 XPS 13 9360
Latitude 14 5480(TBT 3搭載) Precision 15 5530 XPS 13 9365
Latitude 14 5491(TBT 3搭載) Precision 15 5530 2-in-1 XPS 13 9370
Latitude 15 5500(TBT 3搭載) Precision 15 5540 XPS 13 9380
Latitude 15 5501 Precision 15 7520 XPS 15 9560
Latitude 15 5580(TBT 3搭載) Precision 15 7530* XPS 15 9570
Latitude 15 5591(TBT 3搭載) Precision 15 7540* XPS 15 9575
Latitude 12 7200 2-in-1 Precision 17 7720  
Latitude 12 7280(TBT 3搭載) Precision 17 7730*
Latitude 12 7285 Precision 17 7740*
Latitude 12 7290(TBT 3搭載) *システムのACアダプターが必要です
Latitude 13 7300
Latitude 13 7380(TBT 3搭載)  
Latitude 13 7390 2-in-1(TBT 3搭載)
Latitude 13 7390(TBT 3搭載)
Latitude 14 7400
Latitude 14 7400 2-in-1
Latitude 14 7480(TBT 3搭載)
Latitude 14 7490(TBT 3搭載)
:「TBT 3搭載」は、Thunderbolt 3オプション付きで注文されていることを示します。
   

 

Dell Thunderbolt 3 Dock TB16のポート
図1 - Dell Thunderbolt Dock TB16のポート

1. HDMI
2. VGA
3. Mini-DisplayPort(mDP)
4. DisplayPort(DP)
5. RJ45ギガビットEthernet
6. USB 2.0(2ポート)
7. USB 3.0
8. Thunderbolt 3(USB Type-C)
9. 3.5 mmスピーカー出力
10. 7.4 mm DC入力電源
11. Dellドッキング ステーション コネクター(PCにあるUSB Type 3ポートへのデル専用接続)
12. ヘッドセット ジャック
13. USB 3.0(PowerShare付き)
14. USB 3.0
15. 電源アダプタのLED
16. ドックボタン
17. ケンジントン・ロック・スロット
   
:Dell Thunderbolt Dockは、ThunderboltケーブルではDisplay Port over USB Type-Cを備えるデバイスで機能しません。
 
 
ドッキング ステーションを使用する前に、PCのBIOSおよびDellドッキング ステーション ドライバーをDellサポートWebサイトで入手できる最新バージョンにアップデートする必要があります。古いBIOSバージョンおよびドライバーでは、ドッキング ステーションがPCに認識されない可能性や最適な状態で機能しない可能性があります。
 

Dell Thunderbolt Dock TB16ドッキング ステーション用ドライバーのインストールの詳細については、デルのナレッジベース文書『Dell Thunderbolt Dock TB16用ドライバーのインストール ガイド』を参照してください。

 

Dell Update/Dell Command | Updateを使用した自動ドライバー インストール

デルは、お使いのPCおよびドッキング ステーション固有のBIOS、ファームウェア、ドライバー、および重要なアップデートを自動的にインストールする以下のアプリケーションを強くお勧めします。これらのアプリケーションは、DellサポートWebサイトの「ドライバおよびダウンロード」ページから入手できます。リストからお使いのPCのタイプを選択するか、サービスタグを入力して、お使いのPC用の正しいバージョンを取得します。

  • Dell Updateアプリケーションは、Dell XPSノートパソコンおよびDell Venueでサポートされています
     
    :Dell Updateがお使いのPCでソフトウェア アップデートを開始するには、PCとTB16ドックを接続する必要があります。
     
  • Dell Command | UpdateアプリケーションはDell Precision、XPS、およびLatitudeの各ノートパソコンでサポートされています。
 
:最新のDell UpdateおよびDell Command | Updateは、インテルHDグラフィックス ドライバーを最新バージョンにアップデートできません。お使いのPCのサービス タグを検索して、デルの「ドライバーおよびダウンロード」Webサイトに移動します。お使いのPCの[ビデオ]の項で、最新のインテルHDグラフィックス ドライバーをダウンロードしてインストールします。
 

Dell Thunderbolt Dock TB16マニュアル・ドライバ・インストール

最適化されたパフォーマンスを確保するためには、あらかじめ記述された詳細なステップに従って以下のBIOS、ファームウェア、およびドライバーをインストールすることを強くお勧めします。

 
:BIOSを書き換え、Thunderboltドライバー/ファームウェアをインストールするには、PCの管理者権限が必要です。
 

DellサポートWebサイトの[製品を選択]でPCモデル名を検索するか、お使いのPCのサービス タグを入力して、「ドライバーおよびダウンロード」ページを見つけます。オペレーティング システムを変更して、お使いのPCで使用可能なすべてのアップデートを表示します。

  1. そのPC用の基本入出力システム(BIOS)を最新版に書き換えます。これは[BIOS]の項で入手できます
  2. そのPC用の最新のインテルThunderboltコントローラー ドライバーをインストールします。これは[チップセット]の項で入手できます
  3. そのPC用の最新のインテルThunderbolt 3ファームウェア アップデートをインストールします。これは[チップセット]の項で入手できます
  4. そのPC用の最新のインテルHDグラフィックス ドライバーをインストールします。これは[ビデオ]の項で入手できます
  5. 最新のDell Thunderbolt Dock用ASMedia USB 3.0拡張ホスト・コントローラ・ドライバをインストールします。これは[ドッキング ステーション/スタンド]の項で入手できます
  6. Dell Thunderbolt DockおよびDell Dock用RealTek USB GBE Ethernetコントローラドライバをインストールします。これは[ドッキング ステーション/スタンド]の項で入手できます
  7. Dell Thunderbolt DockおよびDell Dock用RealTek USBオーディオドライバをインストールします。これは[ドッキング ステーション/スタンド]の項で入手できます
  8. PCを再起動します
  9. ソフトウェア アップデート プロセスが完了したら、ドッキング ステーションを使用する前にTB16ドックにACアダプターを接続して、PCにThunderbolt 3(USB Type-C)ケーブルを取り付けます

Microsoft Windowsオペレーティング システムには、VGAグラフィックス ドライバーのみが含まれています。最適なグラフィックス パフォーマンスを得るために、お使いのPCに適用可能なデル製グラフィックス ドライバーを、デルの「ドライバおよびダウンロード」Webサイトの[ビデオ]セクションからインストールすることをお勧めします。

 
メモ
  1. Latitude EファミリーおよびMobile Dell Precision PC上のNVIDIA専用グラフィックス ソリューションの場合:
    • まず、お使いのPCに対応するインテル メディア アダプター グラフィックス ドライバーをインストールします。
    • 次に、お使いのPCに対応するNVIDIA専用グラフィックス ドライバーをインストールします。
  2. Latitude EファミリーおよびMobile Dell Precision PC上のAMD専用グラフィックス ソリューションの場合:
    • まず、お使いのPCに対応するインテル メディア アダプター グラフィックス ドライバーをインストールします。
    • 次に、お使いのPCに対応するAMD専用グラフィックス ドライバーをインストールします。
 

ドッキング ステーションをPCに接続し、モニターとその他の外付デバイスを接続する前に、必要なドライバーをすべてインストールしてください。

モニターに付属のVGA/HDMI/DisplayPort/mini-DisplayPort/USB-Cケーブルを使用して、モニターをドッキング ステーションに接続します。ドッキング ステーションは、同時に接続された最大4台のモニターをサポートします。複数のモニターをドッキング ステーションに接続した場合にサポートされる解像度の詳細については、以下の「画面解像度表」を参照してください。

複数モニターのセットアップとその問題のトラブルシューティングに関する詳細については、デルのナレッジベース記事「マルチ モニターをセットアップする方法」または「マルチ モニターの問題をトラブルシューティングする方法」を参照してください。


画面解像度表

シングルディスプレイ(最大解像度) デュアルディスプレイ(最大解像度) トリプルディスプレイ(最大解像度) クワッド ディスプレイ(最大解像度)
  • **DP + mDP(単一画像):5120 x 2880 @ 60 Hz
  • DP/mDP/USB-C:3840 x 2160 @ 60 Hz
  • HDMI:3840 x 2160 @ 24/30 Hz
  • VGA:1920 x 1200 @ 60 Hz
  • ***Type-C:5120 x 2880 @ 60 Hz
  • DP/mDP/Type-C:3840 x 2160 @ 60 Hz
  • DP + VGA:2 x 2560 x 1440 @ 60 Hz
  • mDP + HDMI:2 x 2560 x 1440 @ 60 Hzまたは3840 x 2160 @ 30 Hz
VGAは2048 x 1280に制限されている場合があります
  • DP + mDP + HDMI:3 x 3840 x 2160 @ 30 Hz
 
:60 HzのDPポートがサポートされていますが、mDP + HDMIは4Kの場合30 Hzに制限されています
 
 
:**専用モードまたは「特殊グラフィックス モード」。
 
  • **mDP + HDMI + DP + VGA:3x3840 x 2160 @ 30 Hz + 1 x 1920 x 1200(VGA)
   
:解像度のサポートは、モニターでサポートされている最大解像度にも依存します。
   
:高解像度モニターを使用する場合、インテル グラフィックス ドライバーは、モニターの仕様とディスプレイの設定に基づいて判断します。一部の解像度はサポートされておらず、インテル グラフィックス メディア コントロール パネルから削除されている場合があります。
   
メモ

**専用モードまたは特殊グラフィックス モードで、AMDおよびNVIDIAでサポートされている構成。これらのモードは、次のPCのBIOSにリストされています。Dell Precision 7510/7529/7710/7720では、専用モードのスイッチャブル グラフィックスを無効にするか、スイッチャブルが有効な場合に特殊グラフィックス モードを有効にする必要があります。BIOSにこれらのオプションがない場合、4台のモニターはサポートされません。

5Kの解像度サポートは、次のいずれかの場合にのみ使用できます。
専用グラフィックス モードのみ、または特殊グラフィックス モード、または、
*** Thunderbolt 3 USB Type–CをデュアルDisplayPortアダプターに使用する。

 
症状 可能性のある解決方法
ドッキング ステーションの高品位マルチメディア インターフェイス(HDMI)、mini-DisplayPort(mDP)ポート、またはDisplayPort(DP)ポートに接続されたモニターに画像が表示されない
  • お使いのPCとドッキング ステーション用の最新のBIOSとドライバーがPCにインストールされていることを確認します。
  • PCがドッキング ステーションにしっかりと接続されていることを確認します。ドッキング ステーションをノートパソコンから外して再接続してみます。
  • ビデオ ケーブルの両端を外し、ピンに損傷や曲がりがないか確認します。ケーブルをモニターとドッキング ステーションにしっかりと再接続します。
  • ビデオ ケーブル(HDMI、mDP、またはDisplayPort)がモニターおよびドッキング ステーションに正しく接続されていることを確認します。モニターの正しいビデオ ソースを選択していることを確認します(ビデオ ソース変更の詳細については、ご使用のモニターのマニュアルを参照してください)。
  • PCの解像度設定を確認します。ご使用のモニターでは、ドッキング ステーションがサポート可能な解像度よりも高い解像度をサポートできる場合があります。最大解像度容量の詳細については、「画面解像度表」を参照してください。
  • モニターがドッキング ステーションに接続されている場合、PCのビデオ出力が無効にされている可能性があります。ビデオ出力は、インテル グラフィックス コントロール パネルを使用して有効にすることができます。またはお使いのPCのユーザー ガイドを参照してください。
  • モニターが1つしか表示されず、他のモニターが表示されない場合は、インテル グラフィックス コントロール パネルにアクセスし、[マルチ ディスプレイ]で2つ目のモニターの出力を選択します。
  • 3台のモニタがドッキングステーションに接続されている場合、ドッキングステーションでサポートされる外付モニタは最大で2台です。目的のモニターを選択してアクティブにする方法については、ドッキング ステーションのユーザー ガイドを参照してください。
  • 可能であれば、正常に動作する別のモニタとケーブルで試してください。
接続されたモニターの画像がゆがんでいる、またはちらつく
  • モニタを出荷時のデフォルト設定にリセットします。モニターを出荷時のデフォルト設定にリセットする方法の詳細については、モニターのユーザー ガイドを参照してください。
  • ビデオ ケーブル(HDMI、mDP、またはDisplayPort)がモニターおよびドッキング ステーションにしっかりと接続されていることを確認します。
  • モニタをドッキングステーションから外して、再度接続します。
  • Type-Cケーブルを外してドッキング ステーションの電源を切ってから、ドックから電源アダプターを外します。次に、PCにType-Cケーブルを接続する前に、ドックに電源アダプターを接続してドッキング ステーションの電源を入れます。
接続されたモニタの映像が拡張モニタとして表示されない。
  • インテルHDグラフィックス ドライバーがインストールされていることをWindowsのデバイス マネージャーで確認します
  • インテルHDグラフィックス コントロール パネルを開き、[マルチ ディスプレイ]コントロールに移動して、ディスプレイを拡張モードに設定します
オーディオ コネクターが機能していない、音が聞こえない、またはオーディオに遅れがある。
  • お使いのPCとドッキング ステーション用の最新のBIOSとドライバーがPCにインストールされていることを確認します。
  • [BIOS Setup]に[Audio Enabled/Disabled]オプションがある場合は、[Enabled]に設定してください。
  • ノートパソコンで正しい再生デバイスが選択されていることを確認します。
  • ドッキング ステーションのオーディオ ケーブルを外部スピーカー出力に差し込み直します。
  • Type-Cケーブルを外してドッキング ステーションの電源を切ってから、ドックから電源アダプターを外します。次に、PCにType-Cケーブルを接続する前に、ドックに電源アダプターを接続してドッキング ステーションの電源を入れます。
  • Dell Thunderbolt DockおよびDell Dock用の最新RealTek USBオーディオ ドライバーをダウンロードしてインストールします。
  • コンピュータを再起動します。
ドッキングステーションのUSBポートが機能していない。
  • お使いのPCとドッキング ステーション用の最新のBIOSとドライバーがPCにインストールされていることを確認します。
  • BIOSセットアップに[USBの有効化/無効化]オプションがある場合は、[有効化]に設定してください。
  • デバイスがWindowsのデバイス マネージャーで検知されるかどうかを確認し、正しいデバイス ドライバーがインストールされていることを確認します。
  • ドッキング ステーションがノートパソコンにしっかりと接続されていることを確認します。ドッキング ステーションをPCから外して再接続してみます。
  • USBポートを確認します。USBデバイスを別のポートに接続してみます。
  • Type-Cケーブルを外してドッキング ステーションの電源を切ってから、ドックから電源アダプターを外します。次に、PCにType-Cケーブルを接続する前に、ドックに電源アダプターを接続してドッキング ステーションの電源を入れます。
HDCPコンテンツが接続しているモニタに表示されない。
  • Dell DockおよびDell Thunderbolt DockはHDCPコンテンツをサポートしていません。
LANポートが機能していない。
  • お使いのPCとドッキング ステーション用の最新のBIOSとドライバーがPCにインストールされていることを確認します。
  • RealTekギガビット・イーサネット・コントローラがインストールされていることをWindowsの「デバイス マネージャー」で確認します。
  • BIOSセットアップに[LAN/GBEの有効化/無効化]オプションがある場合は、[有効化]に設定してください。
  • ドッキング ステーションと、ハブ、ルーター、ファイアウォールに、Ethernetケーブルがしっかりと接続されていることを確認します。
  • 接続状態を確認するには、イーサネットケーブルのステータスLEDを確認します。LEDが点灯していない場合は、Ethernetケーブルの両端を抜き差しします。
  • Type-Cケーブルを外してドッキング ステーションの電源を切ってから、ドックから電源アダプターを外します。次に、PCにType-Cケーブルを接続する前に、ドックに電源アダプターを接続してドッキング ステーションの電源を入れます。
ケーブルLEDがホストへの接続後に点灯しない
  • TB16がAC電源に接続されていることを確認します。
  • ノートパソコンがドッキング ステーションに接続されていることを確認します。ドッキング ステーションから取り外して再度接続してみます。
OSの起動前環境でUSBポートが機能しない。 BIOSに[USB/Thunderbolt Configuration]ページがある場合は、次のオプションがオンになっていることを確認してください。
  • Enable USB Boot Support(USB起動サポートの有効化)
  • Enable External USB Port(外部USBポートの有効化)
  • Enable Thunderbolt Boot Support(Thunderbolt起動サポートの有効化)
ドックでPXE起動が機能しません。 BIOSに[内蔵NIC]ページがある場合は、[PXEで有効化]を選択します。
PCの[BIOS Setup]に[USB/Thunderbolt Configuration]ページがある場合は、次のオプションがオンになっていることを確認してください。
  • Enable USB Boot Support(USB起動サポートの有効化)
  • Enable Thunderbolt Boot Support(Thunderbolt起動サポートの有効化)
USB起動が機能しない BIOSに[USB/Thunderbolt Configuration]ページがある場合は、次のオプションがオンになっていることを確認してください。
  • Enable USB Boot Support(USB起動サポートの有効化)
  • Enable External USB Port(外部USBポートの有効化)
  • Enable Thunderbolt Boot Support(Thunderbolt起動サポートの有効化)
Thunderbolt 3(Type-C)ケーブルをつなぐと、[Dell BIOS Setup]の[Battery Information]ページにACアダプターが「Not Installed」と表示される。
  • Dell Thunderbolt Dock TB16が専用アダプター(240 W)に正しく接続されていることを確認します。
  • ドッキングステーションのケーブルLEDが点灯していることを確認します。
  • Thunderbolt 3(Type-C)ケーブルをPCから取り外してから、再度接続します。
ドッキング ステーションに接続された周辺機器がOS起動前環境で動作しない。 Thunderbolt起動サポートは、お使いのDell PCのBIOSセットアップではデフォルトで無効になっています。このようなデフォルト設定の場合、ドッキング ステーションとドッキング ステーションに接続している周辺機器は、OS起動前環境では動作しません。
PCのBIOSセットアップに[USB/Thunderbolt Configuration]ページがある場合は、以下のオプションを選択してOS起動前環境でのドッキング ステーション機能を有効にします。
  • Enable External USB Port(外部USBポートの有効化)
  • Enable Thunderbolt Boot Support(Thunderbolt起動サポートの有効化)
ドッキング ステーションをPCに接続すると、アラート メッセージ「You have attached an undersized power adapter to your system」が表示される。
  • ドッキングステーションを専用の電源アダプタにしっかりと接続していることを確認してください。また、130 W以上の電力を必要とするPCを充電し、最高のパフォーマンスで動作させるには、そのPC専用の電源アダプターに接続する必要があります。
  • Type-Cケーブルを外してドッキングステーションの電源を切ってから、ドックから電源アダプタを外します。次に、PCにType-Cケーブルを接続する前に、ドックに電源アダプターを接続してドッキング ステーションの電源を入れます。
マルチ モニターの問題に関するトラブルシューティング
  • デルからの最新のビデオ ドライバーをインストールするようにしてくださいドライバおよびダウンロードウェブサイト
  • 外付モニターがDell Thunderbolt Dock(TB16)に接続されていることを確認します
マルチ モニターのセットアップと問題のトラブルシューティングに関する詳細については、次のDellナレッジベース記事を参照してください:「マルチ モニターをセットアップする方法」または「Dellシステムで複数のモニターの問題のトラブルシューティング」

よくあるお問い合わせ(FAQ)

Dell Thunderbolt Dock TB16は、PCに接続されていなくても、モバイルまたは電源バンクを充電できます。ドックが外部電源に接続されていることを確認してください。ドックの温度が高すぎると、ドック ファンが自動的に回転します。これは正常な動作状態です。

これはThunderboltセキュリティ用です。お使いのユニットのThunderboltセキュリティ レベルがBIOSセットアップで[ユーザー認証]または[安全な接続]に設定されているため、Thunderboltデバイスを承認するように求められます。お使いのPCのThunderboltセキュリティ レベルが[セキュリティなし]または[DisplayPortのみ]に設定されている場合、このページは表示されません。また、BIOSセットアップで[Thunderbolt起動サポートの有効化]をオンにし、TB16が接続されたPCの電源をオンにした場合、このページは表示されません。この場合、セキュリティ レベルは[セキュリティなし]に上書きされるためです。Thunderboltデバイスの承認を求められた場合は、PCへのThunderboltデバイス接続を常に許可することに対してセキュリティ上の懸念がなければ、[常時接続]を選択できます。懸念がある場合は、[1回だけ接続]、または[接続しない]を選択してもかまいません。

セキュリティは常にデルの最優先事項です。PCには、出荷時のデフォルトで[セキュリティ レベル - ユーザー認証]が設定されています。これにより、お客様はPCのThunderboltセキュリティ条件を確認して、それに応じて選択できるようになります。ただし、これは、Thunderboltドックおよび接続されているデバイスが接続および初期化されるには、Thunderboltドライバーのセキュリティ権限チェックに合格する必要があることも意味します。これは通常、ユーザーがこれらのデバイスにアクセスするには、ある程度の時間が必要であることを意味します。

新しいデバイスが接続されると、USBハブ ドライバーはプラグ アンド プレイ(PnP)マネージャーに新しいデバイスが検出されたことを通知します。PnPマネージャーは、ハブ ドライバーにデバイスのすべてのハードウェアIDを問い合わせ、新しいデバイスをインストールする必要があることをWindows OSに通知します。そして、ハードウェアのインストール ウィンドウが表示されます。

Thunderboltドックは、AC電源でのみ動作するように設計されており、PCの電源バック(PCのType-Cポートによる電源供給)をサポートしていません。電源喪失イベントが発生すると、ドックのすべてのデバイスが機能しなくなります。AC電源を復元しても、ドックは正常に機能しない場合があります。これは、ドックがPCのType-Cポートと適切な電源コントラクトをネゴシエートし、PC EC - ドック - EC接続を確立する必要があるためです。電源コントラクトのネゴシエーションを開始し、PC EC - ドック - ECの仮想I2C接続を確立するには、Type-Cケーブルを接続し直す必要があります。結果として、電源喪失後にドックを通常の状態に戻すには、Type-Cケーブルを取り外し、AC電源に再接続し、次にUSB-CケーブルをPCに再接続する必要があります。

ファンは温度によって作動します。ドックのファンは、温度しきい値をトリガーするのに十分な温度に上がるまで回転しません。逆に、ドックが十分に冷却されていなければ、ドックをPCから取り外してもファンは停止しません。

ファンから大きな異音が聞こえる場合は、ドックが熱くなっていることの警告です。たとえば、ドックの通気孔がふさがれている場合や、ドックが高温の作業環境(>35℃)で動作している場合などです。こうしたドックの異常な状態を排除してください。異常な状態を排除しないと、最悪の場合、ドックは過熱防止機構によってシャット ダウンされます。この問題が発生した場合は、Type-CケーブルをPCから取り外し、ドックの電源を取り外してください。次に、ドックの電源を差し込み、ドックをオンラインに戻します。

これは正常な状態です。ドックのACアダプターを最初に接続すると、ファンが回転し始めますが、これはすぐに止まります。

ドックのファンは、2種類の回転速度で設計されています。ドックのファンは低速で動作します。ドックに重い負荷がかかっていたり、ドックを高温の作業環境に置いたりすると、ドックのファンが高速で動作する可能性があります。ただし、これは正常であり、作業負荷に応じてファンが低速/高速で動作します。





記事ID: SLN301075

最終更新日: 2020/06/22 17:53

関連文書

この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
0/3000 characters
1~5個の星の数で評価してください。
1~5個の星の数で評価してください。
1~5個の星の数で評価してください。
この記事は役に立ちましたか?
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
文字入力できます。