Integrated Dell Remote Access Controller 9(iDRAC9)のサポート


Integrated Dell Remote Access Controller 9(iDRAC9)のサポート


Dell EMC integrated Dell Remote Access Controller 9

Integrated Dell Remote Access Controller 9

  • エージェント フリーのローカルおよびリモートでの組み込み型サーバー管理
  • RedfishをサポートするRESTFul APIを使用した自動化
  • サーバーの導入、アップデート、モニター、メンテナンス

iDRAC9は、PowerEdgeのサーバー ファミリー全体にわたる包括的な組み込み型管理、組織の成長を可能にする自動化、および安全を確保するセキュリティを提供します。OpenManageポートフォリオのさまざまなツールやテクノロジーにより、ニーズに合わせて管理ソリューションを構築し、iDRACを活用することで、最適なサーバー管理を確実に行うことができます。


Dell EMC iDRAC9

iDRAC9のメリット

拡張性のある自動化:標準ベースのAPIや堅牢なスクリプト作成を活用することにより、数千ものサーバーを効率的に管理し、生産性を向上させることができます。
  • 最新のRedfishリリースのサポート
  • Server Configuration Profile(SCP)の新機能
  • WS-ManおよびRedfishを介したローカル ファイル ストリーミング機能
  • HTTP/Sファイル転送機能
  • XMLに加えてJSON形式で使用可能
  • ファームウェア リポジトリー ベースのアップデート
  • WS-ManmanのRESTful APIマッピング - 現在のPowerEdge WS-Manの属性や演算に対してRedfishのようなアクセスが可能
  • ESXi向けのローカルのRacadm
セキュアな管理:セキュリティが強化されたLinuxと、HTTPS、TLS 1.2、スマート カード認証、LDAP、Active Directoryの統合などの構成オプションにより、作業環境にセキュリティを提供します。システム ロックダウン モードを使用して、不要な構成変更からシステムを保護することもできます。
  • iDRACのデフォルト パスワードはランダム パスワードです(発注可能オプションとしてレガシー パスワードが使用可能)
  • ログイン ページのカスタマイズ可能なセキュリティ警告バナー
  • iDRACおよびBIOS起動時のハードウェア ルートの信頼性
  • HSTSのサポート
  • カスタムの「暗号選択」でセキュリティを強化します
合理的なサポート:組み込み型のSupportAssistツールを使用すると、5,000個以上のシステム パラメーターをモニターしており、継続的に更新される正常性およびステータス レポートを表示することができます。
  • iDRAC Service Module(iSM)は、iDRACにプリインストールされており、エラーのトラブルシューティングに使用するログを収集するのに役立ちます
  • Dellサポートに対するSupportAssist 1x1「電話ホーム」サービス - SMBユーザーに最適
  • SupportAssist Collectorに、iDRACコア ダンプ、ハードウェア クラッシュ ダンプ、ESXiログが追加され、より的確な解決が可能
  • SupportAssist Viewer - 標準Webブラウザーに詳細なログ レポートを表示。

iDRACソリューション、アワード、レビュー、および関連するサービスに関する詳細については、詳細 >を参照してください。


Dell EMC OpenManage Mobile

iDRAC9の機能

機能 メリット
BIOS リカバリ 起動が試行されたときに無効な信頼されていないBIOSイメージを検出し、認証済みの信頼できるBIOSイメージに復元します
接続ビュー サーバーのLOM/NDCとiDRACがGUIまたはコマンド ライン インターフェイスを介して正しいスイッチとポートに接続されているかどうかを迅速に確認します。これにより、ケーブル配線エラーを修復するための技術者のリモート ディスパッチのコストを削減できます
電源を切断してから再度投入 iDRAC Service Moduleを使用することによって、DC電源(AUX電源を含む)をローカルまたはリモート制御を介して一時的に削除し、サーバーのすべての電源ノードをリセットし、トラブルシューティングの時間を節約できます
iDRAC Direct 前面パネルのUSB接続で安全にiDRAC Webインターフェイスにアクセスできるので、クラッシュ カートやデータ センターのホット アイルへの移動は不要になります。同じポートを使用してUSBキーを挿入し、新しいシステム プロファイルをアップロードして安全かつ迅速にシステムを構成できます
iDRAC Group Manager ローカルのiDRACの1対多の組み込み型モニタリング機能とインベントリー機能を提供します。ソフトウェアをインストールする必要はありません。モニタリング コンソールを個別にインストールしたり、管理したりすることを望まないお客様にとって理想的です。この機能を使用するためには、iDRAC Enterpriseのライセンスが必要です
DRAC RESTful API このAPIを使用することで、iDRACはRedfish標準をサポート可能になり、なおかつデルの拡張機能を使用して強化できます。
暗号選択 暗号選択は、ユーザーがiDRACによってネゴシエートされた望ましくない暗号をブロックすることを選択し、セキュリティを強化するための高度なユーザー設定です
『OpenManage Mobile and Quick Sync 2』 携帯デバイスでOpenManage Mobile 2.0(またはそれ以降)アプリを使用すると、重要な正常性データを安全に取得し、BLE/Wi-Fi接続経由でベアメタル サーバー構成タスクを簡単に実行することができます。各種のiOSおよびAndroidデバイスと互換性があります
System Erase 管理者は適切な認証を使用して、ローカル ストレージ(HDD、SSD、NVM)からデータを安全に消去することができます
システムのロックダウン デルのツールを使用する際に、サーバーの構成やファームウェアが変更されないようにすることができます。iDRAC Enterpriseのライセンスが必要です
ゼロ タッチの導入およびプロビジョニング ゼロ タッチ搭載で注文した場合、PowerEdgeサーバーはネットワークに最初に接続されたときに自動的に構成が行われます。このプロセスでは、お客さまの仕様に基づいて各サーバーを確実に設定するために、サーバー構成プロファイルが使用されます
SElinux iDRACコードは、攻撃の発生時にシステムを保護するためのセキュリティであるSELinuxを基盤として構築されています

iDRAC9でライセンスされる機能の完全なリストについては、詳細 >を参照してください


Dell EMC OpenManage Mobile

iDRAC9のライセンス

iDRAC9の機能は、ライセンスのタイプに基づいて利用できます。ライセンスされる機能の完全な一覧については、詳細 >を参照してください
iDRACライセンス/サーバー モデル 100~500シリーズ ラック/タワー 600以降のラック/タワー/モジュラー
Basic:iDRAC Web GUIを使用した基本的なインスツルメンテーション。これは100~500シリーズのラックおよびタワー サーバーに付属するデフォルト ライセンスです スタンダード なし
Express:Basicのすべての機能に、拡張されたリモート管理およびサーバー ライフサイクル機能を加えたライセンス。これは600シリーズ以降のラック、タワー、およびモジュラー型サーバーに付属するデフォルト ライセンスです アップグレード スタンダード
Enterprise:Expressのすべての機能に、高度なエンタープライズ クラスの管理機能を備えたリモート プレゼンス機能を加えたライセンス アップグレード アップグレード
Datacenter:Enterpriseのすべての機能に、サーバーの詳細に関する拡張されたリモート インサイトなどの機能を加えたライセンス。ハイ エンド サーバーのオプションと、きめ細かい電源および温度管理に重点を置いています アップグレード アップグレード

iDRAC9ライセンスは、サーバーの耐用年数の間有効な永久ライセンスで、一度に1台のサーバーのサービス タグにのみバインドすることができます。アップグレードされたiDRAC9ライセンスは、サーバーの購入時に含めることも、別途購入してDell Digital Lockerからダウンロードすることもできます。

評価版ライセンス:
ライセンスのアップグレード:
  • iDRAC9ライセンスのアップグレードは、サーバーの購入時に含めることも、別途購入することもできます。地域のDell EMCセールス担当者にお問い合わせください。
アップグレードのダウンロードまたは失われたライセンスの交換:
  • iDRAC9ライセンスはDell Digital Lockerからダウンロードできます。ライセンス キーはオンラインで保存され、必要に応じてダウンロードすることができます。既存のライセンス キーがDell Digital Lockerで使用できない、またはライセンス キーに問題がある場合は、Dell EMCテクニカル サポートまたはカスタマー ケアにお問い合わせください。

iDRAC9ライセンスの管理

iDRACライセンスは、個々のサーバー単位で管理することも、1対多のライセンスおよび導入ツールであるDell EMC License Managerを使用して管理することもできます。
  • 個々のサーバー
    iDRACを使用して、個々のサーバーのライセンスを管理できます。iDRAC Webインターフェイスの[ライセンス]タブで、ライセンスのインポートやエクスポートを行えます。RACADM CLIのLicenseコマンドを使用して、『RACADM CLI Guide』の説明に従ってライセンスを管理することもできます。
  • サーバーのグループ
    Dell EMC License Managerは、OpenManage Enterprise Advanced、iDRAC、およびCMCライセンスのための、1対多ライセンス展開およびレポートツールです。License Managerを使用すれば、OpenManage Enterprise Advancedライセンス、iDRAC、CMC、ストレージ スレッドのライセンスのダウンロード、バインド、展開、インベントリー、バックアップを行うことができます。このツールでは、ライセンスが可能なシステムのインベントリーを実行して、現在有効になっている管理コントローラーのライセンス ステータスと機能をレポートすることもできます。

Dell EMC OpenManage Mobile

最新のiDRAC9ファームウェアにアップデート

Dell EMCは、入手可能な最新のiDRAC9ファームウェアを使用して、システムを最新の状態に保つことをお勧めします。これにより、最適なパフォーマンスと最新のセキュリティ アップデートおよびバグ フィックスを確実にすることができます。iDRACのアップデートでは、ホストを再起動する必要がないため、適切なときにアップデートを行うことができます。IDRACファームウェア バージョンは、システムによって異なる場合があります。利用可能なiDRAC9バージョンの一覧は詳細 >を参照してください。




iDRACのリソース

コミュニティ

Systems Managementコミュニティーに参加すると以下を利用できます。

  • 質問と回答を掲載する提示版
  • 記事を読んでコメントするブログ
  • 製品を向上させるためのアイデア交換、および他のコミュニティー メンバーが投稿したアイデアへの投票
  • その他

 

ドキュメンテーション

最新のマニュアルについては、iDRAC9のマニュアルを参照してください。

ホワイト ペーパー

帯域内または帯域外:OMSAと比較したiDRACおよびiSMのメリット


2020年5月
15ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このホワイトペーパーでは、帯域外ツールを使用して得られるメリットおよび機能について説明し、Dell EMC PowerEdgeシステム管理を帯域内で使用する場合に得られるメリットおよび機能と比較します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC9:電気通信変換の有効化により、コアから末端までの自動化を加速します。


2020年4月
8ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
この文書では、iDRACと、CSPがその機能を活用して5Gおよびエッジネットワークを構築し、新しいサービスを顧客に導入する方法について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

Direct from Development - iDRAC9 v4.0 Thermal Manage Features & Benefits


2020年2月
4ページのテクニカル ノート
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ノートでは、iDRAC Datacenterライセンスの温度管理機能について説明します。温度管理機能は、主要な温度テレメトリーと関連する制御機能を提供します。これにより、導入やカスタマイズに関する問題の解決を促進することができます。
テクニカル ノートを読む

Dell EMC iDRAC9とiDRAC8の機能の対照比較


2017年10月
10ページの技術概要
詳細情報 >
詳細を隠す >
iDRAC9での変更点と改善点をiDRAC8と比較する技術概要。第14世代PowerEdgeサーバーでiDRAC9によって可能になった新機能についての詳細情報を記載したDell EMCテクニカル ホワイト ペーパーへの参照もあります。
概要を読む >

新しいサーバーの注文時に使用できる機能とオプション


2017年6月
22ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
iDRAC9 with Lifecycle Controllerで使用可能な機能とライセンス オプションについて簡単に説明したテクニカル ホワイト ペーパー。各種ライセンス オプションを使用してさまざまな機能の可用性を比較するマトリックスを提供しています。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC9 with Lifecycle Controller — クラス管理に最適


2017年6月
14ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、Dell EMC第14世代PowerEdgeサーバーでiDRAC9 with Lifecycle Controllerがお客さまに提供する機能強化の一覧を示します。PowerEdgeサーバーによって提供される最先端のテクノロジーが、ITインフラストラクチャー管理の4つの柱に適合する方法について、簡単に説明します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC9インターフェイス全体でのHTTPおよびHTTPSに対する第14世代のサポート


2017年6月
35ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバーにおける、HTTPおよびHTTPSファイル サービスの強化されたサポートについて説明します。これらの機能強化により、サーバー インベントリー、プロビジョニング、モニタリング、アップデートについてiDRAC9 with Lifecycle Controllerの組み込み型管理の自動化が可能になり、高性能で安全なHTTPおよびHTTPSベースのファイル共有を使用して動作することができます。
ホワイト ペーパーを読む

デジタル ライセンスを使用したPowerEdgeサーバー ソフトウェア ライセンスの管理


2017年7月
45ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、デジタル ライセンスを利用するDell Enterpriseソフトウェアの概要について説明しています。いくつかの主要なエンタープライズ製品では、デジタル ライセンスが提供する使いやすさとアップグレードのシンプルさを利用しています。Dell integrated Remote Access Controller 8(iDRAC8)、iDRAC7、OpenManage Essentialsサーバー構成管理、VRTX用Chassis Management Controller(CMC)のEnterpriseバージョンなどの製品。デル ライセンス管理ポータルでは、これらすべてのライセンスを管理します。このテクニカル ホワイト ペーパーでは、例としてiDRACライセンスを使用しています。
ホワイト ペーパーを読む

Dell EMC PowerEdgeサーバーのiDRAC9でのServer Message Block(SMB)の使用


2017年9月
7ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーは、Server Message Block(SMB)プロトコルを使用してiDRAC9のファイル共有サービスを使用しているお客様を対象としています。第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバー以降では、iDRAC9はSMBプロトコルの最小バージョンとしてSMB 2.0を使用します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC9を使用したテレメトリー ストリーミング - 電源および温度のメトリック


2020年8月
16ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
Dell EMC PowerEdgeサーバーにiDRAC9 4.x Datacenterストリーム データをインストールすると、IT管理者はサーバー環境内部の動きを把握しやすくなります。このホワイト ペーパーでは、PowerEdgeサーバーの電源およびサーマル サブシステムのグラフをモニターおよび作成するための、テレメトリー電源および温度レポートの使用方法について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC9を使用したテレメトリー ストリーミング - ストレージ レポート


2020年7月
14ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
Dell EMC PowerEdgeサーバーにiDRAC9 4.x Datacenterストリーム データをインストールすると、IT管理者はサーバー環境内部の動きを把握しやすくなります。このホワイト ペーパーでは、PowerEdgeサーバー上のドライブおよびカードの詳細を取得するためのテレメトリー ストレージ レポートの使用方法について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC9サーバーを使用したテレメトリー ストリーミング - テレメトリー パフォーマンス レポート


2020年6月
9ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
Dell EMC PowerEdgeサーバーにiDRAC9 4.x Datacenterストリーム データをインストールすると、IT管理者はサーバー環境内部の動きを把握しやすくなります。このホワイト ペーパーでは、パフォーマンス レポート、およびそれらを使用してPowerEdgeサーバーの使用率を監視および分析する方法について詳しく説明します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC9を使用したテレメトリー ストリーミング(Rsyslogを使用したメトリック レポート)


2020年4月
11ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
Dell EMC PowerEdgeサーバーにiDRAC9 4.x Datacenterストリーム データをインストールすると、IT管理者はサーバー環境内部の動きを把握しやすくなります。このホワイト ペーパーでは、Rsyslogを使用してテレメトリー レポートをストリーミングするための、iDRAC9の構成プロセスについて説明しています。また、サーバー側でレポートを受信して処理するために必要な構成についても説明しています。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC9テレメトリー ストリーミング:作業を始めるために必要なもの


2020年3月
28ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
Dell EMC PowerEdgeサーバーにiDRAC9 4.0 Datacenterストリーム データをインストールすると、IT管理者はサーバー環境内部の動きを把握しやすくなります。このホワイト ペーパーでは、テレメトリー ストリーミング機能とiDRAC9を設定するための基本手順について説明し、トラブルシューティングのヒントも提供します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC9 Telemetry Streaming: Evaluation of The Performance and Efficiency of Telemetry Streaming


2020年2月
6ページのテクニカル ノート
詳細情報 >
詳細を隠す >
Tolly Groupによって開発されたホワイト ペーパーの報告によると、iDRAC9 v4.0 Datacenterライセンスの最新バージョンでは、より多くのRAWデータと高価値なデータ レポートを提供し、新しいデータ ストリーミング テクノロジーと組み合わせて、大幅に向上したネットワーク効率を生み出します。
テクニカル ノートを読む

Direct from Development - Transform Datacenter Analytics with iDRAC9 Telemetry Streaming


2020年2月
5ページのテクニカル ノート
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ノートでは、iDRAC Datacenterライセンスのテレメトリー ストリーミング機能について説明します。テレメトリー機能は、業界をリードするエージェント フリー アーキテクチャを使用して、180台以上の固有サーバーと周辺機器類のメトリックを高いパフォーマンスでストリーミングします。包括的なテレメトリー データを分析ツールに送信することで、エラー イベントの予測、サーバー運用の最適化、サイバー レジリエンスの強化を行うことができます。
テクニカル ノートを読む

開発からの直接連絡 - PowerEdgeのマルチベクトル冷却機能


2017年7月
3ページのテクニカル ノート
詳細情報 >
詳細を隠す >
Dell EMCは、サーバーの熱制御に関して多面的な方式を採用しています。この方式では、冷却するだけでなく、電力消費、エアフロー消費、および静音の問題にも対応しています。
テクニカル ノートを読む

iDRACポートとサーバー ネットワーク ポート間のネットワーク スイッチ接続の表示


2017年6月
23ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、データ センターでのケーブル接続エラーを減らす方法を説明し、iDRACユーザー インターフェイスを使用してお客様がエラーを見つけられるように支援します。iDRACとサーバーのネットワーク ポート、および隣接するスイッチ群との物理的な接続を視覚化する方法について説明します。これは、第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバーのiDRAC9の接続ビュー機能を使用することによって実現されます。
ホワイト ペーパーを読む

Dell EMCネットワーク アダプターのiDRACとの関係について


2017年7月
8ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
サーバー ネットワーキング カードの数は急速に増加し続けており、iDRAC with Lifecycle Controllerでのこれらのカードのサポートも同様に増え続けています。ただし、いくつかの制限事項があります。このテクニカル ホワイト ペーパーを読むと、それぞれの違いが理解できるため、要件に合わせて最適な選択を行うために役立ちます。このテクニカル ホワイト ペーパーでは、iDRAC9 with Lifecycle Controllerを搭載した第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバーでサポートされているネットワーク カードの一覧を示します。
ホワイト ペーパーを読む

サーバー設定プロファイルを使用したオペレーティング システムのDell EMC PowerEdgeサーバーへの導入

2020年4月
27ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このホワイト ペーパーでは、サーバー設定プロファイルを使用してオペレーティング システムを自動的にインストールするためのベスト プラクティスを紹介します。このやり方は複数のサーバーに導入できます。サーバーを起動して実行するまでの所要時間が大幅に短縮されます。
ホワイト ペーパーを読む

RACADM Error Codes for iDRAC RACADM command-line utility


2020年2月
19ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
RACADMエラー コードまたはリターン コードは、コマンド実行のステータスを表す整数値です。このガイドでは、返されたエラー コードに基づいてエラーのタイプを識別します。
レポートを読む

Dell EMC iDRAC9 provisioning SSL automation infographic

iDRAC9ファームウェア4.0
2020年2月
1ページのインフォグラフィック
詳細情報 >
詳細を隠す >
Dell EMC PowerEdgeサーバー向けiDRAC9 v4.0の2つの新機能について説明します。OSの導入、iDRAC SSL証明書の登録と更新を自動化することで、手動での管理時間を何時間または何日も短縮することができます。
レポートを読む

Reduce hands-on deployment time to near zero with iDRAC9

iDRAC9ファームウェア4.0
2020年2月
5ページのレポート
詳細情報 >
詳細を隠す >
Principled Technologiesによって開発されたホワイト ペーパーの報告によると、iDRAC EnterpriseおよびDatacenterライセンスの最新バージョンでは、管理者の時間と労力を削減することにより、PowerEdgeサーバーの導入と更新を簡単に行うことができます。最初のサーバーが配置された後に新しいサーバーを導入するためにかかっていた管理者による介入時間と手順が大幅に削減されました。30分の手動管理時間と40の手順が、16秒と4つの手順まで削減されました。
レポートを読む

The science behind Reduce hands-on deployment time to near zero with iDRAC9

iDRAC9ファームウェア4.0
2020年2月
10ページのレポート詳細
詳細情報 >
詳細を隠す >
Principled Technologiesによって開発されたホワイト ペーパーでは、iDRAC9 v4.0のゼロタッチ プロビジョニングに関する機能検証テストに使用される技術について説明します。
レポートを読む

iDRAC9 3.30.30.30 RESTful APIの新機能の概要


2019年3月
87ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、iDRAC9ファームウェア バージョン3.30.30.30以降で提供されたiDRAC RESTful APIの機能強化の概要を説明します。これには、スクリプトの例を含む新しいAPIが示されています。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC RESTful APIを使用したRESTful NICおよびHBAの管理


2018年6月
20ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)RESTful APIによって実現された、第12、13、14世代Dell EMC PowerEdgeサーバー向けのネットワーク インターフェイス カード(NIC)およびファイバー チャネル ホスト バス アダプター(FC-HBA)管理のためのRedfish APIの概要とスクリプト例を示します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC RESTful APIを使用したRESTfulストレージ管理


2018年6月
24ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
Dell EMCは、サーバーの熱制御に関して多面的な方式を採用しています。この方式では、冷却するだけでなく、電力消費、エアフロー消費、および静音の問題にも対応しています。
ホワイト ペーパーを読む

AutoConfig - DHCPを使用したPowerEdgeサーバーの迅速な構成の有効化


2018年6月
58ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、iDRAC with Lifecycle Controllerで使用可能な自動構成機能の概要について説明します。グラフィカル ユーザー インターフェイス(GUI)、RACADM、Redfish、WS-Manの各コマンドを使用して自動構成機能を設定する例について説明しています。暫定的な問題と解決策のリストも提供されています。
ホワイト ペーパーを読む

Dell EMC PowerEdgeサーバーでのDMTF Redfish APIの実装


2018年6月
43ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、Redfishのスケーラブル プラットフォーム管理API標準の概要を説明し、第12、13、14世代PowerEdgeサーバーへのデルによるRedfishの実装について説明します。この実装には、integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC) with Lifecycle Controllerを使用します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC REST APIを使用したPowerShellでのサーバー管理


2017年8月
22ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、Microsoft PowerShellを使用して、integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC) with Lifecycle ControllerでのREST API with Redfishの操作をスクリプト化する方法の概要を説明します。このテクニカル ホワイト ペーパーでは、iDRAC RESTおよびRedfish用のMicrosoft PowerShellスクリプト作成を開始するためのヒントを提供し、主な使用事例について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

PowerEdgeサーバーでサーバー構成プロファイルを使用したサーバーのクローン作成


2017年10月
35ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
PowerEdgeサーバーでのiDRAC9 with Lifecycle Controllerの概要。Server Configuration Profileと呼ばれる、人間が読み取り可能な単一の出力で構成全体を収集する機能を提供します。このプロファイルを複数のサーバーに適用することにより、高速で信頼性が高く、再現可能な構成が可能になります。管理者は、プロファイルのクローンを作成または複製し、必要に応じてそのプロファイルを変更してから、ターゲット サーバー上で導入環境をプレビューすることができます。これらの手順を実行することにより、時間を節約し、構成エラーを最小限に抑えることができます。これにより、手動での介入が不要になり、構成時間が短縮されます。
ホワイト ペーパーを読む

RESTful Server Configuration Profiles with iDRAC RESTful API


2018年10月
53ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このドキュメントでは、iDRAC RESTful API、Redfishのスケーラブル プラットフォーム管理API標準の概要について説明します。また、iDRAC SCP RESTful APIを使用してPowerEdgeサーバーのRESTful構成を管理する方法について詳しく説明します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC9からライフサイクル ログを取得するためのWS-Manの最適化


2017年6月
13ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーは、WS-Man APIのお客様で、Lifecycle Controllerログを効率的に取得したいと考えている方を対象にしています。第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバー以降では、iDRAC9に、WS-Manのフィルター言語を使用してLifecycle Controllerログを効率的かつ部分的に取得するメカニズムが導入されています。
ホワイト ペーパーを読む

第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバーでのWS-Manファイル転送


2017年6月
53ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、iDRAC WS-Man APIの機能強化について説明します。これにより、WS-Manクライアントに対してローカルのファイルとの間の情報の「ストリーミング」を可能にし、さまざまなiDRAC操作のためのネットワーク ファイル共有の必要性を排除します。
ホワイト ペーパーを読む

第14世代PowerEdgeサーバーでのサーバー起動オプションの設定


2018年6月
16ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、PowerEdge BIOSで使用可能なオプションについて説明します。これらは、ハード ドライブ、ソリッド ステート ドライブ(SSD)、PXEサーバー、HTTPネットワーク共有などの起動ソースを、レガシーBIOSとUEFIモードの両方で管理および制御するためのものです。
ホワイト ペーパーを読む

第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバーでのBIOSのセットアップ


2018年4月
37ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このDell EMCテクニカル ホワイト ペーパーでは、お使いの第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバーの管理とカスタマイズに使用できるBIOS属性について説明しています。また、これらの属性の設定に使用するフィールドを定義して、必要に応じて各フィールドの値を定義するためのベスト プラクティスも示します。
ホワイト ペーパーを読む

PowerEdgeサーバーを使用したセキュア ブートのためのUEFIイメージへの署名


2017年6月
15ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、Microsoft Windowsのホスト型ツールを使用して、開発とテストのためにUEFIイメージに行う署名に関する概要を説明します。
ホワイト ペーパーを読む

第14世代PowerEdgeサーバーでのセキュア ブート管理


2018年6月
55ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、ビジネスクリティカルな運用が安全で中断されないことを確実にするために、セキュア ブートとその証明書を効果的に管理するための段階的なプロセスについて説明します。
ホワイト ペーパーを読む

PowerEdgeサーバーでのセキュア ブート ポリシーの定義


2014年9月
16ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
この導入および設定ガイドでは、システム セットアップ ユーティリティーを使用して、プリブート環境を保護するBIOS機能であるセキュア ブートを設定する方法について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

PowerEdgeサーバーのBIOSを取得およびアップデートするためのベスト プラクティス


2018年2月
4ページのテクニカル ノート
詳細情報 >
詳細を隠す >
このドキュメントは、BIOSアップデートを取得して適用するためにDell EMCで推奨されるベスト プラクティスの簡単なガイドとして利用できます。
テクニカル ノートを読む

PowerEdgeサーバーでのLifecycle Controllerを使用した依存関係のアップデート


2017年6月
10ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、必要なアップデート パッケージの依存関係を検出して報告する方法について説明し、お客様がこれらの依存関係を理解して適切な順序で適用できるようにします。
ホワイト ペーパーを読む

Repository Managerのベスト プラクティス ガイドを含むPowerEdgeアップデート


2014年10月
13ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
Dell Repository Manager(DRM)は、BIOS、ファームウェア、ドライバー レベルのベースライン設定の作成とメンテナンスを支援するように設計されています。
ホワイト ペーパーを読む

PERC 9およびPERC 10を使用した仮想ドライブのオンライン容量拡張とRAIDレベルの移行


2017年9月
19ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、Dell EMC PowerEdgeサーバーでRAID OCEとRLMを使用して容量を増やし、システムを再起動することなく既存の仮想ディスクのRAIDレベルを変更する利点について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

第13世代Dell PowerEdgeサーバーでのPERC9を使用したリアル タイム ストレージ構成


2015年1月
37ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このデル テクニカル ホワイト ペーパーでは、サポートされているiDRACインターフェイスを使用したPERC9のリアル タイム ストレージ構成についての情報を提供します。
ホワイト ペーパーを読む

PowerEdgeサーバーでのExpress Flash NVMe PCIe SSDのモニタリング、インベントリー、および構成


2014年8月
27ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このデル テクニカル ホワイト ペーパーでは、WS-Man、RACADM、およびGUIなどの各種インターフェイスを使用した、Express Flash NVMe PCIe SSDデバイスのモニタリングとインベントリーについて詳しく説明します。
ホワイト ペーパーを読む

Dell EMC PowerEdgeサーバーでのOpenManage Secure Enterprise Key Manager(SEKM)の有効化


2020年6月
57ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
OpenManage SEKMを使用すると、外部キー管理サーバー(KMS)を使用してキーを管理し、iDRACはそれを使用してDell EMC PowerEdgeサーバー上のストレージ デバイスをロックおよびアンロックできるようになります。iDRACは、各ストレージ コントローラーのキーを作成するようにKMSにリクエストして、取得後、すべてのホスト起動時にそのキーをストレージ コントローラーに提供します。ストレージ コントローラーはそれでSEDをアンロックできるようになります。
ホワイト ペーパーを読む

ルート オブ トラストとBIOS Liveスキャンを介したiDRAC9によるセキュリティの向上


2020年6月
13ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
iDRAC9 4.10.10.10では、ルート オブ トラスト メカニズムが改善され、機密データが存在するサーバー領域へのマルウェア侵入のリスクが軽減されます。新しいAMDプラットフォームでは、詳細なBIOS Liveスキャン チェックを行い、不正な変更が行われないようにします。
ホワイト ペーパーを読む

ストレージ デバイス、キャッシュ、およびログを簡単に消去するiDRAC9のSystem Erase


2020年4月
1ページのテクニカル ノート
詳細情報 >
詳細を隠す >
サーバーの再利用または廃棄を行う場合は、System Erase機能を使用して、サーバー データを簡単に保護します。
テクニカル ノートを読む

Direct from Development - iDRAC9 Automatic Certificate Enrollment


2020年2月
2ページのテクニカル ノート
詳細情報 >
詳細を隠す >
テクニカル ノートでは、iDRAC Datacenterライセンスの自動証明書登録機能について説明します。自動証明書登録機能は、ベアメタルと以前にインストールされたシステムの両方で、iDRAC SSL/TLS証明書を最新の状態に保つ新しいセキュリティ機能です。
テクニカル ノートを読む

iDRAC SSL certificate renewals feature in iDRAC9 v4.0

iDRAC9ファームウェア4.0
2020年2月
5ページのインフォグラフィック
詳細情報 >
詳細を隠す >
Principled Technologiesによって開発されたホワイト ペーパーの報告によると、iDRAC9 v4.0 DatacenterライセンスでSSL証明書の登録および更新を自動化すると、管理者は手動での管理時間と労力を大幅に削減できます。このiDRAC Datacenterライセンス機能の質的メリットは、SSL証明書を自動でより頻繁に更新できることです。これにより、更新の追跡および計画にかかる時間と労力を削減し、サーバー脆弱性のリスクを軽減することができます。
レポートを読む

The science behind iDRAC SSL certificate renewals feature in iDRAC9 v4.0

iDRAC9ファームウェア4.0
2020年2月
8ページのインフォグラフィック
詳細情報 >
詳細を隠す >
Principled Technologiesによって開発されたホワイト ペーパーでは、iDRAC9 v4.0のSSL証明書自動化に関する機能検証テストに使用される技術について説明します。
レポートを読む

iDRAC9の暗号選択 – Dell EMC PowerEdgeサーバーのセキュリティの向上


2019年5月
10ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
暗号選択は、ユーザーがiDRACによってネゴシエートされた望ましくない暗号をブロックすることを選択し、セキュリティを強化するための高度なユーザー設定です。
ホワイト ペーパーを読む

SELinuxの使用によるiDRAC9のサーバー セキュリティ機能の向上


2018年9月
8ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
Dell EMC第14世代PowerEdgeサーバーは、SELinuxを使用してiDRAC9のリスク軽減を促進させることができます。このドキュメントでは、iDRAC9の新しいセキュリティ機能について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

SMB2プロトコル経由でのLifecycle Controllerの使用によるIDRAC9のセキュリティの向上


2018年10月
12ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、Lifecycle Controllerを使用したiDRACでのSMB2プロトコル サポートについて詳しく説明します。
ホワイト ペーパーを読む

CVE-2018-1249、1244、1212、1243に対するDell EMC iDRACの対応


2018年9月
2ページのセキュリティ アドバイザリー
詳細情報 >
詳細を隠す >
次に示すのは、Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)での複数のCVEに対するDell EMCの対応です。以下にリストされているiDRACのファームウェア バージョンには、影響を受けるシステムを侵害する目的で、悪意のあるユーザーによって悪用される可能性のあるセキュリティ脆弱性を解決する修正プログラムが含まれています。
セキュリティ アドバイザリーを読む

第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバーのサイバー レジリエント セキュリティ


2018年1月
28ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
第14世代PowerEdgeサーバーはこの信頼チェーンを提供し、包括的な管理ツールと組み合わせて、ハードウェアとファームウェアに堅牢なセキュリティ レイヤーを提供します。その結果として得られるものは、組み込み型サーバー ファームウェア、システムに保管されるデータ、オペレーティング システム、周辺機器、内部での管理操作など、サーバーのあらゆる側面にわたるサイバー レジリエント アーキテクチャーです。
ホワイト ペーパーを読む

脆弱性CVE-2017-1000251「BlueBorne」に対するDell EMC iDRACの対応


2017年9月
1ページのセキュリティ アドバイザリー
詳細情報 >
詳細を隠す >
以下は、BlueBorneの脆弱性に関連する最近のCVEに対するDell EMCの対応です。
セキュリティ アドバイザリーを読む

サイバー攻撃からの保護、検出、およびリカバリーを行うための、サーバー設計のセキュリティ


2017年7月
4ページのテクニカル ノート
詳細情報 >
詳細を隠す >
サーバー セキュリティは、ITインフラストラクチャーを保護するうえで重要です。多くのお客様が、サイバーセキュリティの懸案事項としてOSおよびアプリケーションの保護に重点を置いていますが、ハードウェアおよびファームウェアなどの基盤となるサーバー インフラストラクチャーにはあまり注意が払われていません。
テクニカル ノートを読む

System Eraseを使用した第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバーの保護


2017年6月
23ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、サーバーの再利用時や廃棄時にサーバー データを保護するプロセスを簡素化するSystem Erase機能の概要について説明します。このテクニカル ホワイト ペーパーでは、System Eraseプロセスを完了するための詳細な手順を説明します。
ホワイト ペーパーを読む

PowerEdgeサーバー用iDRAC9の工場出荷時に生成されたデフォルト パスワード


2017年9月
26ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、Dell EMCの第14世代(14G)PowerEdgeサーバー用のiDRAC9について、工場出荷時に生成されるデフォルト パスワード機能を導入する要因について説明します。また、プロビジョニング、構成、およびメンテナンスのベスト プラクティスに関して、同機能を導入する方法について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

安全な通信のためのiDRACでのWebサーバー証明書の管理


2014年11月
18ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このデル テクニカル ホワイト ペーパーでは、iDRACでWebサーバー証明書を構成して、安全なリモート接続を確立する方法について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRACとMicrosoftのActive Directoryの統合


2014年8月
28ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このデル テクニカル ホワイト ペーパーでは、MicrosoftのActive Directory認証、単一サインオン、およびスマート カード ログオンを使用してiDRACを統合し、テストする方法について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

Dell EMC PowerEdgeサーバー システム管理によって提供される障害前アラート


2020年6月
20ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
OpenManageツールが障害前アラートを使用してサーバーのアップタイムを改善させるのに役立つさまざまな方法について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

OpenManage MobileおよびQuick Syncのセキュリティについて


2017年6月
11ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、モバイル管理のセキュリティ機能を理解し、Dell EMC PowerEdgeサーバーのセキュリティを最大限に高めるために環境を最適化することができます。
ホワイト ペーパーを読む

OpenManage MobileおよびQuick Syncのセキュリティについて


2019年10月
11ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイトペーパーでは、拡張ワイヤレス設定、モニタリング、およびトラブルシューティングについて説明しています。
ホワイト ペーパーを読む

PowerEdgeサーバーでiDRAC9を使用したロールアップ正常性ステータスの管理


2017年6月
22ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、個々のコンポーネントの正常性ステータスを検討することにより、サーバーのステータスを示すロールアップ正常性ステータス機能の概要を説明します。ロールアップ正常性ステータスを管理するためのグラフィカル ユーザー インターフェイス(GUI)およびWS-Manメソッドについて説明します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRACグループ マネージャーを使用したサーバー グループのモニタリングおよび設定


2017年6月
45ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このDell EMCテクニカル ホワイト ペーパーでは、iDRACサーバー グループ マネージャー機能について紹介し、Dell PowerEdgeサーバーのグループを効率的にセットアップおよび管理するための手順について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

第14世代PowerEdgeサーバーでのiDRAC9イベント アラートの管理


2017年6月
23ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、Dell EMC PowerEdgeサーバーでのiDRAC9のライフサイクル ログとアラート機能について説明します。
ホワイト ペーパーを読む

PowerEdgeサーバーおよびMX7000でVNCを使用したリモート デスクトップへのアクセス


2019年2月
36ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイトペーパーでは、標準VNCクライアントを使用して、サーバー ホスト オペレーティング システムへの安全なリモート デスクトップ接続を確立する方法について説明しています。
ホワイト ペーパーを読む

Dell EMCの第14世代PowerEdgeサーバーでのSupportAssistコレクション


2017年6月
39ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このホワイト ペーパーでは、第14世代のPowerEdgeサーバーで、SupportAssistコレクションを生成およびアクセスするために使用できる各種のオプションについて説明します。これらのオプションは、iDRACおよびLifecycle Controllerのすべてのインターフェイスで使用できます。また、iDRACおよびLifecycle Controllerで使用可能なオプションを使用するために必要なリソースと情報を提供します。
ホワイト ペーパーを読む

Dell EMCの第14世代PowerEdgeサーバーでのSupportAssist


2017年6月
32ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このホワイト ペーパーでは、第14世代PowerEdgeサーバーで使用可能なSupportAssistの概要を説明します。また、イベントのモニタリングのためのSupportAssistの登録と、サーバーからのコレクションの自動生成に必要なリソースと情報を提供します。
ホワイト ペーパーを読む

PowerEdgeサーバーでiDRAC9を使用したiDRAC Service Moduleのインストール


2017年6月
16ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このテクニカル ホワイト ペーパーでは、さまざまなiDRAC9インターフェイスを使用してホストにiDRAC Service Module(iSM)をインストールするための、Dell EMC第14世代PowerEdgeサーバーのさまざまなオプションについて説明します。また、iDRACで使用可能なオプションに基づいてシステムを構築するために必要なリソースや情報も提供します。
ホワイト ペーパーを読む

「iDRAC Service Module 2.1 or later on Ubuntu & Debian Linux Operating Systems」


2015年9月
19ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このホワイト ペーパーでは、UbuntuおよびDebian Linuxオペレーティング システムでのiDRAC Service Moduleバージョン2.1以降の使用方法とトラブルシューティングに関する情報を提供します。
ホワイト ペーパーを読む

「iDRAC Service Module - Windows Management Instrumentation」


2017年6月
32ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このホワイト ペーパーでは、第14世代PowerEdgeサーバーで使用可能なSupportAssistの概要を説明します。また、イベントのモニタリングのためのSupportAssistの登録と、サーバーからのコレクションの自動生成に必要なリソースと情報を提供します。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC Service Module(バージョン2.3.0以降)を使用したiDRAC CPUハード リセット


2016年7月
8ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このホワイト ペーパーでは、iDRAC Service Moduleバージョン2.3以降のiDRAC CPUハード リセット機能の使用方法とトラブルシューティングについて説明しています。
ホワイト ペーパーを読む

「iDRAC Service Module - iDRAC Access via Host Operating System」


2016年7月
18ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このホワイト ペーパーでは、iDRAC Service Moduleバージョン2.3以降のホスト オペレーティング システム機能を使用したiDRACアクセスの使用方法とトラブルシューティングについて説明しています。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC Service Moduleを使用したインバンドiDRAC SNMPアラート


2016年7月
13ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このホワイトペーパーでは、iDRAC Service Moduleバージョン2.3以降でのインバンドiDRAC SNMPアラートの使用方法とトラブルシューティングについて説明しています。
ホワイト ペーパーを読む

iDRAC Service Moduleを使用したインバンドiDRAC SNMPアラート


2017年1月
14ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このホワイト ペーパーでは、iDRAC Service Moduleバージョン2.3以降でのインバンドiDRAC SNMPアラートの使用方法、設定、およびトラブルシューティングについて説明しています。
ホワイト ペーパーを読む

「iDRAC Service Module - iDRAC Access via Host Operating System」


2017年1月
17ページのホワイト ペーパー
詳細情報 >
詳細を隠す >
このホワイト ペーパーでは、iDRAC Service Moduleバージョン2.3以降のホスト オペレーティング システム機能を使用したiDRACアクセスの使用方法とトラブルシューティングについて説明しています。
ホワイト ペーパーを読む
iDRACを使用したIPv6ベスト プラクティス
IO Idおよびサーバー ステータス情報
ネットワークおよびファイバー チャネル アダプターでのI/O IDの最適化およびデータ保全ポリシーの適用
iDRACを使用したサーバーOSネットワーキング情報の取得
Dell PowerEdgeサーバーでの起動前ネットワーキングについて
自動検出ネットワーク設定仕様
Dell iDRACを介したRACADMでのBIOSおよびNICの設定
NIC、iSCSI、およびFCoEをサポートする集約型ネットワークアダプタ
OSからBMCへのパススルー処理
Intelカード上でのFCoEブート構成のセットアップ
Broadcomカードを使用したFCoE起動
ネットワークIO ID
自動検出の再初期化
リモートNIC構成管理
IPMIを使用したDell Systems Managementの概要
物理コンピューター システム ビュー プロファイル実装について
Lifecycle Controllerワークフローの最適化
Lifecycle Controller(WS-Manを使用)のベスト プラクティス仕様(2017年1月)
Lifecycle Controller 2 Windows向けWebサービス インターフェイス ガイド(WS-Manスクリプト作成ガイド)(2017年1月)
Lifecycle Controller 2 Linux向けWebサービス インターフェイス ガイド(WS-Manスクリプト作成ガイド)(2017年1月)
WS-Man APIを使用したアプリケーションの作成
PowerEdge Server構成設定とファームウェア イメージの保存およびリストアー方法
WS-Man APIを使用したフィルター言語の使用
自動サーバー バックアップ プロファイル
サーバー構成プロファイルの作成および管理
ハードウェアインベントリ表示スクリプト
インベントリレポートの作成方法
iDRACクローニング
サーバプロファイルのインポートとエクスポート
サーバー構成プロファイル - XMLファイル構造(ファイル)
PowerEdgeサーバーでの低レイテンシー環境の構成
ブータブルUSBデバイスとLifecycle Controllerを使用する合理化されたOS導入
Lifecycle Controllerを使用するLifecycle ControllerでのRed Hat Enterprise Linux 7オペレーティング システムの無人インストール
iDRACon of Windows 2012(12Gおよび13G)を使用するDell PowerEdgeサーバーの無人インストール
PowerEdgeサーバーでのオペレーティング システム導入
iSCSIまたはFCOE LUNを使用したオペレーティング システム導入
Repository Managerを使用したiDRACリポジトリーの作成とアップデート
Dell Repository Managerを使用したLifecycle Controller with
デル サーバーでの推奨されるファームウェア アップデートの方法
PowerEdgeサーバでファームウェアのアップデートを実行する際の推奨ワークフロー
リモートファームウェアアップデート
ブータブルISOを作成してアップデートを実行するDell Repository Manager
vFlashの概要
vFlashパーティション管理
ハードウェア インベントリーおよびモニタリングのためのWeb Services Eventingのサポート
強化された帯域外パフォーマンス監視
ストレージおよびネットワーク デバイスのエージェント フリーのインベントリーおよびモニタリング
iDRAC Remote Services APIの検出機能
マザーボードの交換
Lifecycle Controllerのパーツ交換
CVEs 2018-1207、2018-1211、および1000116に対するDell EMCの対応[1月に更新](2018年1月)
CVE-2016-2183に関するデルのアップデート - 64ビット ブロック暗号でのバースデイ攻撃(別名Sweet32 attack)(2016年5月)
トランスポート レイヤー セキュリティ(TLS)プロトコルに関するDell iDRACベスト プラクティス(2016年9月)
2016 Leap Secondの問題に対するデルの対応(2016年11月)
Dell PowerEdge 13Gサーバー セキュリティ ホワイト ペーパー(2016年11月)
CVE-2016-5685に対するデルの対応(2016年11月)
CVE-2016-2108(OpenSSL)に対するデルの対応(2016年5月18日)
CVE-2015-7547に対するDell OpenManage Response、glibc概要(2016年3月)
CVE-2016-0800、CVE-2016-0703、およびCVE-2016-0704に対するDell OpenManage Response(2016年3月)
最近のCVE勧告に対するDell iDRACの対応(2015年12月)

ビデオ

Dell EMC iDRAC9 v4.0 GUI Enhancements

iDRAC9に関するビデオ

検索、ジョブ ステータス ダッシュボード、システム ロックダウン、仮想クリップボードの使用を含む、iDRAC9 v4.0の拡張機能とメリットについて説明します。

2020年2月

Data Telemetry Streaming with iDRAC9

iDRAC9に関するビデオ

この4分30秒のビデオでは、お客様が分析を使用してITインフラストラクチャをプロアクティブに管理および最適化する方法について説明します。

2020年2月

Automatic Certificate Enrollment with iDRAC9

iDRAC9に関するビデオ

この2分間の短いビデオでは、iDRAC9の自動証明書登録機能の概要について説明します。

2020年2月

Thermal Management Features with iDRAC9 Datacenter License

iDRAC9に関するビデオ

この2分間の短いTech Talkでは、iDRAC9 Datacenterライセンスで利用可能な温度管理機能について説明します。

2020年2月

Evaluation of the performance and efficiency of iDRAC9 Telemetry Streaming

iDRAC9に関するビデオ

iDRAC9テレメトリー ストリーミング機能の概要、ユース ケース、および機能について説明します。

2020年2月

PowerEdge server lifecycle management with iDRAC9

iDRAC9に関するビデオ

iDRAC9でPowerEdgeサーバーをシンプルかつ自動的に管理する方法に関するTech Talkです。

2019年2月

初期セットアップおよびアップデート用のiDRAC9ビデオ

iDRAC9に関するビデオ

7つのビデオのiDRAC9プレイリスト:
iDRAC9のセットアップ
SupportAssistのセットアップ
デフォルトのパスワードを使用したログイン

2019年9月

サーバーのネットワーク接続をリモートで表示するためのiDRAC9接続ビュー

iDRAC9に関するビデオ

iDRAC9接続ビューを使用して、PowerEdgeサーバーのネットワーク ドーター カード ポートとiDRACがスイッチ/ポートに接続されていることを確認します

2017年7月

RACADMを使用したセキュア ブートの設定と証明書の管理

iDRAC9に関するビデオ

RACADMを使用したセキュア ブート証明書のエクスポート、インポート、削除、復元などの証明書管理タスク

2017年7月

『Introducing OpenManage Mobile and Quick Sync 2』

OpenManage Mobile

Quick Sync 2を使用したOpenManage MobileおよびPowerEdgeサーバーのデモ

2017年7月

WS-Manを使用したセキュア ブートの設定と証明書の管理

iDRAC9に関するビデオ

WS-Manを使用したセキュア ブート証明書のエクスポート、インポート、削除、復元などの証明書管理タスク

2017年7月


記事ID: SLN311300

最終更新日: 2020/09/11 06:54

この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
0/3000 characters
1~5個の星の数で評価してください。
1~5個の星の数で評価してください。
1~5個の星の数で評価してください。
この記事は役に立ちましたか?
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
文字入力できます。