リアル タイム クロック(RTC)をリセットして、ポータブル システムを回復する方法


リアル タイム クロック(RTC)をリセットして、ポータブル システムを回復する方法



概要:この記事では、Dell Inspiron、Latitude、Precision、Vostro、Alienware、XPSの各PCで、リアル タイム クロック(RTC)をリセットする方法について説明します。リアル タイム クロック(RTC)をリセットすると、Dell Latitude、Inspiron、Precision、Vostro、Alienware、XPSの各デルPCのNo POST、No Power、No Bootの問題が解決する場合があります。




リアル・タイム・クロック(RTC)のリセット

リアル タイム クロック(RTC)リセット機能を使用すると、Dell Latitude、Inspiron、Precision、Vostro、Alienware、XPSの各デル システムを、No POST/No Power/No Bootの状態から回復することができます。

システムの電源を切り、AC電源に接続した状態で、RTCリセットを開始します。電源ボタンを30秒間押し続けます。電源ボタンを放した後、RTCのリセットが実行されます。

メモ:リアル タイム クロック(RTC)のリセットは、一部のDell Latitude、Inspiron、Precision、Vostro、Alienware、XPS PCでのみ利用できます。ページの下部にある表を参照してください。
 
メモ: 処理中にシステムのAC電源が切られた場合、または電源ボタンが25秒間未満または40秒間以上押された場合は、RTCリセット処理が中断されます。

RTCリセットでは、BIOSがデフォルトにリセットされ、Intel vProがプロビジョニング解除され(IT AdministratorのシステムのvProアカウントとパスワードが「プロビジョニング解除」され、再度vProサーバに接続するには、もう一度セットアップと設定プロセスの実行が必要になります)、システムの日付と時刻がリセットされます。

リセットの処理中、システムは数回再起動します。構成によっては、電源ボタンを押している最中や手を離した後に、キーボードのバックライトやその他のLED表示が点灯する場合があります。リセットの完了後、システムは再起動され、Dell Splash画面に正常にリセットされたことを示すメッセージが表示されます。

注:RTCのリセットが完了しても、時間、日付、その他のBIOS設定項目(SATAドライブ選択など)が正常に設定されて、Windowsが再起動できるようになるまで、システムはNo Boot状態を維持します。リセット直後の再起動に失敗しても、リセットに失敗したわけではありません。
システムを正常に再起動するには、(RAID On AHCIなど)SATA動作モードなど、元のBIOS設定を復元する必要もあります。

以下のアイテムはRTCリセットの影響を受けません。

  • TPMがオンになり有効な場合、RTCリセットの影響は受けない(有効のままです)
  • サービスタグ
  • Asset Tag
  • Ownership Tag(所有者タグ)
  • Admin Password(管理者パスワード)
  • System Password
  • HDD Password
  • キーデータベース
  • システムログ

これらのアイテムは、以下のカスタムBIOS設定の選択により、リセットされる場合とされない場合があります。

  • 「Boot List(起動リスト)」
  • 「Enable Legacy Option ROMs(レガシーオプションROMを有効にする)」
  • 「Secure Boot Enable(Secure Bootを有効にする)」
  • 「Allow BIOS Downgrade(BIOSのダウングレードを許可する)」

RTCをリセットしても、DellシステムでNo POST/No Boot/No Powerの問題が解決せず、DellのサポートWebサイトでも解決策が見つからない場合は、テクニカル サポートの連絡先からサポートに問い合わせてください。


電源レールによるRTCリセット機能があるDell Alienware、Inspiron、Latitude、Precision、XPS、Vostroシステム:

電源レールによるRTCリセット機能を使えば、キーボード コマンドによるリセットよりも確実にBIOSをリセットできます。電源レールによるRTCリセット機能は、コンピューターのハードウェアから物理的に電源を切り離します。

現在のシステム:

モデル
Alienware Area 51 m
Alienware M15
Alienware M17
Dell G5 15 5590
Dell G7 15 7590
Dell G7 17 7790
Inspiron 5280
Inspiron 5480/5488/5580
Inspiron 5481
Inspiron 5482
Inspiron 5582
Inspiron 5583
Inspiron 5584
Inspiron 7380/7580
Inspiron 7386
Inspiron 7586
Inspiron 7786
Latitude 3190
Latitude 3190 2-in-1
Latitude 3301
Latitude 3390 2-in-1
Latitude 3400
Latitude 3490
Latitude 3500
Latitude 3590
Latitude 5290
Latitude 5290 2-in-1
Latitude 5300
Latitude 5300 2-in-1
Latitude 5400
Latitude 5401
Latitude 5490
Latitude 5491/5591
Latitude 5495
Latitude 5500
Latitude 5501
Latitude 5590
Latitude 7290
Latitude 7300
Latitude 7390
Latitude 7390 2-in-1
Latitude 7400
Latitude 7400 2-in-1
Latitude 7490
Latitude 5420 Rugged
Latitude 5424 Rugged
Latitude 7424 Rugged
Vostro 3468
Vostro 3478
Vostro 3568
Vostro 3572
Vostro 3578
Vostro 5480
Vostro 5481/5581
Vostro 5568
Vostro 5580
Vostro 7580
XPS 7590
XPS 9370
XPS 9380
XPS 9570
XPS 9575 2-in-1
Precision 3431
Precision 3530
Precision 3540
Precision 3541
Precision 5530
Precision 5540
Precision 7530
Precision 7540
Precision 7730
Precision 7740

RTCリセット機能を搭載しているDell Alienware、Inspiron、Latitude、XPS、Precisionシステム

現在のシステム:

モデル
Inspiron 15-3567
Inspiron 15-5567
Inspiron 7373
Inspiron 7460
Inspiron 7567
Inspiron 5577
Inspiron 15-5559
Inspiron 7560
Inspiron 14-3467
Inspiron 7472
Inspiron 5570
Inspiron 15-3552
Inspiron 7559
DELL G3 3579
Inspiron 5378
Inspiron 5370
Inspiron 15-3565
Inspiron 7572
Inspiron 15-3558
Inspiron 15-5558
Inspiron 7577
Inspiron 14-5468
Inspiron 3542
Inspiron 7570
DELL G7 7588
Inspiron 15-3568
Inspiron 15-3576
Inspiron 5557
Latitude 12 5280 Mainstream
Dell Latitude 14 5480 Mainstream
Dell Latitude 15 5580 Mainstream
Latitude 12 7212
Latitude 12 7280 Ultrabook
Latitude 12 7285 2-in-1
Latitude 13 3380
Latitude 11 3180
Latitude 11 3189
Latitude 12 5289 2-in-1
Latitude 12 5285 2-in-1
Latitude 14 7480 Ultrabook
Latitude 14 3480
Latitude 15 3580
Precision 15 5520
Precision 15 3520
Precision 15 7520
Precision 17 7720
XPS 13 9360
XPS 13 9365 2-in-1
XPS 15 9560(Kaby Lake CPU)

自己修復オプションを搭載したLatitudeシステム

また、Latitude E1からE3シリーズのノートパソコンはすべて、自己修復オプションをサポートしています。E4からE7モデルの詳細については、ビデオで説明しています。

E4 - 自己修復機能のみ、RTCリセット機能はなし
Latitude 6430U
Latitude E6230
Latitude E6330
Latitude E6430
Latitude E6430 ATG
Latitude E6430S
Latitude E6530
E5 - 自己修復機能のみ、RTCリセット機能はなし
Latitude 3340
Latitude 3440
Latitude E5440
Latitude E5540
Latitude E6440
Latitude E6540
Latitude E7240
Latitude E7240X
Latitude E7440
E6 - 自己修復機能のみ、RTCリセット機能はなし
Latitude 3150
Latitude 3160
Latitude 3450
Latitude 3550
Latitude 5250
Latitude 5450
Latitude 5550
Latitude 7350
Latitude E5250
Latitude E5550
Latitude E7250
Latitude E7450
E7 - 自己修復機能のみ、RTCリセット機能はなし
Latitude 7370
Latitude E5270
Latitude E5570
Latitude E7270
Latitude E7470



記事ID: SLN304892

最終更新日: 2020/03/19 17:49

この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
0/3000 characters
1~5個の星の数で評価してください。
1~5個の星の数で評価してください。
1~5個の星の数で評価してください。
この記事は役に立ちましたか?
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
文字入力できます。