Dell™ PowerEdgeサーバ - FAQ

Dell™ PowerEdgeサーバ - FAQ


このページには、デル・テクニカル・サポートで受けるDell™ PowerEdgeサーバに関するよくあるお問い合わせ(FAQ)への回答が記載されています。デルのサービス、ベストプラクティス、および解決策や回避策の詳細情報へのリンクに関する情報を提供しています。コンテンツをリクエストするには、次のフォームを使用してください。

 

メモ: デルは、多くの最新マイクロプロセッサーに影響をおよぼすMeltdownおよびSpectreとして知られている新たなサイドチャネル解析の脆弱性について把握しています。現在、インテルおよび業界他社と協力して、問題の解決にあたっています。詳細については、www.dell.com/support/meltdown-spectreまたは「Dell EMCサーバ、Dellストレージ、ネットワーキング製品」を参照してください。

 

 
 

 
 

「Premium Selection(プレミアムセレクション)」には、特別な価値のある情報が記載されている文書が収録されています。

 
 



1.CPU内部エラー(IERR)およびCPUマシン・チェック・エラーのトラブルシューティングを行う方法を教えてください。
 

CPU内部エラー(CPU IERR)またはCPUマシン・チェック・エラーは通常、CPU自体のエラーではなく、CPUがシステムのエラーを検知したこと、またはシステムコンポーネントから誤った指示を受信したことを示しています。理論的には、どのシステムコンポーネントも原因になり得ますが、多くの場合メモリエラーが原因です。

CPU IERRに関する詳細情報は、この問題に特化した文書「PowerEdgeシリーズにおけるCPU Internal Error(CPU IERR)トラブルシューティング」で入手できます
 



2.保証外のサーバ - サポートリソースはどこにありますか?
 

PowerEdgeサーバの保証終了後に、問題が発生したのですか? あるいは、単に増設ハードウェアでシステムをアップグレードしたいのですか?  

有効なサポート契約なしでPowerEdgeサーバのトラブルシューティングを行う場合、契約オプションとリソースについては、保証外サーバの専門文書を参照してください。
 



3.デル・テクニカル・サポートにファイルを手動でアップロードする方法
 

詳細なトラブルシューティングを行うために、デル・テクニカル・サポートへの追加データの送信が必要な場合があります。システムレポート、画像、またはその他のファイルをデルに送信する場合は、Dell TechDirectのファイルアップロード機能をお使いください。この機能を利用するための事前登録の必要はありません

次の場合にDell TechDirectファイルアップロードを使用します。

  • 関連システムまたは管理ツール(例: SupportAssist)のインターネットアクセスがない。

  • デル・テクニカル・サポートで8 MB(Eメール添付の制限値)よりも大きいファイルを取得するよう依頼された場合。

  • ファイルを提供するその他の方法が以前に失敗した場合。

アップロードプロセスの手順の詳細については、このトピックに特化した文書「ファイルをデル・テクニカル・サポートに手動でアップロードする方法(英語)」を参照してください。



4.SAS PERCコントローラから報告された「外部設定」エラーを修正する方法
 

SAS PERCコントローラから報告される「外部設定」エラーを修正するには、次の手順を実行します。

  1. インストールされているすべてのコントローラが認識されていることを確認します。
  2. SASのすべてのケーブルが正しくルーティングされ、しっかりと接続されていることを確認します。
  3. 再起動し、SAS PERC BIOSに入ります。
  4. BIOSで、SAS PERCコントローラの外部設定をインポートします。
  5. 再起動し、SAS PERC BIOSに入ります。
  6. SAS PERC BIOSの[Controller Management view]で、適切なブータブル仮想ディスクを選択。
  7. BIOSでブート順序の設定を確認します。
  8. SAS PERC BIOSで仮想ディスクの整合性チェックを実行します。

エラーは、OpenManage Server Administrator(OMSA)からもクリアすることができます。コントローラでRAID構成と残りのアレイの不一致または同期のずれが検出されると、常に外部とマークされます。  これは、ドライブを別のコンピュータに移動するときに最も一般的に発生しますが、ドライブがオフラインになった場合にも発生する可能性があります。ドライブは、障害が発生したため、または障害が発生しているためにオフラインになった可能性があり、またファームウェアで不測の事態が発生した可能性もあります。

HDDおよびRAIDのトラブルシューティングステップの詳細については、次の記事を参照してください。
サーバの操作方法に関するページ: RAIDおよび物理ディスク
 



5.デルドライバおよびファームウェアアップデート通知を受け取るためのサブスクリプションの方法を教えてください。
 

お使いのデルシステムの最適な性能と安定性を維持するため、ドライバやファームウェアの最新アップデートについて知ることは重要です。

デル・テクニカル・アップデート通知は、リリースに関する情報が公開されるとすぐにその情報を受け取ることができ、とても便利です。

 

通知の作成の詳細については、次の記事を参照してください。
デルドライバおよびファームウェアアップデート通知を受け取るためのサブスクリプション
 

 
 

「Classics(クラシック)」は、サーバの世代にかかわらず、よくあるお問い合わせに対する回答が記載された文書です。

 
 



1.サービスタグとは何ですか。また、システムのどこで見つかりますか。
 

デル・サービス・タグは、各デル製品に一意の7文字の識別子です。サービスタグのほかにも、サービスタグを10桁の数字で表したエクスプレス・サービス・コードがあります。
デル側でお客様のシステムを識別するために、デル・テクニカル・サポートでサービスリクエストを開くには、これらのタグのうち1つが必須となります。

サービタグの確認方法については、次の文書を参照してください。
デルのサーバまたはストレージシステムでサービスタグおよびエクスプレス・サービス・コードを見つける方法(英語)
 



2.サーバをアップデートする方法を教えてください。
 

更新プログラムは、機能セット、寿命、またはパフォーマンスを拡張し、重大なエラーを修正するために使用するソフトウェアファイルです。加えて、システムアップデートの実行は、不具合に対してトラブルシューティングを行う最初のステップの1つです。

Dell PowerEdgeサーバをアップデートする複数の方法の詳細については、次の記事を参照してください。
マニュアルメンテナンス: Dell PowerEdgeサーバのアップデートおよびその他のメンテナンス
 



3.サポートリクエストを開く方法を教えてください。
 

サポートリクエストを開くためにデル・テクニカル・サポートに問い合わせる方法はたくさんあります。例えば、Dell SupportAssistツールは、管理対象システムで不具合が発生すると、デルのサポートチームに自動で通知されます。有効なサービス契約がないシステム、またはハードウェア障害以外の質問の場合は、Twitterまたはデルのコミュニティからお問い合わせされることをお勧めします。

デル・テクニカル・サポートでサービスリクエストを開く複数の方法の詳細については、次の記事を参照してください。
インシデントを開く方法: オンライン(英語) 
インシデントを開く方法: 電話(英語)
 



4.デルシステムの所有権を変更する方法を教えてください。
 

最初に登録された所有権情報を変更する主な理由には、次の2つがあります。

  • お客様は最近中古のデル製品を購入または入手されたために、所有者が変更になった
  • システムが別の国に永続的に再配置または移動された

システムを永続的に再配置する場合(6か月以上)、システム購入時(POS)に購入したサービス契約は、そのシステムを購入した国においてのみ有効です。

システムを移動したという通知をデルに頂けば、移動先の国でサービスが利用できる場合は、そのサービス契約を移動します。修理工場返送サービス、コンプリート・ケア、当日対応、およびパーツ発送の保証契約は、その保証契約を購入した地域以外への移動ができない場合があります。詳細については、契約内容をご確認ください。

  1. サポートWebサイトの上部バナーから「サポート」をクリックします。「保証」を選択して、メニューから「所有権の移動」を選択します。

  2. ページの下部で、「Detect Your Product(製品の検出)」ボタンを使用するか、サービスタグを手動で入力します。最大5個までのサービスタグを追加する場合は、「Add Another Product(異なる製品の追加)」を押します。準備が完了したら「Continue(続行)」を押します。10個以上のタグの場合は、米国向けは「U.S. Bulk Transfer(米国への一括移動)」を使用するか、所有権移動ページで「International Bulk Transfer(国外への一括移動)」を使用します。

  3. 「Previous Owner Details(以前の所有者情報)」にできるだけ多くの情報を入力するか、フィールドの入力がオプションではないが必要な情報がない場合は、「Unknown(不明)」と入力して続行します。お客様が提供した情報の詳細を明確にするため、連絡が入る場合があります。

メモ: 詳細が不完全または誤っている場合は、お客様のリクエストの処理が遅れるか、所有権の移動が拒否される場合もあります。
  1. 「New Owner Details(新しい所有者の詳細)」に情報を入力します。次に「Continue(続行)」をクリックします。

  2. 「Review(確認)」ページでは、「Submit(送信)」を押す前に、詳細を確認してエラーを編集できます。

  3. 次のページは、「Ownership Transfer End User Agreement(所有権移動のエンドユーザー契約)」です。契約条件に同意する場合は、「Yes, I Agree(はい、同意します。)」を押します。

  4. 最後は確認ページです。必要に応じて、「Transfer Another Product(その他の製品の移動)」ボタンを押してさらにシステムを移動することができます。

移動プロセスに関するその他の質問内容については、次の記事を参照してください。
デルサーバの所有権を変更する方法
 



5.SATA HDDの保証は、その他のタイプのHDDと同じですか。
 

いいえ、違います。デルのハードウェア限定保証で説明されているように、SATA HDDには1年間のハードウェア限定保証のみが付帯されています。

PowerEdgeおよびDell™ PowerVaultシステムのシリアルATA(SATA)ハードドライブには、システム保証にかかわらず、1年間のハードウェア限定保証が付帯されています。Dell ProSupport、Dell ProSupport Plus、およびDell ProSupport Flexサービスなどの提供サービスが利用できる場合もあり、有償でSATAハードドライブのサービス期間を延長できます。
 

メモ: この制限は、KYHD(ハードドライブ返却不要)サービスのあるシステムは対象外です。

 
 

「Hot Topics(ホットトピック)」は、現在よくある質問に対する回答が記載された文書が収録されています。

 
 



1.USB 3.0搭載のDell PE R230、R330、T130またはT330にWin Server 2008 R2SP1をインストールする方法を教えてください。
 

デルの第13世代のPowerEdgeサーバモデル(R/T/M/FX)430以降には、USB 2.0およびUSB 3.0が搭載されています。BIOSには切り替えスイッチがあり、USB 2.0またはUSB 3.0の使用を選択できます(工場出荷時のデフォルトは2.0)。

PowerEdgeサーバモデル(R/T)330以前では、USB 3.0のみが搭載されています。

BIOS設定および以前のバージョンのWindowsをインストールするための準備ステップの詳細については、次の文書を参照してください。
Dell R230、R330、T130、T330で使用するUSB 3.0ドライバをWindows Server 2008 R2SP1に導入する方法(英語)
 



2.ファームウェアのアップデート後にOMEでiDRACまたはCMCのステータスが「不明」になるのはなぜですか?

Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)とDell Chassis Management Controller(CMC)の最新ファームウェアバージョンは、デフォルトの通信プロトコルとしてTLS 1.1をサポートします。Dell™ OpenManage Essentials(OME)がインストールされているブラウザまたはオペレーティングシステムがTLS 1.1プロトコルをサポートしていない場合、デバイスは「不明」ステータスを表示します。

この問題の回避策の詳細については、次の記事を参照してください。
OME - 2.40.40.40以降にアップグレードした後、iDRACまたはCMCが「不明」ステータスを表示する(英語)
TLS 1.0を無効にするとWindows Server 2008 R2および2012上のDell™ Management Consoleに接続の問題が発生する
 



3.SupportAssist Enterprise用にSNMPを設定するにはどうすべきですか?
 

SupportAssist Enterpriseは、リモートSNMPデバイスを自動的に設定できる必要があります。場合によっては、この機能は動作せず、手動で設定する必要があります。

SNMPを設定する複数の方法の詳細については、次の文書を参照してください。
SupportAssist Enterprise - SAEで「SNMPを設定できません」
 



4.Dell™ System E-Support Tool(DSET)がSupportAssist Enterprise(SAE)に置き換えられた理由
 

Dell System E-Support Tool(DSET)は、一般的に知られたデルのツールであり、旧世代のDell PowerEdgeサーバで数年間使用されていました。現在は、新しいテクノロジーにより他の方法で関連情報を収集できるようになり、DSETよりも多くの機能を実行できる新しいツールが使用されています。

この新しいSupportAssist Enterpriseツールは、最大300台のエンタープライズデバイス(サーバ、ストレージ、スイッチ)を同時に監視し、デル・テクニカル・サポートでサポート要請を自動的にオープンします。

変更の詳細については、次の記事を参照してください。
診断ツールのDSETツール(Dell System E-support Tool)がSupportAssist Enterprise(SAE)と交換された理由
 



5.プリインストールされたESXiの工場出荷時のルートパスワードは何ですか?
 

第14世代のDellEMC PowerEdgeサーバのラウンチで、プリインストールされているVMWare ESXiオペレーティングシステムの工場出荷時のデフォルトのパスワードはシステムの個々のサービスタグに変更されました。以前のシステムではデフォルトのパスワードセットはありませんでした。

変更の詳細については、次の記事を参照してください。
第14世代PowerEdgeサーバ: 工場出荷時にインストールされているVMWare ESXi上のルートパスワードおよびBOSS-S1設定
 

 
 

「Depository」には、過去何か月の間に最も頻繁にリクエストがあった25の文書が収録されています。

 
 


  1. Dell PowerEdge 11Gサーバ向けにiDRAC 6およびLifecycle Controllerをセットアップして管理する方法
  2. Dell PowerEdgeサーバ上にオペレーティングシステムをインストールする方法
  3. システム構成を確認する方法(英語)
  4. Dell™ PowerEdge RAIDコントローラのエラー(PERCの障害)の修復
  5. iDRAC 7+8でのテクニカル・サポート・レポート(TSR)とRAIDコントローラログのエクスポート
  6. Windowsのブルースクリーンエラー「STOP 0x00000019: BAD_POOL_HEADER」を修復する方法(サーバ)(英語)
  7. OpenManage Server Administrator - インストール(詳細手順)(英語)
  8. Dell™ PowerEdgeおよびブレードシャーシサーバのハードドライブのタイプ、RAID、およびRAIDコントローラについて理解する
  9. iDRAC6、7および8での仮想メディア機能の使用方法
  10. Dell PowerEdgeサーバが属する世代を識別する方法
  11. デルサーバの所有権を変更する方法
  12. OMSA 7.xでPowerEdge CMOSバッテリのステータスが「Unknown(不明)」と表示される(英語)
  13. ブータブルメディア/ISOによるDell™ PowerEdgeサーバのアップデート
  14. Windows Server 2008 R2SP1にUSB 3.0ドライバを導入する方法(英語)
  15. インシデントを開く方法: 電話(英語)
  16. インシデントを開く方法: オンライン(英語)
  17. サーバの操作方法に関するページ: メモリ
  18. サーバの操作方法に関するページ: RAIDおよび物理ディスク
  19. Dell PowerEdgeサーバ上にオペレーティングシステムをインストールする方法
  20. Windows Server: 仮想マシンキューを有効化すると、Hyper-V仮想マシンのネットワークパフォーマンスが低速になる
  21. 第12世代のPowerEdgeサーバへのWindows Server 2012 R2チップセットドライバのインストールに失敗する(英語)
  22. シャーシ・ステータス・インジケータとハード・ドライブ・キャリアのLED(英語)
  23. [Windows] Windows Server 2008以降のWindowsでファイアウォールを適切に無効にする方法
  24. Dell™ PowerEdgeサーバでハードウェア診断を実行する方法
  25. Dell™ PowerEdgeサーバにおけるCPU内部エラー(CPU IErr)のトラブルシューティング

 
 


 
 

Thilo_Enterprise_Support
........................................

Dell PowerEdge FAQのメンテナンス担当者

Thilo Roberg (Dell EMC - ドイツ)
 
 
 

 
 

Need more help?
Find additional PowerEdge and PowerVault articles

Visit and ask for support in our Communities

Create an online support Request




記事ID: QNA43856

最終更新日: 2018/04/25 08:44


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。