Dell Power Manager

省エネに貢献します。

dpmアイコン


Dell Power Managerアプリケーションを使用すると、希望の優先順位でバッテリの使用方法を設定し、バッテリの持ちを良くすることができます。

Dell Power Manager では、ハードウェア構成に応じて、電源アダプタ、バッテリ、ドッキング、およびUSB TYPE-Cデバイス/プロトコルの非互換性があれば通知されます。

  • バッテリ情報 – システムの能力に応じて最大6台のインストールされているバッテリの正常性に関する情報を表示します。バッテリ設定の編集やカスタムバッテリ設定の作成も行うことができます。
  • 高度な充電モード - バッテリ消費を制御してバッテリ持続時間を延長します。
  • ピークシフト – 1日の特定の時間帯にシステムをバッテリ駆動に自動的に切り替えることにより、システムの消費電力を削減します。システムが電源に直接接続されている場合でも切り替えは可能です。
  • サーマル管理 – プロセッサーおよび冷却ファンの設定を制御して、パフォーマンス、システムの表面温度、ファンの騒音を管理します。
  • バッテリエクステンダ – CPUの電力レベル、画面の輝度、キーボードの照明レベルを管理し、音声をミュートして、バッテリ消費を抑えます。

                                                                             Dell Power Managerは、こちらから、またはWindowsストアからダウンロードできます。

デバイスの最小要件:

Dell Power Managerは、Windows 10が実行されているDell Inspironノートパソコン、Vostroノートパソコン、およびXPSノートパソコンでのみサポートされます。また、Microsoft .NET Framework 4.6.1がシステムにインストールされている必要があります。

Dell Power Managerインターフェイス:

 

バッテリ情報

  

その他の文書およびナレッジベース記事:

        Dell Power Managerユーザーガイド