McAfee Endpoint Encryption for PCを使用しているLatitude E6420が起動しないことがある

McAfee Endpoint Encryption for PCを使用しているLatitude E6420が起動しないことがある


文書の概要: この文書では、McAfee Endpoint Encryption for PCを使用しているLatitude E6420が起動しない場合があることについて説明します。


目次:
  1. E6420が暗号化後に起動しない
  2. 解決方法

問題1.


E6420が暗号化後に起動しない



Latitude E6420で、McAfee Endpoint Encryption for PC(EEPC)バージョン5.2.0-5.2.9を使用してハードドライブを暗号化した後、Windowsが起動しないことがあります。
システムを再起動しても、画面に何も表示されません。

この問題は、BIOSで「SATA Operation(SATA動作)」設定が「RAID On(RAIDオン)」(IRRT)に設定されている場合のみ発生します。

BIOS SATA動作







問題2.


解決方法


この問題を解決するには、BIOSで「SATA Operation(SATA動作)」モードを「AHCI」に変更します。
この設定は、BIOSの「System Configuration(システム構成)」セクションにあります (上の図を参照)。

この問題は、McAfee社もEndpoint Encryption for PCバージョン5.2.10で解決しています。このバージョンは、有効な承認番号を使用して
McAfeeのダウンロードサイトからダウンロードできます。

この問題の詳細については、McAfeeの
文書を参照してください。






上記の手順で問題が解決しない場合は、 デルテクニカルサポートにお問い合わせください。

上記の文書に関してフィードバックをツイートしたりサポートをリクエストしたりするには、下のボタンをクリックしてください。




Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN155097

最終更新日: 2017/12/14 06:34


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。