デルPCでのパフォーマンス低下の問題のトラブルシューティング

デルPCでのパフォーマンス低下の問題のトラブルシューティング




デルPCの実行速度が遅いか、応答を停止するか、応答時間が予想以上に長い場合は、システムパフォーマンスの問題が発生している可能性があります。PCが徐々に遅くなったか突然動作を停止したかに応じて、パフォーマンス関連の問題にはさまざまな理由が考えられます。パフォーマンスの低下およびその他の問題は、ハード・ディスク・ドライブ上のデータの断片化、古くなったデバイスドライバ、古くなったオペレーティング・システム・ファイル、ディスクエラー、壊れたオペレーティング・システム・ファイル、メモリ(RAM)の不足、ハードウェアの障害などの結果である場合があります。

デルPCでのパフォーマンス低下の問題の解決に役立ついくつかのトラブルシューティング手順を示します。これらの手順を順番に実行してください。以下のその他のトラブルシューティング手順および情報提供ビデオを参照することもできます。


トラブルシューティング

詳細については、以下の各セクションを展開してください。

ハードウェア診断テストを実行すると、ハードウェア関連の問題を特定し、その問題を解決するトラブルシューティング手順を提供することができます。デルPCでハードウェア関連の問題が発生しているかどうかを確認するには、最初にPC上でハードウェア診断テストを実行することをお勧めします。デルは、内蔵診断およびオンライン診断の両方を提供しています。Dell ePSAハードウェア診断テストでは、ハードウェアデバイスが正しく機能しているかどうかを確認できます。

Dell Pre-boot System AssessmentまたはEnhanced Pre-boot System Assessment(Dell PSAまたはePSA)の実行
  1. デルPCを再起動します。
  2. Dellロゴ画面が表示されたら、F12キーを押して「One Time Boot(1回限りの起動)」メニューを表示します。
  3. 矢印キーを使用して「「Diagnostics(診断)」を選択し、キーボードのEnterキーを押します。
  4. 画面に表示される指示に従い、適切に回答して診断を完了します。
    テストに失敗した場合、エラーコード検証コードを書き留めます。

Dell Interactive Support Agent(英語のみ)を使用して、ePSAまたはPSA診断エラーコードに関する情報を収集します。
または、「SupportAssist起動前システム・パフォーマンス・チェック」ページにアクセスして、ePSAまたはPSA診断エラーコードに関する詳細情報を参照することができます。

Dell ePSAまたはPSA診断の詳細については、デルのナレッジベース文書「内蔵およびオンライン診断(ePSAまたはPSAエラーコード)を使用してハードウェアの問題を解決する方法」を参照してください。

内蔵診断およびその他のトラブルシューティング手順でパフォーマンス低下の原因が識別されない場合は、デルのオンライン診断の実行を検討することをお勧めします。デルのオンライン診断テストは、問題のトラブルシューティング、自動修正プログラムの取得、および交換パーツの注文に役立ちます。オンライン診断によって、デルPCのトラブルシューティングに役立つDell SupportAssistがインストールされます。

デルPCでのオンライン診断の実行
  1. Dellサポートサイトにアクセスします。
  2. 「Detect Product(製品の検出)」をクリックするか、サービスタグを入力し、「Submit(送信)」をクリックします。
  3. [Diagnostics](診断)タブをクリックします。
  4. 以下のうち、使用可能ないずれかの診断テストを選択します。
メモ: デルのデバイスを識別して診断チェックを実行するには、Dell System DetectおよびDell SupportAssistが必要です。画面に表示される手順に従って、Dell System DetectとDell SupportAssistをダウンロードしてインストールします。
メモ: 一部の診断テストでは、ビデオをテストするためのグラフィカルなパターンが表示されたり、ユーザの応答が必要なステータス・ダイアログ・ボックスが表示されたりする場合があります。必要なときに応答しなかった場合、診断テストの結果が誤って表示されることがあります。

Dell ePSA診断テストを使用したデルのノートパソコンまたはデスクトップでのハードウェア問題の診断 - (1:34)


トップに戻る

多くの場合、パフォーマンスの低下は古いデバイスドライバまたは基本入出力システム(BIOS)の設定に起因します。ハードウェアとソフトウェアの性能を最大限に活用できるように、ドライバを定期的にアップデートしてください。PCのBIOSおよびデバイスドライバのアップデートだけでなく、プリンタやスキャナなどの接続されているすべての周辺機器類のデバイスドライバもアップデートすることをお勧めします。

デルPCのBIOSとデバイスドライバをダウンロードしてアップデートする方法については、以下のデルのナレッジベース文書を参照してください。

正しい順序でデバイスドライバをインストールする方法の詳細については、デルのナレッジベース文書「正しい順序でドライバを再インストールする方法」を参照してください。

トップに戻る

ふさがった通気口が原因で、通気が制限されることで重大なパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。このために、プロセッサー、メモリ(RAM)、および他のハードウェアがオーバーヒートしてハードウェアの障害が発生する可能性があります。高温になると、ほとんどのプロセッサーは熱に関連する問題の補正に役立てるためにプロセッサーの速度を自動的に遅くするので、パフォーマンスの大幅な低下が発生することもあります。システムのファンが常に稼働していることに気づいた場合、これはPCが最大限の効率で稼働していないこと、または通気口の詰まりを示していることがあります。

常にPCにほこりが堆積しないようにし、熱の低減のための通気が十分に確保されていることを確認します。糸くずやほこりが堆積すると、冷却ファンの周囲の空気の流れが遮断され、ファンが強く稼働するようになります。

警告: PCの電源をオフにし、電源ケーブルまたはACアダプタを取り外してから、エアダスターを使用してPCをクリーニングします。エアダスターの側面の指示に従います。エアダスターを誤って使用するとPCを損傷させる場合があります。
警告: ほこりを吹き飛ばすために息を吹きかけないでください。水蒸気により、電子部品に回復不可能な破損が生じる可能性があります。
デルPCの通気口のクリーニング
  • PCの電源をオフにします。
  • PCの通気口にほこりやごみがないか確認します。
    通気口は、PCのモデルによってさまざまな場所にあります。お使いのデルPCのユーザマニュアルを参照してください。
  • エアダスターで通気口からほこりやごみを取り除きます。
    警告: エアダスターのみを使用することをお勧めします。掃除機や送風機を使用しないでください。掃除機や送風機は静電気の原因となり、PC内部の電子部品を損傷させる場合があります。
  • オーバーヒートの問題を防ぐために、固い面または頑丈な面上にPCを縦に置き、通気口の周囲に十分なスペースを空けます。

システムファンのクリーニング - (2:01)


トップに戻る

ハードディスクの空き領域は通常PCのファイルやデータの保存のために使用されますが、Microsoft Windowsは、キャッシュや仮想メモリなどの異なる機能のために未使用の領域を使用します。ハードディスクの空き容量が不足している場合、PCの実行速度がかなり低下することがあります。少なくとも15~20 %のハードディスク空き容量を常に確保することをお勧めします。

ディスククリーンアップを実行

Microsoft Windowsには、一時ファイルや他の重要ではないファイルを簡単な方法で削除する内蔵ツールが組み込まれています。

  1. [スタート]ボタンをクリックします。検索ボックスに、「ディスククリーンアップ」と入力し、結果のリストで「ディスク クリーンアップ」を選択します。
  2. メッセージが表示されたら、クリーンアップするドライブを選択し、「OK」をクリックします。
    これは通常はC:ドライブです。
  3. スキャンが完了したら、削除するファイルタイプのチェックボックスをオンにし、「OK」をクリックします。
  4. 確認ウィンドウで「ファイルの削除」をクリックします。

Delete Files using Disk Cleanup(ディスククリーンアップを使用したファイルの削除) - (1:13)

不要になったアプリケーションのアンインストール

不要になったアプリケーションをアンインストールするには、「プログラムと機能」(旧称「プログラムの追加と削除」)を使用します。不要になったアプリケーションはHDD上のスペースを占有します。

メモ: アプリケーションをアンインストールまたはインストールするには、管理者の権限を持つユーザとしてPCにログオンする必要があります。
  1. キーボードのWindowsロゴのキーとRキーを押します。
  2. 「Run(ファイル名を指定して実行)」ダイアログボックスに「appwiz.cpl」と入力しEnterキーを押します。
  3. リストで、プログラムを選択し、「アンインストール」をクリックします。
トップに戻る

SupportAssistは、一連の診断を実行してPCのファイルや設定の変更を識別し、PCを最適化するために役立ちます。PCを最適化すると、一時ファイルのクリーニング、システムのパフォーマンスの調整、およびネットワークの最適化により、システムの速度、ストレージスペースの可用性、および安定性が向上します。

ファイルのクリーニング

ファイルをクリーニングすると、冗長なファイル、一時フォルダ、その他の不要なファイルをPCから削除することができます。

  1. 「SupportAssist」を開き、「Optimize My System(システムの最適化)」タイルをクリックします。
  2. 「Home(ホーム)」タブの「Clean Files(ファイルのクリーンアップ)」で、「Run Now(今すぐ実行)」をクリックします。
    最適化が完了すると、「チェックマーク」アイコンと最後に最適化された日付がタイルに表示されます。
    メモ: 最適化中は、実行されているタスクの名前がメニューバーの下に表示されます。完了した最適化の割合もタイルに表示されます。
    最適化を停止する場合は、「Cancel(キャンセル)」をクリックします。
メモ: 最適化をキャンセルした場合、実行された変更は元に戻りません。
システムパフォーマンスの調整

PCのパフォーマンスの調整は、電源の設定、レジストリ、メモリの割り当てを調整することで、PCの処理速度の最大化に役立ちます。

  1. 「SupportAssist」を開き、「Optimize My System(システムの最適化)」タイルをクリックします。
  2. 「Home(ホーム)」タブの「Tune Performance(パフォーマンスの調整)」で、「Run Now(今すぐ実行)」をクリックします。
    最適化が完了すると、「チェックマーク」アイコンと最後に最適化された日付がタイルに表示されます。
    メモ: 最適化中は、実行されているタスクの名前がメニューバーの下に表示されます。完了した最適化の割合もタイルに表示されます。
    最適化を停止する場合は、「Cancel(キャンセル)」をクリックします。
メモ: 最適化をキャンセルした場合、実行された変更は元に戻りません。
ネットワークの最適化

ネットワークを最適化すると、ネットワークの接続を確認し、効率的で信頼性の高いネットワークを維持するためにPCの設定を更新することができます。

  1. 「SupportAssist」を開き、「Optimize My System(システムの最適化)」タイルをクリックします。
  2. 「Home(ホーム)」タブの「Optimize Network(ネットワークの最適化)」で、「Run Now(今すぐ実行)」をクリックします。
    最適化が完了すると、「チェックマーク」アイコンと最後に最適化された日付がタイルに表示されます。
    メモ: 最適化中は、実行されているタスクの名前がメニューバーの下に表示されます。完了した最適化の割合もタイルに表示されます。
    最適化を停止する場合は、「Cancel(キャンセル)」をクリックします。
メモ: 最適化をキャンセルした場合、実行された変更は元に戻りません。

SupportAssistを使用したシステムの最適化 - (1:39)


トップに戻る

Microsoft Windowsは、メニューオプションのフェードやスライド、ウィンドウの最小化または最大化のときのアニメーション化、半透明な選択ボックスなど、特定のタスクで多くのアニメーションや視覚効果を使用します。これらのアニメーションや視覚効果により、PCが通常よりも若干遅くなる可能性があります。一部の視覚効果を無効にすることによってPCの速度を向上させることができます。例えば、関連するアニメーションを無効にした場合、Windowsは直ちにウィンドウを最小化および最大化することができます。

メモ: パフォーマンスオプションを変更するとシステムパフォーマンスが向上しますが、Windowsエクスペリエンスの外観にも影響します。
  1. キーボードのWindowsロゴのキーとRキーを押します。
  2. 「Run(ファイル名を指定して実行)」ダイアログボックスに「sysdm.cpl」と入力しEnterキーを押します。
  3. 「詳細設定」タブで、「パフォーマンス」セクションの「設定」をクリックします。
  4. 「視覚効果」タブで「パフォーマンスを優先する」を選択します。
メモ: 「パフォーマンスを優先する」を選択すると、すべての視覚効果が無効になります。「カスタム」を選択し、自分の好みに合わせて視覚効果を手動でオンまたはオフにすることができます。

トップに戻る

Microsoft Windowsは、すべての使用可能なメモリ(RAM)がPCによって使用されている場合、仮想メモリ(スワップファイルまたはページファイルとも呼ばれます)を使用します。仮想メモリは、システムメモリ(RAM)をHDD上に一時的に拡張します。これにより、PCで物理的に使用可能な数よりも多くのアプリケーションを処理できます。システムメモリ(RAM)が少なくなると、システムメモリ(RAM)に保存されているデータがスワップファイルまたはページファイルに移動し、大量のメモリを使用する機能のためにスペースが提供されます。

Microsoft Windowsは、仮想メモリで使用可能なスペースを自動的に管理しますが、仮想メモリの割り当てを増やすと、PCのパフォーマンスを向上させることができます。Windowsは、ページングファイルの初期最小サイズをコンピュータにインストールされているランダム・アクセス・メモリ(RAM)と等しいサイズに設定し、最大サイズをコンピュータにインストールされているRAMの量の3倍と等しいサイズに設定します。

  1. キーボードのWindowsロゴのキーとRキーを押します。
  2. 「Run(ファイル名を指定して実行)」ダイアログボックスに「sysdm.cpl」と入力しEnterキーを押します。
  3. 「詳細設定」タブで、「パフォーマンス」セクションの「設定」をクリックします。
  4. 「詳細設定」タブの「仮想メモリ」セクションで、「変更」をクリックします。
  5. 「すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する」チェックボックスをオフにします。
  6. 変更するページングファイルが含まれるドライブを選択します。
  7. 「カスタムサイズ」をクリックし、「初期サイズ(MB)」および「最大サイズ(MB)」ボックスに新しいサイズをMB単位で入力します。
  8. 「設定」をクリックし、「OK」をクリックします。
メモ: 「初期サイズ(MB)」は、PC上のメモリ(RAM)の容量と等しくする必要があります。例: 4 GBのRAMは、4,092メガバイト(MB)に相当します。
「最大サイズ(MB)」は、PC上のメモリ(RAM)の容量の3倍にする必要があります。例: 4 GBの3倍は、12 GBのRAMに相当します。12 GB x 1,024は12,288メガバイト(MB)に相当します。システムに取り付けられているRAMの3倍より大きい数字を入力しないでください。
1 GBは1,024メガバイト(MB)に相当します。

トップに戻る

マルウェア(ウイルス、スパイウェア、トロイの木馬など)は、PCのハングアップ、パフォーマンスの低下などの原因になる可能性があります。スパイウェアやその他のタイプのマルウェアは、PC速度の低下など多くのPCの問題の大きな原因になります。PCが感染している疑いがある場合は、悪意のあるソフトウェアがバックグラウンドで実行され、PCの速度を低下させている可能性があります。これは、追加の広告を追跡して追加するためにWebの閲覧を妨害しているソフトウェアの場合があります。

ウイルス対策プログラムまたはマルウェア対策プログラムを使用してPCをスキャンすることをお勧めします。Windows 10 PCに内蔵されているWindows Defenderは、マルウェアに対する基本的な保護を提供します。ほとんどのデルPCには、McAfeeなどの基本的なウイルス対策ソフトウェアがプリインストールされていますが、サブスクリプションが必要な場合があります。McAfee、Norton、Kaspersky、Trend Microなどの使用可能なその他の多くのウイルス対策プログラムまたはマルウェア対策プログラム(無料からサブスクリプションベースまで)があります。PCにインストールされているものを使用して完全スキャンまたはディープスキャンを実行してください。

メモ: 複数のウイルス対策ソフトウェアまたはマルウェア対策ソフトウェアをPCにインストールしても保護の強化にはならず、代わりにPCの速度がさらに低下します。1つのウイルス対策ソフトウェアまたはマルウェア対策ソフトウェアをインストールし、マルウェアに対する積極的な保護のために定期的にアップデートすることをお勧めします。

詳細については、デルのナレッジベース文書「Microsoft Windowsでのコンピュータの保護、またはウイルス、スパイウェア、その他のマルウェアの削除」を参照してください。

YouTubeの「What is Malware(マルウェアとは)」(公式デル・テクニカル・サポート) - (2:03)英語のみ

YouTubeの「5 Ways to Check for Viruses(ウイルスをチェックする5つの方法)」(公式デル・テクニカル・サポート) - (2:33)英語のみ

トップに戻る

Windowsオペレーティングシステムのファイルが壊れている場合、デルPCのパフォーマンスの低下や他の問題の原因になる可能性があります。Microsoft Windowsには、PCの破損したオペレーティング・システム・ファイルをスキャンし、PC上にキャッシュされたバージョンからまたはWindows Updateを介してそれらを置き換えることができるユーティリティが内蔵されています。

システム・ファイル・チェッカーの実行
  1. PCをリスタートします。
  2. Windowsの「スタート」ボタンをクリックし、CMDまたはコマンドプロンプトを検索します。
  3. 「コマンド プロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
    「ユーザー アカウント制御」ウィンドウで、「はい」をクリックします。
  4. 「コマンド プロンプト」で「sfc /scannow」と入力し、キーボードのEnterキーを押します。
    この処理は、完了するまでに数分かかります。
  5. スキャンが完了したら、PCを再起動します。
メモ: sfcと/の間にスペースがあることを確認します。

システム・ファイル・チェッカー(SFC)は、PC上の壊れたMicrosoft Windowsオペレーティング・システム・ファイルをスキャンします。スキャンが完了すると、画面に結果が表示されます。システム・ファイル・チェッカー(SFC)が壊れたファイルを見つけてそれらを置き換えた場合は、PCを再起動します。システム・ファイル・チェッカー(SFC)で壊れたファイルが見つからなかった場合は、展開イメージのサービスと管理ツール(DISM)を実行してみてください。

Windows 10、Windows 8.1、または8でのみ展開イメージのサービスと管理ツール(DISM)ツールを実行

DISMツールは、壊れたMicrosoft Windowsオペレーティングシステムをチェックし、Windows Updateを使用してそれらをダウンロードして置き換えます。

  1. PCをリスタートします。
  2. Windowsの「スタート」ボタンをクリックし、CMDまたはコマンドプロンプトを検索します。
  3. 「コマンド プロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
    「ユーザー アカウント制御」ウィンドウで、「はい」をクリックします。
  4. 「コマンド プロンプト」で「dism.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth」と入力し、キーボードのEnterキーを押します。
    この処理は、完了するまでに数分かかります。
  5. スキャンが完了したら、PCを再起動します。
メモ: DISMユーティリティを正常に実行するには、PCをインターネットに接続する必要があります。コマンドラインの各/の間にスペースがあることを確認してください。

トップに戻る

単純に再起動することで、多くの問題をほとんど直ちに解決することができます。PCの再起動は、メモリ(RAM)をクリアし、誤って開始されたプロセスやサービスを確実にシャットダウンするための効果的な方法です。

PCを再起動すると、PC上で実行されているすべてのアプリケーションまたはソフトウェア、タスクバー上で実行されているアプリケーション、さまざまなアプリケーションによって開始され、バックグラウンドで実行されている可能性がある他の多くのサービスが終了します。開いているアイテムが増加し、それらを実行している時間が長くなるほど、PCの速度が低下し、最終的にメモリ(RAM)が不足する可能性が高くなります。使用していないときに習慣としてPCをシャットダウンするのが理想的です。しかし、PCを頻繁に使用する場合は、ほとんどの場合少なくとも週に1回はPCを再起動することをお勧めします。

トップに戻る

以下に、デルPCのパフォーマンス低下の問題を診断して解決するために実行できるいくつかの追加のトラブルシューティング手順を示します。

その他のトラブルシューティング

Microsoft Windows 10、Windows 8または8.1、およびWindows 7に内蔵されているパフォーマンスのトラブルシューティングツールは、PCの速度に影響する可能性がある問題を自動的に見つけて修正するために役立ちます。パフォーマンスのトラブルシューティングツールは、PCに現在ログオンしているユーザの数や、複数のプログラムが同時に実行されているかどうかといった、PCのパフォーマンスを低下させる可能性がある問題がないか確認します。

Microsoft Windows 10、Windows 8.1または8でスタートアッププログラムを無効にする方法
  1. 開いているウィンドウをすべて閉じます。
  2. キーボードのWindowsロゴのキーとXキーを押します。
  3. 「コントロールパネル」をクリックします。
  4. 「システムとセキュリティ」をクリックします。
  5. 「セキュリティとメンテナンス」「Troubleshoot common problems(一般的な問題のトラブルシューティング)」を選択します。
    Windows 8または8.1では、これは「アクション センター」の下にある場合があります。
  6. 「システムとセキュリティ」「保守タスクを実行する」をクリックします。
  7. 画面上の指示とメッセージに従ってプロセスを完了します。
  8. PCを再起動します。
Microsoft Windows 7でスタートアッププログラムを無効にする方法
  1. 開いているウィンドウをすべて閉じます。
  2. 「スタート」ボタンをクリックし、「コントロール パネル」を選択します。
  3. 「システムとセキュリティ」をクリックします。
  4. 「アクション センター」「Troubleshoot common problems(一般的な問題のトラブルシューティング)」をクリックします。
  5. 「システムとセキュリティ」「パフォーマンスの問題を確認する」をクリックします。
  6. 画面上の指示とメッセージに従ってプロセスを完了します。
  7. PCを再起動します。

トップに戻る

セーフモードでは、重要でないアプリケーションとデバイスドライバは読み込まれないため、パフォーマンス低下の原因から、ソフトウェアを除外することができます。

メモ: セーフモードのビデオ解像度は自動的に800 x 600に設定され、アイコンやテキストは通常よりも大きく表示されます。
セーフモードではデスクトップの背景の壁紙は無効になります。これは正常な動作であり、トラブルシューティングは不要です。
PCを通常モードで再起動したときに、すべての表示設定は通常に戻ります。
警告: セーフモードにログインしたときには(この場合は、「セーフモードとネットワーク」)、ウイルス対策プログラムとマルウェア対策プログラムは無効になります。ウイルス対策プログラムが無効なときにネットワークやインターネットに接続する場合は注意してください。

PCをセーフモードで起動する方法については、お使いのPCにインストールされているオペレーティングシステムに応じて以下のリンクを参照してください。

セーフモードで問題が存在しない場合は、問題がデバイスドライバまたはソフトウェアに関連している可能性があります。デバイスドライバをアップデートしていること、およびMicrosoft Windows Updateを含むPCで使用可能なすべてのソフトウエアアップデートをインストールしていることを確認してください。

ただし、セーフモードでも問題が存在する場合は、次のステップに進んでください。

Perform a Clean Boot to Detect Software Problems(ソフトウェアの問題を検知するためにクリーンブートを実行する) - (00:40)


トップに戻る

使用していないまたは必要のないソフトウェアまたはアプリケーションをPCからアンインストールまたは削除すると、PCの速度を向上させるために役立ちます。アプリケーションには、バックグラウンドプロセス、システムサービス、コンテキスト・メニュー・エントリ、およびPCの速度を低下させる可能性がある他の項目が含まれる場合があります。

不要になったアプリケーションをアンインストールするには、「プログラムと機能」(旧称「プログラムの追加と削除」)を使用します。不要になったアプリケーションはHDD上のスペースを占有します。

メモ: アプリケーションをアンインストールまたはインストールするには、管理者の権限を持つユーザとしてPCにログオンする必要があります。
  1. キーボードのWindowsロゴのキーとRキーを押します。
  2. 「Run(ファイル名を指定して実行)」ダイアログボックスに「appwiz.cpl」と入力しEnterキーを押します。
  3. リストで、プログラムを選択し、「アンインストール」をクリックします。

トップに戻る

多くのアプリケーションやソフトウェアは、通知領域とも呼ばれるシステムトレイ内で実行されます。これらのアプリケーションは通常、スタートアップ中に起動してバックグラウンドで実行され続けますが、非表示のままです。スタートアップ中にこれらのアプリケーションが起動しないようにすれば、ログインプロセスの速度が向上するだけでなく、多くのメモリと(RAM)と処理能力を節約し、PCのパフォーマンスを向上させることができます。

警告: ウイルス対策またはマルウェア対策のプログラムやアプリケーションは無効にせずに、スタートアップ中にロードすることをお勧めします。ウイルス対策プログラムまたはマルウェア対策プログラムを無効にすると、マルウェアの感染に対してPCが脆弱になる場合があります。
メモ: スタートアッププログラムを無効にするには、管理者の権限を持つユーザとしてPCにログオンする必要があります。
Microsoft Windows 10、Windows 8.1または8でスタートアッププログラムを無効にする方法
  1. 開いているウィンドウをすべて閉じます。
  2. キーボードのCtrl + Shift + ESCキーを一緒に押します。
  3. 「タスク マネージャー」ウィンドウで、「スタートアップ」タブをクリックします。
  4. スタートアップ中にロードされないようにするプログラムまたはアプリケーションを選択します。
  5. 右クリックして「無効化」を選択します。
  6. スタートアップ中にロードされないようにするすべてのプログラムまたはアプリケーションについて手順4と5を繰り返します。
  7. PCをリスタートします。
Microsoft Windows 7でスタートアッププログラムを無効にする方法
  1. 開いているウィンドウをすべて閉じます。
  2. [スタート]ボタンをクリックします。検索ボックスに「msconfig」と入力し、結果のリストでmsconfigを右クリックして「管理者として実行」を選択します。
  3. 「システム構成」ウィンドウで「スタートアップ」タブをクリックします。
  4. スタートアップ中にロードされないようにするプログラムまたはアプリケーションのチェックボックスをオフにし、「OK」をクリックします。
  5. 確認ウィンドウで、「今後、このメッセージを表示しない」チェックボックスをオンにし、「再起動」をクリックします。

トップに戻る

システムの復元は、特定の種類のクラッシュやその他のPCの問題を解決するために役立つMicrosoft Windowsオペレーティングシステムの機能です。システムの復元は、PCの状態(システムファイル、インストール済みアプリケーション、Windowsレジストリ、システム設定など)を以前の時点に戻すことができ、これを使用してPCの誤動作や他の問題から回復することができます。

Microsoft Windowsは、アプリケーションまたはソフトウェアがインストールされるたび、Windows Updateが最新のアップデートをインストールしたとき、およびデバイスドライバがインストールされたときに自動的に「復元ポイント」を作成します。または「復元ポイント」を手動で作成することができます。

メモ: システムの復元では、個人用ファイルの古いコピーは保存されないので、復元を実行したときに個人用ファイルまたは個人用データの削除または置き換えは実行されません。システムの復元は、PC上のウイルス、スパイウェア、または何らかの種類のマルウェアを削除するための効果的なソリューションではありません。
メモ: Windowsシステムの復元を実行するには、管理者の権限を持つユーザとしてPCにログオンする必要があります。

Windowsシステムの復元を使用してデルPCを以前の時点に復元する方法については、お使いのPCにインストールされているオペレーティングシステムに応じて以下のリンクを参照してください。


トップに戻る

デルPCがまだハングアップするか速度が遅く、上記のトラブルシューティング手順を実行しても問題が解決しない場合は、オペレーティングシステムに根本的な問題がある可能性があります。

警告: オペレーティングシステムを再インストールすると、コンピュータ上のすべてのデータが失われます。オペレーティングシステムを再インストールする前に、画像、スプレッドシート、Word文書、Eメール、連絡先、ブラウザのブックマーク(お気に入り)、音楽、ビデオなど(これらに限定されません)を含むすべての個人用データを外部ストレージデバイスにバックアップすることをお勧めします。

デルPCでのMicrosoft Windowsの再インストールの詳細については、デルのナレッジベース文書「DellコンピュータでMicrosoft Windowsを復元または再インストールする方法」を参照してください。


トップに戻る

一般的に、ほとんどのPCは、メモリ(RAM)をアップグレードすることができ、PCに取り付けられているよりも多くのメモリを取り付けることができます。デルPCでのメモリ(RAM)のアップグレードを検討する前に、お使いのデルPCに現在取り付けられているメモリ(RAM)の容量およびお使いのデルPCがサポートできるメモリの(RAM)の最大容量を確認することをお勧めします。お使いのデルPCのシステム構成およびメモリの仕様の詳細については、DellサポートWebサイトのユーザマニュアルを参照してください。

メモ: 一部のデル製ウルトラブックノートパソコンには、メモリ(RAM)が内蔵されているため、交換またはアップグレードすることができません。
メモ: メモリ(RAM)モジュールを購入する前に、お使いのデルPCで使用できるメモリのタイプ、メモリ(RAM)の最大容量、お使いのデルPCでサポートできるメモリモジュールの数を確認してください。

デルPC用のアップグレードコンポーネントを購入するには、デルWebサイトにアクセスしてください。

詳細については、デルのナレッジベース文書「コンピュータのメモリを増設する方法」を参照してください。

次の表に、サポートされるリリースのMicrosoft Windows 10、Windows 8または8.1、またはWindows 7のメモリ(RAM)およびアドレス空間の制限の仕様を示します。お使いのデルPCでサポートされているメモリ(RAM)の最大容量と、お使いのデルPCにインストールされているMicrosoft Windowsのバージョンでサポートされるメモリの容量を考慮することが重要です。

バージョン 32ビットバージョン(X86)の制限 64ビットバージョン(X64)の制限
Windows 10 Enterprise 4 GB 2 TB
Windows 10 Education 4 GB 2 TB
Windows 10 Pro 4 GB 2 TB
Windows 10 Home 4 GB 128 GB
Windows 8または8.1 Enterprise 4 GB 512GB
Windows 8または8.1 Professional 4 GB 512GB
Windows 8または8.1 4 GB 128 GB
Windows 7 Ultimate 4 GB 192 GB
Windows 7 Enterprise 4 GB 192 GB
Windows 7 Professional 4 GB 192 GB
Windows 7 Home Premium 4 GB 16 GB
Windows 7 Home Basic 4 GB 8GB
Windows 7 Starter 2 GB
Windows Vista Ultimate 4 GB 128 GB
Windows Vista Enterprise 4 GB 128 GB
Windows Vista Business 4 GB 128 GB
Windows Vista Home Premium 4 GB 16 GB
Windows Vista Home Basic 4 GB 8GB
Windows Vista Starter 1 GB

トップに戻る

従来のHDDには、駆動コンポーネントがあるので、ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)と比較して読み取りまたは書き込みの速度が遅くなります。ソリッド・ステート・ドライブは、データの読み取りまたは書き込みをより高速に行うことができ、消費電力が少ないのでノートパソコンのバッテリ寿命が長くなります。ソリッド・ステート・ドライブにアップグレードすると、パフォーマンスを大幅に向上させることができます。

デルPC上のHDDをアップグレードの前に、次の項目を検討します。

  • フォームファクタ - HDDには、デスクトップPCで使用される3.5インチドライブと、ノートパソコンで使用される2.5インチドライブの2つのフォームファクタがあります。
  • コネクタ - お使いのPCで使用可能なコネクタの種類を確認してください。IDEまたはS-ATA(シリアルATA)コネクタ(SATA-I、SATA-II、またはSATA-IIIコネクタ)です。
  • 容量 - お使いのPCでサポートされているHDDの最大容量を確認してください。

デルPC用のアップグレードコンポーネントを購入するには、デルWebサイトにアクセスしてください。


トップに戻る

情報ビデオ

システムのパフォーマンス改善 (Official Dell Tech Support) on YouTube

システムの速度の低下。Windows 8でのパフォーマンスの低下のトラブルシューティング - (2:56)


インターネットおよびネットワーク接続の速度の低下のトラブルシューティング - (1:51)

YouTubeの「How to Improve Computer Performance(コンピュータのパフォーマンスを向上させる方法)」(公式デル・テクニカル・サポート) - (2:55)英語のみ


記事ID: SLN171944

最終更新日: 2018/10/15 10:53


関連文書

この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。