[iDRAC] RACADMを利用したiDRACログ取得手順

[iDRAC] RACADMを利用したiDRACログ取得手順




本ドキュメントでは、RACADMを利用してiDRACのログを取得する方法について説明します。

RACADM(Remote Access Controller Admin)ユーティリティは、PowerEdgeサーバーのiDRACに対してリモート、ローカルで利用することができるコマンドラインツールです。
iDRACのGUI操作と同等の機能を提供します。

RACADMを利用するためには、DRAC ToolsをインストールするかiDRACにSSH接続します。
SSH接続する場合はDRAC Toolsのインストールは不要ですが、必要なログの一部が取得できません。
ここではDRAC Toolsをインストールしてログを取得する手順を紹介します。

紹介内容
1. DRAC Tools(RACADM)のインストール
2. 取得ログ概要
3. iDRAC6コマンド例
4. iDRAC7、iDRAC8コマンド例


参考マニュアル

DRAC Tools(RACADM)のインストール


次の2種類の方法のうち、いずれかの方法でDRAC Toolsをインストールします。

OpenManage Server Administrator(以下OMSA)を導入する
OMSAのコンポーネントの一部にRACADMが含まれます。
OMSA導入手順については以下をご参照ください。
[OMSA] OpenManage Server Administrator関連のよくあるお問い合わせ(FAQ)(記事ID:SLN289524)

DRAC Toolsをインストールする
RACADMを実行するための専用ソフトウェアをインストールします。
OMSAが導入できないシステムやClient端末でRACADMを利用することができます。
  1. サポートサイトにアクセスします。
  2. 製品サポート欄よりお使いの機器を選択します。
  3. [ドライバおよびダウンロード]をクリックし、[OSの変更]よりDRAC Toolsをインストールするオペレーティングシステムを選択します。
    • Windows Client OS(64bit)の場合:[Windows 2008 R2]を選択
    • Windows Client OS(32bit)の場合:[Windows Server 2008 x86]を選択
  4. [システム管理]を展開し、[Dell OpenManage DRAC Tools, includes Racadm]の[ファイルのダウンロード]をクリックします。
    *Red Hat Enterprise Linuxをご利用の場合、[Dell OpenManage Linux Remote Access Utilities]を選択します。
  5. ダウンロードしたファイルよりRACADMを導入します。
    • Windowsの場合
      ファイルを実行し任意のフォルダに解凍します。
      [RACTools.exe](RACTools_x64)を、画面の指示に沿ってインストールします。
    • Linuxの場合
      ファイルを任意のフォルダに解凍します。
      階層を移動し、rpmを一括導入します。
      ファイルパス:"解凍フォルダ"/linux/rac/"利用OS"
      インストールコマンド:#rpm -ivh *.rpm

以上で作業は完了です。


取得ログ概要


ここでは取得するracadmコマンドの概要について説明します。

iDRAC6、iDRAC7、iDRAC8共通
  • getsel:SELの表示
  • getversion:BIOS、iDRAC、Lifecycleのバージョンの表示
  • getraclog:基本ログの表示
  • racdump:DUMPログの表示
  • gettracelog:一定期間のトレースログの表示
  • getconfig:iDRAC設定情報の表示

iDRAC7、iDRAC8限定
  • lclog:Lifecycleログの表示
  • getsensorinfo:ハードウェアセンサーの現在値の表示
  • hwinventory:ハードウェア情報の表示

iDRAC6コマンド例


ここでは以下の設定のiDRAC6で各種ログを取得する場合のコマンド例について説明します。

設定
  • iDRAC IPアドレス:192.168.1.120
  • iDRACユーザー名:root
  • iDRACパスワード:calvin

リモートracadm
  • racadm –r 192.168.1.120 –u root –p calvin getsel > c:\sel.txt
  • racadm –r 192.168.1.120 –u root –p calvin getversion > c:\version.txt
  • racadm –r 192.168.1.120 –u root –p calvin getraclog > c:\raclog.txt
  • racadm –r 192.168.1.120 –u root –p calvin racdump > c:\dump.txt
  • racadm –r 192.168.1.120 –u root –p calvin gettracelog > c:\trace.log
  • racadm –r 192.168.1.120 -u root -p calvin getconfig -f c:\config.cfg
    *>によるリダイレクトは使用できないため、-fでファイル出力先を指定します。

ローカルracadm
*ローカルracadmの場合、racdumpコマンドは使用できません。
  • racadm calvin getsel > c:\sel.txt
  • racadm getversion > c:\version.txt
  • racadm getraclog > c:\raclog.txt
  • racadm gettracelog > c:\trace.log
  • racadm getconfig -f c:\config.cfg
    *>によるリダイレクトは使用できないため、-fでファイル出力先を指定します。

SSH/Telnet接続
*SSH/Telnet接続の場合、getconfigコマンドは使用できません。
  • racadm getsel
  • racadm getversion
  • racadm getraclog
  • racadm racdump
  • racadm gettracelog

iDRAC7、iDRAC8コマンド例


ここでは以下の設定のiDRAC7、iDRAC8で各種ログを取得する場合のコマンド例について説明します。

設定
  • iDRAC IPアドレス:192.168.1.120
  • iDRACユーザー名:root
  • iDRACパスワード:calvin

リモートracadm
  • racadm –r 192.168.1.120 –u root –p calvin getsel > c:\sel.txt
  • racadm –r 192.168.1.120 –u root –p calvin getversion > c:\version.txt
  • racadm –r 192.168.1.120 –u root –p calvin getraclog > c:\raclog.txt
  • racadm –r 192.168.1.120 –u root –p calvin racdump > c:\dump.txt
  • racadm –r 192.168.1.120 –u root –p gettracelog > c:\trace.log
  • racadm –r 192.168.1.120 -u root -p calvin getconfig -f c:\config.cfg
    *>によるリダイレクトは使用できないため、-fでファイル出力先を指定します。
  • racadm –r 192.168.1.120 -u root -p calvin lclog export –f c:\lclog.xml
    *>によるリダイレクトは使用できないため、-fでファイル出力先を指定します。
  • racadm –r 192.168.1.120 -u root -p calvin getsensorinfo > c:\sensorinfo.txt
  • racadm –r 192.168.1.120 -u root -p calvin hwinventory > c:\ hwinventory.txt

ローカルracadm
  • racadm getsel > c:\sel.txt
  • racadm getversion > c:\version.txt
  • racadm getraclog > c:\raclog.txt
  • racadm racdump > c:\racdump.txt
  • racadm gettracelog > c:\tracelog.txt
  • racadm getconfig -f c:\config.cfg
    *>によるリダイレクトは使用できないため、-fでファイル出力先を指定します。
  • racadm lclog export –f c:\lclog.xml
    *>によるリダイレクトは使用できないため、-fでファイル出力先を指定します。
  • racadm getsensorinfo > c:\sensorinfo.txt
  • racadm hwinventory > c:\ hwinventory.txt

SSH/Telnet接続
*SSH/Telnet接続の場合、getconfigコマンドは使用できません。
  • racadm getsel
  • racadm getversion
  • racadm getraclog
  • racadm racdump
  • racadm gettracelog
  • racadm lclog view
  • racadm getsensorinfo
  • racadm hwinventory

関連リンク

FAQ TOPに戻る


[ダウンタイムをより少なくしたいお客様へ]
[解決までの工数をより少なくしたいお客様へ]

デル・サポートアシストは障害通知と診断情報の収集・送付を
24時間365日自動で行います!
詳細はこちら



 コメント募集中!
この記事に関するご意見、ご要望をページ下部のコメント欄よりお寄せください。
記事編集者にてコメントを確認し記事の改善に役立てさせていただきます。
*コメント欄では製品に関するお問い合わせは受け付けておりません。お手数ですが弊社テクニカルサポートまでご連絡ください。


Article ID: SLN287915

Last Date Modified: 2018/12/10 18:25


Rate this article

Accurate
Useful
Easy to understand
Was this article helpful?
Yes No
Send us feedback
Comments cannot contain these special characters: <>()\
Sorry, our feedback system is currently down. Please try again later.

Thank you for your feedback.