デルがホストするLinuxリカバリイメージの使用方法

デルがホストするLinuxリカバリイメージの使用方法



この文書では、デルがホストするリカバリー イメージを使用してLinuxリカバリー メディアを作成する方法と、デルがホストするリカバリー イメージ メディアを使用してLinux OSをインストールする手順について説明します。

目次:

  1. Linuxコンピューターを使用してブータブルUSBメディアを作成する(グラフィック方式)
  2. Linuxコンピューターを使用してブータブルUSBメディアを作成する(コマンド ライン方式)
  3. Microsoft Windowsコンピューターを使用してブータブルUSBメディアを作成する(グラフィック方式)
  4. デルがホストするリカバリー イメージ メディアからLinuxオペレーティング システムをインストールする

デルがホストするリカバリー イメージに含まれるもの

Linuxリカバリー イメージのデル カスタマイズには、以下が含まれます。

  • 特定のプラットフォーム用に出荷時にインストールされたすべてのデバイス ドライバー。
メモ: デルがホストするリカバリーISOは、デル製システムでのみ使用してください。デル以外のPCで使用するための設計やテストは行われていません。

Linuxコンピューターを使用してブータブルUSBメディアを作成する(グラフィック方式)

必要条件:

  • Linuxコンピューターに起動ディスク作成ツールがインストールされている必要があります。
  • イメージングに使用するUSBキーの容量が4 GB以上あることを確認します。
警告: ブータブルUSBキーを作成すると、USBキーの内容が消去されます。ブータブルUSBキーを作成する前に、USBキーから重要なデータをコピーします。

ブータブルUSBメディアを作成する方法

  1. イメージングに使用するUSBキーの容量が4 GB以上であることを確認します。
  2. ダウンロードしたファイルの拡張子が.zipの場合は、ダウンロードしたファイルを解凍して.isoまたは.imgファイルを取得します。
  3. リカバリー イメージをダウンロードして解凍したLinuxコンピューターにUSBキーを挿入します。
  4. 起動ディスク作成ツールを開きます。
    1. Ubuntuでは、Ubuntuロゴをクリックします。
    2. Startup Disk」と入力します。
    3. 表示されるアプリケーションを選択します。
  5. ツールで、ダウンロードした.isoまたは.imgイメージを参照して選択します。
  6. ツールで、接続されているUSBデバイスを選択します。
  7. イメージをUSBディスクにインストールするには、[Make Startup Disk(起動ディスクの作成)]ボタンを押します。
  8. リカバリー イメージがUSBキーにコピーされたら、コンピューターからUSBキーを安全に取り外します。
トップに戻る

Linuxコンピューターを使用してブータブルUSBメディアを作成する(コマンド ライン方式)

必要条件:

  • Linuxシステムにddディスク ツールがインストールされている必要があります。
  • イメージングに使用するUSBキーの容量が4 GB以上であることを確認します。
警告:ブータブルUSBキーを作成すると、USBキーの内容が消去されます。ブータブルUSBキーを作成する前に、USBキーから重要なデータをコピーします。

ブータブルUSBメディアを作成する方法

  1. イメージングに使用するUSBキーの容量が4 GB以上であることを確認します。
  2. ダウンロードしたファイルの拡張子が.zipの場合は、ダウンロードしたファイルを解凍して.isoまたは.imgファイルを取得します。
  3. リカバリー イメージをダウンロードして解凍したLinuxコンピューターにUSBキーを挿入します。
  4. システム イメージは、RAWデバイス(例: パーティションなし)にアップデートされます。Linuxでは、次の例のように実行できます。
    1. login: $ dd if=my_usb_image.iso of=/dev/sdX bs=4M
    2. My_usb_image.isoまたはmy_usb_image.imgファイルは、ダウンロードして解凍されたリカバリー ファイルで、ddツールへの入力ファイルとして提供されます。
    3. /dev/sdXは、LinuxコンピューターによってUSBキーに割り当てられたドライブで、/dev/sdb、/dev/sdcなどがあります。
    4. 挿入されたUSBキーの/dev/割り当てを確認するには、cat partitionsコマンドを使用します。
      このUSBキー、/dev/は、ddツールへの出力ファイルとして提供されます。
  5. リカバリー イメージがUSBキーにコピーされたら、コンピューターからUSBキーを安全に取り外します。
トップに戻る

Microsoft Windowsコンピューターを使用してブータブルUSBメディアを作成する(グラフィック方式)

必要条件:

  • Win32DiskImagerソフトウェアをシステムにダウンロードしてインストールします。これは、SourceforgeのWebサイトから入手できます。
  • イメージングに使用するUSBキーの容量が4 GB以上であることを確認します。
警告:ブータブルUSBキーを作成すると、USBキーの内容が消去されます。ブータブルUSBキーを作成する前に、USBキーから重要なデータをコピーします。

ブータブルUSBメディアを作成する方法

  1. イメージングに使用するUSBキーの容量が4 GB以上であることを確認します。
  2. ダウンロードしたファイルの拡張子が.zipの場合は、ダウンロードしたファイルを解凍して.isoまたは.imgファイルを取得します。
  3. Win32DiskImagerツールがインストールされているWindowsシステムにUSBキーを挿入します。
  4. Win32DiskImagerツールを起動します。
  5. 挿入したUSBキーは、Win32DiskImagerツールの[Device(デバイス)]メニューに表示され、ドライブ文字が割り当てられます。たとえば、D:やE:などが表示されます。
  6. ツールが画像を読み取ったら、Win32DiskImagerツールの[Write(書き込み)]をクリックします。これにより、イメージ全体がUSBキーに書き込まれます。
  7. 完了したら、Win32DiskImagerツールを終了し、USBキーをWindowsコンピューターから安全に取り外します。
トップに戻る

デルがホストするリカバリー イメージ メディアからLinuxオペレーティング システムをインストールする

上記で作成したUSBメディアを使用してLinux OSをインストールするには、次の手順に従います。

  1. リカバリー メディアの作成に使用した形式に従って、リカバリー メディアをUSBポートに挿入します。
  2. コンピューターの電源を切ります。
  3. コンピューターの電源を入れ、デルのロゴ画面で、画面の右上隅に[Preparing one time boot menu(ワンタイム ブート メニューを準備しています)]と表示されるまで、F12キーを数回タップします。
  4. 起動メニューの「UEFI BOOT(UEFI起動)」の下で使用するメディアタイプ(USBまたはDVD)と一致するデバイスを選択します。
  5. 画面の指示に従って、インストール処理を完了します。これには時間がかかり、コンピューターが数回再起動する場合があります。
トップに戻る




Article ID: SLN301761

Last Date Modified: 2019/02/13 02:46


Rate this article

Accurate
Useful
Easy to understand
Was this article helpful?
Yes No
Send us feedback
Comments cannot contain these special characters: <>()\
Sorry, our feedback system is currently down. Please try again later.

Thank you for your feedback.