デル製ノートパソコンのLCDパネルのディスプレイまたはビデオの問題のトラブルシューティング

デル製ノートパソコンのLCDパネルのディスプレイまたはビデオの問題のトラブルシューティング




お使いのデルノートパソコンのLCDディスプレイまたはビデオで、通常LCDパネル、ビデオカード、またはビデオ設定が原因で問題が発生することがあります。次のトラブルシューティング手順により、一般的な問題が解決できる場合があります。LCDディスプレイまたはビデオの問題とされる症状には、空白または黒い画面、色あせ、不鮮明、ぼやけ、ゆがみ、伸長、幾何学的ひずみ、光漏れまたは光のにじみ、ちらつき、横線または縦線、明るいパッチまたは暗いパッチ、黒点または輝点、タッチ関連の問題があります。詳細については、以下の各トラブルシューティング手順を展開して参照してください。

デルのデスクトップPCのLCDディスプレイまたはビデオの問題のトラブルシューティングの方法については、デルのナレッジベース文書「デルモニタのディスプレイまたはビデオの問題のトラブルシューティング」を参照してください。

 

トラブルシューティング

ノートパソコンのLCD画面、ビデオカード(GPU)、またはPCのビデオ設定に固有の問題なのかどうかを確認する必要があります。簡単な確認方法は、ノートパソコンを外付けモニタまたはテレビに接続してみることです。

デルノートパソコンを外付けモニタまたはテレビに接続する方法の詳細については、デルのナレッジベース文書「モニタをコンピュータに接続する方法」を参照してください。

外付けモニタでも問題が発生する場合、ビデオカード(GPU)またはビデオ設定の問題であり、ノートパソコンのLCDパネルの問題ではないと考えられます。この場合は、ステップ「ディスプレイまたはビデオの問題をWindowsセーフモードで確認」を参照してください。それ以外の場合は、次のステップに進みます。

LCD画面に何らかの破損がある場合、パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。LCD画面に破損があると、LCD画面の動作停止、途切れ途切れの表示、ちらつき、横線または縦線の表示などの症状がみられます。

物理的破損に気が付いたら、デル・テクニカル・サポートに連絡し、お使いの地域で利用できる修理オプションを調べてください。破損がない場合は、次のステップに進みます。

デルノートパソコンには診断ツールが搭載されており、現在の画面の異常が、デルノートパソコンのLCD画面に固有なのか、またはビデオカード(GPU)およびPC設定に固有なのかを判断する場合に有効です。

ちらつき、ゆがみ、鮮明さの問題、不鮮明またはぼやけた画面、横線または縦線、色あせなどのような画面の異常に気が付いたら、内蔵セルフテスト(BIST)を実行してLCD画面を分離します。

方法1

  1. デルノートパソコンの電源を切ります。
  2. PCに接続されている周辺機器類をすべて取り外し、PCアダプタ(充電器)をPCに接続します。
  3. LCDの画面が汚れていないか(画面の表面にほこりが付いていないか)確認します。
  4. Dキーを押したままPCに電源を入れると、LCD内蔵セルフテスト(BIST)モードに入ります。
    画面全体の色が変わるまで、Dを押し続けます。
  5. 画面の色が、黒、白、赤、緑、青に変わります。
  6. 画面に異常がないか慎重に点検します。
  7. Escキーを押して終了します。

方法2

  1. デルノートパソコンの電源を切ります。
  2. PCに接続されている周辺機器類をすべて取り外し、PCアダプタ(充電器)をPCに接続します。
  3. LCDの画面が汚れていないか(画面の表面にほこりが付いていないか)確認します。
  4. Fnキーを押したままPCに電源を入れると、ePSAまたはPSA診断モードに入ります。
    ePSAまたはPSA診断画面が表示されるまで、Fnキーを押し続けます。
  5. ePSAまたはPSAがPC上で一連のテストを実行します。
  6. 次のメッセージが表示された場合は、Nキーを押してLCD内蔵セルフ・テスト・モードに入ってください: 「Do you see the color bars? Yes/No.(カラーバーが表示されていますか? はい/いいえ)。」
    メモ: 30秒間応答しないと、「No(いいえ)」であると診断プログラムが自動的に判断して、ノートパソコンのLCD内蔵セルフテストが開始されます。
  7. 画面上にカラーバーが複数表示され、画面全体の色が、黒、白、赤、緑、青に変わります。
  8. 画面に異常がないか慎重に点検します。
  9. 残りのテストが完了すると、PCは再起動します。

内蔵セルフ・テスト・モードで画面の異常が検出されない場合、ノートパソコンのLCDは正常に機能しています。次のステップ「ビデオカード(GPU)ドライバ、モニタドライバ、BIOSのアップデート」に進みます。

内蔵セルフ・テスト・モードで異常に気づいた場合、保証期間中であれば、デル・テクニカル・サポートに連絡してノードパソコンのLCDを修理または交換できます。

ノートパソコン画面のテスト」 - (1:44)英語のみ

ノートパソコン画面の修理(デル・テクニカル・サポート公式 YouTube」 - (1:44)英語のみ

Windowsのセーフモードを使用すれば、問題がオペレーティングシステム、ビデオ設定、デバイスドライバ、またはサード・パーティ・ソフトウェアに関連しているかどうかを特定できます。デルPCをセーフモードで起動する方法の詳細については、お使いのPCにインストールされているオペレーティングシステムに応じて、次のデルナレッジベース文書を参照してください。

セーフモードでも問題が解決しない場合は、次のステップに進んでください。それ以外の場合は、「Windowsのシステム復元の実行」に進んでください。

Windows 10のセーフモードでの起動(デル・テクニカル・サポート公式)」 - (1:16)英語のみ

デルでは、定期的なアップデートサイクルの一環として、デバイスドライバおよびBIOSをアップデートすることを推奨しています。こうしたデバイスドライバやBIOSのアップデートには、システムソフトウェアを最新の状態に保ち、他のシステムモジュール(ハードウェアおよびソフトウェア)との互換性を維持するために有効な機能の強化や変更が含まれており、また安定性の向上にもつながります。

最適なビデオパフォーマンスを維持し、一般的なビデオの問題を解決するには、次に挙げるデバイスドライバのアップデートが必須です。

  • BIOS
  • チップセットドライバ
  • ビデオカード(GPU)ドライバ
  • モニタドライバ

デルPCへのデバイスドライバのダウンロードとインストールの詳細については、デルのナレッジベース文書「デルPCのデバイスドライバのアップデート方法」を参照してください。

Windowsアップデートは、お使いのWindowsオペレーティングシステムにとって多くの面で有効です。Windowsアップデートにより、具体的な問題の解決や悪意のある攻撃からの保護だけでなく、オペレーティングシステムに対する機能強化も行われます。

Microsoft Windows 10でWindowsアップデートを実行する方法

  1. 「Start(開始)」を右クリックして、「Settings(設定)」をクリックします。
  2. 「Settings(設定)」パネルで、「Update & Security(更新とセキュリティ)」をクリックします。
  3. 左側のパネルで、「Windows Update」を選択します。
  4. 右側のパネルで、「更新プログラムの確認」をクリックします。
  5. 新プログラムのダウンロードとインストールが終了したら、PCを再起動します。

輝度、リフレッシュレート、解像度、電源管理などのディスプレイ設定は、デルノートパソコンのLCD画面のパフォーマンスに影響する可能性があります。ディスプレイ設定の変更により、ビデオの問題のいくつかを解決できる場合があります。

デルノートパソコンの輝度、リフレッシュレート、解像度の変更の詳細については、デルのナレッジベース文書「Microsoft Windowsの一般的なビデオ設定の変更方法」を参照してください。

メモ: デルノートパソコンのモデルによっては、輝度を調整変更するためのショートカットキーは異なる場合があります。詳細については、お使いのデルノートパソコンのユーザーガイドまたはユーザーマニュアルを参照してください。

デルノートパソコンにタッチしても反応しない場合やタッチがまったく動作しない場合、問題解決に役立つ可能性のある一般的なトラブルシューティング手順がいくつかあります。

タッチスクリーンのトラブルシューティングの詳細については、デルのナレッジベース文書「デルPCのタッチスクリーンの問題のトラブルシューティング(英語)」を参照してください。

メモ: タッチスクリーン問題のトラブルシューティングを行う前に、お使いのデルノートパソコンにタッチスクリーン機能が搭載されていることを確認してください。

Windows 10でのタッチ問題のトラブルシューティング)」 - (1:45)英語のみ

ストレステストを使用すれば、お使いのPCのビデオカード(GPU)を徹底的に診断して、潜在的なハードウェアの問題をレポートしてくれます。PC上でストレステストを実行することにより、ハードウェアコンポーネントの状態が安定しているか、そして信頼できるかどうかを検証することができます。

ストレステストの実行方法

  1. 「Start(開始)」をクリックして、「Dell SupportAssist」を開きます。
  2. Dell SupportAssistで、「Hardware Checkup(ハードウェアチェックアップ)」をクリックします。
  3. 「Stress(15 mins)(ストレス(15分間))」をクリックして、ストレステストを開始します。

Dell SupportAssist診断テスト(デル・テクニカル・サポート公式YouTube)」 - (1:30)英語のみ

システムの復元は、オペレーティングシステムの保護と修復とを目的とした、Windowsのビルトインツールの1つです。コンピュータの具合が悪くなった場合は、工場出荷時の状態に戻す前にシステムの復元を行うことをお勧めします。

システムの復元を実行する方法の詳細については、ご使用のコンピュータにインストールされているオペレーティングシステムを選択します。

LCDおよびビデオカード(GPU)が診断テストにパスした場合、問題はほぼ確実にコンピュータにインストールされているソフトウェアに関連しています。上記のトラブルシューティング手順で問題を解決できなかった場合、最後の手段として、コンピュータを出荷時設定に復元してみることができます。

デルコンピュータには、わずかですがオペレーティングシステムを再インストールするためのハードディスク領域が最初から確保してあります。コンピュータを工場出荷時の状態に戻す方法としては、これが一番簡単です。復元プロセスを実行するとすべてのユーザデータはコンピュータから削除されますので、復元プロセスを開始する前にファイルはすべてバックアップをとってください

コンピュータを出荷時設定に復元する方法の詳細については、ご使用のコンピュータにインストールされているオペレーティングシステムを選択します。

Windows 10のリセットの実行」 - (1:36)英語のみ


全般情報

デルPCの様々なタイプのビデオポートまたはコネクタの詳細については、デルのナレッジベース文書「デルPCのポート、コネクタ、ケーブルガイド」または「モニタをコンピュータに接続する方法」を参照してください。


記事ID: SLN127964

最終更新日: 2018/12/10 08:49


関連文書

この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。