お使いのデル製コンピュータのメンテナンスの完了に必要な一般的なメンテナンス

お使いのデル製コンピュータのメンテナンスの完了に必要な一般的なメンテナンス



お使いのコンピュータの一般的なメンテナンスガイドライン

可動部品を内蔵するあらゆるデバイスと同様に、多くのコンピュータでは最適な状態で機能するためには通常のメンテナンスが必要となります。システムが設置されている環境によっては、オーバーヒートによるシステム障害を防ぐために、定期的なクリーニングが必要になる場合があります。

システムは、コンピュータの通気を妨げるようなほこり、毛、およびその他の汚染物質がない清潔な場所に保管することをお勧めします。熱は常にシステムの最大の脅威であり、ほとんどのコンピュータにはシステムコンポーネントを保護するために熱を放散する冷却システム(アクティブまたはパッシブ)があります。CPUとグラフィックス処理装置(GPU)の2つのコンポーネントは、熱を生成する主要因となります。その他の熱を生成する装置には、電源装置ユニット(PSU)とHDDがあります。(図1および2)


図1


図2

コンピュータは温度が0°C~35°C(32°F~95°F)で湿度が40%を超えない場所で使用することをお勧めします。

場所の周囲条件を考慮した上で、必要に応じてシステムを定期的に点検し、クリーニングしてください。

ほこりの多い工場で使用されるシステムでは、数週間ごとにクリーニングが必要です。ほこりがない清潔な場所にあるシステムに必要なのは、年に1度のチェックのみです。

毛布や、枕、またはその他のタイプの布の上でノートパソコンを使用すると、システムを冷却するための通気孔であるファンの網を覆ってしまう場合があります。このような場合に、オーバーヒートが発生し、永久的な損傷を引き起こす可能性があります。(図3)

図3

ノートパソコンは硬く平らな、表面が布製でないところで使用することをお勧めします。これにより、空気の流れがよくなり、システムの下部と内部からの熱が低減します。


メンテナンスタスク

必要に応じてシステムをクリーニングします。システムにクリーニングが必要となる可能性のある指標があります。

システムのクリーニングで必要な場合があるもの

システムをクリーニングする準備ができたら、電源を切ってコンセントから抜きます。ノートパソコンをクリーニングする場合は、システムのバッテリも取り外します。すべての電源が取り外されたら、電源ボタンを15秒間押したままにします(これによりシステム内蔵のコンデンサに蓄積された電気が放電され、システムコンポーネントが静電気で破損する可能性が低減されます)

警告: 掃除機をかけると静電気が発生するため、繊細なシステムコンポーネントに損傷を与える可能性があります。

デスクトップ/タワー型システムでは、静電気防止用ストラップを着用した状態で、カバーまたはサイド・アクセス・パネルを取り外して内部コンポーネントを扱うようにします。CPUヒートシンクに取り外し可能なエアフローカバーがある場合は、それを取り外します。エアフローカバーがない場合はエアダスターを使用してCPU、GPU、およびPSUのヒートシンクに溜まったほこりを取り除きます。それからファンにエアダスターの風をやさしく吹きかけて清掃します。

警告: ファンの回転を高速にしないでください。軸受けが損傷し、ファンが故障するおそれがあります。

ノートパソコンには、ユーザが取り外すことができる底面カバーが付いている場合があります(support.dell.comのシステムマニュアルを参照してください)。底面カバーを取り外すと、ヒートシンクを扱いやすくなります。再度やさしく風を吹きかけて、通気孔を清掃し、CPU/GPUのヒートシンクからほこりやごみなどの汚物を取り除きます。

システムの生産過程では、再評価と改善からなる定期的なプロセスがあります。コンピュータでは、システムパフォーマンスを向上させる方法の1つにBIOSのマイクロコードのアップデートがあります。これらのアップデートでは、お客様のフィードバックとエンジニアリングの評価に基づいてシステムのパフォーマンスを変更し、パフォーマンスを改善します。support.dell.comで最新のBIOSリリースがあるかを確認し、新しいバージョンが利用可能になっている場合はシステムをアップデートしてください。





記事ID: SLN290711

最終更新日: 2018/05/14 11:45


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。