Dell™ XPS 12 9250タブレットの充電および電源の投入

Dell™ XPS 12 9250タブレットの充電および電源の投入


メモ: 配送中にバッテリが放電していることもあるので、タブレットを起動する前にバッテリの充電が必要になる場合があります。

Dell™ XPS 12 9250のUSB-Cコネクタは、データ転送またはAC電源のいずれかをサポートしますが、両方同時にはサポートしません。 コンピュータのUSBポートに接続すると、自動的にデータ転送モードに切り替わり、バッテリは充電されません。 デバイスを充電するには、常にデバイス付属のAC電源アダプタとUSB - USB-Cケーブルを使用します。 USB-Cは左側にあります。

LEDステータス 意味
白に点灯 バッテリの充電中。
オレンジに点灯 タブレットの電源が入った状態でバッテリレベルが低下している。または、接続されてスタンバイ状態 - 画面はオフでも、タブレットの電源は入っている
消灯 バッテリは充電中ではない。または、バッテリは完全に充電されている。
オレンジで点滅 バッテリがほとんどなく、電源を入れられるだけ十分に充電されていない。 この状態のときに電源ボタンを押すと、LEDが3秒間オンになり、その後オフになります。 タブレットの充電を続けてください。

通常、バッテリのフル充電には約4時間かかります。 受電ステータスは、オペレーティングシステム内から確認できます。

メモ: XPS12の使用とトラブルシューティングの詳細については、「XPS 12マニュアルページ」を参照してください。

タブレットの電源をオンにするには、Webカメラが上に来るようにタブレットを横にして持ち、右端の上部近くにある電源ボタンを3〜5秒間長押しします
警告:バッテリは、周辺温度が0° C(32° F)から35° C(95° F)までの範囲内で充電してください。 タブレットの充電には、付属の電源アダプタ以外を使用しないでください。 他の電源アダプタやマイクロUSBケーブルを使用すると、タブレットが破損する場合があります。



記事ID: SLN300267

最終更新日: 2015/12/01 12:30


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。