デルノートパソコンのUSB PowerShare機能

デルノートパソコンのUSB PowerShare機能



文書の概要: デルノートパソコンのバッテリの電源を使用して、外付USBデバイス(携帯電話、ポータブル音楽プレーヤなど)を充電する方法


USB PowerShare[USBPowerShare]

 

メモ: この機能に対応しているシステムを特定する最も簡単な方法は、システムシャーシのUSBポートの横で稲妻またはバッテリのUSBマークを探すことです。  

新しい多くのノートパソコンのシステムでは、BIOSのUSB PowerShare設定はデフォルトで「Disabled(無効)」になっています。

 

次の図に示すような、稲妻アイコンまたはバッテリアイコンがあるUSBコネクタのみを使用できます。

 

USB PowerShare(稲妻アイコン)ポート USB PowerShare(バッテリアイコン)ポート
(図1 USB PowerShare稲妻アイコン) (図2 USB PowerShareバッテリアイコン)

 

メモ: BIOSを開くには、システムをオンにした後、デルのロゴが表示されている間にキーボードのF2 キーをタップします。

 

この機能は、「On Board Devices(オンボードデバイス)」という見出しの下にあるシステムセットアップで有効になります。バッテリ電源をどの程度使用できるようにするかを選択できます(次の図を参照)。USB PowerShareを25 %に設定した場合、外付デバイスは、ノートパソコンのバッテリが最大容量の25 %に達するまで充電できます

(例えば、ノートパソコンのバッテリ電源の75 %までが使用されます)。

 

メモ: システムのBIOSリビジョンによっては、次の設定メニューが異なる場合があります。BIOS設定メニューの「Onboard Devices(オンボードデバイス)」または「System Configuration(システム構成)」を探します。次の2つのスクリーンショットでは、メニューのレイアウトとUSB PowerShare設定オプションの文言が異なっています。「USB PowerShare」または「USB Configuration(USB設定)」オプションを探します。

 

「USB PowerShare」(電源共有)BIOS画面

(図3「USB PowerShare」BIOS画面)

 

このオプションを「Disabled(無効)」に設定するとUSB PowerShare機能はオフになり、USB PowerShareポートに接続されたデバイスは、システムが低電力状況になったときに充電されません。その他のいずれかの設定を選択するとこの機能は有効になり、USB PowerShareポートに接続されたUSBデバイスの充電を終了する、システムのバッテリ容量レベルを指定します。

 

メモ: PowerShareがデバイスに電源を投入するのは、システムがバッテリ電源のみで稼働しており、システムが「低電力状況」(スタンバイ)モードにあるときのみです。

S1(電源オン) - USB電源はデフォルトでACまたはバッテリのみでオンになります。
S3(スタンバイ) - バッテリまたはAC。
S4/S5(休止状態/電源オフ) - ACのみ。

システムのモデルとBIOSリビジョンによっては、バッテリの放電は50 %までしか許容されず、その時点でPowerShare機能は無効になります。

 

また、「USB Configuration(USB設定)」の各オプションが有効になっており、チェックマークが付いていることも確認してください(システムのモデルとBIOSリビジョンによっては、次の画面のように表示されます)。

BIOSの「USB Configuration(USB設定)」画面の画像

(図4 BIOSの「USB Configuration(USB設定)」画面の画像)

 

メモ: Latitude E6510は、USB PowerShare機能をサポートしていません。

リリース時点では、オンラインマニュアルとBIOSに、この機能が利用可能であると示されている可能性があります。このモデルではサポートされないため、マニュアルとBIOSは、この点を反映するように今後更新される予定です。

 


USBポートで診断テストを実行する

USBポートに問題がある場合は、「診断」ページを開いて画面の指示に従います。
 





記事ID: SLN155147

最終更新日: 2018/03/14 03:44


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。