[OMSA] VMware ESXi 5.xまたは6.x環境のPowerEdgeサーバーにおけるコマンドラインによるOMSA VIBプラグインインストール手順

[OMSA] VMware ESXi 5.xまたは6.x環境のPowerEdgeサーバーにおけるコマンドラインによるOMSA VIBプラグインインストール手順


FAQ TOPに戻る



本ドキュメントでは、OpenManage Server Administrator(以下OMSA)をVMware ESXi 5.0が動作しているPowerEdgeサーバーにインストールするためのダウンロード情報について説明します。

メモ:VIBのグラフィカルインストールについてはHOW10613の記事で説明しています。

ESXiホストにOMSAをインストールするには、以下の2つの部分があります。
  • ホストにインストールされたvSphere Installation Bundle(VIB)
  • ESXiホスト上のVIBの情報にアクセスするためにWindowsシステムにインストールされた管理対象ノードで、ESXiホスト上のVIBのインストールを完了するには再起動が必要です。


ESXi 5.0または6.0へのOMSA VIBインストール手順


  1. Dellダウンロードサイトのシステム管理セクションより最新バージョンのOMSAをダウンロードします。サービスタグを入力するかお使いのモデルを選択し、ドライバおよびダウンロードセクションにアクセスします。
  2. VMwareホスト上で現在動作しているOMSAのバージョンがないことを確認します(図1、英語のみ)。
    esxcli software vib list |grep OpenManage

    図1:OMSAがインストールされていないことを確認

  3. WinSCPまたはそれに近い方法を使用し、VIBオフラインバンドルを/var/log/vmwareにコピーします(図2、英語のみ)。

    図2:VIBバンドルのコピー

  4. 以下のコマンドを使用してVIBをインストールします(図3、英語のみ)。
    esxcli software vib install -d OM-SrvAdmin-Dell-Web-7.2.0-6870.VIB-ESX50i.zip --no-sig-check

    図3:VIBのインストール

  5. ホストを再起動します。
  6. OMSA VIBのインストールが完了したことを確認します(図4、英語のみ)。
    esxcli software vib list |grep OpenManage

    図4:インストールの確認

VIBのインストールが完了すると、リモートのOpenManage Server Administratorインストールから、または直接OpenManage Essentialsからアクセスできるようになります。

関連リンク

FAQ TOPに戻る


[ダウンタイムをより少なくしたいお客様へ]
[解決までの工数をより少なくしたいお客様へ]

デル・サポートアシストは障害通知と診断情報の収集・送付を
24時間365日自動で行います!
詳細はこちら



 コメント募集中!
この記事に関するご意見、ご要望をページ下部のコメント欄よりお寄せください。
記事編集者にてコメントを確認し記事の改善に役立てさせていただきます。
*コメント欄では製品に関するお問い合わせは受け付けておりません。お手数ですが弊社テクニカルサポートまでご連絡ください。


記事ID: SLN156156

最終更新日: 2018/09/18 10:42


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。