Windows 7 インストールメディアにUSB3.0ドライバ・IRSTドライバを組み込む手順

Windows 7 インストールメディアにUSB3.0ドライバ・IRSTドライバを組み込む手順



はじめに

SkylakeプラットフォームはUSB3.0をサポートしていますが、USB2.0をサポートしておりません。
そのため、USB3.0をサポートしていないWindows 7のインストールを、正常に実施できない場合がございます。
具体的には下記のような状況が発生いたします。
・インストール中、USBストレージデバイスが認識されない
・USB接続の外部オプティカルドライブを使用してのインストールができない


Windows 7 メディアにUSB3.0のドライバを追加した、カスタマイズメディアを作成することで、このような状況を回避することが可能です。
また、需要が多いため、NVMe SSD搭載しているコンピューターに必要なIRSTドライバの取り込む手順も一緒に記載しました。

メディア作成するためには、2層式DVDメディア、もしくは容量が8GB以上のUSBメモリキーが必要となります。





事前準備1: Windows ADKのインストール

カスタマイズメディアの作成には、Windows ADKを使用します。
事前に下記よりダウンロード&インストールを実施しておいてください。

Windows ADK 8.1 update
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=39982

インストール時に選択する機能は、「Deployment Tool」と「Windows Preinstallation Environment (Windows PE)」です。





事前準備2: USB3.0(xHCI)ドライバの準備

1. DellサポートサイトよりUSB3.0ドライバをダウンロードします。
※通常はドライバダウンロードページのチップセットのカテゴリーにあります。

2. ダウンロードしたドライバファイルを実行して、下記の画面が表示されたら、 [EXTRACT] をクリックしてください。



3. 
展開先を選択します。
  Cドライブを選択して、 [新しいフォルダーの作成] をクリックします。



4. 
新しいフォルダーの名前を、「usb」に変更して[OK]をクリックします。





5. 
下記の画面が表示されたら、 [CLOSE] をクリックします。






事前準備 3: IRSTドライバの準備

1. DellサポートサイトよりIRSTドライバをダウンロードします。
※ IRSTはIntel Rapid Storage Technologyの略です。通常はドライバダウンロードページのシリアルATAのカテゴリーにあります。

2. ダウンロードしたドライバファイルを実行して、下記の画面が表示されたら、 [EXTRACT] をクリックしてください。



3.  展開先を選択します。Cドライブを選択して、 [新しいフォルダーの作成] をクリックします。

4. 新しいフォルダーの名前を、「IRST」に変更して[OK]をクリックします。

5. 下記の画面が表示されたら、 [CLOSE] をクリックします。




カスタマイズメディア作成手順

1. 
任意の場所に3つのフォルダを作成します。ここでは例としてCドライブ直下に、「win7」、「iso」、「mount」という3つのフォルダを作成することとします。



2. 
win7」フォルダ内に「media」という名前のフォルダを作成します。

※ フォルダ名は必ずmediaにしてください。



3. 
お手持ちのWindows 7 インストールメディアをエクスプローラーで開き、中にある全てのファイルを「media」フォルダ内にコピーします。



4. 
「展開およびイメージングツール環境」を、右クリックメニューの「管理者として実行」から起動します。

※ プログラムの場所は、すべてのプログラム>Windows KitsWindows ADK>展開およびイメージングツール環境 です。



5. 
WinPE環境を作成します。下記のコマンドを入力してEnterキーを押してください。

copype amd64 c:\winpe_amd64

完了したら、Successと表示されます。



6. 
Cドライブ直下に作成された、「winpe_amd64」フォルダを開きます。



7. 
fwfiles」フォルダを、先ほど作成した「win7」フォルダ内にコピーします。

※「win7」フォルダ内には、「fwfiles」と「media」の2つのフォルダが配置されることになります。



8. 
boot.wimファイルをマウントします。「展開およびイメージングツール環境」で下記のコマンドを入力してEnterキーを押してください。

dism /mount-image /imagefile:c:\win7\media\sources\boot.wim /index:2 /mountdir:c:\mount



9. マウントが成功したら、xHCIのドライバを、指定の場所にコピーします。下記のコマンドを入力してEnterキーを押してください。

xcopy c:\USB\Drivers c:\mount\$winpedriver$ /e

「受け側のファイル名ですか、 またはディレクトリ名ですか (F= ファイル、D= ディレクトリ)?」と表示された場合は[D]キをー押してください。



10. IRSTのドライバを指定の場所にコピーします。下記のコマンドを入力します。

xcopy c:\IRST\Drivers c:\mount\$winpedriver$ /e

11. コピーが成功したら、マウントを解除します。下記のコマンドを入力してEnterキーを押してください。

dism /unmount-image /mountdir:c:\mount /commit

mountフォルダを開いているとマウントの解除に失敗します。mountフォルダは開かないようにしてください。



12. 
イメージの保存とマウントの解除が成功したら、ISOイメージを作成します。下記のコマンドを入力してEnterキーを押してください。

makewinpemedia /iso c:\win7 c:\iso\win7.iso

完了したら、Successのメッセージが表示されます。

USBメモリキーをインストールメディアとして利用したい場合は、この手順は実行せず、手順⑭に移動してください。



13. 
iso」フォルダ内に、win7.isoというISOイメージファイルが作成されています。
   このISOイメージをDVDメディアに書き込めば完成です。

※ 作成されたISOイメージファイルのサイズが4.4GBを超える場合、2層式のDVDメディアが必要になります。






USB メモリキーを使用してWindowsのインストールを行う場合

Windowsをインストールすることができる、USBメモリキーを作成することも可能です。
8GB以上のサイズのUSBメモリキーをPCに接続して、ドライブレターを確認してください。
ここでは「F」ドライブとして認識していると仮定して進めます。
USBメモリキーに保存されているデータはすべて消去されます。

14. 
手順11まで完了したら、下記のコマンドを入力してEnterキーを押してください。

MakeWinPEMedia /ufd C:\win7 F:



15. 
USBメモリキー内のデータが消去されることについての警告メッセージが表示されます。消去してインストールメディアの作成を続行するならキーボードの [Y] キーを押してください。



16. 
コピー後、Successのメッセージが表示されれば、USBメモリキーのWindows7インストールメディアの完成です。



インストールメディアの作成の作業終了後、手順内で作成したフォルダ(usb、win7isomountwinpe_amd64)やファイルは不要であれば削除することが可能です。


Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN301483

最終更新日: 2018/03/16 02:31


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。