Dell Technologiesの機器を清潔に保つためのガイダンス

Dell Technologiesの機器を清潔に保つためのガイダンス



お客様が自宅や職場での問題に対処するためのヒント



クライアントシステム

お客様が、デル製品の掃除および消毒オプションについて、分からないことがある場合がよくあります。このガイダンスは、DellブランドのすべてのPC、モニター、ディスプレイ画面、ドッキング ステーション、キーボード、マウスに関するものです。

  1. 表面を掃除および消毒する場合には、使い捨て手袋を着用することをお勧めします。
  2. 掃除する機器の電源を切り、AC電源を取り外します。ワイヤレス キーボードなどのアイテムからも、バッテリーを取り外します。電源がオンになっている状態または電源コードがつながった状態で、製品を掃除しないでください。
  3. あらゆる外部デバイスを取り外します。
  4. 製品には絶対に液体を直接スプレーしないでください。
  5. 消毒用アルコール70%と水30%を混ぜ合わせて、マイクロファイバーの布地を湿らせます。布は軽く湿らせなるだけで、液体が滴るほどには濡らさないでください。布が濡れてしまっている場合は、製品を拭く前に余分な水分を取り除いてください。マイクロファイバーの布地以外の素材を使用すると、製品に傷がつく恐れがあります。
  6. 清掃する表面を湿らせた布地でゆっくりと拭き取ります。キーボードやディスプレイ パネルなどの部分が濡れないようにしてください。電気製品の内部に水分が入ると、製品の故障の原因になります。拭きすぎると、表面の損傷につながる場合があります。
  7. ディスプレイ画面を拭く場合は、ディスプレイの上から下に向って、慎重に一方向に拭きます。
  8. 表面を拭いた後は、デバイスに電源を入れる前に、しっかりと乾かしてください。電源を入れたり電源コードをつなげる時には、製品の表面に水分がないようにする必要があります。
  9. ガラス面を掃除または消毒した後、使用方法の説明に従って、ディスプレイの表面用のガラス クリーナーでもう一度拭いてください。アンモニアが入っているガラス クリーニング製品は避けることお勧めします。
  10. 掃除が終了したら、使用した使い捨て手袋を捨てます。手袋を外して捨てたら、直ぐに手を洗います。

これまで説明した表面の掃除作業中、時間が経つにつれて目に見えて外観が変化する場合があります。他の掃除用の化学薬品はきめが粗いため、表面に傷がついてしまいます。次の化学成分を含む化学薬品または製品は使用しないでください。

  • 塩素ベースのクリーナー(漂白剤など)
  • 過酸化物(過酸化水素を含む)
  • アセトン、塗料用シンナー、ベンゼン、塩化メチレン、トルエンなどの溶剤
  • アンモニア(例、Windex)
  • エチル アルコール

ここに挙げた化学薬品を使用すると、製品の表面に修復不可能な損傷が残る可能性があります。このドキュメントに記載されている手順に従えば、損傷のリスクを最小限に抑えることができます。




エンタープライズシステム

お客様が、デル ストレージ、ネットワーキング、HCI、サーバー製品の掃除および消毒オプションについて、分からないことがある場合がよくあります。以下のガイダンスは、問題の解決に役立ちます。

Dell Technologiesデータ センター製品はハイ タッチ製品ではないが、データセンターには、入室前に手を消毒する必要があるというクリーンルームポリシーがあることを考慮すると、一般的に触れられない表面を滅菌する必要はありません。ただし、ビジネス要件として十分な注意を払って消毒を行う必要がある場合、Dell Technologiesは、データ センター機器の滅菌を専門とするプロのクリーニング会社に依頼することを強く推奨します。データ センター機器の滅菌を専門とするプロのクリーニング会社に依頼することができない場合、Dell Technologiesは、お客様がデル ストレージ、ネットワーキング、HCI、サーバー製品を滅菌および消毒する際に細心の注意を払うことを推奨します。 
  1. 表面を消毒するときは、清掃と消毒を行うすべての人が使い捨て手袋を着用することをお勧めします。
  2. データ センターの手順で外部表面を掃除する前に電源をオフにする必要がある場合は、データの整合性を確保するためにDell Technologies公開の手順に従って、データ センター機器の電源を安全に切ってください。
  3. 外部表面の掃除中に機器を稼動させる必要がある場合は、機器を湿気にさらす時には十分な注意を払って、湿気にさらされている電源装置を取り扱う際には、適切かつ必要なあらゆる予防措置を講じてください。
  4. 掃除は、ハンドルやその他の一般的なタッチポイントなどの外部表面に限定する必要があります。キャビネットやシャーシのドアを開けないでください。また、内部コンポーネントの掃除をすることはできません。
  5. 汎用クリーニングの場合は、ごみ汚染の危険性が高くなるため、光ファイバーを取り外さないでください。
  6. 液体を製品の上または中に絶対に直接スプレーしないでください。Dell Technologiesデー タセンター製品の内部コンポーネントを湿気にさらさないようにしてください。
  7. ハンドルおよびキャビネットなどの外部表面を清掃するには、含有量70%の消毒用アルコール(終末濃度)で、マイクロファイバーの布地を湿らせます。布は軽く湿らせなるだけで、液体が滴るほどには濡らさないでください。製品の外部およびハンドルを拭く前に、布が濡れている場合は、余分な水分を取り除く必要があります。電源ケーブルと常設配線は清掃は避けてください。マイクロファイバーの布地以外の素材を使用すると、製品に傷がつく恐れがあります。
  8. 清掃する表面を湿らせた布地でゆっくりと拭き取ります。キーボードやディスプレイ パネルや通気口などが濡れないようにしてください。電気製品の内部に水分が入ると、製品の故障の原因になります。拭きすぎると、表面の損傷につながる場合があります。
  9. 関連するディスプレイ画面を拭く場合は、ディスプレイの上から下に向って、慎重に一方向に拭きます。
  10. 装置の電源をオフにした場合は、掃除完了後に機器の電源を投入する前に、すべての表面が完全に乾いている必要があります。電源を入れたり電源コードをつなげる時には、機器の表面に水分がないようにする必要があります。
  11. 掃除が終了したら、使用した使い捨て手袋を捨てます。手袋を外して捨てたら、直ぐに手を洗います。

これまで説明した表面の掃除作業中、時間が経つにつれて目に見えて外観が変化する場合があります。他の掃除用の化学薬品はきめが粗いため、表面に傷がついてしまいます。次の化学成分を含む化学薬品または製品は使用しないでください。

  • 塩素ベースのクリーナー(漂白剤など)
  • 過酸化物(過酸化水素を含む)
  • アセトン、塗料用シンナー、ベンゼン、塩化メチレン、トルエンなどの溶剤
  • アンモニア(例、Windex)
  • エチル アルコール

ここに挙げた化学薬品を使用すると、製品の表面に修復不可能な損傷が残る可能性があります。このドキュメントに記載されている手順に従えば、損傷のリスクを最小限に抑えることができます。

 

 



記事ID: SLN308919

最終更新日: 2020/03/31 01:45


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。