USBデバイスのパフォーマンスを最適に確保する方法

USBデバイスのパフォーマンスを最適に確保する方法




USBデバイスユーザーのためのベストプラクティス

この文書では、USB(ユニバーサルシリアルバス)デバイスが最適に機能することを確実にするベストプラクティスについて、いくつか説明します。
  • システムをUSBデバイス(メモリキー、USBフロッピードライブ、USB HDD、光学USBドライブ等)から起動する場合、そのデバイスはUSBハブではなく、システムの背面パネルのルートポートに接続してください。USBハブにUSBブータブルデバイスを接続すると、デバイスの検出時間と電源がオンになるまで時間がかかり、ブートプロセスがタイムアウトすることがあります。

  • ブートプロセス中のデスクトップシステムにおけるUSBルートポート検出の順序は以下の通りです。


    1. 背面パネルの4スタックUSBポート(下から上へ)。
    2. システム前面パネルの2ポート。
    3. 背面の2スタックUSBポート。

  • USBデバイスを、システムの別のデバイスと同じ機能にサービスを提供するレガシーATAPI/EIDEデバイス(USB光学ドライブやATAPI/EIDE光学ドライブ等)に接続する場合、システムBIOSは、レガシーATAPI/EIDEデバイスをより優先度の高いデバイスとして扱い、最初に検出/列挙します。このような状況が発生した場合、レガシーデバイスは、システムBIOSで最初に無効にしてください。

  • DOS環境で起動する場合、USBブートデバイス、キーボード、およびマウスのみをシステムルートポートに接続することが推奨されています。キーボードまたはマウスを、別のUSBハブ(特にUSB 2.0仕様のハブ)またはシステム前面のUSBコネクタに接続しないでください。キーボードおよびマウスは通常USB 1.0/1.1デバイスであり、その動作は2.0デバイスよりも遅くなります。これらのハブでキーボードやマウスを検出するには時間がかかるため、ブートプロセス中にシステムロックとなる可能性があります。

  • 一部のUSBデバイスは、Microsoft® Windows® XPまたはWindows 2000オペレーティングシステムに対してドライバネイティブではありません。最適な機能を利用するには、ユーザーはベンダー固有のドライバをインストールする必要があります。その他のオペレーティングシステムに対するドライバの可用性を常に確認するようにしてください。Windowsに対応するネイティブドライバではないUSBデバイスをインストールする際は、デバイス製造元の手順に注意深く従ってください。デバイスをUSBポートに初めて挿入する前にドライバをインストールする必要がある場合は特に、注意を払って手順を実行してください。

  • 一部のUSBデバイスやプロトコルは検証されていません。デル製システムでの使用が検証済みの最も一般的なプロトコルは、USBでのSCSIおよびATAPIです。

  • USBメモリキーをフロッピードライブのないシステムに接続した場合、Norton Antivirus(またはその他のウイルス対策プログラム)により、メモリキーがフロッピードライブと誤認識され、システムを適切にシャットダウンができなくなることがあります。システムをシャットダウンする前に、USBキーを取り外してください。


  • デルのすべてのフラットパネルモニタのUSBハブは、USB 2.0仕様に対応します。

  • 非ブータブルUSB 2.0デバイスをブータブルUSB 1.1デバイスと同時にシステムに接続すると、システムはUSB 2.0デバイスを先に検出しますが、起動に失敗します。USB 2.0を起動デバイスとして使用するか、接続したUSB 1.1デバイスで起動する前にすべての非ブータブルUSB 2.0デバイスを取り外してください。 

USBバージョン ロゴ リリース情報
USB 1.0
  • USBの最初のリリース
  • 12 Mbpsの転送速度
USB 1.1
  • 「フルスピードUSB」としても呼ばれている
  • ハードウェアと仕様の一部が変更。
  • このバージョンのUSBは、引き続き12 Mbpsの速度のみをサポート。
USB 2.0
  • 「高速USB」
  • 最大480 Mbpsの転送速度に対応。
  • 下位互換性 (USB 1.0およびUSB 1.1デバイスとケーブルにも対応)
表1:USBバージョンの履歴


 
Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN30966

最終更新日: 2014/05/08 00:00


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。