Inspiron5423(mSATA HDD にインストール済み )Windows7 を起動できません

Inspiron5423(mSATA HDD にインストール済み )Windows7 を起動できません


表の内容 :
  1. 問題の現象
  2. シナリオと考えられる解決策
  3. IRST ドライバをインストールするには、次の手順を実行します。
  4. セットアップアクセラレーションと休止状態オプション

文書の概要 :Windows7-no と mSATA(Inspiron5423) を起動するには、次の手順を実行します。


問題の現象

一部の Dell の mSATA ハードディスクドライブがインストールされている Inspiron5423 ノートブックに Windows7 を起動できない。

メモ :BIOS アップデート後に、ノートパソコンが安定した a08 と引き上げます。 アクセラレーション機能を無効にするには、次の手順を実行します。このノートブックモデルの他のプラットフォームと同様に、 Ctrl+I オプションがありません。 This notebook model does not have a Ctrl+I Option like other platforms to disable acceleration. OSRI を実行する時に、アクセラレーション機能を無効にする ISRT マネージャを介して Windows で。 When performing an OSRI, Disable acceleration through the ISRT Manager in Windows. mSATA+SSD= アクセラレーションがない作業と IRST モードが BIOS で使用できません。 mSATA+HDD=IRST が使用するために BIOS で利用できます。
 

シナリオと考えられる解決策

メモ : マザーボードとハードディスクドライブが交換された場合は、クリーニング OSRI/ 修復を介してスマート DSUB キー /PC Restore/OS 再インストールを実行します。
  • ノートパソコン / 復元を修復するには、次の手順を実行します。
    1. メディアまたは USB キーが接続されていると、オプティカルディスクドライブ (ODD) 内に存在することを確認し、次の手順を実行します。
    2. BIOS) 入門 F2) を起動するには、次の手順を実行します。
    3. Intel Smart Response Technology から SATA モード AHCI に変更します。保存して終了 Change SATA mode from Intel Smart Response Technology to AHCI; Save and Exit
    4. ノートパソコンをお使いのコンピュータを再起動してから、 [Repair]( 修復 ) を選択し、 F8 を押して、次の手順を実行します。 Tap F8 as the notebook reboots and then choose Repair Your Computer
    5. 3~5 分後にリカバリオプションが表示されます
    6. を選択します。コマンドプロンプトで、 diskpart と入力 ->list disk->select disk0-> クリーニング list disk->-> ディスク 1-> クリーン -> 終了を選択して、再起動をクリックします Choose Command Prompt, type Diskpart -> List Disk -> select Disk 0 -> Clean -> List Disk -> select Disk 1-> Clean  -> Exit; Click Restart
    7. Intel Smart Response Technology を AHCI; 保存終了から BIOS を起動して SATA モードを変更するには、次の手順を実行します。 Boot to BIOS and Change SATA mode from AHCI to Intel Smart Response Technology; Save and Exit
    8. ノートパソコンの起動時に F12 キーを押して、 CD/DVD/DVD RW 起動オプションとして、いずれかのキーを押して続行するにはを選択するには、次の手順を実行します。 Tap F12 as the notebook boots, choose CD/DVD/DVD RW as a boot option; Press any key to continue
    9. 3~5 分間、言語を選択する画面が表示された後、言語を選択し [Next]( 次へ ) をクリックし、次の手順を実行します。 After 3-5 minutes, Screen to Choose Language appears; Select language; Click Next
    10. コンピュータの修復を選択し Select Repair your Computer
    11. [System Recovery Options]( システム回復オプション ) ウィンドウで Next( 次へ ) を選択するには、次の手順を実行します。 At the System Recovery Options Window, select Next
    12. エラーが発生した場合には、 [ キャンセル ] を選択し、メインの [ 回復 ] オプションまでウィンドウが表示されたら
    13. で、お使いのコンピュータの画面を修復し、システムが表示されるまで [Next]( 次へ ) を選択しリカバリオプション At the Repair Your Computer screen, choose next till you get System Recovery Options
    14. 選択するスタートアップ修復です。修理が過ぎたら、 [ 完了 ] をクリックし、ノートパソコンが正常に起動
    15. 最適なパフォーマンスを実現するには BIOS と IRST ドライバをアップデートするには、次の手順を実行します。
  • OSRI AHCI モードでの OS メディアを使用するには、次の手順を実行します。
    1. メディアまたは USB キーが接続されていることを確認して /ODD に存在する
    2. BIOS) 入門 F2) を起動するには、次の手順を実行します。
    3. Intel Smart Response Technology から SATA モード AHCI に変更します。保存して終了 Change SATA mode from Intel Smart Response Technology to AHCI; Save and Exit
    4. ノートパソコンをお使いのコンピュータを再起動してから、 [Repair]( 修復 ) を選択し、 F8 を押して、次の手順を実行します。 Tap F8 as the notebook reboots and then choose Repair Your Computer
    5. 3~5 分後にリカバリオプションが表示されます
    6. を選択します。コマンドプロンプトで、 diskpart と入力 ->list disk->select disk0-> クリーニング list disk->-> ディスク 1-> クリーン -> 終了を選択して、再起動をクリックします Choose Command Prompt, type Diskpart -> List Disk -> select Disk 0 -> Clean -> List Disk -> select   Disk 1-> Clean -> Exit; Click Restart
    7. Intel Smart Response Technology を AHCI; 保存終了から BIOS を起動して SATA モードを変更するには、次の手順を実行します。 Boot to BIOS and Change SATA mode from AHCI to Intel Smart Response Technology; Save and Exit
    8. ノートパソコンの起動時に F12 キーを押して、 CD/DVD/DVD RW 起動オプションとして、いずれかのキーを押して続行するにはを選択するには、次の手順を実行します。 Tap F12 as the notebook boots, choose CD/DVD/DVD RW as a boot option; Press any key to continue
    9. 3~5 分間、言語を選択する画面が表示された後、言語を選択し [Next]( 次へ ) をクリックし、次の手順を実行します。 After 3-5 minutes, Screen to Choose Language appears; Select language; Click Next
    10. コンピュータの修復を選択し Select Repair your Computer
    11. [System Recovery Options]( システム回復オプション ) ウィンドウで、 Next( 次へ ) を選択するには、次の手順を実行します。 At the System Recovery Options Window, select Next
    12. インストールプロセスを完了し、次の手順を実行します。
  • mSATA HDD/SATA HDD を AHCI モードで加速することはできません
    1. AHCI モードで OS を起動します。
    2. Windows デスクトップで、スタートをクリックし「 regedit 」と入力 At the windows desktop, click Start, type Regedit
    3. Regedit を右クリックし管理者として実行するには、次の手順を実行します。 Right Click Regedit and run as adminstrator
    4. iastorv HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ に移動します。 Navigate to HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\iaStorv
    5. (0) にスタート ) 入門 3) からの reg Dword 値を変更するには、次の手順を実行します。
    6. Regedit を閉じ、ノートブックを再起動するには、次の手順を実行します。
    7. デルのロゴとで f2 キーを押して、 BIOS を入力するには、次の手順を実行します。 Tap F2 at Dell Logo and enter BIOS
    8. Intel Smart Response Technology を AHCI;sata モードから変更の保存終了 Change SATA mode from AHCI to Intel Smart Response Technology; Save and Exit
    9. ノートパソコンを再起動し ( それは任意の BSOD なしで Windows を起動 )

IRST ドライバをインストールするには、次の手順を実行します。

IRST ドライバサポートサイトの中でアップエラーの中にインストールまたは no アクセラレーションのオプションを使用できるのかどうかを、 IRST App をインストール /win7 用のドライバまたは更新 Microsoft dot NET Framework v4.0 に IRST アプリケーションを有効にするには 1006 よりも後に機 \'94\'5c させるには、次の手順を実行します。。


セットアップアクセラレーションと休止状態オプション

休止状態のパーティションが作成され

  • 有効にするには Intel Smart Response Technology
    1. システムトレイから Intel RST UI を起動するには、次の手順を実行します。
    2. 加速するアイコンの上部にクリックし、次に [" アクセラレーションを有効化するには、次の手順を実行します。 "
    3. 18.6GB キャッシュメモリサイズを選択し、アクセラレーションモードを " 拡張モード "
  • テクノロジーインテルラピッドスタートを有効にするには、次の手順を実行します。
    1. ディスクの管理を実行するには、次の手順を実行します。
    2. SSD ディスク ( ディスク 1) を選択するには、次の手順を実行します。
    3. 右クリックメニューオプションのリストを表示するには、を選択して " ディスクを初期化するには、次の手順を実行します。 "
    4. ディスクの初期化の MBR 」として " フォーマット
    5. 右クリックメニューオプションのリストを表示するには、 " 新しいシンプル \'83\'7b リューム」の順に選択し、次の手順を実行します。
    6. ウィザードの指示に従って新しい \'83\'7b リュームを作成するには、次の手順を実行します。
    7. 管理者としてコマンドプロンプトで " 実行 " 、 "Diskpart.exe を実行します。」
    8. DISKPART コマンドプロンプトで、次のコ \'83\'7d ンドを入力します。
      Diskpart-> リスト \'83\'7b リューム Diskpart -> list volume
      Diskpart->x(x 店舗のパーティションの数は、サイズが 11G)\'83\'7b リュームを選択し、次の手順を実行します。
      Diskpart-> セット ID=84 を上書きするには、次の手順を実行します。 Diskpart -> set id= 84 override
      Diskpart] メニューの [ 終了 Diskpart -> exit




記事ID: SLN171089

最終更新日: 2018/03/14 16:55


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。