Zu den Hauptinhalten
  • Bestellungen schnell und einfach aufgeben
  • Bestellungen anzeigen und den Versandstatus verfolgen
  • Erstellen Sie eine Liste Ihrer Produkte, auf die Sie jederzeit zugreifen können.
  • Verwalten Sie mit der Unternehmensverwaltung Ihre Dell EMC Seiten, Produkte und produktspezifischen Kontakte.

「RPCサーバを使用できません」エラーのトラブルシューティング

Zusammenfassung: この文書では、Windowsサーバー オペレーティング システムで発生するエラー「RPC Server Unavailable」の解決方法について説明します。

Dieser Artikel wurde möglicherweise automatisch übersetzt. Wenn Sie eine Rückmeldung bezüglich dessen Qualität geben möchten, teilen Sie uns diese über das Formular unten auf dieser Seite mit.

Artikelinhalt


Symptome
RPC serviceName

解決の問題

を停止しました。ファイアウォール

によってブロックされているTrafficの問題
Ursache
「解決方法」セクションを参照してください。
Lösung

目次

  1. 概要
  2. RPCサービスの停止
  3. 名前解決の問題
  4. ファイアウォールによるトラフィックのブロック
  5. 接続の問題

1.概要

「RPCサーバーが使用できません」 は、さまざまな状況で発生するWindowsの一般的なエラーであり、そのほとんどがネットワーク経由の2台のマシン間の通信に関連しています。また、マシン上のローカル操作中にも発生する可能性があります。わかりやすくするために、この記事では、RPC通信を開始するマシンがクライアントに指定され、通信するマシンがサーバーです。

RPC(リモート プロシージャ コール)は、ネットワーク経由または単一のコンピューター内でクライアントとサーバーの間で、Windowsプロセスが通信できるようにするメカニズムです。多数の統合WindowsコンポーネントはRPCを使用します。RPCはコンピューター間の通信に動的ポートを使用しますが、静的ポート(TCPポート135)も通信の起点として使用する必要があります。RPCエンドポイント マッパーは、この静的ポートをリスンします。

一般的なRPCセッションでは、クライアントはTCPポート135上のサーバーのエンドポイント マッパーに接続し、特定のサービスに割り当てられた動的ポート番号を要求します。サーバーは、サービスが起動時にRPCに登録したIPアドレスとポート番号で応答します。クライアントは、そのIPアドレスとポートのサービスに接続します。

「RPC server unavailable」エラーの考えられる原因は次のとおりです。        

  • RPCサービスの停止: サーバー上のRPCサービスが実行されていない場合、クライアントは明らかにRPCサービスにアクセスできません。
  • 名前解決の問題: RPCサーバーの名前が間違ったIPアドレスに解決され、クライアントが間違ったサーバーに接続したり、使用されていないIPアドレスに接続しようとしたりすることがあります。または、サーバの名前がまったく解決していない場合もあります。
  • ファイアウォールによってブロックされたトラフィック: サーバー上のファイアウォールまたはその他のセキュリティ アプリケーション、またはクライアントとサーバーの間のネットワーク ファイアウォール アプライアンスによって、トラフィックがTCPポート135上のサーバーに到達できなくなる可能性があります。
  • 接続の問題: 一般的なネットワークの問題により、クライアントがサーバーにまったくアクセスできない場合があります。
     

次の手順は、問題のトラブルシューティングに役立つ場合があります。ステップは原因別に分類されます。


2.RPCサービスの停止

  1. サーバ上でサービスコンソールを開きます。
  2. RPC(Remote Procedure Call)サービスを見つけ、実行中であることを確認します。
    メモ: リモート プロシージャ コール(RPC)ロケーター サービスは通常実行されていません。
  3. サービスが停止している場合、手動で開始してみます。
     

3.名前解決の問題

  1. クライアントからサーバを名前でPingし、正しいIPアドレスに名前解決されることを確認します。解決された場合、名前解決に問題の原因がある可能性はかなり低く、このセクションの残りの手順をスキップできます。
  2. クライアントおよびサーバがActive Directory(AD)ドメインのメンバーである場合、名前解決にDNSが使用されます。クライアントおよびサーバ両方が正しいDNSサーバを使用していることを確認します。正しいDNSサーバはドメイン内に存在する必要があり、通常はドメインコントローラーです。
  3. 正しいDNSサーバーを使用している場合は、これらのサーバーのDNS管理コンソールを使用して、RPCサーバーにDNSに登録されている1つ以上の正しいレコードがあることを確認します。必要に応じて、RPCサーバ上でipconfig/registerdnsコマンドを使用して、DNSレコードを再登録することができます。
  4. ADドメインが存在しない場合、名前解決にWINSが使用されている場合があります。ipconfig /all コマンド リストは、特にRPCサーバーによって使用される WINS サーバーです。これらのサーバー上の WINS データベースをチェックして、RPCサーバーに登録されているレコードが正しいことを確認します。必要に応じて、RPCサーバ上でnbtstat -RRコマンドを実行して、WINSレコードを再登録することができます。
     

4.ファイアウォールによるトラフィックのブロック

  1. RPCサーバ上のWindowsファイアウォール設定を確認します。
  2. ファイアウォールが有効になっている場合は、TCPポート135のトラフィックが通過することを確認します。
    1. Windows Server 2003が動作しているサーバの場合、WindowsファイアウォールではRPCの動的ポート割り当てを正しく処理しない場合があります。この場合、Windowsファイアウォールを無効にするか、RPCに使用されるポートを制限する必要がある場合があります(手順4を参照)。
    2. Windows Server 2008以降が動作しているサーバの場合、Windowsファイアウォールサービスが動作していることを確認します。Windows Server 2008以降のWindowsファイアウォールは、デフォルトでRPCトラフィックを適切に処理する必要があります。ただし、手動で構成する必要がある場合は、次のTechNet記事を参照してください。動的RPCを使用するインバウンド ネットワーク トラフィックを許可します。
      Windows Server 2008以降でWindowsファイアウォールを無効にする必要がある場合は、Windowsファイアウォール サービスを停止しないでください。代わりに、「Windows Server 2008以上でWindowsファイアウォールを正しくオフにする方法」の手順に従ってください。
  3. サードパーティのファイアウォールソフトウェア、その他のセキュリティアプリケーション、またはネットワーク・ファイアウォール・アプライアンスが設置されている場合、アプリケーションまたはアプライアンスのドキュメントを参照して、RPCトラフィックを処理できるよう適切に設定できるかどうか確認してください。
  4. ファイアウォール ソフトウェア、その他のセキュリティ アプリケーション、またはネットワーク アプライアンスが動的RPCトラフィックを適切に処理するように構成できない場合は、RPCで使用されるポート範囲を制限し、ファイアウォールまたはセキュリティ アプリケーションでこの範囲を開くことができます。RPCに使用されるポート範囲を制限する手順については、「ファイアウォールで動作するようにRPCの動的ポート割り当てを構成する方法」を参照してください。
     

5.ネットワーク接続の問題

  1. pingコマンドを使用して、RPCクライアントとサーバ間の基本的な接続をテストします。ファイアウォールがICMPトラフィックをブロックしてその他のトラフィックを通過させる可能性があるため、このテストが最終的なものではない場合があることに注意してください(ICMP(Internet Control Message Protocol)は、pingおよびtracertコマンドで使用されるプロトコルです)。
  2. PortQryコマンドラインユーティリティを使用してクライアントからサーバへの接続をテストし、サーバ上でどのポートが開いているか確認することができます。これにはRPCのサポートが含まれており、RPCに登録されている動的ポートを持つサービスと使用する特定のポートを決定するために使用できます。PortQryバージョン2.0の詳細については、 こちら を参照してください。PortQryバージョン2.0の新機能
  3. クライアントとサーバが別のサブネットにある場合、トラフィックがクライアントとサーバ間で正しくルーティングされていることを確認します。クライアントとサーバが物理的に異なる場所にある場合、サイト間のリンクがリンクアップしていてトラフィックを自由に通過させていることを確認します。


このエラーのトラブルシューティングの詳細については、「 RPCサーバーが使用できません 」のトラブルシューティングを参照してください。

RPCの一般的な情報については、「 RPCとは 」を参照してください。
 


 
Weitere Informationen
 
 

保証期間外サポート保証対象外ですか?大丈夫です。Dell.com/support Webサイトにアクセスして、お使いのDell製品のサービス タグを入力し、デル・テクノロジーズのサービスをご確認ください。

メモ: 本サービスは、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、中国でパーソナル コンピューターをお使いのお客様のみが利用できます。サーバーとストレージには適用されません。

Artikeleigenschaften


Betroffenes Produkt

Servers

Letztes Veröffentlichungsdatum

14 Feb 2022

Version

6

Artikeltyp

Solution