デルのISOからWindows 10をインストールする方法

デルのISOからWindows 10をインストールする方法





この文書では、「Windows 10のISOを使用したWindows 10のインストール」に関して説明します。


Microsoft Windows 10のISO。

デルからお客様に送付されるWindows 10のメディアはISO形式です。このISOリカバリメディアはデルのサポートWebサイトの「Drivers & downloads(ドライバおよびダウンロード)」セクションで、お使いのコンピュータのオペレーティングシステムのカテゴリから、またはデルサポート(デルのWindowsリカバリイメージ)のダイレクトリンクからダウンロードすることができます。このISOファイルはコンピュータのサービスタグに直接結び付けられてはおらず、Windows 10の再インストールが必要な場合や、デルの別のシステムにWindows 10をインストール/再インストールする必要がある場合に再度使用することができます。

メモ: Dell Windows 10メディアからインストールすると、ドライブのパーティションは出荷時のデフォルト状態にリセットされます。

Microsoft Windows 10のISOはWindows 10メディア作成ツールを使用してダウンロードすることもできます。DVDまたはUSBフラッシュドライブのいずれかを作成した後で、作成したWindows 10メディアで起動してWindows 10をインストールすることができます。

メモ: 以前に同じバージョンのWindows 10オペレーティングシステムを使用してアクティベーションされていないシステムにインストールする場合は、Windows 10をアクティブにするためにデジタル・プロダクト・キーが必要です。

ISOからのWindows 10のインストール。

次の手順では、デルのインストールメディアを使用したWindows 10のインストールについて順を追って説明します。

  1. 起動オプションにはUEFIブートが選択されていて、システムはUEFIモードである必要があります。  USBメディアは、UEFIブートが有効に設定されています。(図1を参照)

    図1- UEFIブートを選択。
     
  2. 言語を選択します。     (図2を参照)

    図2- 言語を選択。
     
  3. キーボードのレイアウトを選択します。  (図3を参照)。

    図3 - キーボードの言語を選択。
     
  4. 「トラブルシューティング」を選択します。  (図4を参照)。

    図4- ブートの「トラブルシューティング」オプションを選択。
     
  5. 「ドライブから回復する」を選択します(図5を参照)。

    図5- 「ドライブから回復する」を選択。
     
  6. どちらのオプションでもクリーンインストールを実行する必要があります(図6を参照)。
    メモ: 完全なクリーンプロセスを実行するには数時間かかることがあります。


    図6- 回復オプションのいずれかを選択。
     
  7. 「回復」ボタンをクリックすると、プロセスが続行します。  (図7を参照)。

    図7- 「回復」ボタンを選択。
     
  8. システムでイメージングプロセスが開始されます。このステップが完了した後は、一般的なWindowsのセットアップに進みます。(図 8 を参照してください。)

    図8- 回復プロセス開始。
     

PEコマンドプロンプトからの手動によるドライバのロード

メモ: ドライバのインストールを開始する前に、7zipなどのユーティリティを使用して、デルのサポートサイトからダウンロードした.exe形式のドライバファイルからインストールファイルを解凍してください。解凍先はWindows 10のインストールメディアとは別のUSBスティック上のフォルダにし、ドライバが必要なシステムにUSBが接続されていることを確認します。

この例では、以下の画像でIRSTドライバを使用しています。

  1. デルのWindows 10メディアで起動して、言語を選択してホーム画面を表示させます。(図9を参照してください。)

    図9- 「トラブルシューティング」オプションを選択。
     
  2. 「トラブルシューティング」、「詳細オプション」、「コマンド プロンプト」の順に選択します。(図10を参照)。

    (図10)- 「コマンド プロンプト」オプションを選択。
     
  3. 必要なドライバを含むドライブに移動し、「dir」コマンドを使用してドライブの内容を表示します。通常、D:、E:、またはF:ドライブです。(図12を参照してください。)

    図12- ファイルシステムを移動して、ドライバファイルの場所を特定。
     
  4. 「CD」コマンドを使用して、*.Infドライバの場所に移動します。必要に応じて「dir」コマンドを使用して、各フォルダの内容を確認します。(図13を参照してください。)

    図13- ファイルシステムを移動して、ドライバファイルの場所を特定(続き)。
     
  5. Windowsをロードするため、インストールされているデバイスに必要な.infファイルを探します。(図14を参照してください。)

    図14- ドライバ.infファイルを特定。
     
  6. 次のコマンドを使用して、システムに必要な適切なドライバをロードし、Enterキーを押します(図15を参照してください)。
    • Drvload.exe [.infパス/ファイル名]

    図15- infファイルを手動でロード。

     


記事ID: SLN300195

最終更新日: 2018/05/15 10:48


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。