Windows 10 IoT Enterpriseオペレーティング システム用Microsoft Windows Defender定義ファイルのアップデート

このページのコンテンツは自動翻訳されている可能性があります。フィードバックを提供するには、ページの下部にあるフォームに入力してください。
Windows 10 IoT Enterpriseオペレーティング システム用Microsoft Windows Defender定義ファイルのアップデート
Wyse 5020 Thin Clientのすべてのドライバーを表示するには、次へ移動します: ドライバおよびダウンロード。
推奨
使用可能な最新バージョンのドライバーをロード中...

これはこのドライバーのDell検証済み最新バージョンです

これはこのドライバーのDell検証済み最新バージョンではありません

Windows_Defender_Definition_Update_WIE10.exe

ファイル形式: ファームウェアイメージ
ファイル名: Windows_Defender_Definition_Update_WIE10.exe
ファイルサイズ: 120 KB
フォーマットの説明
ダウンロードの整合性を確認するには、チェックサムの値を検証してください。
MD5:
21936c5c4b7a300546e3ab01e140512f
SHA1:
58774cec4a75abcc1f91237ef0eff946b63b0640
SHA-256:
c37a08b3e1cf6e4066c7ee16a870755a52b0c4a36dac1bc482bcede9ef974cdd

修正と強化

タスク スケジューラーを使用してWindows Defenderのシグネチャーをアップデートすると、統合書き込みフィルター(UWF)メモリー不足のメッセージが表示される。
詳細を見る

バージョン

1.0, 1.0

リリース日:

28 9月 2018

ダウンロード タイプ

アプリケーション

カテゴリ

アプリケーション

重要度

推奨
デル・テクノロジーズでは、次に予定されているアップデート時に、このアップデートを適用することをお勧めします。このアップデートには、システム全体の正常性を維持するための変更が含まれています。これにより、システム ソフトウェアが最新の状態に保たれるとともに、システム ソフトウェアと他のシステム モジュール(ファームウェア、BIOS、ドライバー、ソフトウェア)との互換性が維持されます。また、その他の新機能が追加される場合もあります。
アドオンのインストールが完了するまで、システムの電源を切らないでください。
手動でのアドオンのインストール:
1. 管理者としてログインし、統合書き込みフィルターを無効にします。
2. .exeファイルをC:\Tempフォルダー(作成する必要があります)にコピーします。
3. .exeファイルをダブルクリックし、画面に表示される手順に従います。
4. [Finish(終了)]をクリックします。
5. 統合書き込みフィルターを有効にします。

Wyse Device Managerを使用したアドオンのインストール


1 .exeファイルをシステムにダウンロードします。
2 ダウンロードした.exeファイルをWyseサーバーまたはローカル リポジトリーにコピーします。
3 Wyse Device Managerアイコンをダブルクリックし、有効な資格情報を使用してWDM Webコンソールにログインします。
4 [Applications(アプリケーション)]、[Other packages(その他のパッケージ)]の順に移動します。
5 [Create Package(パッケージの作成)](+)ボタンをクリックします。
6 [Download(ダウンロード)]をクリックし、PkgRegister.exeファイルをWDMサーバーに保存します。
7 .exeファイルをダウンロードしたフォルダーに移動します。
8 .exeファイルをダブルクリックします。
[WDM Package Registration Utility(WDM Package Registrationユーティリティー)]ウィンドウが表示されます。
9 [WDM Package Registration Utility(WDMパッケージ登録ユーティリティー)]ウィンドウで、該当する.exeファイルをクリックします。
Windows 10 IoT Enterprise向けアドオンが[Other packages(その他のパッケージ)]セクションに登録されます。
10 [WDM Package Registration Utility(WDMパッケージ登録ユーティリティー)]ウィンドウを閉じ、WDM Webコンソールに再度ログインします。
11 [Devices(デバイス)]をクリックし、Windows 10 IoT Enterprise向けアドオンのインストール先となるチェックイン済みデバイスを選択します。
12 [Update(アップデート)]をクリックします。
ターゲット デバイスが再起動し、Windows 10 IoT Enterprise向けアドオンがシン クライアントにインストールされます。

ドライバのヘルプとチュートリアル