Office 2016 プリインストール版 アクティベーション方法(Windows 10)

Office 2016 プリインストール版 アクティベーション方法(Windows 10)




はじめに

  • Windows 10 Fall Creators Update 以降が搭載された PC にプレインストールされた Office 2016 は、Windows 10 ストアアプリ版 Office 2016 がプレインストールされています。
  • Office 2016 の再インストールは、Windows 10 の "Microsoft Store" アプリからインストールします。
  • 再インストールには、インターネット接続と初回セットアップで使用した Microsoft アカウントが必要となります。

Windows 7及び8.1向けの手順は現在確認中です。確認でき次第公開予定です。


参考資料


[Microsoftサイト] プレインストール版 Office 2016 セットアップ (Office Home and Business 2016 の場合)
[Microsoftサイト] プレインストール版 Office 2016 再インストール

目次


大まかな流れ
プリインストール状態(アクティベーション前)
Officeソフト起動画面(アクティベーション前)
アクティベーション処理
アクティベーション処理後に残ったその他のOfficeアプリとアンインストール方法について

大まかな流れ


プリインストール版Office2016アクティベーションの大まかな流れは、以下の通りとなります。各Editionで使用可能なOfficeアプリは マイクロソフトサイト をご覧ください。



プリインストール状態(アクティベーション前)


『スタートメニュー』 → どのバージョン/エディションでも、Accessやpublisher、PowerPointなど全てのストアアプリが含まれています。




『アプリと機能』 → 「Microsoft Office Desktop Apps」「OneDrive」の表記のみあります。
【重要】Office2016やOffice365といった表記はありません。これは、プリインストールOfficeが、ストアアプリであることを意味しています。




『プログラムと機能』 → こちらには、「Microsoft OneDrive」のみ表記されています。
【重要】ここにも、Office2016やOffice365といった表記はありません。これは、プリインストールOfficeが、ストアアプリであることを意味しています。



Officeソフト起動画面(アクティベーション前)


アクティベーション前に、何らかのOfficeアプリを起動すると、プロダクトキー入力を求められます。(どのOfficeアプリを起動しても同様です)




右上の「×」で画面を閉じると、次の画面になります。
※プロダクトキーを入力して、アクティベーション処理を完了させなくても、画面に表記されている期日までは、フル機能を使用することが可能です。



アクティベーション処理


何かしらのOfficeアプリを起動後、「プロダクトキーを入力します」画面が表示されたら、付属のMPIカードに記載されているキーを入力して、「Officeをライセンス認証」ボタンをクリックします。



入力したプリダクトキーが通ると、次の画面になります。「同意して(起動のOfficeアプリ名)を開始する」をクリックします。
※表記される内容は、購入したOffice2016エディションによって変わります。




アクティベーション完了後、以下のライセンス認証ウィザード画面が表示されます。ネットもしくは 電話いずれかの方法を選択して、ライセンス認証を行います。
※このライセンス認証を完了させないと、初回起動時から30日後にフル機能が試用できなくなります。(右図は、「アカウント」情報の画面となります)




アクティベーション処理後に残ったその他のOfficeアプリとアンインストール方法について


以下のOfficeアプリを指します。
 Office 2016 Personal → Access、Publisher、Power Point
 Office 2016 Home & Business → Access、Publisher

これらのOfficeアプリは、アクティベーション完了後も、システムに残ったままとなります。これは"デザイン"です。
表示や印刷用として使用する目的として残ります(ライセンスキー入力→認証直後にも、その旨の画面説明がでてきます)

例)Office 2016 H&B構成でアクティベーションした場合 → AccessとPublisherについては、表示と印刷のみ使用可と表示があります。



こちらのOfficeアプリは、ストアアプリですので、個別にアンインストールすることが可能です。
スタートメニューから、アンインストールしたOfficeアイコンを右クリック → アンインストールを選択してください。




※「Microsoft OneDrive」に関しては、「アプリと機能」もしくは「プログラムと機能」よりアンインストール実施してください。

記事ID: SLN304490

最終更新日: 2018/02/23 02:03


関連文書

この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。