パフォーマンス低下の問題のトラブルシューティング方法

パフォーマンス低下の問題のトラブルシューティング方法



デル製コンピューターの実行速度が遅い、応答を停止する、応答時間が予想以上に長い、起動/シャットダウンが遅いなどの場合は、システム パフォーマンスの問題が発生している可能性があります。コンピューターが徐々に遅くなったか突然動作を停止したかに応じて、パフォーマンス関連の問題にはさまざまな理由が考えられます。パフォーマンスの低下などの問題は、ハード ディスク ドライブでのデータの断片化、ドッキング ステーションなどの外付周辺機器類、旧式デバイス ドライバー、旧式または破損したオペレーティング システム ファイル、ディスク エラー、メモリー(RAM)の不足、ハードウェア障害などが原因になる場合があります。

トラブルシューティング手順」セクションの手順に従って、デル製コンピューターのパフォーマンスが低下する問題を解決します。次のセクションでは、いくつかのオプションのステップと情報ビデオも用意されています。

メモ: トラブルシューティングの手順に進む前に、プリンター、ドッキング ステーションなどの外付周辺機器類を取り外すことをお勧めします。これは、問題がコンピューターまたは周辺機器のどちらの問題であるかを特定するのに役立ちます。
 

手順1:コンピューターを定期的に再起動する

再起動(再起動)を行うと、多くの問題が解決します。コンピューターの再起動は、システム メモリー(RAM)をクリアし、誤って開始されたプロセスやサービスを確実にシャットダウンするための効果的な方法です。

コンピューターを再起動すると、コンピューター上で実行されているすべてのアプリケーションまたはソフトウェア、タスクバー上で実行されているアプリケーション、さまざまなアプリケーションによって開始され、バックグラウンドで実行されている可能性がある他の多くのサービスが終了します。開いているアイテムが増加し、それらを実行している時間が長くなるほど、コンピューターの速度が低下し、最終的にメモリー(RAM)が不足する可能性が高くなります。使用していないときに習慣としてコンピューターをシャットダウンするのが理想的です。しかし、コンピューターを頻繁に使用する場合は、ほとんどの場合少なくとも週に1回はコンピューターを再起動することをお勧めします。

コンピューターを再起動しても問題が解決しない場合、次の手順に進みます。

トップに戻る

手順2:SupportAssistツールで提供されている自動化ツールを実行する

  1. WindowsWindowsボタン)キーを押しながらqキーを押します。
  2. 検索ボックスに「supportassist」と入力します。
  3. 結果のリストにある[SupportAssist](信頼済みのMicrosoft Storeアプリ)を選択します。
    メモ:SupportAssistが検索結果に表示されない場合は、SupportAssistをダウンロードしてインストールする方法について「PCおよびタブレット向けのSupportAssist(英語)」ページで参照してください。
  4. 今すぐ開始]をタッチまたはクリックして、すべてのテストを実行します。
    メモ下矢印をタッチまたはクリックして個々のテストを実行することもできますが、パフォーマンスの低下に関する問題が発生した場合は、すべてのテストを実行することをお勧めします。
  5. テストは1つずつ実行され、結果が与えられます。
トップに戻る

手順3:完全なハードウェア診断テストを実行する

SupportAssistツールで実施された診断テストでは、パフォーマンス低下の問題が発生する可能性が高いハードウェアの問題のみが確認されます。より包括的な診断ツールは利用できますが、完了するにはより多くの時間がかかります。

完全なハードウェア診断テストを実行すると、ハードウェア関連の問題を特定し、その問題を解決するトラブルシューティング手順の提供を受けることができます。デル製コンピューターでハードウェア関連の問題が発生しているかどうかを確認するには、最初にコンピューター上でハードウェア診断テストを実行することをお勧めします。デルは、内蔵診断およびオンライン診断の両方を提供しています。Dell ePSAハードウェア診断テストでは、ハードウェアデバイスが正しく機能しているかどうかを確認できます。

Dell Pre-boot System AssessmentまたはEnhanced Pre-boot System Assessment(Dell PSAまたはePSA)の実行
  1. お使いのデル製コンピューターを再起動します。
  2. Dellロゴ画面が表示されたら、F12キーを押して「One Time Boot(1回限りの起動)」メニューを表示します。
  3. 矢印キーを使用して「「Diagnostics(診断)」を選択し、キーボードのEnterキーを押します。
  4. 画面に表示される指示に従い、適切に回答して診断を完了します。
    テストに失敗した場合、エラーコード検証コードを書き留めます。
エラー コードが表示されたら、次のいずれかを行います。

Dell ePSAまたはPSA診断の詳細については、デルのナレッジベース文書「内蔵およびオンライン診断(ePSAまたはPSAエラーコード)を使用してハードウェアの問題を解決する方法」を参照してください。

内蔵診断およびその他のトラブルシューティング手順でパフォーマンス低下の原因が識別されない場合は、デルのオンライン診断の実行を検討することをお勧めします。デルのオンライン診断テストは、問題のトラブルシューティング、自動修正プログラムの取得、および交換パーツの注文に役立ちます。オンライン診断によって、デル製コンピューターの診断およびトラブルシューティングに役立つDell SupportAssistがインストールされます。

デル製コンピューターでのオンライン診断の実行
  1. Dellサポートサイトにアクセスします。
  2. PCの検出]をタッチまたはクリックするか、サービス タグを入力して、[検索]アイコンをタッチまたはクリックします。
  3. フル テスト]をタッチまたはクリックします
メモ:
  • Dellデバイスを識別し、診断チェックを実行するには、Dell SupportAssistが必要です。画面に表示される指示に従って、Dell SupportAssistをダウンロードしてインストールします。
  • 一部の診断テストでは、ビデオまたはディスプレイをテストするためのグラフィカルなパターンが表示されたり、ユーザーの応答が必要なステータス ダイアログ ボックスが表示されたりする場合があります。必要なときに応答しなかった場合、診断テストの結果が誤って表示されることがあります。

Dell ePSA診断テストを使用したデルのノートパソコンまたはデスクトップでのハードウェア問題の診断 - (1:34)

トップに戻る

手順4:コンピューターでマルウェアをスキャンする

マルウェア(ウイルス、スパイウェア、トロイの木馬など)は、コンピューターのハングアップ、パフォーマンスの低下などの原因になる可能性があります。スパイウェアやその他のタイプのマルウェアは、コンピューター速度の低下など多くのコンピューターの問題の大きな原因になります。コンピューターが感染している疑いがある場合は、悪意のあるソフトウェアがバックグラウンドで実行され、コンピューターの速度を低下させている可能性があります。これは、追加の広告を追跡して追加するためにWebの閲覧を妨害しているソフトウェアの場合があります。

ウイルス対策プログラムまたはマルウェア対策プログラムを使用してコンピューターをスキャンすることをお勧めします。Windows 10コンピューターに内蔵されているWindows Defenderは、マルウェアに対する基本的な保護を提供します。ほとんどのデル製コンピューターには、McAfeeなどの基本的なウイルス対策ソフトウェアがプリインストールされていますが、サブスクリプションが必要な場合があります。McAfee、Norton、Kaspersky、Trend Microなどの使用可能なその他の多くのウイルス対策プログラムまたはマルウェア対策プログラム(無料からサブスクリプション ベースまで)があります。お使いのコンピューターにインストールされているものを使用して完全スキャンまたはディープ スキャンを実行してください。

メモ:複数のウイルス対策ソフトウェアまたはマルウェア対策ソフトウェアをコンピューターにインストールしても保護の強化にはならず、代わりにコンピューターの速度がさらに低下します。1つのウイルス対策ソフトウェアまたはマルウェア対策ソフトウェアをインストールし、マルウェアに対する積極的な保護のために定期的にアップデートすることをお勧めします。

詳細については、デルのナレッジベース文書「Microsoft Windowsでのコンピュータの保護、またはウイルス、スパイウェア、その他のマルウェアの削除」を参照してください。

コンピューターでマルウェアが検出されない場合は、次の手順に進みます。

YouTubeの「What is Malware(マルウェアとは)」(公式デル・テクニカル・サポート) - (2:03)英語のみ

YouTubeの「5 Ways to Check for Viruses(ウイルスをチェックする5つの方法)」(公式デル・テクニカル・サポート) - (2:33)英語のみ

トップに戻る

手順5:Windowsシステムの復元機能を使用してデル製コンピューターを復元する

システムの復元は、特定の種類のクラッシュやその他のコンピューターの問題を解決するために役立つMicrosoft Windowsオペレーティング システムの機能です。システムの復元は、コンピューターの状態(システム ファイル、インストール済みアプリケーション、Windowsレジストリー、システム設定など)を以前の時点に戻すことができ、これを使用してコンピューターの誤動作や他の問題から回復することができます。

Microsoft Windowsは、アプリケーションまたはソフトウェアがインストールされるたび、Windows Updateが最新のアップデートをインストールしたとき、およびデバイスドライバがインストールされたときに自動的に「復元ポイント」を作成します。または「復元ポイント」を手動で作成することができます。

メモ: システムの復元では、個人用ファイルの古いコピーは保存されないので、復元を実行したときに個人用ファイルまたは個人用データの削除または置き換えは実行されません。システムの復元は、コンピューター上のウイルス、スパイウェア、または何らかの種類のマルウェアを削除するための効果的なソリューションではありません。
 
メモ:Windowsシステムの復元を実行するには、管理者の権限を持つユーザーとしてコンピューターにログオンする必要があります。

Windowsシステムの復元を使用してデル製コンピューターを以前の時点に復元する方法については、お使いのコンピューターにインストールされているオペレーティング システムに応じて以下のリンクを参照してください。

コンピューターを以前の日付に復元しても問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

トップに戻る

手順6:Microsoft Windowsを再インストールする

お使いのデル製コンピューターがまだハングアップしているか、または動作が遅く、上記のトラブルシューティングの手順で問題が解決されない場合は、オペレーティング システムに問題がある可能性があります。この問題を解決するには、再インストールが必要になる場合があります。オペレーティング システムを再インストールできないまたは再インストールしたくない場合は、「オプションの手順」セクションを参照してください(オプションの手順には役に立たないものもあります)。

警告: オペレーティングシステムを再インストールすると、コンピュータ上のすべてのデータが失われます。オペレーティングシステムを再インストールする前に、画像、スプレッドシート、Word文書、Eメール、連絡先、ブラウザのブックマーク(お気に入り)、音楽、ビデオなど(これらに限定されません)を含むすべての個人用データを外部ストレージデバイスにバックアップすることをお勧めします。

デル製コンピューターでのMicrosoft Windowsの再インストールの詳細については、デルのナレッジベース文書「DellコンピューターでMicrosoft Windowsを復元または再インストールする方法」を参照してください。

トップに戻る

お使いのデル製コンピューターの通気口を確認してクリーニングする

ふさがった通気口が原因で、通気が制限されることで重大なパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。このために、プロセッサー、メモリ(RAM)、および他のハードウェアがオーバーヒートしてハードウェアの障害が発生する可能性があります。高温になると、ほとんどのプロセッサーは熱に関連する問題の補正に役立てるためにプロセッサーの速度を自動的に遅くするので、パフォーマンスの大幅な低下が発生することもあります。システムのファンが常に稼働していることに気づいた場合、これはコンピューターが最大限の効率で稼働していないこと、または通気口の詰まりを示していることがあります。

コンピューターにほこりが堆積しないようにし、常に熱の低減のための通気が十分に確保されていることを確認します。糸くずやほこりが堆積すると、冷却ファンの周囲の空気の流れが遮断され、ファンが強く稼働するようになります。

警告:コンピューターの電源をオフにし、電源ケーブルまたはACアダプターを取り外してから、エア ダスターを使用してクリーニングします。エア ダスターの側面の指示に従います。エア ダスターを誤って使用するとコンピューターを損傷させる場合があります。
警告: ほこりを吹き飛ばすために息を吹きかけないでください。水蒸気により、電子部品に回復不可能な破損が生じる可能性があります。

コンピューターのファンの清掃方法 - (2:01)

  • コンピュータの電源を切ります。
  • コンピューターの通気口にほこりやごみがないか確認します。
    通気口は、コンピューターのモデルによってさまざまな場所にあります。お使いのデル製コンピューターのユーザー マニュアルを参照してください。
  • エアダスターで通気口からほこりやごみを取り除きます。
    警告: エアダスターのみを使用することをお勧めします。掃除機や送風機を使用しないでください。掃除機や送風機は静電気の原因となり、コンピューター内部の電子部品を損傷させる場合があります。
  • オーバーヒートの問題を防ぐために、固い面または頑丈な面上にコンピューターを縦に置き、通気口の周囲に十分なスペースを空けます。
トップに戻る

コンピューターのメモリー(RAM)のアップグレード

一般的に、ほとんどのコンピューターではメモリー(RAM)をアップグレードすることができ、取り付けられているよりも多くのメモリーを取り付けることができます。デル製コンピューターでのメモリー(RAM)のアップグレードを検討する前に、現在取り付けられているメモリー(RAM)の容量およびお使いのデル製コンピューターでサポートできるメモリー(RAM)の最大容量を確認することをお勧めします。お使いのデル製コンピューターのシステム構成およびメモリーの仕様の詳細については、DellサポートWebサイトのユーザー マニュアルを参照してください。

メモ:一部のデル製ウルトラブック ノートパソコンには、メモリー(RAM)が内蔵されているため、交換またはアップグレードすることができません。
 
メモ:メモリー(RAM)モジュールを購入する前に、お使いのデル製コンピューターで使用できるメモリーのタイプ、メモリーの最大容量、メモリー モジュールの数を確認してください。
 

デル製コンピューター用のアップグレード コンポーネントを購入するには、デルWebサイトにアクセスしてください。

詳細については、デルのナレッジベース文書「コンピュータのメモリを増設する方法」を参照してください。

トップに戻る

ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)へのHDDのアップグレード

従来のHDDには、駆動コンポーネントがあるので、ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)と比較して読み取りまたは書き込みの速度が遅くなります。ソリッド・ステート・ドライブは、データの読み取りまたは書き込みをより高速に行うことができ、消費電力が少ないのでノートパソコンのバッテリ寿命が長くなります。ソリッド・ステート・ドライブにアップグレードすると、パフォーマンスを大幅に向上させることができます。

デル製コンピューター上のHDDをアップグレードする前に、次の項目を検討します。

  • フォーム ファクター - HDDには、デスクトップ コンピューターで使用される3.5インチ ドライブと、ノート パソコンで使用される2.5インチ ドライブの2つのフォーム ファクターがあります。
  • コネクター - お使いのコンピューターで使用可能なコネクターの種類を確認してください。IDEまたはS-ATA(シリアルATA)コネクタ(SATA-I、SATA-II、またはSATA-IIIコネクタ)です。
  • 容量 - お使いのコンピューターでサポートされているHDDの最大容量を確認してください。
メモ:ソリッド ステート ドライブ(SSD)を購入する前に、お使いのデル製コンピューターがSSDハード ディスク ドライブをサポートしていることを確認してください。

デル製コンピューター用のアップグレード コンポーネントを購入するには、デルWebサイトにアクセスしてください。

トップに戻る

同じ問題がセーフ モードで発生するかどうかを確認する

セーフモードでは、重要でないアプリケーションとデバイスドライバは読み込まれないため、パフォーマンス低下の原因から、ソフトウェアを除外することができます。

メモ: セーフモードの画面解像度は自動的に800 x 600に設定され、アイコンやテキストは通常よりも大きく表示されます。
セーフモードではデスクトップの背景の壁紙は無効になります。これは正常な動作であり、トラブルシューティングは不要です。
コンピューターを通常モードで再起動したときに、すべての表示設定は通常に戻ります。
 
警告: セーフモードにログインしたときには(この場合は、「セーフモードとネットワーク」)、ウイルス対策プログラムとマルウェア対策プログラムは無効になります。ウイルス対策プログラムが無効なときにネットワークやインターネットに接続する場合は注意してください。

コンピューターをセーフ モードで起動する方法については、お使いのコンピューターにインストールされているオペレーティング システムに応じて以下のリンクを参照してください。

セーフモードで問題が存在しない場合は、問題がデバイスドライバまたはソフトウェアに関連している可能性があります。デバイス ドライバーをアップデートしていること、およびMicrosoft Windows Updateを含むコンピューターで使用可能なすべてのソフトウェア アップデートをインストールしていることを確認してください。

ただし、セーフモードでも問題が存在する場合は、次のステップに進んでください。

Perform a Clean Boot to Detect Software Problems(ソフトウェアの問題を検知するためにクリーンブートを実行する) - (00:40)

トップに戻る

スタートアッププログラムの制限

多くのアプリケーションやソフトウェアは、通知領域とも呼ばれるシステムトレイ内で実行されます。これらのアプリケーションは通常、スタートアップ中に起動してバックグラウンドで実行され続けますが、非表示のままです。スタートアップ中にこれらのアプリケーションが起動しないようにすれば、ログイン プロセスの速度が向上するだけでなく、多くのメモリーと(RAM)と処理能力を節約し、コンピューターのパフォーマンスを向上させることができます。

警告: ウイルス対策またはマルウェア対策のプログラムやアプリケーションは無効にせずに、スタートアップ中にロードすることをお勧めします。ウイルス対策プログラムまたはマルウェア対策プログラムを無効にすると、マルウェアの感染に対してコンピューターが脆弱になる場合があります。
メモ:スタートアップ プログラムを無効にするには、管理者の権限を持つユーザーとしてコンピューターにログオンする必要があります。
Microsoft Windows 10、Windows 8.1または8でスタートアッププログラムを無効にする方法
  1. 開いているウィンドウをすべて閉じます。
  2. キーボードのCtrl + Shift + ESCキーを一緒に押します。
  3. 「タスク マネージャー」ウィンドウで、「スタートアップ」タブをクリックします。
  4. スタートアップ中にロードされないようにするプログラムまたはアプリケーションを選択します。
  5. 右クリックして「無効化」を選択します。
  6. スタートアップ中にロードされないようにするすべてのプログラムまたはアプリケーションについて手順4と5を繰り返します。
  7. コンピュータを再起動します。
Microsoft Windows 7でスタートアッププログラムを無効にする方法
  1. 開いているウィンドウをすべて閉じます。
  2. [スタート]ボタンをクリックします。検索ボックスに「msconfig」と入力し、結果のリストでmsconfigを右クリックして「管理者として実行」を選択します。
  3. 「システム構成」ウィンドウで「スタートアップ」タブをクリックします。
  4. スタートアップ中にロードされないようにするプログラムまたはアプリケーションのチェックボックスをオフにし、「OK」をクリックします。
  5. 確認ウィンドウで、「今後、このメッセージを表示しない」チェックボックスをオンにし、「再起動」をクリックします。
 

スタートアップ プログラムを無効にしても問題が解決されない場合は、OSが破損している可能性が高く、OSを再インストールする必要があります。「トラブルシューティングの手順」セクションの手順6を参照してください。

トップに戻る

YouTubeの「How to Speed Up Your Computer in Windows 10(Windows 10でコンピューターの速度を上げる方法)」(公式デル テクニカル サポート) - (1:12)英語のみ

システムの速度の低下。Windows 8でのパフォーマンスの低下のトラブルシューティング - (2:56)

YouTubeの「How to Fix Slow Internet(低速インターネットの問題を修復する方法)」(公式デル テクニカル サポート) - (1:12)英語のみ

インターネットおよびネットワーク接続の速度の低下のトラブルシューティング - (1:51)

YouTubeの「How to Improve Computer Performance(コンピュータのパフォーマンスを向上させる方法)」(公式デル・テクニカル・サポート) - (2:55)英語のみ

YouTubeでのWindows 10のパフォーマンスを修正する(デル テクニカル サポート公式) - (1:22)英語のみ

トップに戻る



Article ID: SLN171944

Last Date Modified: 2019/06/19 07:47


Related Articles

Rate this article

Accurate
Useful
Easy to understand
Was this article helpful?
Yes No
Send us feedback
Comments cannot contain these special characters: <>()\
Sorry, our feedback system is currently down. Please try again later.

Thank you for your feedback.