VMwareが実行されているPowerEdgeサーバでファームウェアおよびドライバをアップデートする方法

VMwareが実行されているPowerEdgeサーバでファームウェアおよびドライバをアップデートする方法


この文書では、VMware ESXiで動作する複数のPowerEdgeサーバのメンテナンスおよびアップデートに関するベースラインについて説明します。

サーバで、ドライバとファームウェアをアップデートできます。違いについて詳しくは、文書SLN300662を参照してください。 
 

 

メモ: アップデートを行う前に、VMware互換性マトリックスを確認してください: https://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php

 



ドライバはVMwareから入手します。デル・サポート・サイトにはリストされていません。  デルのWebサイトで入手できるのは、Windowsおよび認定Linux用のドライバに限られます。ドライバをアップデートするには、VMware Update Managerを使用してください。

ファームウェアはデルが提供しています。アップデートする方法はいくつかあります。

ESXiサーバの電源をオフにできる場合は、Dell ISOアップデートを使用することをお勧めします。このファイルから起動すると、すべてのファームウェアが自動的にアップデートされます。ダウンロード用のリンクと手順は、文書「SLN296511: ブータブルメディア/ISOによるDell™ PowerEdgeサーバのアップデート」に記載されています。 
また、iDRAC Webインターフェイスを使用すれば、ファームウェアを1つずつアップデートできます。

複数のサーバを管理している場合は、デル管理ツールOpenManage Essentialsの使用を推奨します。複数のサーバを同時に検出、モニタ、アップデートできます。リモートiDRACとの接続が確立され、リモートサーバを管理できます。OMEの詳細は、「SLN129295: Dell™ PowerEdgeサーバでのiDRACおよびシステム管理オプションの設定方法」に記載されています。 
 

 

Need more help?
Find additional PowerEdge and PowerVault articles

Visit and ask for support in our Communities

Create an online support Request


記事ID: SLN306255

最終更新日: 2018/03/22 18:47


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。