BIOSのアップデート中に、PCの電源をオフにしたり、コンセントを外したりしないでください。PCに障害が発生する可能性があります。アップデート中にPCが再起動し、一時的に黒い画面が表示されることがあります。

アップデートする前に、インストール手順と以下に記載されている重要な情報をお読みください。

Wyse 5020およびWyse 7020シン クライアントのサイド チャネル攻撃が可能な脆弱性を解決するAMDマイクロコード向けBIOSアップデート アドオン。

再起動が必要です
このページのコンテンツは自動翻訳されている可能性があります。フィードバックを提供するには、ページの下部にあるフォームに入力してください。
このリリースの目的は、AMDマイクロコード搭載のBIOSをアップデートして、サイド チャネル攻撃が可能なセキュリティの脆弱性に対処することです。このパッケージは、ThinLinuxオペレーティング システムが実行されているWyse 5020およびWyse 7020シン クライアントで使用できます。
Wyse 5020 Thin Clientのすべてのドライバーを表示するには、次へ移動します: ドライバおよびダウンロード。
推奨
使用可能な最新バージョンのドライバーをロード中...

これはこのドライバーのDell検証済み最新バージョンです

これはこのドライバーのDell検証済み最新バージョンではありません

ThinLinux_20G_BIOS.zip

ファイル形式: ファームウェアイメージ
ファイル名: ThinLinux_20G_BIOS.zip
ファイルサイズ: 2.33 MB
フォーマットの説明
ダウンロードの整合性を確認するには、チェックサムの値を検証してください。
MD5:
4784cc97367a5ada30ab42aff3347fb6
SHA1:
0fb5ed14c7ad1cff9841133a4092737f826b2270
SHA-256:
129e2aabaca40ae5c2deda5d22885360bce093ca7729141258caebae3d9523b8

修正と強化

サイド チャネル攻撃が可能なセキュリティの脆弱性の問題を修正。
詳細を見る

バージョン

2.0G, 2.0G

リリース日:

17 7月 2019

ダウンロード タイプ

システムBIOS

カテゴリ

BIOS

重要度

推奨
デル・テクノロジーズでは、次に予定されているアップデート時に、このアップデートを適用することをお勧めします。このアップデートには、システム全体の正常性を維持するための変更が含まれています。これにより、システム ソフトウェアが最新の状態に保たれるとともに、システム ソフトウェアと他のシステム モジュール(ファームウェア、BIOS、ドライバー、ソフトウェア)との互換性が維持されます。また、その他の新機能が追加される場合もあります。
オペレーティング システムのインストールが完了するまで、シン クライアントの電源を切らないでください。
Wyse Management Suiteを使用したBIOSアドオンのインストール:
1. BIOSファイルをダウンロードして、C:\WMS\LocalRepo
epository\osImages\zippedにコピーします。
圧縮フォルダーは自動的に解凍され、解凍されたファイルはC:\WMS\LocalRepo
epository
spPackages\validパスに自動的にコピーされます。
2. Wyse Management Suiteで、[Portal Administrator(ポータル管理者)]>[File repository(ファイル リポジトリ)]に移動し、[Local Repository(ローカル リポジトリ)]チェック ボックスをオンにして、[Sync Files(ファイルの同期)]をクリックします。
3. デバイスをWyse Management Suiteバージョン1.3に登録します。
4. merlin_nonpxe-3.7.7-00.05.x86_64.rpmアプリ ポリシーを作成して展開します。
5. シン クライアントを再起動します。
6. [Apps & Data(アプリ&データ)]>[OS Image policies (ThinLinux)(OSイメージ ポリシー(ThinkLinux))]に移動して、[Add Policy(ポリシーの追加)]をクリックします。
7. 必要に応じてフィールドをアップデートし、BIOSファイルを選択して、[Save(保存)]をクリックします。
8. イメージ ポリシーのスケジュールを設定します。
アドオンの導入が正常に完了すると、シン クライアントでBIOSがアップデートされます。

Wyse Device Manager(WDM)を使用したBIOSアドオンのインストール:
1. Wyse Device Manager Web UIを起動します。
2. パッケージを作成して、アドオンmerlin_nonpxe-3.7.7-00.05.x86_64.rpmを導入します。
3. [Application(アプリケーション)]>[Images(イメージ)]に移動し、新しいパッケージを作成します。
4. パッケージ登録ユーティリティをダウンロードし、実行します。
5. WDMパッケージ登録ユーティリティで、rspパッケージ、BIOSファイルの順に選択します。
6. [Devices(デバイス)]に移動し、[Device ID(デバイスID)]チェック ボックスをオンにします。
7. [Update(アップデート)]をクリックします。
8. BIOSファイルを選択し、[Save(保存)]をクリックします。
アドオンの導入が正常に完了すると、シン クライアントでBIOSがアップデートされます。

Dell Wyse USBイメージング ツール バージョン3.1を使用したBIOSのインストール:
シン クライアントにBIOSをインストールするには、Dell Wyse USBイメージング ツール バージョン3.1を使用します。インストール手順の詳細については、https://downloads.dell.com/wyse/USBFT/にある『Dell Wyse USB Imaging Tool version 3.1 User's Guide(Dell Wyse USBイメージング ツール バージョン 3.1ユーザーズ ガイド)』を参照してください。

BIOSの問題についてサポートが必要ですか?

DellのBIOSのトラブルシューティングおよび使用方法に関するガイドで解決策をお探しください。

ドライバのヘルプとチュートリアル