ナレッジベース

PowerEdgeサーバーにおけるハードウェア診断(Diagnostics)実行手順


FAQ TOPに戻る



本ドキュメントでは、Dellが提供する基本的なトラブルシューティングおよびメンテナンスのツールであるハードウェア診断(Diagnostics)をPowerEdgeサーバー上で実施する方法について説明します。


目次

  1. はじめに
  2. 第12世代以降PowerEdgeサーバー
  3. 第11世代PowerEdgeサーバー
  4. 第9、10世代PowerEdgeサーバー

はじめに

ハードウェア診断(Diagnostic)はお使いのサーバーのOS起動前の段階でインストールされている組み込み型ツールで、Dellが提供しています。

定期的なメンテナンス計画の一部としてハードウェア診断ユーティリティを利用し、診断を実行してハードウェアが適切に機能しているか確認することをお勧めします。

診断ユーティリティは内蔵ハードウェアの(論理的ではなく)物理的な表示があり、オペレーティングシステムやその他のオンラインツールでは特定できないハードウェアの問題を特定することができます。

ハードウェア診断ユーティリティを使用してメモリ、I/Oデバイス、CPU、物理ディスクドライブ、その他周辺機器を確認することができます。

手順はサーバーの世代によって異なります。ショートカットやスクリーンショットは以下の通りです。

詳細はお使いのPowerEdgeサーバーのユーザーマニュアルをご参照ください。

  1. デルサポートサイトのPowerEdgeセクションに移動します。
  2. 一致するシステムタイプを選択しクリックします。
  3. 利用可能なマニュアルが表示されます。

メモ:お使いのDellサーバーの世代はDell PowerEdgeサーバーの世代識別方法(記事ID:SLN294897)をご確認ください。

第12世代以降PowerEdgeサーバー

  1. 起動時に[F10]キーを押します。
  2. Lifecycle Controllerの左側ペインより[ハードウェア診断(Hardware Diagnostics)]をクリックします。
  3. 右側ペインより[ハードウェア診断の実行(Run Hardware Diagnostics)]をクリックします。診断ユーティリティが起動します。
  4. 画面の指示に沿って進めます。診断が完了すると、画面に診断結果が表示されます(図1、英語のみ)。

図1:ePSA診断

メモ:ハードウェア診断画面を閉じるには、システムを再起動します。

第11世代PowerEdgeサーバー

  1. 起動時に[F10]キーを押してLifeCycle Controllerを開きます。
  2. [ハードウェア診断(Hardware Diagnostics)]をクリックします。
  3. 画面にて

    • [診断の実行(Run Diags)]を選択しコンポーネントをテストします(図2、英語のみ)。
    • [MPMemory]を選択しメモリモジュールの診断を実行します(図2、英語のみ)。

Choose_Diag_or_MPMemory
図2:診断の実行



組み込み型ハードウェア診断ツールの開始

メモ:ここでは第11世代PowerEdgeサーバーのUnified Server Controller(USC)に組み込まれている最新のバージョンのハードウェア診断を使用し手順を進めています。以前のバージョンと違う場合がありますがオプションはほぼ同じです。


診断の実行(Run Diags)を選択した場合は以下が必要です。

  • すべてのコンポーネントをクイックテストするにはExpress Testを選択します。

  • すべてのコンポーネントを集中的にテストするにはExtended Testを選択します。

  • コンポーネント単体をテストするにはCustom Testを選択します。

11G_HW_Diag_options
図3:テストオプション



デバイス単体のテスト

  1. [Custom Test]を選択します。

  2. 2. 次のページにてテストしたいコンポーネントを選択します。

    例:ハードディスクをテストする場合(図4、英語のみ)
    1. テストしたいドライブを選択します。

    2. 実行したいテストの種類を選択します(例:Drive Self Test)。

    3. お好みのDiagnostics Options(診断オプション)を選択します。

      推奨
      • Non-Interactive Tests Only
      • Log output file pathname(テスト結果保存のため)
      • Continue on Failure(障害が検出された際の動作停止を防ぐため)
  3. [Run Test(テストの実行)]をクリックし開始します。

Choose_component_to_be_tested
図4:ハードドライブのテスト



メモリ診断

Mpmemoryを実行することでメモリの状態を調べることができます。
Mpmemoryオプションを選択した場合、実行したいテストの種類を選択する必要があります。

ExpressまたはCustom。基本的なテストの場合は[Express]を選択します。


図6:Mpmemory(英語のみ)

カスタムテストでは、パスしたい関連テストにチェックを入れる必要があります。


図7:カスタムテスト(英語のみ)


テストを実行するのにかかる時間は、お使いのサーバーに取り付けられているメモリの合計によって異なります。


第9、10世代PowerEdgeサーバー

  1. お使いのワークステーションに32bit Diagnosticsをダウンロードします。
  2. ワークステーションでアプリケーションを実行します。
  3. [Continue(続行)]をクリックします。
  4. ファイルを展開するフォルダを選択します。
  5. [Create a Bootable CD(起動可能なCDの作成)]をクリックします。
  6. diags.isoファイルを保存するフォルダを選択します。
  7. diags.isoをイメージとしてCDに書き込むか、仮想メディアとしてDRAC上でマウントします。
  8. CD/仮想メディアでサーバーを起動します。
  9. オプション#2 - DDGUI Graphics based diagnosticsを選択します。

テスト結果のスクリーンショットを忘れずに撮影してください。




関連リンク
PowerEdge製品に関するよくあるお問い合わせ(FAQ)(記事ID:SLN290887)


FAQ TOPに戻る


[ダウンタイムをより少なくしたいお客様へ]
[解決までの工数をより少なくしたいお客様へ]

デル・サポートアシストは障害通知と診断情報の収集・送付を
24時間365日自動で行います!
詳細はこちら



 コメント募集中!
この記事に関するご意見、ご要望をページ下部のコメント欄よりお寄せください。
記事編集者にてコメントを確認し記事の改善に役立てさせていただきます。
*コメント欄では製品に関するお問い合わせは受け付けておりません。お手数ですが弊社テクニカルサポートまでご連絡ください。


記事ID: SLN283546

最終更新日: 2018/03/22 03:04


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。