Windows iSCSI CLI セッションのリストが表示されます。デバイスの種類 : 不明とデバイス番号 :-1Dell EquaLogic(EQL) アレイに接続するリューム

Windows iSCSI CLI セッションのリストが表示されます。デバイスの種類 : 不明とデバイス番号 :-1Dell EquaLogic(EQL) アレイに接続するリューム


文書の概要 : セッションのリストが表示されます。この文書では「 Windows iSCSI CLI でデバイスの種類 : 不明とデバイス番号 :-1Dell EquaLogic(EQL) アレイに接続するリューム


目次 :
  1. 問題 :Windows ホストの喪失 EQLリュームにアクセスします。
  2. 観測しています。
  3. 考えられる原因
  4. トラブルシューティング手順

問題 1 。


問題 :Windows ホストの喪失 EQLリュームにアクセスします。

Windows ホストの EQLリュームへのアクセスを失っです。 Windows iSCSI CLI セッションのリスト を表示し て Device Type: 不明とデバイス番号 :1-1 --


問題 2 。


観測しています。

Observation Point( 監視 :

アレイからの次の手順を実行します。

グループマネージャ分または時間のアクティブな iSCSI 接続がボリュームを示します。

ホストからの次の手順を実行します。

EQL Disk Manager も diskpart でもマイコンピュータでのディスクが表示されていない。

MS iSCSI ユーティリティホストがアクティブなアレイに接続を示します。

C:\iscsicli SessionList

注意この出力からの「デバイスの種類」、「デバイス番号」、「 Partition number 」、「レガシーデバイス名」および「デバイスインターフェイス ) 」

これの次の値を表示する場合があります。

デバイス :

Device Type: 不明

デバイス数 :1-1

ストレージデバイスのタイプ :34

パーティション番号 :-1

ターゲット名 :iqn.2001-05.com.equallogic:0-8a0906-d13abec08-f1dd71b12584e086-testvol

Interface Name: デバイス

レガシーデバイス名 :

( 最後の 2 行に値が設定されていない ) ことに注意しています。


問題 3 。


考えられる原因

考えられる原因

MPIO および MS Windows ストレージスタックの詳細については下記 microsoft.com


問題 4 。


トラブルシューティング手順

トラブルシューティング手順 :

リュームの方法の基本的な手順を取得して MPIO ディスクマネージャで表示されるようにするには次の手順を実行します。

1.iSCSI ドライバは新しい存在このリュームをリュームは、それを新しいデバイスとして検出します。

2. プラグアンドプレイマネージャの到着時のこの新しいデバイスが検出されます。

3.MPIO ドライバスタックはこのデバイスに着荷時の不良の通知です。

4.MPIO ドライバ擬似デバイスを作成します。

5.MPIO DSM をに関連付ける任意の DSM があるかどうかをチェックしてから、プラグインのベンダーです。

6. 最後に MPIO および DSM の上位レイヤーにこの新しいデバイスを提示するためのデバイスが接続され、 I/O 用に準備すると管理

実行可能な処理

A ポジティブに影響を与える可能性がありいくつかアクションを次に示します。従来、これらのアクションのうち少なくとも 1 つで動作します。クラスタシステムは、どのボリュームがどのクラスタに割り当てられたディスクを変更する前に記録することをお勧めします。


1. ログアウトするすべてのターゲット、新しい iSCSI セッションを再確立します。厳しくする Persistent Targets( 固定ターゲット )( お気に入りのターゲット ) 、再びログインを削除することもできます。

2. 「 diskpart 」を使用してデバイスツリーをクリーンアップします。

ログアウトすべてのターゲットは、同一ターゲットを削除します。DISKPART ユーティリティで次のコンドを発行します。詳細については Diskpart 』ニュアルを参照してください。

DISKPART>automount スクラブ

「スクラブ -リュームをウントポイントのディレクトリとシステムリュームのレジストリ設定を削除します。これが原因で以前にシステムにリュームが自動的にマウントされているされ、以前リュームのウントポイント (s) が追加されたときに、これらのシステムに戻します。

3. EQL DSM プラグインを参照の場合問題が解決しない場合は削除します。その場合は、その追加の証拠を提供。 EqualLogic の問題をなくします。

4. MPIO の再生中に Windows ストレージスタックで、このコンポーネントを無くすことに重要な役割は非常に便利です。MPIO をアンインストールしようとする前にすべての iSCSI セッションまたは iSCSI イニシエータを必ず記録する。

Windows2003 または XP の場合 MPIO iSCSI ドライバプログラムの追加と削除 ] でアンインストール中に取り外すことができます。以降の MPIO をアンインストールするには、次の手順を実行します。ほとんどの人々は、 MPIO および iSCSI イニシエータを一度にアンインストールします。再起動します。再びすべての後に iSCSI イニシエータおよび MPIO をインストールします。


Windows2008 の iSCSI イニシエータは機Windows ドライバが MPIO は、個別の Windows2008 に同梱されています。win08 、 Server Manager を起動し、 [ 削除 ] をクリックしてで MPIO をアンインストール機能です。MPIO の MPIO をアンインストールするにはチェックボックスがオフです。再起動が必要です。


チェックディスクを確保するためディスクマネージャでは、 MPIO なしでアクセス可能です。で動作した場合は、 MPIO をもう一度再インストールしてみることができます。次に EQL DSM


5. 常に NIC ドライバ / ファームウェアのバージョンを確認しますすべての NIC に同じ fw/ ドライバのバージョンがあります。NIC のファームウェア / ドライバのバージョン ' 不適切な設定の iSCSI および MPIO が正常に機能しないことができます。




Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN156833

最終更新日: 2015/04/23 15:13


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。