ハードディスクからデータを消去する方法

ハードディスクからデータを消去する方法



記事概要:本ドキュメントでは、ハードディスクからデータを消去する方法について説明します。


DellではDellから購入したハードディスクのうち製品および見た目に欠陥があるものについて、お客様にて契約された保証に沿って修理交換します。お客様の保証内容についてはDellの保証ページをご参照ください。

データについて

Dellに返却されたハードディスク内のいかなるデータについても責任を負いませんが、データを上書きするか、場合によってはハードディスクを破壊するよう努めます。

メモ:ハードディスクまたはコンピュータに新品同様データを残さずデータを消去する方法はありません。Dellではお客様のセキュリティ・ニーズに関して助言すること、また特定のデータ消去方法の効果をその他の方法に優先してお伝えすることはありません。
警告:お客様のデータについてはお客様自身が責任を負います。製品をDellに発送する前に、製品に搭載されているハードディスクおよびその他のストレージデバイスのデータをバックアップしてください。機密、商標、個人情報はすべて移動してください。フロッピーディスク、CD、PCカード、USBメモリなどの取り外し可能なストレージデバイスはすべて取り外してください。万が一Dellにテープドライブ(やその他取り外し可能なストレージデバイス)が届いてしまった場合、Dellではデータを移動させることはできないため、お客様に返却するまで丁寧に取り扱うか、必要に応じてテープドライブを破壊させていただきます。お客様の機密、商標、個人情報について、データの破損または取り外し可能なメディアの紛失・破壊について責任を負いません。

ハードディスクのデータ消去

データを消去するには上書きする必要があり、一般的にワイピングまたはシュレッディングと呼ばれています。データの機密性や復旧の可能性に基づいてデータを安全に消去する方法を判断する必要があります。
必要な保護の程度を決定したら、次はワイプを実行するためのアプリケーションを選択します。フリーウェア、シェアウェア、市販など多くのアプリケーションがありますが、Dellでは特定のアプリケーションを推奨しておりません。またアプリケーション使用時の動作についても保証しておりません。各機能を必要に応じて比較してください。

メモ:Dellではこのアプリケーションについて個別に動作確認をしている訳ではなく、推奨しておりません。また、使用に関する責任を負いません。Dellではお客様にとって便利なアプリケーションとして紹介するためにのみリンクを提供しております。

消去レベル

データ消去の最初の段階はファイルの削除で、ドライブ上でのfdiskまたはformatの実行を含みます。ファイルを削除してもドライブから完全にデータを消去することはできず、特定のソフトウェアを使用することで回収できる場合があります。これはデータ消去の方法として最も広く使われています。

データ消去の次の段階は上書きで、一般的にレベル2ワイプと呼ばれています。アプリケーションによりファイルがあったディスク上の部分に上書きします。このデータ消去レベルにより、顧客または財政データに関わる家庭や小規模オフィスのユーザーのデータ消去が楽になります。レベル2ワイプではデータ復旧に複雑なツールを必要としますが確実に復旧することはできません。
また、ユーザーによっては以前の国防総省規格5220.22-Mを満たしている必要があります。市販のソフトウェアはこの規格を満たしています。

メモ:ハードディスクまたはコンピュータに新品同様データを残さずデータを消去する方法はありません。Dellではお客様のセキュリティ・ニーズに関して助言すること、また特定のデータ消去方法の効果をその他の方法に優先してお伝えすることはありません。





記事ID: SLN124840

最終更新日: 2019/11/06 06:26


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。