Intel Smart Response Technology-Windows のセットアップ中にドライブが認識されない。

Intel Smart Response Technology-Windows のセットアップ中にドライブが認識されない。


Intel Smart Response Technology-Windows のセットアップ中にドライブが認識されない。

理由 / 問題 :

Intel Smart Response Technology-Windows のセットアップ中にドライブが認識されない。

知っておくべきこと:

期限付きライセンスです Windows セットアップ固定ドライブがアクセラレーション Intel SMaRT 応答が有効になっている場合は、システムにインストールされている HDD が検出されない場合があります。

ISRT windows のセットアップ中には BIOS で有効になっているときに期限付きライセンスですパーティションのドライブが認識されていません。

期限付きライセンスです方法 Windows セットアップでは、 OS の再インストール中にドライブが認識されない問題を解決するにはの手順で Windows7/8 です。

Intel 応答性テクノロジの概要

HDD オプション

要件

説明

BIOS の設定

アプリケーションの設定に使用される

Intel Smart Connect

1. SSD のみ

2. mSATA のみ

- 接続して継続的に更新されるときに、ノートパソコンがスリープ状態にするには、次の手順を実行します。

Intel Smart Connect : 有効

Intel Smart Connect

Intel Smart Response

1. HDD と SSD

2. HDD+mSATA

- キャッシュ /3X のパフォーマンスの最適化

- それを動的にファイル、データおよびアプリケーションの使用を監視して、頻繁に使われるコンテンツを SSD デバイスの迅速なアクセスを提供するための特別なパーティション上に保存するには、次の手順を実行します。

SATA Operation:ISRT

Intel Rapid Storage

Intel Rapid Start

3. HDD と SSD

4. HDD+mSATA

5. SSD のみ

6. mSATA のみ

- Windows 休止状態、再開時間と休止状態を向上させ、 ~2x でのような省電力を提供します。

Intel Rapid Start : 有効

Intel Raid Storage & Rapid Start

何が必要 :

オプション 1

1 です。 ISRT から BIOS で SATA 動作モードを AHCI に変更するには、次の手順を実行します。

2 です。 OS メディアを介して F12=Boot Options Win7/8 を起動するには、次の手順を実行します。

3 です。 Windows セットアップ中、すべてのドライブが検出されるはず。リストされているすべてのパーティションを削除します。パーティション分割を搭載していないのを示しているかを確認するには、次の手順を実行します。上のすべてのドライブが認識されました。Do しません続行しますが、システムを再起動します。

4 です。 ISRT BIOS に戻り、 SATA 動作モードから AHCI に変更します。

5 です。 OS メディアを介して F12=Boot Options Win7/8 を起動するには、次の手順を実行します。

6 です。 Windows セットアップ中、すべてのドライブは再び検出され、表示されているすべてのパーティションを削除します。パーティション分割を搭載していないのを示しているかを確認するには、次の手順を実行します。上のすべてのドライブが認識されました。

7 です。 続行を Windows のセットアッププロセスを完了します。

8 です。 ドライバを再インストールするには、次の手順を実行します。 ( チップセット、 NIC 、ビデオ、 オーディオ…ETC )

9 です。 Intel Rapid Storage ドライバをインストールするには、次の手順を実行します。

オプション 2

1 です。 BIOS で SATA 動作モードが ISRT に設定されていることを確認し

2 です。 OS メディアを介して F12=Boot Options Win7/8 を起動するには、次の手順を実行します。

3 です。 Windows セットアップ中、「 Shift 」 + 「 F10 ヒット " です。このコマンドプロンプトウィンドウが開き、次の手順を実行します。

4 です。 コマンドプロンプトからこれらのコマンドを入力するには、次の手順を実行します。

期限付きライセンスです Diskpart

期限付きライセンスです listdisk

期限付きライセンスです Disk0 を選択し、次の手順を実行します。

期限付きライセンスですクリーニング

期限付きライセンスですディスク 1 を選択

期限付きライセンスですクリーニング

5 です。 ドライブが検出されました。リストされているすべてのパーティションを削除します。パーティション分割を搭載していないのを示しているかを確認するには、次の手順を実行します。すべてのドライブで検出されました

6 です。続行を Windows のセットアッププロセスを完了します。

7 です。ドライバを再インストールするには、次の手順を実行します。 ( チップセット、 NIC 、ビデオ、 オーディオ…ETC )

8 です。Intel Rapid Storage ドライバをインストールするには、次の手順を実行します。

オプション 3

メモ : これはインターネット接続と USB サムドライブがある別のコンピューターを必要とするには、次の手順を実行します。

お客様 IRST サポート Web サイトから最新ドライバをダウンロードする必要があります

Inspiron7520SE

Inspiron 5523/15Z

[ ファイルを USB フラッシュドライブに解凍します。

1 です。 BIOS で SATA 動作モードが ISRT に設定されていることを確認し

2 です。 OS メディアを介して F12=Boot Options Win7/8 を起動するには、次の手順を実行します。

3 です。 Windows セットアップ中、「ドライバをロードをクリック」


4 です。 フラッシュドライブと参照用のラピッドストレージドライバを挿入し、をクリックして「 OK 」


5 です。 これにより IRST ドライバとインストールドライブが自動的に表示される

6 です。 続行を Windows のセットアッププロセスを完了します。

7 です。ドライバを再インストールするには、次の手順を実行します。 ( チップセット、 NIC 、ビデオ、 オーディオ…ETC )

8 です。Intel Rapid Storage ドライバをインストールするには、次の手順を実行します。

注 : これらのオプションはシステム固有であり、一部のオプションは一度に 1 つずつ一部の消費者向けシステムでは動作しないことがあり、上記のオプションをテストする必要があります。




Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN186214

最終更新日: 2018/03/26 16:00


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。