プラットフォーム固有のブータブルISOでPowerEdgeサーバーをアップデート

プラットフォーム固有のブータブルISOでPowerEdgeサーバーをアップデート


この文書では、下記のISOイメージ(ISOファイル)を使用して1ステップでDell PowerEdgeサーバのすべてのファームウェアをアップデートする方法を説明します。これには、サイズの小さいブータブルLinuxディストリビューションと特定のサーバモデル用のすべてのファームウェアのコレクション(リポジトリ)が含まれます。対応するイメージからサーバを起動すると、アップデートが自動で行われ、完了するまで最大で1時間かかります(ローカルまたは同一物理ネットワークで実行する場合 - リモートの場合はさらに時間がかかります)。
 


 
メモ: この記事はサーバチュートリアルの一部です。アップデート、他の方法についてはこちらを参照してください。
   
メモ: 起動可能ISOを使用する場合、システムの再起動が必ず必要になります。
 
メモ: セキュリティ上の理由から、電源装置(PSU)のファームウェアはISOファイルに含まれていません。電源装置をアップデートするときには、手動でリスタートしようとせず、自動的にリスタートされるのを待つことが重要です。PSUのアップデート方法は、この文書に記載されています。 
 


目次
 

  1. ブータブルメディア/ISOの使用方法
  2. 「Update Repositories(リポジトリのアップデート)」のリスト
  3. アップデート処理を示す画像
  4. アップデート処理を示すビデオ
 

1.ブータブルメディア/ISOの使用方法
 

1.下記の「リポジトリのアップデート」のリストからお使いのシステムに対応するイメージをダウンロードします。

メモ: この文書では、お使いのPowerEdgeサーバがどの世代に属するかを識別する方法について説明します。

2.イメージから起動するために使用する方法を決定します。

3.サーバをリスタートし、対応するメディアからシステムを起動します

 


2.「Update Repositories(リポジトリのアップデート)」のリスト

PowerEdgeサーバ第14世代

メモ第14世代ブータブルISOには、「Intel-SA-00233に対するDell EMCのサーバー セキュリティに関する注意事項」に対処するためのBIOSバージョンが含まれています。

タワー

ラック

ブレード

PowerEdgeサーバ第13世代

タワー

ラック

ブレード

PowerEdgeサーバ第12世代

タワー

ラック

ブレード

第11世代とPowerEdgeクラウド

プラットフォーム専用ブータブルISOは、PowerEdge 11GまたはPowerEdge Cサーバーでは使用できません。ブータブルISOが必要な場合は、Dell EMCリポジトリー マネージャー(DRM)を使用して、これらのプラットフォーム用のスマート ブータブルISOを作成することができます。Dell EMCリポジトリー マネージャーの使用方法の詳細については、この文書を参照してください



3.アップデート処理を示す画像

 

  1. 起動オプションが表示されたら、最初のオプションを選択してファームウェアのアップデートを開始します。

     

  2. Linuxディストリビューションがロードします

     

  3. ファームウェアのアップデート処理が開始され、完了までに最大1時間かかります(完了する前に再起動しないでください!)
     

 

メモ: メディアが、システムにインストールされていないコンポーネントをアップデートしようとすると、エラーメッセージが表示される場合があります。メディアは、特定のサーバモデルにインストールされている可能性があるすべてのコンポーネントをアップデートしようとするため、この動作は正常です。アップデートは続行されます。
メモ: ファームウェアのアップデートが完了した後、システムにウォームリブートが必要というメッセージが表示されます。
 

アップデート処理を示すビデオ

次のビデオは、プラットフォーム ブータブル サポート イメージを使用して、PowerEdgeサーバーをアップデートする方法を説明したビデオです。このビデオは、YouTubeでホストされています。



 



便利なWebフォームをご活用ください
Webフォームからテクニカルサポートにお問い合せいただけます。
時間帯や音声ガイダンスによってお待たせすることなくいつでも簡単にお問い合わせできます!


ダウンタイムや解決までの工数をより少なくしたいお客様へ
デル・サポートアシストは障害通知と診断情報の収集・送付を24時間365日自動で行います!
詳細はこちら


コメント募集中!
この記事に関するご意見、ご感想をコメント欄よりお寄せください。
記事編集者にてコメントを確認し記事の改善に役立てます。
*コメント欄では製品に関するお問い合わせは受け付けておりません。お手数ですが弊社テクニカルサポートまでご連絡ください。






Article ID: SLN296511

Last Date Modified: 2019/09/14 07:46


Rate this article

Accurate
Useful
Easy to understand
Was this article helpful?
Yes No
Send us feedback
Comments cannot contain these special characters: <>()\
Sorry, our feedback system is currently down. Please try again later.

Thank you for your feedback.