ノートパソコンに搭載されているマルチメディアキーボード

ノートパソコンに搭載されているマルチメディアキーボード


ノートパソコンによっては、キーボード部分にマルチメディアキーボードが搭載された機種があります。例:Inspiron 15(7537) 
このような場合、マルチメディア機能が優先されます。ここではマルチメディアキーボードと設定の変更方法について紹介します。

全てのノートパソコンが該当するものではありません。



■ 従来のキーボードとの違い

-従来のキーボード(例:Inspiron 5537

音量や再生といったキーは<Fn>キーと組み合わせて使います。



-マルチメディアキーボード(例:Inspiron 7537

マルチメディア機能が優先されるため、音量や再生は該当のキーを押します。F1キーなどを利用したい場合には<Fn>キーを押しながら&lt;F1&gt;キーを押す必要があります。




■ 設定変更

WindowsモビリティセンターもしくはBIOSから設定を変更することが可能です。

Windowsモビリティセンターから変更する場合

起動したモビリティセンターからファンクションキー列の設定でファンクションキーを優先するかマルチメディアキーを優先するか設定することができます。

※ モビリティセンターはショートカットキーで簡単に起動することができます。Windows 7をご利用の方はWindowsキー+<x>キー、Windows 8/8.1をご利用の方はWindowsキー+<x>で表示されたメニューからモビリティセンターをクリックします。



BIOSから設定を変更する場合

パソコンの電源を落とし、再度電源を投入します。DELLのロゴ画面が表示された際にF2キーを数回押しBIOS画面を表示させます。(この際、<Fn>キーを一緒に押す必要はありません)

BIOS設定からFunction Key Behaviorの設定を変更することで、ファンクションキーかマルチメディアキーのどちらを優先するか設定することができます。

設定変更後はBIOS設定を保存する必要があります。

下図のBIOS画面は機種によって変わることがあります。該当する項目が見当たらない場合にはご利用の 製品マニュアル をご確認ください。









■ キーボードの使用方法とトラブルシューティングガイド




Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN291665

最終更新日: 2018/06/18 23:17


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。