ナレッジベース

How to Add an Additional Hard Disk Drive to a Virtual Disk by Using Dell™ OpenManage™ Array Manager - KB Article - 130686


概要:Dell™ OpenManage™ Array Managerを使用して仮想ディスクにハードディスク(HD)をさらに追加する方法

この文書では、Dell™ OpenManage™ Array Managerプログラムを使用して、アレイになっている既存の仮想ディスクに物理ディスクを追加する方法を説明します。

Array Managerでは、コンピュータに接続されているストレージコンポーネントの設定が行えます。設定可能なコンポーネントには、次のものがあります。

  • RAIDコントローラ
  • その他のドライブコントローラ
  • チャネル
  • エンクロージャ
  • コントローラに接続されているディスクドライブ

Array Managerでは、仮想ディスクの再設定を行うことができます。また、Array Managerでは、仮想ディスクのRAIDレベルを適用することもできます。

Array Managerを使用して追加の物理ハードディスク(HDD)を仮想ディスクに追加するには、コンピュータにインストールされているRAIDコントローラに適切な方法を次から選択して使用します。



PERC 2/SCおよび他のコントローラにある既存の仮想ディスクへのディスクの追加

この情報は、Array Managerを次のDell PowerEdge拡張RAIDコントローラ(PERC)で使用した場合に適用されます。

  • PERC 2/SC
  • Dell PERC 2/DC
  • Dell PERC 3/SC
  • Dell PERC 3/DCL
  • Dell PERC 3/DC
  • Dell PERC 3/QC
  • Dell PERC 4/SC
  • Dell PERC 4/DC
  • Dell PERC 4/Di
  • Dell PERC 4/IM

また、この情報は、Array ManagerをDell CERC ATA100/4チャネルRAIDコントローラと併用するときの適用されます。

Array Managerを使用して物理ディスクを仮想ディスクに追加するには、次の手順に従います。

注意:
次の手順を実行すると、ハードディスク(HDD)の全データが消失することがあります。そのため、次の手順を実行する前にフルバックアップを作成することをお勧めします。

  1. Array Managerプログラムを起動します。[スタート]ボタンをクリックし、[プログラム][Dell OpenManage Applications](Dell OpenManageアプリケーション)、[Array Manager][Array Manager Console](Array Managerコンソール)の順に選択します。

  2. 該当する仮想ディスクを右クリックし、[Add Member](メンバーの追加)をクリックします。

  3. 表示される[Virtual Disk Add Member](仮想ディスクのメンバーの追加)ウィンドウで、[Available Array Disks](使用可能なアレイディスク)リスト内のハードディスク(HDD)をクリックし、[Add Disk](ディスクの追加)をクリックします。(図1)


    図1:[ Virtual Disk Add Member](仮想ディスクのメンバーの追加)ウィンドウ

    メモ:
    [Add Member](メンバーの追加)コマンドを使用して仮想ディスクにストレージを追加する場合、追加される仮想ディスクに物理ディスクの全容量を使用することをお勧めします。仮想ディスクのメンバーが他の仮想ディスクとストレージを共有している場合、コントローラから仮想ディスクを作成または削除できないことがあります。

  4. [Virtual Disk Type](仮想ディスクの種類)リストで、該当するRAIDレベルをクリックします。例えば、[RAID-1]をクリックします。

    仮想ディスクのステータスが[Reconstructing](再構築中)に変わります。再構築処理の進行状況を表示するには、仮想ディスクの親オブジェクトをクリックします。RAIDレベルを変更した場合、再構築処理が完了すると、[Type](タイプ)フィールドに新しいRAIDレベルが表示されます。

  5. Array Managerツリーのコンピュータオブジェクトを右クリックし、[Rescan](再スキャン)をクリックします。

    メモ:
    Microsoft® Windows®ベースのコンピュータでは、仮想ディスクに追加されたストレージにアクセスするには再起動する必要がある場合があります。



PERC 2および他のコントローラにある既存の仮想ディスクへのディスクの追加

この情報は、Array Managerを次のDell PowerEdge拡張RAIDコントローラ(PERC)で使用した場合に適用されます。

  • Dell PERC 2
  • Dell PERC 2/Si
  • Dell PERC 3/Si
  • Dell PERC 3/Di

Array Managerを使用して物理ディスクを仮想ディスクに追加するには、次の手順に従います。

注意:
次の手順を実行すると、ハードディスク(HDD)の全データが消失することがあります。そのため、次の手順を実行する前にフルバックアップを作成することをお勧めします。

  1. Array Managerプログラムを起動します。[スタート]ボタンをクリックし、[プログラム][Dell OpenManage Applications](Dell OpenManageアプリケーション)、[Array Manager][Array Manager Console](Array Managerコンソール)の順に選択します。

  2. 該当する仮想ディスクを右クリックし、[Reconfigure](再設定)をクリックします。

  3. 表示される[Virtual Disk Reconfiguration](仮想ディスクの再設定)ウィンドウで、仮想ディスクに追加されたディスクに対応するチェックボックスをクリックしてオンにします。(図1)


    図1:[Virtual Disk Reconfiguration](仮想ディスクの再設定)ウィンドウ

  4. [Type](タイプ)リストで、該当するRAIDレベルをクリックします。例えば、[RAID-5]をクリックします。

  5. [Size」(サイズ)ボックスで、RAIDアレイのサイズを入力します。

  6. [Stripe Size](ストライプサイズ)リストでブロックのストライプサイズをクリックします。デフォルトのストライプサイズ32キロバイト(KB)を使用することをお勧めします。

  7. [OK]をクリックして、仮想ディスクの変更を保存します。Array Managerプログラム右側のペインの[Status](ステータス)列に、仮想ディスクの進行状況が表示されます。進行状況を表示するには、仮想ディスクの親オブジェクトをクリックします。再構築処理が完了するまで、仮想ディスクのステータスには[Reconstructing](再構築中)と表示されます。



詳細情報:仮想ディスクにハードディスク(HDD)をさらに追加する方法

Array Managerのマニュアルを入手するには、次のDell Webサイトにアクセスします。

Manuals - Dell™ OpenManage™ Array Manager(マニュアル-Dell OpenManage™ Array Manager)
PERC RAIDコントローラを設定する方法については、次のDell Webサイトにアクセスします。

「Configuring PERC 2, 2/Si, 3/Si and 3/Di RAID Controllers: Dell OpenManage Array Manager User's Guide」(PERC 2、2/Si、3/Si、および3/Di RAIDコントローラの設定:Dell OpenManage Array Manager製品マニュアル)



 


Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN86528

最終更新日: 2010/12/17 00:00


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。